【栃木県益子町・仲野工務店】心地よく暮らしたい!住む人を想う家造り

・・・注文住宅、手刻み、造作キッチン、自然素材(珪藻土、漆喰、無垢材)、薪ストーブ・・・ 心とこころをつなぐ家造りをしていきたいと思っています。


          

 

NEW !
テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「日曜で休みより、仕事がいいよなぁ。」

と言うのは、働き者の大工、篠崎大工。

什器を造っています。

 

 

 

木で造る什器。

例えば本棚や、靴箱など、イチから造るというのは、

サイズがピッタリに造れるということ。

壊れにくいということ。

直せるということ。

 

 

 

安価なカラーボックスを、本棚として購入したことがありますが、

数年したら、グラグラしてきました。

ビスを打って欲しいと頼んだら、

「この合板には、ビスが打てない。直せない。」

と。

棚を購入する時は、本物の木を選んだほうが良いですよ。

とっても長持ちしますし、塗装をはがして塗り替えることもできます。

 

 

 

 

夏前から始まった篠崎大工の、什器造り。

まだまだ続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         取っ手ひとつから、オリジナルのものを造っていく工務店 

栃木県芳賀郡益子町益子1627-4
☎0285-72-4057
メールでのお問い合わせはこちら 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

夏休みが残りわずかになりました。

長女と次女は、言われなくてもやるので安心していますが、

小3長男、一行日記をためまくり(笑)

 

 

 

ためているので、

プールに行きました。

プールに行きました。

宿題をしました。

宿題をしました・・・

連続の日が出ていました。

間違いじゃないけどね。

 

 

 

 

昨日は、台風が栃木県直撃だったので、全ての予定をキャンセルして、

主人は、宿題をみてあげていました。

感情的にならずに、シッカリと教えるのが主人。

素晴らしい忍耐力(笑)

 

 

 

長女は、パンプキンスープを作ってくれて、

次女は、コンコンと眠り続け、それぞれの1日が過ぎていきました。

 

 

 

宿題が、まだあるよって子。

最後、どう声掛けをしていった方がいいか、考えますね。

「やりなさい。」

って言うのは簡単で、どう言ったらやる気を出せるのか、

言わないで、本人がやるまで待った方がいいのか、

やらなければ、そのままで学校へ行かせた方が、

本人の為になるのかとか・・・

毎年、考えてしまいます。

 

 

 

さっき、主人と、

「来年は、小学4年生。

夏休みの宿題は、やれって言わないで、全部、本人に任せてみる?」

と話したら、

「それは、さとみちゃん次第。

言わなかったら、やらないと思うけどね。」

 

 

 

自分の忍耐力がなくて、すぐ、

「宿題、間に合わないよ。」

って言っちゃうんですよね~

私が言っちゃうから、安心して自分からやらないというのも、

あるよなぁと思うこの頃。

もう夏休みは終わっちゃいますが(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         取っ手ひとつから、オリジナルのものを造っていく工務店 

栃木県芳賀郡益子町益子1627-4
☎0285-72-4057
メールでのお問い合わせはこちら 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事務所の外では、笠間市S様邸で使用する材木の、塗装をしています。

天気が崩れがちなので、太陽と相談しながら、

菊池さんが進めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家造りって、たくさんの方達が携わって、やっと施工できます。

施工中で、施主様が見られない場面が、いくつもあって、

作業場での作業や、瑕疵保険などの事務処理などもそうですが、

そういうところを、特にご紹介していきたいなと思っています。

 

 

 

ほとんどの方が、1回きりの家造り。
これは叶えたい!という、ご要望を伝えてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         取っ手ひとつから、オリジナルのものを造っていく工務店 

栃木県芳賀郡益子町益子1627-4
☎0285-72-4057
メールでのお問い合わせはこちら 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お盆前の、笠間市S様邸。

旦那さんがガラス作家、奥さんが陶芸家のお宅です。

暑い中での屋根工事中でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施工が終わって、屋根から下りてきた佐藤大工。

腰袋といって、腰に玄能などの道具をぶら下げているのが、

汗で体が絞られて、腰袋が付いているベルトが、ストンと落ちたのです。

佐藤大工は、痩せているので、ますます痩せちゃう~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大工さん達は、熱中症にならないように気を付けて施工しています。

熱中症予防の飴を、お茶菓子に持たせています。

外仕事のプロの方が、

「熱中症になったことがないし、夏、体重が減ったことがない。」

とおしゃっていました。

 

 

 

先日、涼しかった日、その方が熱中症で病院へ運ばれたと聞きました。

大事には至りませんでしたが、涼しい日こそ、注意が必要と思い知らされました。

倒れた場所に、人がいてよかった・・・

涼しくなっても、湿度が高いですよね。

外仕事では、早め早めの水分、塩分補給ですよ!
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         取っ手ひとつから、オリジナルのものを造っていく工務店 

栃木県芳賀郡益子町益子1627-4
☎0285-72-4057
メールでのお問い合わせはこちら 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の実家に帰省してきました。

実家の玄関に、お盆には、
両親がビールサーバーを借りて、置いてあるのが恒例です。
運転しない私は、水のように飲んできました(笑)
ビール党の、東京に住む妹と一緒に。

 

 

 

両親は、一緒に飲むのを、楽しみにしてくれているんですね。
今年も、一緒に飲むことができました。
母の肩もみをすることもできました。
特別に、何をしてきたわけではないけど、

家族(宇都宮の妹家族には会えませんでしたが)、
私の友達とも会えて、いいお盆休みでした。

 

 

 

↑福島のお土産に困った時。

福島空港が便利です(笑)
ウルトラマンがたくさん飾られてあるので、

ウルトラマン好きは、行って欲しい場所。

駐車場は無料です。

 

 

 

「シュワ!」
「ジュワッ!」

福島空港には、ウルトラマンの声が響いています。

お土産は、福島だけでなく、秋田の稲庭うどん、盛岡冷麺など、

各名産品が並んでいるので、自分ちのお土産に欲しくなります~

福島空港の近くに、ムシテックワールドという施設があり、

ここも、お子様連れにはおススメの場所。

 

 

 

福島空港で今回のお購入したのは、かっぱ麺
福島の名産のひとつ、きゅうりの搾り汁を練りこんだ麺です。

味噌だれで付いていて、夏野菜に合う麺なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰る間際に撮った写真。
モモを選別するところに、貼られてあった甥が描いた絵。
この宣伝の絵にほっこり。
子供の手描きっていいですよね。
「もも」ってまだ、上手に書けないのもいい。
いよいよ、実家の桃の収穫も終わりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         取っ手ひとつから、オリジナルのものを造っていく工務店 

栃木県芳賀郡益子町益子1627-4
☎0285-72-4057
メールでのお問い合わせはこちら 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

益子町の宿泊施設 フォレストイン益子

ここのウッドデッキは、弊社で施工はしていないのですが、

以前、補修工事をしたことがあります。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手前が既存で、奥が補修したデッキです。

今回、全て、ウッドデッキを張り直すことになりました。

既存のが、デッキ材が、ここの雰囲気に合うと担当者の方がおしゃっていたので、

ウリンを押したいところですが、同じ材木で、お見積を出しました。

 

 

 

アイアンウッドなどと言われるウリン。

デッキ材だと、かなり持つのですが、

高価なので、使用する方が少ないのが現状です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォレストイン益子の施設には、創作料理 暁も入っています。

フォレストイン益子に宿泊して創作料理 暁で夕ご飯を食べることができます。

函館から届く魚介類、お刺身がとってもおいしいですよ!

お酒も充実しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑創作料理 暁のテラス。

ここのウッドデッキも張り替えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

益子県立自然公園 益子の森がすぐそこ。

森の散策ができるようになっています。

1時間ぐらい登ると、展望台があり、益子町を一望できます。

お散歩するのが気持ちいいところ。

我が家も、子供達が小さい時、よく行った場所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         取っ手ひとつから、オリジナルのものを造っていく工務店 

栃木県芳賀郡益子町益子1627-4
☎0285-72-4057
メールでのお問い合わせはこちら 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

準備、祭、片付けのこのローテーションが、3回終わりました。

今週は、この夏、4回目の祭です(笑)

 

 

 

昨年、50年ぶりに自治会の御神輿が発見され、修繕して、担ぐことができました。

下野新聞にも掲載されました。

せっかく修繕したのだから、今年も担ごう!お祭りをしよう!

育成会の役員の我が家。

手作りで喧嘩札を作ることにしました。
喧嘩札とは祭りなどで神輿をかつぐ人達が、首に掛けている札のことです。
夫婦共同作業!と思っていたのですが、ほとんど主人が作りました(笑)

 

 

 

1時間弱で、杉板をカットし、タコ糸も買ってきていた主人。

仕事が早い!

第1回目だから、消しゴムハンコでいいよねと話していたら、

消しゴムハンコも、ささっと作っていました。

手早です。

 

 

 

↑汗で滲んだらイヤだなぁと、高い油性のスタンプ台を買ってきました。
これが、滲みまくり(笑)
シャチハタの薄い方が、滲まないので、こちらを使用。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


塗装をしないと反ってきてしまいます。
次女がオスモのクリアカラーで塗装のお手伝いをしてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

紐通しを針金で作って、通していきました。
手作りでもいけますね。

板を薄くする機械と、丸ノコがあれば、できます!

あ、あと穴を開ける機械も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


育成会役員に、大工さんがもう1人いるので、その方には、さい銭箱の製作です。
試作の写真を見ましたが、さすがの腕前!
来年は、喧嘩札、焼き印でできるかな。

 

 

 

 

私と同じ年代のお父さんが、
子供の頃、自治会で祭がなくて寂しかったと言っていました。
自分はお祭りをしらないし、わっしょいと言ったことも、
御神輿や山車をひいたこともなかったと。
どうしても出たければ、山車がある町内で参加できるのですが、
「自分の自治会」というのは叶わなかった。

 

 

 

 

御神輿がみつかり、子供達にお祭りって楽しいよというのを、
見せてあげたいという人達が、準備をしています。

おばあちゃん達、盆踊りやるって喜んでいました(笑)
たぶん、お祭りはやめようと、なくしてしまった世代の人達。
子供が少なくなったというのもあるけど、なくしてしまったという
罪悪感みたいなのが、あったのでしょうね。
だからなのか、年配の方々、ものすごく張り切っています。

年配になっても、誰かの役にたったり、

役割があるって、嬉しいことですね。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         取っ手ひとつから、オリジナルのものを造っていく工務店 

栃木県芳賀郡益子町益子1627-4
☎0285-72-4057
メールでのお問い合わせはこちら 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校支援ボランティアコーディネーターをしているご近所さんに頼まれ、

学校図書の修繕、新刊の受け入れのボランティアをしてきました。

ご近所さんは、お子さんが高校を卒業しているのに、

小学校のボランティアをしています。

益子図書館友の会の方達も、来てくださって、一緒に作業をしてきました。

 

 

 

 

新刊の受け入れは、図書委員や先生がやってくれているとばかり思っていました。

毎年、携わる方達が違うようですが、

子供達が、新刊を読めたり、古い本を読めたりするのは、

こういった人達のおかげ。

物事がうまくいくのは、事前の準備や段取りが大事で、

スムーズに運ぶのは、やはり、理由があるのだなと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、薄くて読めないラベルをはがして、新しく貼りかえるという作業。

たった半日でしたが、年配のボランティアの方と一緒に作業することは、

大きな感動がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

修繕の本は、たくさんありました。

おじさん達が、丁寧に修繕してくださることによって、

また何年も、何十年も、子供達が本を手に取り、読んでくれるようになるんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新刊には、透明なカバーをかけていきます。

新しい本、子供達に早く読んでもらいたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慣れれば簡単だとおしゃっていましたが、

空気が入らないように貼るのが、難しそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

益子町の図書館でも、やってくださっているのかな。

皆さん、慣れた手つきでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学校で図書室から本を借りることは、あたり前のことと思っていましたが、

そうじゃないですね。

益子の図書室もそう。

私が益子に来た時は、17時までしか開いていなかったのに、

ボランティアの方達のおかげで、現在は20時まで開いています。

 

 

 

益子に来たばかりの2年間は、自転車生活で、

チャリで、本を返しに行っていました。

20時まで開いているようになって、

どんなに便利になったことか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの方達の、手から手に本が渡り、

今度、手に取るのは子供達。

たくさん読んで欲しい!

長男の、本の貯金箱の表を見たら、2冊(笑)

もうちょっと借りて欲しいけど、本に興味がないんだろうなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         取っ手ひとつから、オリジナルのものを造っていく工務店 

栃木県芳賀郡益子町益子1627-4
☎0285-72-4057
メールでのお問い合わせはこちら 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏休みの友にとりかかっている最中の小3長男。

問題を読んでいないのが面白くて、面白くて・・・

面白いのと、わからなさすぎに、泣けてます(>_<)

↑妹、合っているのになぁ。

兄、姉、弟、妹のどれかを書けば当たると思ったのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丸付け大好きの次女が、丸付け。

赤字の一言が優しいなぁ。

 

 

 

よーく見ると、音楽の楽、間違っている~。

野原って、名字に付いているのになぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑気持ちはわかる。

そんな感じがするのはわかるが、間違っていますよ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書けるのに、書けるのに~。

こんな長男なので、記号で書きましょうは、ちゃんと答えを書くし、

文章問題はカンで答えています(笑)

やっと直して、復習(復習までが宿題)が終わったー。

 

 

 

 

今日、取り掛かったのは、俳句。

「消しゴムが 小さくなった 夏休み」

大工さん達に手伝ってもらって、完成!

あとは、作文、絵画、自由研究という長男にとって大敵が待っています。

が、今日もプール。

ちなみに、昨日は、3部制のうちの、2部、3部入りました(笑)

今日もプール。

明日は、空手からの益子夜市

大敵に向かう日は、いつでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         取っ手ひとつから、オリジナルのものを造っていく工務店 

栃木県芳賀郡益子町益子1627-4
☎0285-72-4057
メールでのお問い合わせはこちら 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、長男はお友達のお宅にお泊まりです。

この日を楽しみにしていて、水鉄砲を新調しました(笑)

 

 

 

 

宿泊学習しませんか?と、あるお母さんがプリントを持ってきてくれました。

何時 プール。

何時 戦闘中ごっこ

持ち物や、おこずかいについても書いてありました。

 

 

 

小3男子が14人集まって、戦闘中からの、カレー作り。

花火大会からの自転車レース(笑)

10人くらいはお泊まりでしょうか。

 

 

 

呼んでくださったお母さんが、14人の男の子を宿泊させるって言っていて、

目が飛びでそうでした。

小3男子、14人ですよ!

14人の男の子に、カレーを作らせるのも、食べさせるのも、

宿泊させるのも苦じゃない方なんだな。

改めて、このお母さんの気持ちの大きさを知り、

同級生同士の思い出を作ってあげたかったんでしょうね。

 

 

 

 

このお母さんの住まいは、とっても開放感があり、

自然素材のゆるさがあり、そして余計なものがない。

ここで、みんなで何かしたい場所です。

これぞ、同級生のたまり場。

そういえば、男だらけの忘年会もさせてもらったっけ。

 

 

 

 

人を呼んでも家主が疲れない開かれた家。

玄関も、とっても広いんですよ。

 

 

 

 

長男達は、プールから場所を移し、戦闘中を始めた所でしょうか。

明日聞く、思い出話が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

         取っ手ひとつから、オリジナルのものを造っていく工務店 

栃木県芳賀郡益子町益子1627-4
☎0285-72-4057
メールでのお問い合わせはこちら 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)