1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005年09月29日

イーアクセスにゴールドマンが出資

テーマ:コンサルこめんと!
〈イーアクセス発信〉

1.7GHzはソフトバンクとイーアクセスしか新規事業者では免許を申請しない模様ですが、今回はイーアクセスにとんでもないところからの出資が決まりました。米金融大手ゴールドマンサックスがイーアクセスに250億円を融資するというものです。たしかにTBSが100億投資する段階で現実味をおびてきたイーアクセスのモバイル事業ですが、これでデータ通信までは確実にできる資金が集まったのではないでしょうか。
音声は08年とまだ先の話でさらにお金が必要ですが、データ通信事業で成功すれば可能になってきます。今のところ、ニフティなどに対して得意の携帯回線ホールセール(卸)をおこなう予定があるようです。そうなればいよいよMVNO事業者が出現します。


ニュース:
総務省10階で囲み取材に応じた千本氏は、「いよいよモバイルブロードバンドという巨大マーケットに入る準備ができた」と気を引き締める。「(免許取得のために)2年間準備してきた。まずデータ通信サービスから開始し、1年後に電話(通話サービス)を全国に普及させたい」

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年09月28日

携帯電話向け地上波デジタル放送始まる

テーマ:コンサルこめんと!
〈携帯向け地上デジタル放送〉

来年4月に携帯電話向け地上波デジタル放送がされます。ドコモなどからはこれに対応する端末が紹介されています。これは、今テレビ向けにやっている地上波デジタル放送の”1セグ”を借りて携帯電話向けに放送を発信することです。(地上波デジタル、はやらないですよね)

そして携帯向け新放送の愛称は「ワンセグ」。なんのひねりもない名前ですね。
このサービスによって携帯電話でクリアなテレビがみれますし、そのときにかかっている曲を調べたり、そのまま購入したりデジタル技術をつかっていろいろできると思います。
まあ、わたし個人的にはあまり大きな技術ではないのですが(テレビは面白くないし、、、)。

しかし、これはまさに”放送と通信の融合”であることは間違いないです。そういう点では大きい出来事であると言えます。
ただ、権利関係でまだもめているようですね。
まあ、権利関係も近いうち整備されるでしょう。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年09月27日

携帯と固定のコンバージェンス!

テーマ:コンサルこめんと!
〈FMCいよいよ〉

総務省がいよいよ2007年に携帯と固定の番号を一本化するようです。これはまさにFMC。室内では無線LANで外では普通の携帯網につながるものです。

こうなると本当に固定電話が必要なのかどうか?という議論になりますよね。固定と携帯が同じ番号になるのだから持ち運びができる携帯の方が使い勝手が良いに決まっている。いったいNTT東西は何で食べていけば良いのでしょうか。これはNTTにとっては困った。

そういう話題が出てすぐに、ボーダフォンと日本テレコムが携帯と固定を融合する提携交渉のニュースが飛び込んできました。これはまさにリアルタイムな提携ですね。でもドコモもKDDIももちろんFMCについてはやろうとしていたので当然の流れといえば当然なことです。ボーダフォンは相変わらずフォロワーな戦略をやりますね。
しかし、日本テレコムは売却しないほうが良かったのに・・・03年にはFMCの基本的な考えは海外で出ていましたけどね。本当に後手にまわってますね。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年09月26日

YOZANがPHS事業を終了

テーマ:コンサルこめんと!
〈いよいよYOZAN〉

いよいよYOZANがWIMAX事業へ本腰を入れるようです。
買収したPHS事業をやめてWIMAXへ資源投入。確かにWIMAXは優れた技術でこれから花開くと思いますが、許可がまだでていたない現段階での資源集中にはおどろきます。
しかし、早期に参入して既得権を得ることも大事。YOZANの戦略が吉とでるかは興味のあるところです。そういえば、livedoorともWIMAXで連携していましたよね。このへんも何か起こりそうで楽しみです。でもYOZANの株価は安い。。買い時といえば買い時ですが。


ニュース:
YOZANは9月22日、PHS事業のうち音声サービスを終了すると発表した。既に新規受付は停止していたが(4月20日の記事参照)、11月末にサービスを終了する。テレメトリングサービスなども状況が整い次第終了し、PHS事業から撤退する予定だ。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年09月24日

au CS AWARDSが今年も開催。その訳は??

テーマ:コンサルこめんと!
〈auの代理店戦略〉

auは接客マナーを競うコンテストを実施しています。スマイルキャンペーンをやったりとかなり代理店の改善に力をいれてますね。これはなぜかというと、auの歴史を見るとわかります。
以前は3社の合併会社だったので接客マナーはバラバラで最悪だったようです。なのでその改善をおこなったようです。やはり企業が合併してい1社になることは大変なことですね。
(JALも一緒ですよね)

auとしては以下の理由で代理店施策をおこなったでしょう。
1. 代理店の接客改善
  これはまさに上記で書いた通りのことです。合併した会社なので社内のベクトルがバラバラ   だったわけですね。それを改善したのです。
2. 代理店の独立
  高額なインセンティブぶいつまでも頼られてはこまるのです。代理店は代理店で独自にもうけ  る仕組みを作らないとauが困るということです。今一番これにちからを入れているのはドコモ  ですが、auも同じようなことを考えているはずです。そろそろインセンティブのあり方を考え  る必要がでてきてますね。

以下はマーケティンングで良い本です。でも筆者の顔が大きく出過ぎですよね。。
須藤 実和
実況LIVE マーケティング実践講座


ニュース:
全国のauショップスタッフが磨きぬかれた接客マナーを競うコンテスト「au CS AWARDS」が、今年も開催されている(関連記事その1、その2)。20日には関東エリアから優秀な成績によって選出された10名が、都内でその接客技術を披露。会場で披露されたセールストークからは、KDDIとしての販売戦略も透けて見えた。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年09月22日

新規事業者の携帯って??

テーマ:コンサルこめんと!

<ソフトバンクとイーアクセスの携帯って>


ソフトバンクもイーアクセスもいろいろな端末を考えているようですね。ソフトバンクはどちらかというとビジネスより。イーアクセスはコンシューマより、と言えるかな。ただ、ソフトバンクは屋内でのwi-fiとの連携を考えているのでコンシューマ向けも忘れていないようです。

加えてイーアクセスの方は、MVNOも考えているようです。もちろんですよね。この会社の得意なことはホールセール(卸)ですから。それが実現できれば、英バージンモバイルみたいな加入者500万のMVNO事業者もでてくるかもしれません。

ちなみにですが、ワイヤレスのカンファレンスでイーアクセスの社長が日本のキャリアの事業者収入は欧米に比べて3.5倍高いといってました。本当に携帯代は高いですからね。イーアクセスのいっている半額は無理だとしても、せめて7割くらいにはなってほしいと思います。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年09月21日

auのお年寄り向け戦略 ーその1かな

テーマ:コンサルこめんと!
〈KDDIもいよいよ高齢者も対象〉

auはいままで、若年層を対象としたサービスを提供していました。新サービスはすべて若年層へのサービスといってもよいでしょう。原宿のデザイニングスタジオも、着うたフルも。そのおかげで、若年層では色々な調査で、auの圧倒的な結果になっています。若年層といえばauなのです。
auもビジネスで優位なドコモとあえて戦わず、将来ビジネスマンになるであろう若年層をターゲットとしたのです。頭がいいですね。
そして、いよいよTukaを吸収するのでお年寄りも使える機種とサービスを出しました。今回出したサービスはまさにお年寄り向けサービスです。これもうけるでしょうね。
これだけ先手で作戦をうっていると3年後が楽しみです。

ニュース:
KDDIは9月21日、小・中学生および60歳以上のユーザーを対象として、月額基本使用料1575円でau携帯電話を利用できる割引サービス「家族割 ワイドサポート」を開始すると発表した。11月14日から受け付ける。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年09月20日

ボーダフォンモバイルFeliCa。でも戦略ある??

テーマ:コンサルこめんと!
〈ボーダフォンの戦略〉

ボーダフォンはモバイルFeliCaを搭載したモデルを発売するようです。
モバイルFeliCa、ドコモ、auにつづいて3社目。ほぼ全社が提供していることになりました。

しかし、、ボーダフォンは完全にドコモのフォロワーとしての戦略ですね。ボーダフォンの個性やいいところが全然見えてないと思います。もう少し本国と協業してあたらしい事業ができないのでしょうか?これではJ-Phoneのころのほうが、写メールを発売したりかなり先進的なところがありました。
おそらく、あと2、3年この調子だと身売りという話がでるでしょうね。今の加入者数は1498万でした。いよいよauと差がついてきたので方針をかえないと大変なことになりそうです。


この会社に買収されたら面白かったのに・・・
竹村 健一
孫正義のクレージー経営者宣言

ニュース:
ボーダフォンは9月20日、ボーダフォンとしては初めてモバイルFeliCaチップを搭載した「703SHf」をはじめ、新たに4機種を発表した。10月下旬以降、順次発売する。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年09月18日

Apple携帯がでる?

テーマ:コンサルこめんと!
〈Apple携帯〉

いつかでるでしょうねえ。ブランドという点でいえば最高の携帯です。
MVNOで出すと思いますが、どのキャリアが貸すのでしょうか。多分、Vodafoneや新規参入でしょう。(新規だとイーアクセス??)
ホントはauなんかがイメージ的に似合うけど、auは自分でデザイン携帯を出したり、ブランド展開しているのでないかな、と思っています。
Apple携帯が出て、それとPCやiPodと連携したら面白いでしょうね。

ニュース:
Appleはいつか、自身で一からデザインした、携帯電話とiPodを組み合わせた独自の製品「iPhone」を発表するかもしれない。iPhoneは、Flextronicsなどの受託製造業者の手で製造されることになるだろう。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年09月17日

デュアルバンドのすごさ

テーマ:コンサルこめんと!
〈デュアルバンド〉

以前、話に上りましたが、携帯会社は複数の周波数帯を保持しています。例えば、ドコモですと800MHz、1.5G、2GHzです。それに今回の1.7GHzを足せば4つになります。今回KDDIがデュアルバンドを発表しましたが、ドコモも同じことをやろうとしています。周波数が大きければ電波が届く距離が短くなるので、都市部には周波数の大きいもの、田舎には800MHZを考えているようです。
これを見ると800MHzは有利ですねえ。ホント、既得権をもっている会社は有利であると思います。ということは何事も始めたのが早い人が有利ということです。経営にスピードが大事ということはわかっていますが、本当にそうですね。

ちなみに後日記述しますが、総務省が以前発表したNGN計画はどうなったのでしょうか?2007年までに日本は整備するはずです。大きなお金が動くことは事実なのですが、その辺がオープンなニュースにはなってないですね。
自分で調べても見たいと思います。


ニュース:
今回の包括免許により、KDDIはCDMA 1Xで800MHz帯と2GHz帯の両方を利用できる“デュアルバンド携帯”を提供可能になる。「実際に、デュアルバンド端末を出すことは考えている」(KDDI広報)
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。