クリア美人になる方法:なかたさいこ(SAIKO)

クリア美人とは、自分の強みを活かしながら、幸せに自分の人生を生きている心美人な人こと。
心がクリアな人は、今この瞬間、自分を生きている。
自分の強みに焦点を当てて、自分らしい人生の創造ができ、自然と愛にあふれて生きている。


テーマ:


「人生がときめくカラーサロン」

もくじはこちら

第2章 カラーは色々な分野とつながっている

①なぜ色には、人生をときめかせる魔法の力があるのか?

カラーの仕事は、大きく分けると企業相手と個人相手のお仕事があります。
カラーサロンとは、個人のお客様に、
色彩を使って、輝かせるサポートをするサロンのことです。

そして、色彩を学んで活かす方法は、大きく分けると3つあります。

1.色彩を商品や環境などに活かすカラーコーディネート
2.色彩を心理に働きかけるカラーセラピー
3.色彩を人の印象アップに活かすパーソナルカラー

色は自然の中に溢れています。
その色を扱うお仕事は、無限にあります。

人間が見分けられる色は、数百万色から1000万色と言われています。
最近の研究では、人類の12パーセント程度の人が、潜在的に
1億以上の色が見分けられるという報告もあるようです。

私がカラーで一番初めに学び、お仕事にした分野は、カラーコーディネートでした。

 


現在は、色彩の分野もたくさんの検定や資格ができましたが、
当時は、色彩検定ができたばかりで、1級は、なんとテキストもなく・・・
受験するのに情報がなく、本屋さんに行っても色彩関係の本は
ほとんど売っていませんでした。
検定団体も、まだ方向性が定まっていなかったのでしょう。

私が当時、カラーを学んで一番衝撃を受けたのが、
配色にはルールがあって、そのルールを学ぶことで、
誰にでもセンスよくコーディネートできる
ということでした。

配色ルールを学ぶためには、色の仕組みを知らなければなりません。

その為、色の基礎知識と言えば、「色の正体」「色の記録・伝達方法」
「混色理論」「色彩心理」「色彩調和」「色彩計画」などを学びます。

そして、色彩の基礎理論を何に活かすかは多岐に渡りますが、代表的なのが
「ファッション」「インテリア」「エクステリア環境」「プロダクト商品」です。
他にも、Webデザイン、ヘアメイク、ネイル、グラフィックデザインなど
デザイン職の他、販売、販売促進、広報、プレゼンテーションなど、
活かせる分野は幅広くあります。

今持っているスキルに活かすこともできますし、
色彩理論を学んで興味のある分野を絞って、それを極めて行く方法もあります。

だから、カラーが大好きだけど、具体的に何をしたいのかは
まだ定まっていない・・・という人にとっては、
これからやりたいことを見つけるための入り口になるのです。

私がこれまで教えて来た受講生も、
「とりあえずカラーを学んでみたい」という人がとても多かったです。

キレイな色がたくさん並んでいると、ワクワクしますし、
何だかよく分からないけど、学んだら面白そう。
そんな風に、少し目的がぼんやりしているけれど、
何か自信を付ける為に資格が取りたい、仕事に活かせる何かを
学んでみたいという理由で、カラーを選ぶ人がほとんどでした。

そして、スクールを卒業するころは、やりたことが見つかったり、
次の目標が見えてきたり、スクールに通った1年間で満足したりと
どの受講生も、講座が修了するころには、不思議とキラキラと輝いていました。

「カラーを学び始めてから、勉強の仕方が分かりました。
学生時代にカラーと出会っていたら、もっと勉強したのに・・・」


そんな言葉をよく受講生から聞くことがありました。

今まで、勉強が嫌いだと思っていた人が、興味のあることを学び、
好きな分野と出会って、検定に合格したいと言う目標が生まれて
一生懸命勉強する自分に、何より感動しているのが伝わって来ます。

中でも印象的だったのが、
「私は中卒です。中学生の時、こうやって勉強していたら、
高校に行っていたかもしれません。でも、高校を卒業していない私でも
色彩検定に合格で来て、勉強の仕方が分かって自信にもなりました。
この先も、興味のあることを勉強して夢を実現させたいです」

この受講生は、その後、大検を受けられました。
私は、この時の嬉しさを一生忘れないでしょう。

人生がときめけば、どこからでもやり直せるということを
私はその受講生から教えていただきました。

色の学びは、楽しく面白く、人を夢中にさせる力があります。
そして、学んだあとは身近に生かせて、自分の可能性を広げ、
人生をときめかせることのできる魔法の力があるのです。

もちろん、それは、カラーコーディネートだけでなく、
パーソナルカラーやカラーセラピーにも、

人生をときめかせる魔法の力があります。

カラーコーディネートは、色の知識以外に、
専門分野の知識と経験、プレゼンテーション力などが必要で
企業を相手にする仕事や企業内でチームの一員としてする仕事が中心。

それに対して、カラーセラピーやパーソナルカラーは、
主に、個人を相手にした仕事になります。

カラーサロンとは、個人のお客様に、
色彩を使って、輝かせるサポートをするサロンのことで、
カラーセラピーが内面、パーソナルカラーが外面にアプローチするものです。

では、もう少し具体的に説明して行きましょう。

つづく




いいね!した人  |  リブログ(0)

なかたさいこ(SAIKO)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります