シャイなもんで

京都を拠点に芝居をしている中野劇団主宰 中野 守の演劇に関する雑文やら、日記やら、映画の感想やらを綴ります。


テーマ:
最近、芝居を作る上で、観る側のストレスというものを考えるようになった。

映画でもストレスを感じるものってある。内容に限らず。

たとえば洋画の字幕がけったいな字体で読みづらいとか、

それが今言うストレスなんだけど。

芝居で使う映像なんかもそうだ。

映画館のスクリーンには適わないんだよねえ。

走馬燈のように使うんだったら(何という手法か専門用語がわからない)まあ、そんなにストレス感じないかも知れないけど、舞台と並列して映像を観せるってのは、あまりいい手法とは言えないと思う。

理由は単純に見づらいからだ。そして舞台をやってる人間が、同じように映像撮るセンスを持ち合わせているならまあそれもありなのかもしれないけど、もしそれほどでもないなら、舞台の演技で極力表現した方がいいんじゃないかと考える。どうしても映像じゃないと無理なんだってことってそんなにないと思うし。

自分でもできるだけストレスを小さくした芝居を作っていきたい。まだ考え始めたばかりなので、発展途上。
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。