シャイなもんで

京都を拠点に芝居をしている中野劇団主宰 中野 守の演劇に関する雑文やら、日記やら、映画の感想やらを綴ります。


テーマ:
さて、予告してたように今年のM1グランプリを主観(居酒屋ノリ)で語ってみようと思う。いろいろ書くけど、あの番組に出てる人たちは出られるだけでもみんな凄い人達ばかりだと本気で思っている、という前提で書くんで、そこ読み違えないでね。

今年のM1の日は稽古で、ビデオを撮ってた人に借りてみることができたんだけど、そのビデオを巻き戻してる時、テレビでまだ番組が終わってなくって、あるコンビがトロフィーを持ってて。観る前に何処が優勝したかわかってしまった。バカだ。テレビを消して巻き戻せば良かった。

さて、以下ネタバレありなんで、まだビデオ観てなくて誰が優勝したか知りたくない人は気をつけて。

M1グランプリの凄いところのひとつに、審査員がもっともなことを言ってるところが挙げられると思う。中には約一名よくわからん感じの人もいるけど。M1の審査員って確実だなと言える。何せかつて笑いで時代を築いた人達だ。わけわからん肩書き持ってる人が審査員になってる番組が多かったりするけど、そういう意味においては、笑いがわかってる人達だ。勿論趣味嗜好の部分で贔屓なんかも見受けられるから、間違いない審査員とは断定できない。「確実」という言葉を使ったのは決勝進出者を審査するにおいて一番納得いく形じゃないかということだ。
その審査員の反応で印象的だったのが、「変ホ長調」の寸評を求められたとき。確か何名かが「ムズカシイ」って答えてたと思う。漫才っていうのは笑いが取れればいいってもんじゃないと思う。「変ホ長調」のネタは脚本的な笑いだった。客席を結構湧かせていた。ただし、そこにはアマチュアに対する親心みたいなものが笑いの後押しをしてたんじゃはないかな。
「変ホ長調」は、四分を効果的に使えてるとは言い難いたどたどしいテンポ、変化も、演技力もない、純粋にボキャブラリーによる笑いだった。そのボキャブラリーは、笑えた。実際何度も笑った。ただ安易な笑いだったようにも思える。ある種オリジナリティの高い芸風だったとも言えるのかな。
けど、漫才の評価の対象になるのは「上手さ」って要素もあると思うんだよね。仕事として漫才をやってて、朝から晩までずっと漫才のことばかり考えて、アクシデントがあっても対応できるくらい場数踏んで、客層によってネタ変えたりする配慮身につけて、誰でも取りやすい安易な笑いに走らずオリジナリティを追求してる、そんなコンビが沢山いるのをおしのけて決勝に上がってきた変ホ長調。もっと真剣に考えてる奴がいたのに、準決勝までに落とされてる。けど、別の見方として、「実際笑えたんだからそれで評価してもいいんじゃないのか?それとも笑いはプロのものか?面白いかどうかという判断はプロが下すのか?」なんて考えもできるかもしれない。「ムズカシイ」にはそういう複雑さがあったのかもしれない。もしくは単純に、折角出て来たアマチュアに辛辣な評価を下すとその人のイメージダウンになるから発言を避けたかっただけなのかもしれない。コメントが演目の内容に全く触れていないところをみると、後者で、しかも、評価しようがないくらい印象が悪かったとも想像できる。普通仕事で呼ばれてあの席についてるのだから、求められたら何でもいいから探して言うと思うんだけど、そうでもないところが「笑いに生きてる人」らしい。素直だな。

優勝した「チュートリアル」はめちゃくちゃ面白かった。「上手さ」の中には演技力もあると思う。演技力は説得力と通ずる。リアリティを生むことが高評価に繋がってる。過去の優勝者の多くも身近なテーマで、手法に独創性を持たせているケースが多い。中川家の遅刻ネタ、アンタッチャブルの受験ネタ、フットのファミレスネタ、ブラマヨのボウリングネタ、誰もがほぼ経験したことのある身近な設定。ダウンタウンの漫才もそういえばそうだったような。料理でいうなら冷蔵庫の中にある食材で、「どう料理するか」ってところ。昨年のブラマヨにしても今年のチュートリアルにしても「ああ、そういう方法があるのか」って感心した。感動した。新しいスタイルを発明するって大変なことだけど、M1くらいになるとそれくらいしなきゃ勝てないってもんなんだろうなあ。笑い飯はその発明を引っさげて現れた時に優勝できなかったのが痛い。たとえば別のスタイルでずっと決勝まで登場してたけど勝てなくて、もう顔を覚えてもらったところで、初登場の時のネタをやったとしたら、優勝できたかもしれない。そういう意味ではぽっと出のコンビには不利な大会だ。審査員には「今年はあのコンビに優勝してほしい」みたいな思い入れが働いてるっぽい。勿論審査はそういう私情は入れずにしてるだろうけど、知ってたコンビが成長して帰って来たという設定の方がどうやら得点に繋がってそうだ。笑い飯は違うスタイルを見つけないと優勝は難しいんだろうなあ。評価されてるスタイルを捨てて新しいので挑戦するのって勇気いるだろうし。
演技力の話に戻るけど、福ちゃんの演技力が凄いと思う。徳井にばっか注目が行ってるようだけど。普通ツッコミがきついと特に大阪弁はイカツクなるんだよね。けど福ちゃんは笑ってて、でも鋭くて。何度も練習してるネタだろうに初めて言われてるかのような新鮮さがあって。勿論大舞台ってことでいつになく底力が出てるってこともあるんだろうけど、演技力だと思う。あのコンビはバランスがいいなあと思う。他のコンビなら、あの人は他の人と組んでも上手くやりそう、って人もいるけど。他の人と組んでたらどっちも上手くいってなさそうなコンビに見える。試行錯誤してバランスがよくなるように芸風とかを調節してったと思うんだけど。
僕は劇団で比較的笑いの路線のものを作ったりするんで、芸人さんで演技力があるのってホント羨ましい。こちとら演技のことばかり考えてて、その演技では負けたくないのに、足下にも及ばないし、観ててすごくためになる。

てなわけで、M1で優勝するために必要なのは「身近な題材」「料理法の発明」「演技力」これかな。優勝組だけ見ると、オチはさほど重要でもなさそう。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
芝居をする時、いろんな策を頭の中で張り巡らす。

が、最近はそれのやり方が変わって来た。

演目の内容の話じゃなくて。スタッフワークとかそういう面の話で。

変わったというか、そこまできっちりシミュレーションしなくなったというか。

慣れからかなあ。

旗揚げの頃は、木材の値段をネットで調べて、何本あれば足りるかとか、何人で作業して何日あれば作れるかとかまでシミュレーションしてた。

稽古は週に一日。会議の時間はそれほど持てない。

そうなると、自分の頭の中で何処まできっちり計算できてるかが重要になってくる。

労力やコストを使わずに見栄えのいい舞台を作るためにはどうすればいいかとか、ひとりで時間のある時にそんなことばかり、ずっと考えてた。

金、時間、人、場所を連動させてシミュレーション。各スタッフのコスト、各人の能力や条件など全部把握しないとできないことをやってた。

最近、スタッフもいろいろと複雑化してきて、

分業を推し進めていくにつれ、だんだんそこまできっちり計算しなくなってきた。

分業すると把握できない部門ができるし、そうなると連動させた考え方ができなくなってしまう。

劇団内ではたぶん一番細かいことまで考えている方だと思う。

でないと回らないという不安があるから。

けど、そこまでしなくても何とかなったりすると、わからなくなってくる。

自分の細かい思案は無駄なのかと。

そこは別に適当でいいんじゃないか、なんて言われると、

自分は細かいことをぐちぐち言う小舅みたいになってしまってるのかと。

ビルの設計図の単位が細かいように、より高度なものを作るなら、それだけ計算もしっかりしないといけないというのが自分の中ではあったのだけど。

分業しないと高度なものを作れないという事実もあって。

なんて、別のことで脳の中をいっぱいにしてしまってたら、何だか意味ないね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日一年の会社勤めを終えてきました。
仕事終わりにみんなで近所の中華。

けどこういう風に会社の人と飲むことは一年に一回あるかないか。

まあ、付き合いで飲むのは苦手なんで、別に悪くないけど、なさすぎるのもよくないなあ。

年末年始はいくつか忘年会や新年会があるだけで予定らしい予定はない。DVD見て、脚本書いてみたいになるか。

確か去年の暮れは楽屋ちゃんのDVD編集で終わったような。

公演のスパンが短くなるとDVD編集ばかりやってる気がしてくる。

今回は10分間の編集も終わってるし、次回公演の準備の時間に充てられる。


ほんといつの間にやら短篇50作とか書いてる自分。

M1見てて、自分はまだまだ全然駄目だと思った。

今年のM1を自分なりに分析してこのぶろぐで語りたいなんて青いこともしてみたいが、今日は酒も入ってるし、気が向けばやろう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
製作年:2002年
製作国:韓国
監督: チョン・フンスン
出演: キム・ジョンウン / チョン・ジュノ


いやあ韓流ブームですね。
今回は韓国映画です。
因みに韓流ドラマはまだ一作も最初から最後まで観たものはありません。
たまたまチャンネルが合っててチャングムを1話程度観たくらいです。
けど、映画はよく借りるようになりました。
理由は単純、
レンタル屋に置いてある種類が多いからです。
ちゃんとコーナーになってます。
それにしてもラブコメの数が多い。
いわゆる洋画ラブコメの名作を研究した上で作った、
できのいいものが多いように思える。
今回観たのも面白かった。
それはたぶん、面白いのから順番に輸入してるからだろう。
ハリウッドを初めとする洋画は何せ日本に入って来てる数が違うから、
駄作も必然多くなる。
こんなあらすじです。以下落語風。
えー、主人公はソウル大学の法学部っていう、要はエリートですな、
その青年実業家がぁですな、ある朝、自宅で目が覚めましたところ、
同じベッドで何や知らん女性が裸で眠ってたっていうのが、この映画の始まりなわけですな。
ただし、二人とも記憶がないんですわなぁ。
で、ですな、その彼女の方が、実は何とある町では名の知れたヤクザ屋さんの親分の娘さんでして、
兄貴も三人おるわけですが、それも一家のヤクザでございまして、
その三人の兄は主人公の男を気に入ってですな、
要は一家にインテリがほしいって理由なわけですが、
貞操を奪ったんやから、妹と結婚するのが筋とちやうんか言うて妹とくっつけようとする。
主人公にしてみれば脅迫なわけです。そしてそれからいろいろ二人に細工してくるわけです。
で、主人公には彼女もおるわけですわ、ヤクザの娘の方にしましても、本意やないわけですわ。
で、二人にとって迷惑なだけでしかなかったわけですが、
ま、そのうちいろいろあって、ま、あーなったりこーなったりするわけですな、これが。
で、その三人の兄貴というのがなかなか妹思いなところがありまして、
なかなか、細工が面白かったり、可愛かったりするわけです。
設定は言ってみればありがちな感じもしますが、結構笑ったし、いい映画でした。
☆☆☆☆
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
というわけで、本日、2006年最後の稽古をしてきました。

早いもんでもう一年が終わろうとしています。

今年の最初に何を抱負としたかすら忘れてしまいました。

たぶん、いいことが思いつかなかったので、適当な抱負だったと思います。

今、やってるのは次回公演 短篇集『不埒』の稽古です。

次の稽古が年明けてからになるので、

二週間くらい間が空くわけです。

その間に脚本書いたりするんだと思います。

どうせそんなどっこも行かないし。

いつものことながら、内容について書けないのが、もどかしいなあ。

けど、宣伝もしておきたいし、

軽く説明を。

短篇集ってのは、今回で3度目です。

最初が『大山崎』、次が『ブルー』

『大山崎』の時、一回こっきりだと思ってたのが、

いつの間にか、2公演に1公演は短篇集やる劇団みたいになっております。

演目は何本かやるわけです。

大山崎の時が15本、ブルーが10本。

今回も10本はやろうと考えております。

配役も既に決めて練習してます。

でもまだもう少し演目追加したいし。

できあがっている本もいろいろ手直しもしていきたい。

でまあ、この年末年始をそういうこと考える時間に充てるわけですね。

いつも時間に追われるし、とにかく後手後手にならないようにしないと。。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
訃報。
岸田今日子さん、青島幸男さん、カンニング中島さんの3名の訃報をニュースで取り上げてた。急に寒くなったからだろうか。
物凄い数の芸能人がいるせいか、暫くテレビに出てなくてもそのことに気付かなかったりする。ずっと応援してたわけでもないのに亡くなられると関心を持つ。自分もそうだ。ただ、もう見る事が出来ないのは素直に単純にさびしい。

風が冷たい。

こんな寒い季節に、通勤の往復時くらいしか寒さの厳しさを感じないで済む今の時代がありがたい。
寒いのは嫌だ。

嫌いな季節だが、電飾が暖かそつにみえるのはいいもんだ。
地球温暖化という言葉は良くないと誰かが言ってた。そうだろう。自分には甘美に聞こえる。

暫く歩いてると、風の冷たさにも慣れてくる。まだ本気で寒いわけでもないし。
慣れていく。

悲しみも寒さも次第に慣れてくる。悪いことじゃない。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
原題 : Proof Of Life
製作年 : 2000年
製作国 : アメリカ
出演:メグ・ライアン、ラッセル・クロウ

ラッセル=クロウ主演
彼は交渉人なわけですね。ただし、警察組織に属するのではなくて、民間(保険会社)の雇われ。誘拐保険?本当あるのかな?という保険があって加入者が誘拐されたら保険会社が身代金を代わりに払う。ラッセル=クロウの役どころは、現場に送られ、犯人と身代金の交渉をしたり、家族の警護をしたり。時には強行手段に出たり。元SAS(英特殊空挺部隊?)という経歴を持つ。SASって確か浦沢直樹の「マスターキートン」もそうだったっけ。
てなわけで、彼のマッチョが活かされた役どころということになる。

展開はベタなアメリカンアクションの域内にあるけど、好きな役者だし良い。
最近Mr.&Mrs.スミスといい、好きじゃないとか言いながらアクション物見てるなあ。
☆☆☆
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
製作年:2004年
製作国:日本
出演:吉永小百合、渡辺謙、豊川悦司、石原さとみ、石田ゆり子、香川照之、柳葉敏郎

ネタバレします。

そうかあ。主演女優賞かあ。そういう意味では吉永小百合って凄い女優だな。まあ代わりが利かない役者であることはあるか。それは悪い意味ではなくて。存在感て簡単に出せるものじゃないから。

終始芝居(舞台?)臭い映画だった。予想ではもう少し人間の汚さを出しまくってると思った。オーソドックスな21世紀型時代劇というか。けどオーソドックスなわりに、脚本的な基本がちょっとよくわかってないような気がした。同じ手法を何度も使い過ぎ。最初一人が大多数に反して何かすると、「俺も」「私も」って共鳴して同じ立場に立つ人がだんだん増えていくの。あんなの一作品に二回以上使ったら逆効果だ。ツーでスパイクはたまにやるから決まるんだ。ある意味あんだけ多用されると「そういう新手の笑いかと疑ってしまう。特に最後のみんなが農具持つ所、なんであんたまで加わってるんだと。その瞬間以降は演出が完全に舞台系寄りになってた。舞台ならいいだろうに。

トヨエツがカッコ良かった。渡辺謙の馬乗って来るシーン以外でいいなと思ったのは全てトヨエツのシーン。特に最後の本当の自分を現した所は、痺れた。エンタメだ。あれはエンタメだ。ナウシカだナウシカ。最後はナウシカだ。

結局真新しさに欠けるんだよなあ。CGで重みを損なってるし。映像は綺麗だ、綺麗なのは好きだ。けどそれは自分の中では総合評価にはあまり関係ないことはDolls(スペル合ってる?)で知った。
☆☆☆
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
僕は、はりこのトラの穴というところに

脚本をいくつか登録してるんですが、

そこにほかに掲載されている関西在住の方

四人で忘年会をしてきました。

今回2回目の飲み会で

前回公演にも見に来て下さってて、

こういう劇団以外に交流の場があるのは

とても新鮮です。

普段は、

はりこのトラの穴に登録していることで

生まれるいろんな作業を

独りパソコンでやってるので

他の人がどんな風に考えているか

わからないもんですが、

「みんなそんなこと考えてたんだぁ~」

みたいなことも聞けたりして、

四人、年齢も近いし。

酒も入ってるんで、

興味深い内容の話がいっぱいできました。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
こないだテレビでやってた『ALWAYS三丁目の夕日』は良い映画だった。吉岡君はちと不自然かなとも思ったけど、何だかんだと言いながら心動かされた。けどコトーが一番はまっているかな。
薬師丸ひろ子は、いつか実写でのび太のママをやってほしい。

あの時代の町並みを日本の何処かに残しておけば良かったのに。

大阪市は渡し船無料で運営するらしい。人件費など年間8億だったかな、かかるって。
鉄橋かけたり埋め立てたりしないで木の橋のままなら、今ごろ世界からの観光客で賑わってたろうか。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。