ナカヤマ彩工の塗装工事日記

福岡県福岡市の塗装職人、ナカヤマ彩工が日々の塗り替え工事の記録を詳しくお伝えします。プロが読んでも勉強になる記事を目指します!


テーマ:
ブリードとは

ブリードとはシーリングを使用した際に生じる症状でして、シーリング材中の成分
「可塑剤」
というものがシーリング材の表面に出てきまして、その可塑剤と塗料(塗膜)が反応し変質(変色)してしまう症状になります。
ブリードを起こした外壁は非常に見た目が悪く、美観性に欠けるものになってしまいます。

実際にブリードが起きている外壁
$ナカヤマ彩工の塗装工事日記

$ナカヤマ彩工の塗装工事日記

$ナカヤマ彩工の塗装工事日記

このような状況がブリードが発生している症状になります。

現在ではこのブリードを起こす原因といわれます、
「可塑剤」
がシーリング材成分内に入っていない、「ノンブリードタイプ」のシーリング材が製品化されていますので、そのようなシーリング材を使用した方がブリードを発生させない為好ましいようです。

見分け方は大体表示がしてある場合が多く、
このようにパッケージに記載されています。
$ナカヤマ彩工の塗装工事日記

$ナカヤマ彩工の塗装工事日記

二液型シーリング材の場合
$ナカヤマ彩工の塗装工事日記

共にすべてノンブリードタイプのシーリング材です。
成分的に主にウレタンシーリング材というものにノンブリードタイプが多く、他の成分になる変性シリコンではあまりノンブリードタイプの製品はなく(一部最近では開発されています)、
シリコンシーリングに限りましては、ほぼありません。

変性シリコンシーリング材
パッケージに記載がない為、ノンブリードでは無い。
$ナカヤマ彩工の塗装工事日記

シリコンシーリング材も同様
$ナカヤマ彩工の塗装工事日記


ではシーリング材はすべてウレタンを使えば良いかといえば、そうではない場合も多々あります。
シーリング材は用途と下地によって使用する材料が違いまして、ウレタンシーリング材は基本的に塗装の下にしか使えず(言いかえればシーリング材の上には必ず塗装をしなければいけない)、現在良く見られる意匠サイディングボードの壁(現場塗装なし)には適しておらず、必ずシーリング材表面に塗装のコーティングが必要となっています。

では、上から塗装をすればどのような下地でも良いかといえば、それもまた一概にそうでは無く、下地の種類により使用出来るかどうか決まります。

例えば、基本的にサイディングボードに使用するシーリング材は変性シリコンシーリングとなっていまして、その中でもサイディングボード専用のシーリング材を使用する方が好ましいです。
では、サイディングボードのシーリングを打替えた場合に変性シリコンで打替えたとします。
しかしながら、変性シリコンはノンブリードタイプではない為、後にブリードが起こってしまう事となります。

ではそのような場合はどうするかということになりますが、
このように用途にあったシーリング材を使用した際に起こりうるブリードは、適切な処理を行うことにより後に発生するブリードを抑えることが出来ます。

その適切な処置方法ですが、一般的にブリードオフプライマー、もしくはバリヤプライマーといったプライマーを一層シーリング材の表面に形成させることにより、ブリードの発生を抑えることが出来ます。
プライマーはこのようなものです。
エスケー化研 バリヤプライマー
$ナカヤマ彩工の塗装工事日記

ロックペイント ノンタックプライマー
$ナカヤマ彩工の塗装工事日記

これらのプライマーを使用することによりブリードは比較的押えることが出来ますので、変性シリコンシーリング材を使用した際は(ノンブリードタイプを除く)、これらのプライマーも併用した方が良いと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。