シャイなもんで

京都を拠点に芝居をしている中野劇団主宰 中野 守の演劇に関する雑文やら、日記やら、映画の感想やらを綴ります。


テーマ:
『アバター』を観に行って来た。






(ネタバレありんす)


3Dってことでかなり気になってたので、見逃さなくて良かった。

3D。

3D眼鏡って緑色したレンズで、

開演前にシアターの天井の灯りを見てると緑色に見えて、

これって、映画も全部緑色なんじゃないの?

って思ってたら、ちゃんとカラーだった。

不思議だ。時々裸眼で画面を確認すると、鮮やかな色合いだったので、

光の強さでカラーを表現してるのかな。

素人にはこの辺の仕組みがよくわからないけど、

杞憂だったということで。若干暗くて見づらいかなとは思ったけど。


確かに3Dだった。

でも何だろUSJのターミネーターの奴見た時の感動に比べると

少し物足りなさを感じた。

「飛び出す3D」感があまりなくて。

眼鏡の付け方がまずかったのかなあ。

立体写真的だった。

映画観ているうちに3Dが当たり前になってくるから、

慣れて驚きが中盤以降に持続しないんよね。

まあ、そこは普通の映画として楽しめばいいわけだからいいんだけど、

作る側は相当のな苦労があったのだと想像できるだけに、

費用対効果的な意味では勿体ないのかなあと。

映画の内容はアメリカ人的発想だなとは思ったけど、

迫力があって、それはそれは楽しめた。

タイタニックっぽい展開だなあと心の中でちょっと笑ったところはあったけど。

時間配分とか。恋愛要素の後の危機的状況とか。

アメリカ映画の王道よね。盛り上がる前に濡れ場で一旦盛り下げる手法。

しかし、あのキャラで中盤以降感情移入できてくるから、



充分楽しめた3時間だったということを前提に書くんだけど、

やっぱり戦うんだね。アメリカ人的だよね。

「トンマッコルへようこそ」とは違うところがそこだなあ。

感情表現がみんなアメリカ人なんよね。

もっと違うリアクションとか、口調とか、仕草とか価値観とかあるんじゃないのとか。

特にヒロインにそれを強く思った。うーん。

アメリカ人だった。


いやでも、中だるみも感じず、勢いがあって、

最後までドキドキしながら楽しめたので

観て良かった。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ついったーついったー

http://twitter.com/nakanomamoru

っす。

でも、携帯での使い方よくわかってないっす(-_-)

ブログとの差がまだ見えてこないっす。

時代がどんどん先に行くよ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
短篇脚本いくつか公開しました。

もっとラインナップが充実してくれば、もう少し便利なサイトになるんじゃないかと思うんですが、

まあ、なかなか次々に書けるもんじゃないんで。。

100本アップが当面の目標です。


あと、もう少し、手軽なのも揃えていきたいですよね。

できれば、余興なんかで使いやすいのもあれば理想的なんですけど。


というのは、やっぱり自分がそういうサイトがあればいいのにって思うことが時々あって。


勿論いつも舞台でやってるような、がっつり練習して作るようなのは本来は好きなんだと思いますが、

時々、ちゃっちゃと用意してできるような演目があればいいのにって状況になったりするから、

その辺を賄ってくれるのがあればなあと、

普段から漠然と考えたりしています。


あと、自分の書いたの、不謹慎なのが使えない場所では難しいのが多いし。

本屋で売ってる「結婚式で使える余興集」みたいな性格の、

そういうニーズをカバーできたらいいなあ。

定義はこんな感じですかね。
・演目を完成させるのが困難じゃない
・小道具や音響などの準備が困難じゃない
・適度な尺
・無難な内容で、盛り上がる

で、こういうことを妄想するたびに、いつも
「音楽できる人っていいなあ」って考えにいきつくんです。

それに、結局不条理、不謹慎なものになったりで。。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
RPGの話も書きかけで止まってしまいましたが。

今度書くときはちゃんとある程度結末まで届くくらいの展開は考えて書こう。


最近ゲームやってないです。

RPGってもっといろんなタイプがあってもいいと思うんだけどなあ。

自分でいろいろRPGを妄想するのは好きです。


戦闘シーンがないってのはどうかな。

フィールドを歩くのは自分で操作するんだけど、

敵が出てきても画面変わらずに、いきなり戦闘終了して結果しか教えないの。

町の中も操作は自分でするんだけど、店の前に立つと勝手に武器とか買っちゃうの。

仲間も勝手に声かけて仲間になったって結果だけ教えるの。

で、突然パーティから抜けたりして。

楽しみ方としては、プレイしながら突っ込むくらいしかないかもしれないけど。

要は「どう歩くか」ってので展開が変わるみたいなの。


既にあるのかな、そんなゲーム。あるのかもなあ、いろいろ出てるし。


もしくは、似たような設定だけど、

主人公が全く戦闘で役に立たない、レベルも上がらない設定で、

強い仲間を見つけて、護ってもらう。

仲間になるか、仲間から抜けるかの選択はできるようにして、

より強い仲間を求めてパーティを渡り歩く、

そんなヒッチハイク型RPG。

あるかなあ。あるのかもなあ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ちょっと日が経ってしまったけど、こないだ何気なく見てたアメトーークでやってた「人見知り芸人」共感しまくりやった。「家電芸人」とか、いろいろ面白い企画思いつくもんやなあ。「シャイなもんで」のくせにこの話題をスルーするのは勿体ない。てなわけで後れ馳せながら。
しかし芸人で人見知りって大変やろなあ。試練が多すぎるやろうに。「テレビ出てる人でも人見知りするんやなあ」というのは安心というか、安心じゃないけど親近感というか。

人見知りしない人と比べて単純に言えば損な性格っぽいけど、必ずしもマイナスばかりではない、とも思う。が、やはり「人見知り」は煩わしい。

人見知りやからかはわからないけど、こういうのもそうなのかな?ただの小心者かな?

・初めて行く外食の店の、その店独自のシステムにビビる。食券とか、セルフサービスとか。
・美容院も新しいとこに行けない
・着メロは使わない。常にマナーモード
・客いじりされるとかなり辛い。だから自分もしない・ipodのありがたさ
・替え玉が言えない(前にも書いたか。店から聞いてほしい。「げんこつ」の紅しょうがも同様)
・家電量販店で店員になかなか質問できない
・試着が怖い
・自動改札が苦手
・踏切が苦手

後半のは違うかな
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。