【栃木県益子町・仲野工務店】心地よく暮らしたい!住む人を想う家造り

・・・注文住宅、手刻み、造作キッチン、自然素材(珪藻土、漆喰、無垢材)、薪ストーブ・・・ 心とこころをつなぐ家造りをしていきたいと思っています。


          

 



テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

今、我が家は外構工事をしています。

砂利のところに駐車していたのですが、

どんどん削れてきて、わだちがひどくなり、

使いづらくなったためです。

 

 

 

自宅から少し離れた場所に、車を停めて、

自宅まで歩いて帰っています。

この日は、PTAの会議で、私が遅くなったので、

家中明るくして待っていてくれました。

あたたかみのある明かりが、ホッとさせます。

 

 

 

庭は、砂利を敷き直そうかという話も出ましたが、

コンクリートにすることに。

バスケットゴールを買って、

みんなでバスケをしようと言ったら、子供達がとても喜びました。

私も、シューティングができて嬉しい!

 

 

 

週に1回、親子でバスケサークルに参加しています。

子供達も上手になりました。

ボールを買ったら、ハンドリングの練習をすると張り切っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フリースローができるくらい広い。

嬉しいなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・完成見学会・・・

2017年4月1日(土)、2日(日)
益子町道祖土
日にちだけ決定しました!
詳細が決まり次第、お知らせいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

         取っ手ひとつから、オリジナルのものを造っていく工務店 

栃木県芳賀郡益子町益子1627-4
☎0285-72-4057
メールでのお問い合わせはこちら 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼく、15歳。
小さい時、交通事故にあって、獣医さんに治してもらったけど、
傷は治ったのに、数歩歩くと、バタンって倒れちゃう。
そんなぼくのこと、誰も飼ってくれなくて、
殺処分される寸前、
益子の陶芸家さんが引き取ってくれました。

 

 


      
大きくなって、数歩歩いて、
バタンって倒れることはなくなったけど、
ヒョコヒョコしか歩けないぼく。
       

 

 


ぼくが15歳になったら、陶芸家さんは慣れないスマホから、
猫用のサプリメントを注文して買ってくれました。
「私もサプリ飲みたいよー。」
って笑いながら。
ぼくは、長生きするよ!

 

 

 


             
私の姉弟子の家へお邪魔してきました。
私がこの猫を知っているのは、やんちゃで、
走り回りたいのに、歩くたびに倒れちゃっていた時。
もう15歳になったんだね。
交通事故にあったり、手術や、
うまく歩けないストレスがあっただろうに、
こんなに長生きしたのは、飼い主のおかげだね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の姉弟子、中村文重展が、横浜市「木瓜の里」で開催されます。

2017年3月15日(水)~3月20日(月) 10時~17時

作家在廊 3月15日、19日、20日

お立ち寄りください(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

・・・完成見学会・・・

2017年4月1日(土)、2日(日)
益子町道祖土
日にちだけ決定しました!
詳細が決まり次第、お知らせいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

         取っ手ひとつから、オリジナルのものを造っていく工務店 

栃木県芳賀郡益子町益子1627-4
☎0285-72-4057
メールでのお問い合わせはこちら 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原木を軽トラ1台、運んできました。

たくさん運んでいいよと言われたので、

弊社の薪ストーブユーザーの方にお知らせしようと思ったのですが・・・

道が、軽トラでしか入れなくて、道が悪い。

運転に自信がない人は、帰ってこれないと思う(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一山分なので、かなりあると思うのですが・・・

ああ、残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・完成見学会・・・

2017年4月1日(土)、2日(日)
益子町道祖土
日にちだけ決定しました!
詳細が決まり次第、お知らせいたします。

 

 

 

 

 

 

 

         取っ手ひとつから、オリジナルのものを造っていく工務店 

栃木県芳賀郡益子町益子1627-4
☎0285-72-4057
メールでのお問い合わせはこちら 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大工工事が終わった益子町O様邸。
8寸勾配の三角屋根の部屋の中は、山小屋風です。
天井が高い!
太鼓梁が、かっこいい!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サッシは施主様支給品です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2階の2部屋は暗くならないように、明かり取りを。
写真は暗いですが・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
秘密基地みたいですね~。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1階はキッチンの設置待ち。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
西側の景色がとってもよいお宅なので、3面を開けられるように。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この間取り、皆さんにお見せできたらと、
完成見学会のお願いをしてみました。
4月1日、2日に益子町道祖土にて、見学会をすることになりました!
久しぶりの完成見学会。
旦那さんは家具作り作家として活動していたこともあるそうなので、
もしかしたら、旦那さん作の家具があるかもしれません。
 
 
 
 
見どころは、2階、8寸勾配の部屋の中。
天井を見上げて、太鼓梁の木組みはチェック!
旗竿地なのに、見晴らし最高な間取り。
1階、2階ともに、家族で過ごす場所は広々としていて、
ここに早く帰って、ゆったりとしたいと思わずにはいられない場所です。
詳細が決まりましたら、また、お知らせいたします。
日にちは、2017年4月1日、2日です。
 
 
 
 
 

 

 

         取っ手ひとつから、オリジナルのものを造っていく工務店 

栃木県芳賀郡益子町益子1627-4
☎0285-72-4057
メールでのお問い合わせはこちら 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
我が家に次女の友達が集まり、1日中、バレンタインのチョコ作りをしていました。
生キャラメルやらトリュフやら、甘い香り・・・
5人で、あーでもないこーでもないやっていました(笑)
どんだけ明治のチョコ使う!?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どんだけガーナ!?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
冷やしている間に、ピアノのリサイタル。
合唱曲のBELIEVEは、ピアノで聴いてもいいなぁ。
 
 
 
 
 
主人が、
「オレはチョコ、もらったことなかったなぁ。
お母さんからいつももらっていた。」
 
 
 
ハッ!
長男に、絶対用意しよう!
 
 
 
 

 

 

         取っ手ひとつから、オリジナルのものを造っていく工務店 

栃木県芳賀郡益子町益子1627-4
☎0285-72-4057
メールでのお問い合わせはこちら 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
 
 
 
 
 
 
 
古民家や、昔建てられた貸し一軒家に住みたいと、
憧れを持って益子町に来る方がいらっしゃいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
古民家は天井が高くて、土間があって、日差しをさえぎる造り。
夏の為に造った家なので、冬はとっても寒い・・・
そう、最大のデメリットは、寒さ!
貸し一軒家では、お隣さんが水道管破裂して、大変そうでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2007年に、古民家の隣に増築した施主様の家にお邪魔してきました。
隣に新しい家を建て、古民家とつなげました。
夏は古民家で過ごし、冬は暖かい家へ。
 
 
古民家を見せていただくと、当時、宮本建築士さんが作ったパネルが
飾ってありました。
ずっと、ずっと、飾られてあったんですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
古民家の部屋の中は、どこを写真撮っても絵になりました。
田舎暮らしがしたいと、51歳で旦那さんが益子へ移住。
都会に奥さんを残し、奥さんは定年退職まで働くつもりだったとか。
でも、、56歳の時に早期退職、益子へ移住。
 
 
幸せな暮らし、ゆっくり流れる時間。
旦那さんは自治会長を2度もつとめ、人とつき合うのが何よりも楽しみだとか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここの空間の施工していたのが思い出されます。
もう10年前のことなんですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
完成した階段。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2階にシャワールーム、洗濯機など置きました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10年ぶりにお邪魔できてよかったです。
家がとっても喜んでいました。
施主様のおふたりも、とても元気でいらしたのも嬉しかった!
ご夫婦の豊かな時間。
その場にいて、私も癒されてきました。
 
 
 
 
 
 
 

 

 

         取っ手ひとつから、オリジナルのものを造っていく工務店 

栃木県芳賀郡益子町益子1627-4
☎0285-72-4057
メールでのお問い合わせはこちら 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
 
 
 
 
 
福島市を拠点として活動している、旅する花屋 ハヤシラボ
益子の陶器市に出店していて、いつも行列。
ブーケを大事そうに抱えて帰る方を何人も見ました。
 
 
 
ブーケを遠目で見たことはあるのですが、
初めて、間近で見ました。
こんなブーケ、見たことありません!
枯れても飾れるとってもかっこいいブーケ。
このブーケは、ドライフラワーになっていました。
 
 
 
ひとつ、ひとつの植物の存在感があり、
枯れてもなお、その存在を示しているような・・・
人気なのわかります。
私も、ワークショップに行ってリースが作りたいです!
 
 
 
益子では2月5日に、ヒジノワでハヤシラボさんのワークショップが
開催されたようですが、即、満席だったとか。
見逃してたー💦
 
 
 
 
 
 
 

 

 

         取っ手ひとつから、オリジナルのものを造っていく工務店 

栃木県芳賀郡益子町益子1627-4
☎0285-72-4057
メールでのお問い合わせはこちら 

 

 

 

 

 

 

 

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
 
 
 
 
 
外から機械の音が響いています。
水戸市M様邸の刻みは、小林大工が担当しています。
上棟の日にちは、レッカー屋さんや、他の大工さん達の予定などを聞いて、
決めていきます。
いよいよ上棟。
墨付けをした加藤大工は、無事、上棟するまで緊張していると思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
只今、我が家は外構工事中です。
駐車場は何もせず、土のままでした。
えぐれてきて、使いづらくて。
施工をしてくれる基礎屋さんに、ヒドイですねと言われました(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
子供達は、コンクリートにするなら、バスケットゴール買ってと言っています。
週に1回、子供達とバスケをしているので、
家でもシュートをしたいみたいです。
さて、どこにゴールを置きましょうか。
 
 
 
 
 
 

 

 

         取っ手ひとつから、オリジナルのものを造っていく工務店 

栃木県芳賀郡益子町益子1627-4
☎0285-72-4057
メールでのお問い合わせはこちら 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
我が家の子供達は、スクールバスで通学しています。
停留所が以前と変わり、道路際になりました。
ご近所のご年配の方が見守り隊になり、
子供達が安全に待っていられるように立ってくださいます。
 
 
 
 
 
ここの停留所だけではなく、交差点に立ってくださる方がいます。
小学生と手をタッチして、
「おはよう!」
の声掛けをしてくれます。
下校時には、おじいちゃんおばあちゃんが、蛍光色のタスキをかけて、
一緒に下校してくださる方もいます。
 
 
 
 
 
 
ニュースで、飲酒運転の車から子供をかばって亡くなってしまった、
通学を見守るおじさんのことが流れていました。
おじさんの2番目のお子さんは、小学2年の時に、
下校時の交通事故で亡くなってしまったそうです。
仕事を引退してから、おじさんは通学の見守り隊になり、
小学校までつきそっていたと。
事故があった場所は、見通しの良い大きな十字路で、
おじさんは信号機を付けて欲しいと、2008年から申請を出していたとも。
 
 
 
 
その話を、帰ってきた子供達にしました。
長男は、涙を浮かべて、
「信号機、やっとそこにつくかもね。」
と言いました。
「人が亡くなってからでは、遅いよね。」
主人は、
「おじさんは本望だったのではないか。」
と言っていました。
私は無念だったのではないかと思いました。
 
 
 
 
 
ちょうど、このニュースが流れた日、
私の1つ上の友達が、小学校で通学時の見守りありがとうと、
表彰されたと子供達から聞きました。
自分の子供から感謝状を手渡されて、涙が出そうなほど嬉しかったと、
フェイスブックに書いてありました。
 
 
 
 
自分の病気や、陶芸家なので窯焚きで徹夜明けという日、
二日酔いなどいろいろなことがあるのに、毎日、
交差点に立って子供達を見守っていたと思います。
 
 
 
 
友達だけでなく、通学を見守る方達には、
いろいろな事情があるのにもかかわらず、
朝、子供達を見守ってくださっているのですよね。
ありがとうございます。
たくさんの人達に、子供達は見守ってもらい通学していること、
とても、とても、感謝しています。
ニュースを思い出すたび、涙があふれてきます。
 
 
 
 
 
 
 

 

 

         取っ手ひとつから、オリジナルのものを造っていく工務店 

栃木県芳賀郡益子町益子1627-4
☎0285-72-4057
メールでのお問い合わせはこちら 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小学生でメガネだと、壊した、壊れたトラブルがあります。
長女の時は壊されて、相手の親御さんが誤りに来てくださったことがあります。
小学校での出来事で、本当の詳細はわからないということもあり、
お金はいいですからと断りました。
今のメガネは壊れても、1万円以下で購入できるので安心してかけられますね。
私が初めてかけたメガネは5万円しました。
 
 
 
 
小3長男、ゲームのやり過ぎなのか、遺伝なのか、
メガネの仲間入りを果たし、我が家は全員メガネとなりました。
長男は極真空手を習っているので、jeansのスポーツ用メガネを購入。
鼻にあたる部分がゴム製でずれにくく、取り外しできるバンドがついていました。

 

 



先月、バスケでボールが当たり、
メガネのフレームが折れ、アロンアルフアで補修しました。
凹んでいる部分に負荷がかかるみたいで、
このギザギザデザインは、弱いのだと思いました。

 

 

 

 


しばらく使えていたのに、友達とぶつかり、また折れました。
前に補修したとこかな?と見てみると、前はレンズに近いとこ。
今回は2番目の凹み部分。
アロンアルフアすごい!

 

 

 

 

登校前、私がアロンアルフアで補修したのですが、

時間があまりなく、乾かなくて、マスキングテープを巻いて登校(笑)

夜に、主人が補修しようとしたら、接地面がボコボコで、

ピッタリいかないとのこと。

朝、直すんじゃなかったー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



しばらく、折れた部分にマスキングテープを巻いて過ごしていました。
学校から、帰ってきたら、あれ?フレームがない。
「校庭で2重跳びしてたら、どっか行っちゃった。」
えー!校庭だから、みつけやすいでしょー。
 
 
 
木曜日の夜の話だったので、金曜日は、
フレームなしで行かせました。
帰ってくると、フレームにマスキングテープが巻かれて帰ってきました。
同級生が拾ってくれて、マスキングテープを持っている女の子が
巻いてくれたようです。
女の子、ありがとー!
 
 
 
 
日曜日、義父がメガネ屋さんに連れて行ってくれるというので、
1万円を義父に渡しました。
ランチ代もかかるので、おつりはいいですからと伝えました。
甥も一緒に、ショッピングセンターについていったようです。
 
 
 
 
帰ってきた長男に聞くと、
「ただでフレームを交換してくれたよ。でね、天然うなぎを食べてきたよ。」
購入して6ヵ月以内だったので、無料で交換できたんですね。
メガネ代は天然うなぎになったようです(笑)
ショッピングモールのメガネ屋さんだったので、
フードコートにある大戸屋のだったようですが。
 
 
 
「海にも行ってきたよ。魚を、お土産に買ったよ。」
メガネ代は、魚代にもなったようです(笑)
 
 
 
 
メガネ屋さんに行った帰り、ゲーセンに寄ったと聞きました。
「じいじは何していたの?」
「車のゲームしていたよ。」
義父と長男と、甥の男3人で、ゲーセン、ランチという日が、
月に1回くらいあります。
じいじも楽しんでいたようで、よかったです(^-^)
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

         取っ手ひとつから、オリジナルのものを造っていく工務店 

栃木県芳賀郡益子町益子1627-4
☎0285-72-4057
メールでのお問い合わせはこちら 

 

 

 

 

 

 

 

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)