シャイなもんで

京都を拠点に芝居をしている中野劇団主宰 中野 守の演劇に関する雑文やら、日記やら、映画の感想やらを綴ります。


テーマ:
こないだテレビでやってたので。

おでん屋の屋台のシーンが好き。ばかばかしくって大好きこういうの。

沢山の大人が遊び心で作った映画っていうのかな。ホントに沢山の妖怪が登場してて。
いい資料になりそうな映画。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ダグ=リーマン監督

ヘイデン=クリステンセン主演
サミュエル=L=ジャクソン、ダイアン=レイン出演

超能力を取り扱った作品は沢山存在する。
何種類もの超能力が、考え出されている。
サイコキネシス、テレパス、予知など
大抵の作品にはそれらが複数登場し、異なる能力者同士の対決ものも多い。
そんななかテレポーテーションだけを取り扱った作品というのがこれだけど、
なかなかなかったんじゃないかなあ。そういうのは。

監督のダグ=リーマンは『Mr. & Mrs.スミス』を撮った人だ。
あの映画はDVDで見たけど、スタイリッシュなアクション物とでもいうべきかな。
見ていてストレスを殆ど感じない。ずっとのめりこんでハラハラして観た記憶がある。

今回のも、同じくスピード感を重視した映像で、
設定が素敵だ。世界観というのかな。掘り下げ方というのかな。

テレポーテーションという能力は全く斬新でも何でもない。
その能力者のことをジャンパーと呼んでいるだけで、
瞬間移動は瞬間移動だ。
それだけで物語を作ったら、
たとえCGなんかの技術を駆使したところでたかが知れている。
オリジナリティが要る。

この映画の「それ」は敵が能力者でないことだろう。
これが深みを生んでいる。勧善懲悪じゃないのがいい。

「CGばんばん使い倒した映画」という印象が目立つのは否めないけど。
そこを補って余るほどのオリジナリティがあれば、もっと凄かったろうなあ。
そんなこと観ている間は全く考える隙も与えないスピード感だったけどね。
見終わった後で思うだけで。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
更新してませんでしたね。
いやあ、最近なんだか余裕がない感じで。
頻繁に書かないと、ブログやってる効果っていうか、あんまりないからいっぱい書こうと思ったのが、遠い日のように思えます。

楽屋ちゃんをこつこつ直す日々。

久しぶりに焼肉食べたら、やっぱり美味しかった。焼肉は美味しい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。