ご愛読ありがとうございました。

テーマ:

中野坂上リターンズをお読みの皆様へ


なかなか更新できずに申し訳ありません。


さて「中野」「坂上」両名とも相談したのですが、当該ブログは、停止という形を


取らせていただくことになりました。


僅かながら、こちらのサイトに足を運んでくれる方がいる以上、更新をしようと


考えておりましたが、両名とも多忙となり、すれ違いの日々が続いております。


このまま、放置となるよりも、一旦「停止」という形をとらせていただいたほうが、


よいかと思い、今回の決断に至りました。


ブログ自体はしばらく残す予定です。


ネット上とはいえ、こうして皆様と接する機会を設けられたことを嬉しく思います。


全ての人の夢が叶いますように。


                                   2010年4月1日

                                   中野坂上リターンズ管理人

AD

リターンズ第9話「フィギュアを語る」

テーマ:

中野:フィギュア見た?


坂上:ああ、キムヨナが金で、浅田が銀だろ?


中野:そうそう!すごい盛り上がったよなー


坂上:キムヨナなんて、金メダル獲ったら「金妍兒」って名前変えたし。


中野:元からその名前なんだよ!


坂上:ええっ?ヤラせ?


中野:微妙な発言すんなよ!韓国じゃ多い名字だろうが


坂上:ああ、金八先生とかな


中野:完全に日本人だよ!つうか名前ですらねぇよ!


坂上:てことは、浅田真央ちゃんも浅田銀に変えなくていいの?


中野:何でメダルの色に合わせて改名するシステムなんだよ!


坂上:銅本兄弟で言ってたぜ


中野:堂本だよ!つうか言わないし


坂上:でもさ、真央ちゃんて名前もどうかと思うぜ


中野:おい!ファンに叱られるぞ!


坂上:いや、もっとフィギュアの選手らしい名前の方が良くないか?


中野:充分似合うと思うけどな。じゃあ例えば?


坂上:そうだな・・彼女って可憐だし、まるで蝶のように舞うから・・浅田舞ってどう?


中野:お姉さんの名前だろ!


坂上:なんだ、姉弟子がもう名乗ってるのか


中野:なんで芸人になってんだよ!本当のお姉さんだよ!


坂上:本当にあった?お姉さんの話みたいだな


中野:何で疑問形なんだよ!浅田舞・真央姉妹ったら有名だろうが!


坂上:弟が浅田次郎ね、審査員で有名な


中野:鉄道員だよ!「員」しかかぶってねぇだろ!


坂上:ぽっぽ~ 


中野:言うなよ、恥ずかしい!


坂上:どうも、ありがとうございました~


中野:えっ?終りかよ?短かっ!


坂上:ショートプログラムになっております


中野:うまくねぇよ!





AD

リターンズ第8話「バンクーバー五輪を語る」

テーマ:

坂上:いやー盛り上がってるね!国母五輪!


中野:勝手に名付けるなよ!


坂上:国母の国母による国母のための国母ンピックだろ?


中野:バンクーバーオリンピックだよ!


坂上:ハンバーガーオリンピック?


中野:言うと思ったよ!


坂上:80歳以上のご高齢の読者には、阪妻オリンピックといったほうが

    なじみやすいけどね


中野:なじまねぇよ!つうか80歳以上の読者いねぇし!


坂上:まぁな。78歳以下もいないけど


中野:79歳限定かよ!狭すぎるだろ!


坂上:じゃあ、89歳も呼んじゃう?


中野:何、このしわくちゃトーク?


坂上:それより、オリンピックの話しようぜ


中野:お前が変な話するからだろ!

   いよいよ明日(26日)はフィギュアのフリーだぜ


坂上:フリー?じゃあ腰パンで登場しても叩かれないんだな


中野:そういうフリーじゃねぇよ!しかもフィギュアの衣装で腰パンてなんだよ!


坂上:いやあの衣装もたいがいだぜ、お前、面接であの衣装来て来た子、

    土木監督に採用するか?しないだろ


中野:なんで土木監督なんだよ!


坂上:現場でクルクル回られちゃ困るんだよね


中野:何の話だよ?


坂上:さぁ?


中野:さぁ、じゃねぇよ!注目はなんといっても・・・


坂上:浅田真央とキム・ヨナだろ


中野:う、うん・・つうかボケなし?


坂上:お前な、こんな世間が注目してる2人の名前を間違うわけねぇだろ


中野:そうだけど・・


坂上:2人はジュニア時代から数々の名勝負と繰り広げてる永遠のライバル

    なんだよな。


中野:キャラは全然違うんだよな。


坂上:うん、一方は甘い感じで喉すっきり、かたやあっちは激辛だけど癖になる


中野:はぁ?


坂上:つまり浅田飴とキムチ鍋どっちがいいか、って事だね


中野:全然違うだろ!


坂上:じゃあ、浅田鍋とキムチ鍋だったら?


中野:鍋から離れろよ!


坂上:鍋<<<<<越えられない壁<<<<<中野


    ほら、大丈夫だから


中野:勝手に壁作るなよ!


坂上:そうそう、この2人同い年なんだよな


中野:19歳だぜ、若いよな


坂上:だよな、81年たってもまだ100歳だぜ


中野:何の計算だよ!


坂上:面接で、えー君って81年前にオリンピック出てた娘?とか言われてな


中野:何でちょくちょく面接が出てくんだよ!


坂上:で、今度こそと思って採用したら、まだ現場でクルクルまわったりしてな


中野:100歳に現場監督させるなよ!


坂上:初体験とか何歳だったんだろ?やっぱコーチとかな?


中野:おいっ!ファンに叱られるぞ!


坂上:えっ?何で?スケート初体験の話だけど?


中野:お前が言うと性的な意味にしか聞こえないけど


坂上:まぁ性的なスケート初体験だけどな


中野:・・・お前と会話してる自分自身に腹が立つよ!


坂上:まぁまぁ、落ち着けって


中野:お前のせいだろうが、この変態野郎!


坂上:おいおい、いくらなんでも、チームメイトにそれはないだろ


中野:何のチームだよ


坂上:カーリングの名門・チーム泡盛


中野:そんな酒盛りチックなカーリングチームあるかよ!それを言うなら・・


坂上:青森だろ!


中野:お前がつっこむな!


坂上:カーリングも楽しみだよな


中野:知らないのかよ、予選敗退しちゃったんだぜ


坂上:いや試合じゃなくて杏菜ちゃんと麻里ちゃんの今後


中野:お前とは絶対関わりないから、気にしなくていいよ


坂上:いやそうでもないぜ


中野:何でだよ


坂上:皆も知ってのとおり、俺、今カーリング場で働いてるじゃん


中野:前提が大嘘じゃねぇか!


坂上:ごめん、ちょっと嘘ついた、カーリング場で働く気があるじゃん?


中野:はいはい


坂上:で、俺が電気を消して帰ろうとすると、麻里ちゃんが居残りしてるわけだよ


中野:うらやまし過ぎるな、お前のその性格、はいはい、そのあとはー


坂上:じゃあ、あとはよろしくね、って鍵預けて帰るんだけどね


中野:帰んのかよ!!


坂上:だってバイトしんどいし・・・


中野:もっと出会いを有効につかえよ!


坂上:いや、そう思って今日さ・・・


中野:なんだよ?


坂上:面接行ったんだけど・・・落ちた!


中野:言葉もないよ


坂上:まぁな

AD

リターンズ第7話「節分を語る」

テーマ:

坂上:いよいよ節分だぜい \(^▽^)/


中野:そんなに楽しみにしてるヤツ、はじめてみたよ!


坂上:何言ってんだよ、豆まこうぜ!豆!お前どっから撒くの?豆?うわー俺どうしよう


中野:鳩かよっ!豆でうろたえるなって!


坂上:豆の数だけ、年をくうんだよな


中野:逆だよ!勝手におっさんにすんな! 


坂上:でも、節分て何で豆撒くんだろうな?


中野:確かに何でだろ?


坂上:真珠とかダイヤにすればいいのに


中野:どこのセレブだよ!


坂上:パンがなかったらケーキを食べればいいのヨォオホホホホホ


中野:マリーアントワネットごっこはもういいから


坂上:でも、節分て昔からあるのにに地味だよな。

    バレンタインに比べて華やかさがないし。。


中野:派手になる必要ねぇだろ


坂上:そうだ、こんなのはどう?ちょっとやってみようぜ


中野:な、なんだよ?いきなり


坂上:先輩、呼び出したりしてごめんなさい


中野:別にいいよ、ところで用事って?


坂上:あの・・もう豆撒く相手とか決まってます


中野:いや・・まだだけど


坂上:よ、よかったら、私と撒きませんか?

    いえ、あの鬼は外の方だけでいいんで・・・・


中野:いや君となら、いっそのこと福は内からでも


坂上:そ、そんな(///∇//)



中野:なんだこれ!!


坂上:こうすれば、節分も恋愛イベントに早変わりだぜ


中野:恋愛依存症か!


坂上:もっとドラマチックな展開もいいかもな


中野:またやんの?



坂上:くそっ、残る豆は1つ、鬼は4匹、完全に囲まれたな


中野:すまない、俺がドジを踏んだばっかりに


坂上:おいおいそんな顔すんなよ、笑う角には鬼来るだぜ


中野:それを言うなら、福来るだろ


坂上:HAHAHAHAHAHAHAHA


中野:HAHAHAHAHAHAHAHA


坂上:モグモグモグ あ、食っちゃった


中野:HAHAHAHAHAHAHAHA

坂上:HAHAHAHAHAHAHAHA



中野:何がやりたいんだよ!


坂上:『相棒・節分ver』


中野:そんな相棒いらねぇよ!


坂上:でもさ、鬼サイドとしてはどうなのかね?


中野:考えたこともないよ


坂上:もしかしたら「鬼は外」というのは鬼にとって喜ばしいことなのかも

    しらないぜ。


中野:意味わかんねぇよ


坂上:鬼の世界も少子高齢化が進んでてさ、大変なんだよ


中野:たとえそうだとしてもどう関係あんだよ?


坂上:ここに嫁いできてはや20年、最初は鬼嫁なんて呼ばれてたけど、

    そのうち実の母娘のようにお義母さんと打ち解けててな。

    でも、3年前から、お義母さんに認知症の症状が出てくるんだよ。

    そして去年には、脳梗塞でお義父さんが倒れてな。肝心の旦那は

    ラムとかいう鬼娘のケツばっか追い掛け回して頼りにならず。

    介護と家事の合間にほそぼぞと内職をしてどうにか家計をやりくり

    してる毎日でな、そんな彼女にとって、一度でいいから、いやたとえ

    一瞬でも外に出たいと願わない日はないんだ。


    そこに響いてくる節分の声。


    「鬼は~外」


    ああ、あれは神様が私のために言ってくださるのね。

    今だけは、嫁でも妻でもなく、1人の女として生きていいのね。

    この日のために勝負鬼パンツだって用意したんですもの。

    さあ出かけるのよ、出かけていいのよ。

    私の居る場所はここじゃないの

    お義父さん、お義母さん、ごめんなさい、私行きます(ガラッ)


    「福は~内」

    やっぱり、私のうちはここ、そうよ、幸福はここにあるんだわ

    忘れてた、私こんなに幸せだって。。。1人で外に行こうなんて

    間違ってたわ。。。そうよ家族みんなで出かけなきゃ。

    来年になったら、旅行に行きましょ。鬼が島とかまた行きたいな。

    あら、やだ来年の話をしたら、鬼が笑うわね。ウフフウフ。。。

    あれ?おかしいのに私何泣いてるんだろ、やだ・・・目に涙が・・


中野:長ぇよ!


坂上:な?鬼サイドも結構込み入った事情があるんだよ


中野:お前が勝手に作ったんだろうが!


坂上:節分がいかに神聖な儀式かわかるよな


中野:わかるか!ちゃんと説明しろよな


坂上:・・・・


中野:何急に黙ってんだよ?


坂上:・・・・


中野:おいぅ!


坂上:あ、恵方巻食ってた


中野:いきなり食うなよ!


坂上:ちょっと生クリーム多かったな


中野:ロールケーキじゃねぇか!


坂上:似たようなもんだろ?


中野:恵方まきは巻き寿司だよ!


坂上:ああ、忍者が使うヤツだよな


中野:それは、まきびし!


坂上:まきびしが取り持つ恋って憧れるよね


中野:憧れないし、そんな事に絶対ならないから!


坂上:巻き方工夫しても?


中野:工夫しても、だ!

    つうか、いつまでまきびしトーク続けるんだよ!


坂上:今年の恵方は西南西だな、うん。


中野:置きざりにすんなよ!


坂上:あれ?ついてこれたの?まきびし置いといたのに


中野:撒くな!


坂上:いや、巻かないと巻き寿司にならないし


中野:そうじゃなくてまきびしの話・・いや巻き寿司・・・どっちでもいいよ、もう!


坂上:いい加減にしろ!


中野:なんでお前がツッコんでんだよ!

リターンズ第6話「成人式を語る」

テーマ:

坂上:成人式、行ったか?

中野:はぁ?行くわけないだろ

坂上:だって俺達、成人だろ?

中野:確かにそうだけど、あれは新成人が行くもんだろ

坂上:あいつらは暴れる役だろ?

中野:そんな役回りねぇよ!

坂上:毎回35分過ぎに暴れるんだよな、マンネリ過ぎるよ

中野:水戸黄門の印籠かよ!
   何、その微妙な時間帯?

坂上:でもあいつらも毎年毎年大変だよな

中野:同じメンバーじゃねぇよ!

坂上:ああ、新メンバー募集してるんだろ。
   研修生とか行って、そうそうこの前はNY公演行ったらしいぜ

中野:そのちょくちょく出てくるAKB48ネタやめろって!

坂上:あいつらが全員成人する時の事考えるとゾッとするな。
   会場入りきらないぜ

中野:みんな年違うから安心しろ!それに会場もっと広いから

坂上:もしかして野成?

中野:なんだよ、その王国みたいなネーミングは?

坂上:野外成人式、略して野人

中野:岡野かよ!略称変ってんじゃねぇか!

坂上:でもさ、成人式行ったら、振袖見れるぜ

中野:性的対象で見るなよな

坂上:え?20歳だから条例には触れないだろ

中野:そういう問題じゃないだろ

坂上:でもさ、振袖着ると女の子って可愛くなるよなー

中野:確かにそうだな

坂上:アジアンの馬場園が、ハリセンボンの春菜みたいに見えるもん

中野:全然わかんねぇよ、そのたとえ!

坂上:女デブ芸人好きの読者には受けてるぜ

中野:そんな読者いねぇよ!


坂上:それどころか、読者そのものがいねぇもんな。そうだお前読者やれよ!


中野:訳わかんねぇこと言ってんじゃねえよ

坂上:でも、成人式に行くといろいろ驚くよな

中野:そうそう、中学の時、目立たなかったヤツが変ってたり

坂上:ああ、緑色のチョークとかね

中野:そうそう、黒板てモスグリーンだから、緑で書いてもわかんないよね、って違えーよ!

    物じゃなくて人だよ、人!

坂上:ああ、地理の平岡とか?

中野:教師じゃねぇかよ!

坂上:いや、教科書作った人

中野:知るわけがないだろ!

坂上:誰が一番最初に教科書の作者の目を塗りつぶして
   タモリにしたんだろうな。お前わかる?

中野:うるさいよ!

坂上:でもさ、教科書に落書きしてた奴等が成人だぜ?

中野:お前だってそうだろうが

坂上:いや、俺は机に書いてたから

中野:机に何落書きすんなよ・・

坂上:いや教科書に載ってる事書いてた

中野:ただのカンニングじゃねぇか!

坂上:成人になったら、カンニングも許されるんだよな

中野:大人になってまでするなよ!

坂上:ああ、成人でOKなのは酒と泪と男と女か

中野:河島英五かよ!酒と煙草だよ

坂上:あと実名で新聞に載るのもOKなんだよね(o^-^o)

中野:何喜んでるんだよ!名前出ちゃうんだぜ

坂上:いやいや、未成年じゃずっとイニシャルのままだぜ

中野:法律でそう決まってるんだよ。

坂上:じゃあ、あのルフィが海賊王になったとしても、
    L少年(17歳)のままって事だな。



中野坂上リターンズ しーずん②

坂上:当然顔出しは禁止だろうし・・

中野:その心配をしてるのは世界でお前だけだよ

坂上:つまり、海賊王を心配王って事だな

中野:お前の将来を心配するよ

坂上:じゃあ、海賊王を心配王を心配店長だな

中野:なんで俺だけ店長なんだよ!

坂上:こども店長

中野:思いついた事言うのやめろよな

坂上:あのこども店長、成人したらどうなるんだろうな

中野:さぁ、どうなるんだろ

坂上:社長、会長と来て相談役になってるかも

中野:そこまで出世すんのかよ!

坂上:焼きたてのメロンパン買ってきてとか相談されちゃって

中野:ただの使いっ走りじゃねぇか

坂上:行列に並びながら、こんなとこ来とうはなかったとか愚痴ったりしてな

中野:絶対しねぇよ!

坂上:思い余って高い所から飛び降りたりしてな

中野:洒落になんねぇだろ

坂上:勇気ある若者だってことで、ようやく成人て認められるんだよな

中野:バンジージャンプかよ!

坂上:あれって日本じゃ完全に娯楽だけど、バヌアツじゃ神聖な儀式なんだよな

中野:バヌアツ?どこ?アフリカじゃないの?

坂上:知らないのかよ、南太平洋の島だぜ、オーストラリアの上

中野:すごいな・・誰に習ったんだよ

坂上:地理の平岡に決まってるだろ!

中野:また、その名前かよ、いい加減にしろ!

リターンズ第5話「新年の挨拶を語る」

テーマ:

坂上:明けたな


中野:ああ、明けたな


坂上:というかもう6日だろ?明き過ぎだよな。


中野:うん、今さら新年の挨拶もないだろ


坂上:そうそう、恥ずかしくてできないよ。


中野:普通言わないって


中野:せーの


坂上&中野:新年あけましておめでとうございます


中野:ってお約束過ぎるだろ!


坂上:2010年のスタートがこれでよいのか、という反省は年末にやるとして・・・


中野:今すぐやれよ!


坂上:お前、小さな声で「せーの」とか言っただろ?カンガルー便かよ!


中野:それは西濃運輸だよ!聞こえなかった事にしとけよな。


坂上:そういや、Geogleで「中野坂上」「初詣」で検索するとこのブログが出てくるのな


中野:ほんとかよ?・・・あ・・・ほんとだ


坂上:こんな役に立たないブログ観て何しようとしてるんだか、暇なんだな、全く


中野:お前の方がよっぽど暇だろ!

    それより、今年は初詣行ったのかよ?


坂上:それがさ、行こうと思って検索したんだけど、何か変なブログに辿りついちゃって・・・


中野:ああ、中野坂上リターンズってヤツだろ。俺もなるなる

    って馬鹿!さっきの繰り返しじゃねぇかよ!ファミレスの店員か!繰り返すな!


坂上:話すすめていいか?


中野:お前が脇にそらしたんだろ!このノーコン野郎!


坂上:濃紺?俺は黒の方がスカートに・・・


中野:ストップ!ここでお前の女子高生の靴下談義を聞く気はないからな。

    初詣の話だよ、初詣。


坂上:ああ、初詣ね、チケットまだ取れてないから行ってないよ


中野:チケット?いつから初詣はチケット制になったんだよ!


坂上:おいおい知らないのかよ、すごい人気なんだぜ、浅草ロック座のステージは


中野:小向美奈子かよ!


坂上:そうだよ、皆様お待ちかねの第2弾公演がいよいよはじまるんだぜ。


中野:待ってるのはお前だけくらいだよ!


坂上:なんか、昭和40年代の映画のタイトルみたいだな「待ってるのはお前だけ」


中野:くだらないこと言ってんなよ!


坂上:あの初演の時に会社を休んで徹夜で並んでた人どうしただろうな?


中野:余計な心配しなくていいよ!


坂上:そろそろロック座から出てきてもおかしくないけど・・・


中野:半年以上前なんだから、とっくに出てきてるよ!


坂上:いいなぁ、観音様を拝めて


中野:どこの親父だよ!


坂上:でも、最近は仏像が人気らしいぜ。


中野:ああ、仏像ガールだろ?最近話題になってるもんな。


坂上:最近?俺がガキの頃からいたぜ。

    親に買ってもらったとか言ってフランス人形自慢してる女の子。


中野:フランスじゃねぇよ!仏は、ホトケだよホトケ!


坂上:外傷は?遺留品を確保して、現場付近の聞き込みを開始してくれ。


中野:なんで刑事ドラマになってんだよ!


坂上:でも、仏像ガールってすごいよな。


中野:ネーミングのインパクトはすごいよ。


坂上:女王様キャラ全開だもんな


中野:「ぶつぞう」じゃねぇよ!小学生のだじゃれか!


坂上:「ぶつぞう」「どうぞう」「なうまんぞう」って懐かしいよな。


中野:ごめん、お前とは思い出共有してない


坂上:あ、お前2組だっけ?俺1組だったから


中野:学校が一緒だったこともねぇよ!


坂上:そんな2人が綴る奇跡のブログ、中野坂上リターンズ!


中野:うるさいよ!


坂上:俺達も共作ってことで芥川賞候補にならないのかね


中野:なるわけねぇだろ!


坂上:なんだよ、大森は良くて、中野はだめなのか!


中野:こっちは小説でも何でもないだろうが!


坂上:じゃあ、小説風ブログは?


中野:はぁ?


坂上:『えも知れぬような初めての快感が波のように全身を襲ってきた』


中野:なんで官能小説になるんだよ!


坂上:『仏像ガールの出現は、伝統ある美術と若い女性にとって魅力ある和テイストとの垣根を取り払ったのである』


中野:何の話だよ!


坂上:いや、仏像ガールについて学んでたんだよ。

    すごいぞ、仏像ガールは!


中野:お前に言われなくても知ってるよ!

    昨今の仏像ブームをささえた人なんだから。


坂上:でもさ、仏像って元を正せば、印度や中国から伝来してきたものだろ?


中野:確かにそうだけど、それがどうした?


坂上:今年は日本古来からの芸術がもっと注目されるんじゃないかな?


中野:ああ、日本独自のな、それはあるかも


坂上:例えば、こんなのとか



中野坂上リターンズ しーずん②


中野:美少女フィギュアじゃねぇか!


坂上:アキバが誇る日本の伝統だぜ


中野:うるさいよ!


坂上:この前なんか、デパートにフィギュアがあって驚いたぜ


中野:へぇ、そんなコーナーができたんだ。どうせおもちゃ売り場の隅だろ?


坂上:違うぜ、1階の正面、というか全館ほとんどにおいてあったぜ、しかも等身大!


中野:マネキンじゃねぇか!


坂上:等身大フィギュアみたいなもんだろ。な、俺の言ったとおりブームが来るぜ!


中野:そんなわけねーだろ!いい加減にしろ!



リターンズ第4話「煩悩を語る」

テーマ:

坂上:大晦日、何する?


中野:え?大晦日?まぁ紅白見て除夜の鐘聞いて


坂上:ジョヤノカネ?


中野:どこの留学生だよ!除夜の鐘だよ、除夜の鐘。


坂上:ああ、大きな事言ってたくせに全然ダメだったって話だろ?


    (3分経過)


中野:初夜の彼じゃねぇか!


坂上:正解です!もうちょっと時間切れのとこでしたよ。では次の問題!


中野:なんでクイズになってんだよ!


坂上:でもさ、除夜の鐘ってなんで108回も叩くんだろうな


中野:知らないのかよ、煩悩の数だよ、煩悩。


坂上:ああ、ゆで卵好きな親父だろ


中野:それは板東英二だよ!じゃなくて煩悩だよ!欲望の事だよ。


坂上:なんだよ、だったら早く言えよ!


中野:除夜の鐘は108あるという煩悩を無くすために108回叩くんだよ。


坂上:尺八、尺八ってお前はコムソンか!


中野:虚無僧だよ!


坂上:でも、欲望が108って多すぎねぇか?

    少なく見積もっても107個だろ


中野:1個の差じゃねぇかよ!誤差の範囲だよ


坂上:じゃあやってみたい事をあげるって事で


中野:なんでそういう展開になるんだよ!


坂上:それで108個欲望があるかわかるだろ


中野:ああ、なるほど・・ってそんな面倒な事できるか!


坂上:1つ目は・・・


中野:話聞けよ!


坂上:やっぱり「彼女の携帯を見る」かな


中野:人間やめちまえ!


坂上:なんだよ、そのアメリカンなツッコミは?


中野:付き合ってる彼女の携帯を見るなんて男として最低だろうが!


坂上:いや、付き合ってないけど?


中野:はぁ?


坂上:いや、駅で見かける子でさ、すごい可愛いんだよ、

    あれどこの制服だろ


中野:赤の他人じゃねぇか!


坂上:他人じゃねぇよ!この前、起訴されたから原告と被告の関係だぜ


中野:お前とコンビ組んでる自分自身に腹が立つ


坂上:ベジータさんですか?



中野坂上リターンズ しーずん②


中野:なんでスーパーサイヤ人なんだよ!


坂上:野菜専門のスーパーみてぇだな


中野:くだらないこと言ってんじゃねぇよ!

    で、その相手の娘に何やったんだよ!


坂上:いや隣で携帯でメール打ってたから、ずっと覗いてたんだけだよ


中野:それだけで十分犯罪だろ!


坂上:そしたら「キモヲタがさっきから覗いてるんだけど超キモイ」とか打ちやがって、

    思わず誰が覗くか!!とか言ったら、国技館が騒然としちゃって・・


中野:国技館て!!どすこい大相撲か!


坂上:高専ロボコンの全国大会に決まってるだろ


中野:ごめん国技館ビギナーだから、相撲以外の事は何も知らない


坂上:でもさ、カーディガンもいいと思わない?


中野:お前のページのめくりかた、おかしすぎるだろ!

    どんな話の展開なんだよ!


坂上:まぁまぁバラモン教の五火説ってあるだろ?


中野:バラモン?はぁ?何言い出してんだよ?


坂上:死後、死者は月に行き、雨になって地に戻り、植物に吸収されて穀類となってそれを

    食べた男の精子になって性交した女に注ぎこまれ、再び誕生するって考え方でな


中野:何の講義だよ!


坂上:いわゆる輪廻転生ってやつだな


中野:お前の口から四字熟語が出てくるとはな・・・


坂上:つまり、生まれ変わるなら、カーディガンってことだよ


中野:おーい誰か、翻訳機持ってきて!


坂上:おいおい、OLさんの羽織るカーディガンだぜ、ファッサーだぜ、ファッサー


中野:音はどうでもいいだろ!


坂上:あの制服にカーディガンってなんであんなにそそるんだろうな。

    つくづく、銀座で働いててよかったと思うぜ    


中野:どこの資生堂だよ!銀座なんて行ったことねぇだろ!

    だいたいカーディガン姿のOLなんて全国どこでもいるんだよ!


坂上:いわゆる民主党のマニフェストのおかげだよな


中野:なんで「カーディガンを羽織ったOLが全国各地に出没する」を公約にしてんだよ!


坂上:そこは鳩ママに聞いてくれないと・・・     

    

中野:ちょくちょく出てくる鳩山首相の実母はなんなんだよ!

    とにかく、お前の歪んだ欲望はわかったけどな


坂上:いやぁ、それほどでも(≧∇≦)


中野:褒めてねぇよ!殺したいけど!


坂上:ちゃんと褒め殺せよな


中野:いいから、もうちょっと普通の願いはないのかよ


坂上:小さな願いだけど「世界中を緑で覆う」かな


中野:グローバル過ぎるよ!


坂上:いやいや、そんなたいしたことないって

    砂漠に苗木を植えるだけなんだから


中野:お前の謙遜のポイントがわかんねぇよ!


坂上:これで好感度アップ間違いないな


中野:どこまで打算的なんだよ!この煩悩の固まりが!


坂上:AKB48全員に都内の私立高校の制服を着せて四十八手を試す


中野:はぁ?何言い出してんだよ


坂上:こういうのが煩悩の固まりっていうんだよ。な?


中野:な、じゃねぇよ!お前はヨッペイか!


坂上:歌ってみたマニアしかわかんないツッコミはやめとけって・・・


中野:う、うるさい!それよりもうお前のくだらない欲望はまだ続くのかよ!?


坂上:あとたったの105個だろ?


中野:簡単に言うなよ


坂上:じゃあ言うぜ

   

   ・海賊王っぽくふるまう

   ・2年生全員が俺のために髪をかきあげる

   ・大河ドラマに犯人役として出る

   ・誕生日のサプライズにザ・たっちが交互に来た、いや1人だけかも

   ・ミス慶応の着ボイスが俺の声

   ・ポン酢で味を調える

   ・ワイシャツを羽織っただけ

   ・女性専用車両(ただし坂上は可)と書かれる

   ・部活帰りの高校生が肩に寄りかかってくる

   

   ・うんと小さくなって、谷間で暮らす

   ・イチローに素敵な名字をつけてあげる

   ・天然パーマをかける

   ・制服のリボンを結び直す仕事に就く

   ・家をbeforeの時に戻してほしい

   ・チアガールも悪くない

   ・摺り足でエベレスト登頂

   ・合コンで目の前が壁なのはせめて3回に1回に

   ・わざとだよ、と言われたい、いや言いたい

   ・落とした書類を足を揃えてしゃがんで拾うを繰り返しで

   

   ・絶対領域を侵してみせる

   ・何代目でもいいからとにかく襲名する

   ・サンプル動画がすぐ開く

   ・巫女さんと姫初め

   ・オフ喜利にネットから参加

   ・国民の3人に1人がエグザイル、そんな時代

   ・蟹が自分から殻を脱ぎ捨てる、剥くの面倒

   ・ねぇギュウってして

   ・今週まだ誰とも会話してないと金曜日に気づくのはやだ

   ・海老蔵って名前は顔が赤いからじゃないんだよ

   

   ・曲がり角でパンを加えた転校生とぶつかる

   ・加藤はいねがブログ更新

   ・ちょっとだけ、こうさせてください

   ・背中に膨らみが当たるのがわかる

   ・オール殿下

   ・ねぇ浴衣はだけちゃった

   ・0120、828(やずや)828(やずや)のフレーズを耳から消し去る

   ・隣に上戸彩が引っ越してくる、隣戸なのに上戸

   ・土器土器させて

   ・ねぇ誰にでもこんな事してるの?と言われることを誰にでもする

   

   ・動物園の動物達は起きて出迎えろ

   ・高校の正門から堂々と出入りできる

   ・なんか、ここんとこきつくなってきちゃって、と見せてくる

   ・おみくじを結ぼうと背伸びしてる

   ・知らない女子アナから年賀状が届く

   ・えっ、こんなところで?って上目づかいで言わせる

   ・ほとぼりもスープも冷めてほしい

   ・麻婆豆腐は婆さんが作ってるわけじゃない

   ・ダウンジャケットにもダウンは入っていないぞ

   ・ガールズバーにはガールはいないようにな。

   

   ・いいから座っててよ

   ・鐘に合わせて突いて

   ・あの・・・何もしないんですか?


中野:ごめん、もう気が済んだ?


坂上:まだ半分の53個なんだけど?


中野:多分読者誰もここまで読んでないし・・・

    あとは1人でやってくれるか


坂上:オ○ニーみたいだな(笑)


中野:笑ってる場合か!


坂上:ハァハァ・・・


中野:してんじゃねぇよ!

  

リターンズ第3話「ウインタースポーツを語る」

テーマ:

坂上:なぁ、夏休みどうする?


中野:何?その季節感ゼロのトークは?


坂上:おっとついつい業界のクセが出ちゃったな。

    半年先取りしちゃうんだよな、ごめんちゃい


中野:何業界だよ!つうか誰だよ、お前は?


坂上:それより、冬休みだよ、冬休み!


中野:お前が言い出したんだろうが!


坂上:やっぱ、スノコだよな。


中野:そうそう、スノコで雪山を・・・って何でやねん!


坂上:ぷっ・・関西弁使ってて恥ずかしくないか?


中野:う、うるさい!とにかくスノコじゃなくてスノボだろ


坂上:素の棒?ああ、チ○コの事か、見たい?


中野:見たくねぇよ、つうか今出すなよ!

    スノーボードだよ、スノーボード。


坂上:ああ、パソコンカタカタするやつね


中野:キーボードだよ!だいたいカタカタってなんだよ!


坂上:少ない髪を右から左に分けてるのは?


中野:なんだそれ?


坂上:ブブー正解はバーコードでした!


中野:わかんねぇよ!つうか何でクイズになってんだよ!


坂上:じゃあ、CMいっとく?


中野:どんなブログだよ!



中野坂上リターンズ しーずん②


坂上:というわけで、新春の厄除けには「佐野厄除け大師」に行きましょう。


中野:何の宣伝だよ!

    つうか、ほんとにCM入れるなよ!


坂上:でもウィンタースポーツったら、やっぱカーリーンーグーだよな


中野:伸ばしすぎだよ!お前はハイキングウォーキングのQちゃんか!


坂上:皆が知ってる芸人で例えろよ。


中野:そんな事はいいから、カーリングの話だろ!


坂上:なんたって、あのチーム青カビな。


中野:なんだ、その発酵しそうな名前は!?青森だよ、青森!


坂上:なも青森出身だが?実はわぁもなしてす


中野:なんで津軽弁になってんだよ!


坂上:でもさ、カーリングってよくルールわかんねぇよな?


中野:確かに


坂上:キレイ好きなのはわかるけど


中野:あれは掃除してるんじゃないんだよ!


坂上:じゃあ、嫁へのあてつけか?


中野:どんな姑だよ!つうか何の話だよ?


坂上:もっとわかりやすいスポーツないのかよ?


中野:スポーツ雪合戦は?


坂上:なんだよ、そのスチャダラ甲子園てのは?


中野:「ス」しかあってねぇだろ!


坂上:でも、意味は一緒だろ?


中野:全然違うよ!スポーツ雪合戦だよ。


坂上:なんだ、早く言えよ!それなら詳しいぜ


中野:お前が?本当かよ?


坂上:大気中の水蒸気が凍って氷の結晶になり、この雪の結晶が地上に落ちてくる途中で

    水滴になったものが雨で、とけずにそのまま落ちてきたものは雪なんだ、わかる?



中野:雪の説明から?そこから行っちゃう?


坂上:なんだ、雪みたことあるんだ?


中野:あるよ!


坂上:じゃあ、簡単に言うと、ルールがある雪合戦だよ


中野:簡単すぎるだろ!


坂上:でも、雪合戦にルールがあるってどうなんだろうな


中野:どっちなんだよ!


坂上:どっちでもいいから、寒いから外はやだな


中野:それ言い出すのかよ?


坂上:いや、この季節に外はないだろ?手がかじかんで服脱がすのも大変だぜ


中野:どうしてそうエッチの話に持ってくんだよ!


坂上:ようやく、中野坂上リターンズらしくなって参りました!


中野:お前だけだよ、盛り上がってるのは!


坂上:いや、ここも盛り上がってるぜ?(股間を指さしつつ)


中野:だから、見せなくていいよ!

    いい加減にしろ!

リターンズ第2話「鍋を語る」

テーマ:

中野:M-1観た?


坂上:うん、観たよ、すごかったな、ハリガネロック!


中野:いつの話だよ!


坂上:第1回だよ。中川家やDonDokoDonが出てた


中野:懐かし過ぎだろ!

    つうか今の時期に何で過去のM-1見てんだよ!


坂上:おぎやはぎのすべりっぷりを目に焼きつけたくて


中野:そんな過去、誰も覚えてねぇよ!


坂上:でも、あの時はM-1がこんなに盛り上がると思わなかったもんな。


中野:そうそう、今や、季節の風物詩だもんな。


坂上:いやいやいやいや


中野:昭和の漫才師か!

    どう考えてもこの季節の定番になってきてるだろ、M-1は!


坂上:風物詩といえば、鍋だよ、鍋、最近はこれできまり★


中野:鍋かよ!だったら、とうの昔から定番だろうが!


坂上:いやいやいやいや いやいやいやいや


中野:何、気にいって繰り返してんだよ!


坂上:最近の鍋は奥が深いんだよ。知らないなら教えてやってもよいぞ。


中野:何を偉そうに・・・


坂上:かような物言いは無礼千万、打ち首獄門じゃ!


中野:はいはい、鍋奉行ね。


坂上:いや、鍋将軍


中野:なんだそれ?


坂上:奉行より偉い将軍様だぞ。


中野:そんなのあるんだ。。


坂上:わけのわかんない事言い出したり、鍋にミサイルぶちこんだりするんだぜ


中野:本物の”将軍さま”じゃねぇか!


坂上:あと怖いのは「アク代官」な。


中野:あー、アクを取る係の事だろ?


坂上:いや、越後屋と癒着して不正を行う悪代官


中野:そのまんまじゃねぇかよ!


坂上:だから、言ったじゃねぇか!怖いって。

    アクを取る係りのどこが怖いんだよ?


中野:鍋の話に本当の悪代官の話すんな!


坂上:じゃあお次は鍋の種類に進むけど、いい?


虫野:よくねぇけど、いいよ、別に


坂上:鍋と言ってもいろんな種類があって


中野:確かに各地域や家庭によって違いがあるよね。


坂上:「鍋」って書く人もいれば、「辺」「部」って書く人もいるよな。

    

中野:何の話だよ?


坂上:特にややこしいのが「邊」と「邉」ね。

    これ間違いやすいから、気をつけて。


虫野:なんで漢字の話になってんだよ!


坂上:いや、年賀状書いてんだけど、渡邉だか、渡邊だか訳わかんねぇんだよ


中野:話変えすぎるだろ!


坂上:まぁ、どっちでもいいけどな


中野:人の名前なんだからよくねぇだろ


坂上:お前だって、中野でも虫野でもどっちでもいいんだろ?


虫野:全然違うじゃ・・・あ・・勝手に変えてやがる!


坂上:全部で3箇所変えてあるから、見つけた人には年賀状プレゼントな。


中野:探さねぇし、欲しくねぇよ!


坂上:欲しくないといえば、闇鍋パーティーの招待状な


中野:強引に戻し過ぎだろ!確かに欲しくねぇし、もらった事ねぇよ。


坂上:この前なんか動物の死骸が入ってたんだぜ


中野:ひどいな・・・


坂上:聞いたら、神戸で育った牛だとか言うの、食えるかっつーの


中野:神戸牛じゃねぇかよ!


坂上:早く言えよ!


中野:知らねぇよ!だいたいその場にいないんだから言えねぇだろ。


坂上:やっぱり、鍋で一番は、キムチ鍋かな。


中野:ああ、あの辛さがたまらないよな。


坂上:俺は水で洗ってから食べるけどな。


中野:鍋の意味ねぇだろ!


坂上:白菜の味しかしないから、不思議だよ。


中野:洗い過ぎだろ!


坂上:あとは、水たきな。


中野:鶏肉でダシ取るんだよな、あれはうまいよ。


坂上:いや、水の江滝子


中野:何の話だよ!


坂上:独占!女の60分な


中野:知らねぇよ


坂上:森繁に続いて、水の江滝子まで・・日本の芸能界は惜しい人をなくしたよな。


中野:いや、そうかもしれないし、ご冥福を祈るけど・・・今はその話じゃないだろ!


坂上:そうだよな、こども番長がいるもんな。


中野:こども店長だよ!勝手に不良にするな!


坂上:勝手に管理職にしちゃうアレもどうかと思うけど。


中野:CMなんだから、いいんだよ!


坂上:あー名ばかり管理職ってやつだな。


中野:そうじゃないだろ!


坂上:それで思い出したけど、ちゃんこ鍋な。


中野:どんな思い出し方だよ!


坂上:この前食ったんだよ。うまかったなー


中野:へぇ、どこで食ったの?


坂上:どこって部屋だけど


中野:お前んとこ、鍋なんかあったっけ?


坂上:へ?相撲部屋に決まってるだろ


中野:何、弟子入りしてんだよ!


坂上:いや取材で。


中野:いつの間にそんな仕事してんの?


坂上:突撃!隣のちゃんこ鍋って企画でな。


中野:めちゃめちゃ嘘くさい企画だな。


坂上:うん、全部嘘だけど。


中野:嘘かよっ!今までのやり取りなんだったんだよ!


坂上:ちゃんこだけに、味つけが大事ってことだね。


中野:うまくねぇよ!


坂上:え?ちゃんこ嫌いなの?


中野:そういう意味じゃねぇよ


坂上:そういうお前はどんな鍋が好きなんだよ?


中野:俺?定番だけど、寄せ鍋かな。


坂上:あれは反則だろ?


中野:どこがだよ!定番中の定番じゃねぇか!


坂上:あんな谷間作って見せといて、いざ脱がしたら、全然って・・・


中野:寄せて上げる話じゃねぇか!関係ねぇだろ!


坂上:上げでも、鍋でも、意味はおんなじだろ?


中野:お前は○○○か!


坂上:えー、ここの○○○に入るセリフを募集します。

    字数は無制限!


中野:募集すんなよ!


坂上:お前がツッコミ下手だからだろ。


中野:そ・・それを言うな。。。

リターンズ第1話「クリスマスを語る」

テーマ:

坂上:ほんとありえないよなー、お前どう思う?


中野:はぁ?


坂上:おいおい、人の話聞いとけよ!


坂上:なんだよ、その「会話の途中からお送りしてます」なのは?

    1年近く更新しないでおいて、待ってくれていた読者の皆様に言うことはないのかよ!!!


中野:全部俺のセリフだよ!


坂上:立ち位置逆じゃねぇかよ!代われ、代われ!


中野:立ち位置なんか関係ねぇよ!だいたい何やってたんだよ?


坂上:聞きたい?


中野:当たり前だろ!


坂上:ほんとにーー?


中野:早くしろよ


坂上:じゃあさ、こんどジルスチュワートのコスメ買ってよ、いいでしょー?


中野:お前は女子高生か!


坂上:残念!正解は女子中学生でした。最近の娘はませてるよなー、参るよ。


中野:ついに中学生まで。。。。何やってんだか。。。


坂上:中学で驚いちゃ困るぜ、最近じゃ5歳くらいでも対象になっちゃうんだから


中野:おいおい、5歳とかって幼稚園だぜ?それはないよ


坂上:でもこの前ニュースでやってたぜ?


中野:ああ、親が子供の写真撮ってネットで販売してるって話だろ、ひどいよな。


坂上:ったく親馬鹿もいい加減にしろっーの


中野:親馬鹿で写真撮ってんじゃないんだよ!

    その手のマニアに売るんだよ


坂上:ああ、ペドフィリアくん達ね


中野:親しげに言うなよ!


坂上:通称、フリップ君


中野:クイズ番組かよ!

    ぺドフィリアから、変ってんじゃねぇか!


坂上:ところで、ぺドフィリアってどういう意味?


中野:知らないで使ったのかよ!?

    幼児を性の対象と見てるマニアックな奴らの事だよ!

    

坂上:ああ、それなら俺の周りにもたくさんいるぜ


中野:たくさんて・・どんなんだよ、お前の交流範囲は!


坂上:この前なんか、真っ昼間から、赤んぼ抱きあげて、よしよしとか言ってたぜ


中野:赤ちゃんあやしてるだけじゃねぇかよ!!


坂上:若奥様の秘めたる性癖ってとこだな。


中野:俺が言ってるのはもっとマニアックな奴等だよ!


坂上:いやいやいや、オムツプレイまでしてるらしいぜ?

    幼児好きで、オムツプレイで、しかもお前の奥さんて、マニアの3冠王かよ!


中野:なんで俺が入ってるんだよ!


坂上:おいおい、9歳の子と結婚したお前が何言ってんだよ


中野:してねぇよ!だいたい9歳で結婚できるわけないだろ?


坂上:あれ、お前イスラム教に変えたんじゃなかった?


中野:変えてねぇよ!だいたい何で変えないといけないんだよ!


坂上:だってイスラム教なら9歳で結婚できるんだろ?


中野:知らねぇよ!


坂上:お前は本当に何も知らないな、

    いいか、イスラムではな、9歳で結婚できるんだよ、どうだ、羨ましいか?


中野:羨ましくねぇよ!

   それはわかったから何でそんな事できるんだよ?


坂上:教祖のムハンマドっているだろ?


中野:ああ、イスラム教をはじめた


坂上:あいつがとんでもないヤツで、50過ぎて、6歳の子と婚約、9歳の時に

    ヤっちゃったらしいんだよ


中野:お前な、いくらなんでもそれはないだろ


坂上:それが事実なんだよ。だから、イスラムでは9歳で結婚できるんだよ。

    

中野:すごい話だな。


坂上:だろ?あ、そろそろアラーの神に祈る時間だ


中野:信徒かよ!


坂上:隠れイスラムリアンだよ


中野:隠れキリシタンみたいな言い方すんなよ!


坂上:踏み絵の代わりに雑誌の「小学3年生」を踏ませるらしいぜ。


中野:踏ませるなよ!


坂上:目の色変えて、読み出したらイスラム教徒だって事だもんな。


中野:読まねぇよ!


坂上:本当は「ジングルベル」が歌えなかったら、イスラム教徒だけどな。


中野:また訳の分からないことを・・・

   確かにイスラム教はクリスマス関係ないけど


坂上:ええっ?そうなの??じゃあ、イスラム教やめた!


中野:やめんなよ!つうか教徒だったのかよ!


坂上:でもさ、クリスマスしないって淋しくないか?


中野:宗教が全然違うんだよ!


坂上:じゃあ、トナカイコスとかもしないの?


中野:しねぇよ!


坂上:本物のトナカイの毛皮使ってる、本格派だぜ?


中野:そんなコスプレしなくていいよ!


坂上:でもイスラムの子は可哀相だよな。


中野:まぁ、確かにクリスマスプレゼントとかもらえないしな。


坂上:いや、トナカイの鼻が真っ赤だって知らなくて


中野:赤くねぇよ!つうか知らなくていいよ!


坂上:トナ子の勝負下着は赤のTバックだけどな。


中野:トナ子って・・・誰だよ、そいつは!

   ったく、くだらない事べらべらしゃべってんじゃねぇよ!



坂上:あ、どうも久しぶりです。

   ちょっと長い事おやすみもらってましたが、再開することに

   しましたので、たまに覗きに来てくださいね。


中野:今頃、再開の挨拶かよ!


坂上:まさに「リターンズ」だよな。


中野:これで何回目だよ!


坂上:4回目かな。


中野:なんでそこだけ普通に答えんだよ?


坂上:じゃあ、次回は2012年にお会いしましょう。


中野:もっと更新しろ!