クリア美人になる方法:なかたさいこ(SAIKO)

クリア美人とは、自分の強みを活かしながら、幸せに自分の人生を生きている心美人な人こと。
心がクリアな人は、今この瞬間、自分を生きている。
自分の強みに焦点を当てて、自分らしい人生の創造ができ、自然と愛にあふれて生きている。


テーマ:

これは私の自叙伝ではありません(笑)
書きはじめは、ちょっとそんな感じですが、カラーの魅力、
カラーを通しての自己啓発や心理学、
カラーと出会って人生が好転して行った人々の話など、
読者のみなさまの何かにお役に立てたら嬉しく思います。

「人生がときめくカラーサロン」

もくじはこちら

第1章 私がカラーサロンをはじめた理由

②よし!私がカラーで仕事を作れる人になろう

デザイン系スクールに転職し、カラーコーディネーター講座の
担当者になって1年が経過したころ、私は卒業間際の受講生から
私の運命を変える一言を言われたのでした。

 
 
 
それは 「高いお金を払ったのに、カラーを学んでも仕事にならない」
という半ば、クレームとも取れる一言でした。

私が講座の説明をして入学された受講生でしたので、
その一言で、私はその受講生に対して申し訳ない気持ちと共に、
この仕事を続けて行くことに疑問を持つようになりました。

私が働いていたデザイン系のスクールでは、当時、
カラーコーディネーターの他に、インテリアコーディネーターや
フラワーデザイナー、パースデザイナーなどの講座がありました。

カラーコーディネーター以外の講座は、
数は少ないですが、企業からの求人もあり、卒業生たちが
実際に就職して、その後活躍し、希望の仕事に就けたという
喜びの声なども時々耳にしていました。

また、一度就職して、経験を積んで、独立開業する卒業生もいました。

ところが、当時は、カラーを学んでも、就職はおろか、
独立開業できる人は、全国的に見ても、ほとんどいない状況でした。

講座説明会では、
「アメリカやヨーロッパではカラーで開業して成功している人がたくさんいる」
ということを伝えていました。

確かに、セブンイレブンのロゴの色彩提案をしたアメリカの
フェイバー・ビレンなどは、カラーコンサルタントとして成功した一人ではありますが
日本では、まだまだカラーだけで仕事をしている人は、ほんの一握り。

だからこそ、自分が第一人者になろう!
と、なかなかそこまで、覚悟を決めて、進もうとする方はとても少ないのです。

嘘から出た誠ではないけれど、私は、いつしか
「カラーだけで仕事ができるということを自ら証明して、道を作りたい」
そう思うようになりました。

なぜ、そんな使命感が生まれたのかと言うと、
自分の仕事を愛していたからです。

私が転職して、カラーを担当したのは、1991年の春。
色彩検定が始まったのが1990年11月。
当時はまだ、カラーを教える講師さえも居ない状況でした。

それでも、カラーコーディネーターの講座を作り、
生徒を募集しなければなりませんでしたので、一番苦戦したのが講師探しでした。
初めのころは、講座を4クールに分けて、
インテリア、服飾、グラフィック、商品など、各分野に詳しい先生方を
講師として招き、先生方にカラーについて学んでいただきながら、
なんとか講座を運営していました。

その後、札幌にも色彩を長年研究しているという大学教授と出会い、
大学の仕事のお休みの土曜日だけ、1年間講座を担当していただけることになりました。

こうして、講座そのものを育て、授業の評判も良く、
受講生たちの満足度も高い良い講座であると信じていた私でしたので

「高いお金を払ったのに、カラーを学んでも仕事にならない」

という受講生の一言に、とてもがっかりしてしまい、落ち込みました。

こんなに良い講座なのに・・・
こんなに身近で生活にも仕事にも役立つことがいっぱいなのに・・・
こんなに講座の時、みんなの目が輝いて心ときめいていたのに・・・

愛するものが、世の中に理解してもらえない悲しさ。

悲しいままにして置きたくない!

そんな思いから、やがて私はデザイン系スクールを退職し、
自分でカラーサロンを開くことになって行ったのでした。

もちろん、お金も人脈も知名度もない私が、インターネットもない時代に、
簡単にうまく行くはずもありません。
数々の失敗もたくさん経験して、今があります。

一時は、サロンも住んでるマンションも家賃が払えなくなり
追い出されて、ホームレスになったこともありますが、
色々な工夫をして、自己資金ゼロ円で再スタートして、現在に至っています。

そして、2009年に、TCカラーセラピーシステムをリニューアルして
全国に発信するようになり、6年で門下生が、28000人になりました。

なぜ、これほど広がって行ったのか?
どうすれば、カラーサロンを開いて仕事ができるのか?
カラーには、どんな魅力があるのか?
カラーを学ぶとどうなるのか?

これから、じっくりと書き綴って行きたいと思います。

つづく





いいね!した人  |  リブログ(0)

なかたさいこ(SAIKO)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります