シャイなもんで

京都を拠点に芝居をしている中野劇団主宰 中野 守の演劇に関する雑文やら、日記やら、映画の感想やらを綴ります。


テーマ:
『24』を全て見終わるまで、
他の洋画を借りないことにしていた。
他のを見ることによって
内容が薄れたり、
話がわからなくなりそうだったのと、
何となく、24に時を捧げたいという気持ちを籠めていた。
そんな貴重なひとときとの別れの時を迎え・・・。
と思ってたらシーズン2と3があることを知って、
ああ、こりゃ当分他の奴見れねえと
嬉しい悲鳴をあげてたんだけど。

店に行ってもいっつもレンタル中。

シーズン1は、シリーズ最初の作品で、超話題作だから
1種類につき7本も8本も置いてあるから、
好きな時に好きな回のを借りることができたのに、
シーズン2と3は1本ずつしかなくて。
レンタル代が勿体ないから平日の半額デーを利用してるんだけど、
どうもそれが敗因かもしれない。

というわけで、仕方ないから、他の洋画を借りることにした。

前置きが長い?

まずは『Saw』という作品。

これね、見た人がいたら、この映画についてじっくり話がしたい。


作品見てない人はここから下は読まないでね。


後で調べてわかったんだけど、結構話題になった作品なんだね。
何も前情報がない状態で見ることができたのは、
かなりラッキーだったかも知れない。
本当に面白い映画と出会いたいなら、
評判とかを調べて、面白いものを見つけるより、
何も調べずに直感で見つけるべきだ、と思う。
人に面白かったと言われて見たんじゃ、少なからず期待して見てしまうし、
逆に批判を聞いてみたら、そういう意見を真に受けるかもしれない。

じゃあ、映画の感想文書くなよって言われるかもしれないけど、
それはできない。読んでる人には悪いけど諦めてもらうしかない。
できるだけネタばれにはしないでいたいけど、
基本的にはまず作品を見て、感想文を読むって順番でってことで。

ネットで感想文漁ってたら、
痛い系駄目な人にはお勧めできないと、いろんな人が言っている。
あとは、賛否両論って感じ。
何々はありえないとか、何々がこうなのが萎えたとか
少なくとも議論の対象にはなる作品。
僕としてはかなりいい作品に出会えたと大満足。

途中で話が読めて楽しめなかったとかいう意見もあったけど、
芝居の脚本書いてる(素人ですけど)人間として言えることは、
それって=質の高い作品だってことなんだけどね。
ちょっと違うかも知れないけど、
凄く難しいクイズを作れって言われて
『僕の同級生の山田君の誕生日はいつでしょう』
とか言っても、山田君以外答えられないと思う。
クイズの中で渡された鍵だけで答えを見つける
チャンスが誰にでもあるものが『いい問題』なのだと思う。

更に言えば、選択肢が少ないもの程良質だ。
登場人物が20人も30人も出てきて、みんな怪しかったら、犯人わからないけど、それはわからないってだけで、全然面白くない。
途中でわかって萎えたというのは、自分が人より勘がいい、自分は沢山作品を見ているからだということを誇示したいだけで、正しく自分の感想を表現しているとは思えないなあ。

『途中でオチがわかって鼻高々だ』と表現しよう。

息をつく余裕もない、スリル系って、
後半、説得力ある方法でまとめきれずにに失速することも多い。
『アイデンティティ』とかがいい例かな。
「そのオチの付け方しかないか~」って感じだった。
悪くないんだけど、あれは見てて途中で勝手に期待が膨らむから。
逆に最後にドカンとひっくり返してくれる作品は
その仕掛けを張るために中だるみが生じたりすることもある。
けど、この『Saw』は
最後まで、画面にかじりつき、見終わった後まで、どっぷりって感じで。
エグい映像が、ただそういうの撮りたかったからってだけでなく、見てる側の注意を巧みに引く。

『ファニーゲーム』は何となくこういう暴力的なシーンが撮りたかった的だったけど。

こういうのって本当に貴重だと思う。
いい意味での後味の悪さというか。
題名もうまいし。
何か、他の人と感想がかぶってしまってるけど。
主役のアダムをやってた人が脚本書いたとか。
若いのに凄いねえ。
宣伝では『Cube』や『セブン』を引き合いに出してたみたい。
確かに両者のいいとこどりな部分はある。
『Cube』といい『Saw』といい、
こういう系、単純に自分好みな設定だから、
評価が高いのはある意味趣味による部分も大きいかも知れないけど。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いぬしげ氏からマンガバトンというのが回ってきました。
質問に答えて、次の人に回すらしいけど、
どんだけ普及してるのかわからないし、とりあえず答えるだけ答えてみます。


◎Q1:あなたのコミックの所持数は?
ざっと300ちょい。

◎Q2:今読んでいるコミックは?
「ブラックジャックによろしく」
「ZETMAN」
「20世紀少年」
「デスノート」
「ONE PIECE」
絵だけで内容がないのも苦手だし、逆に内容がよくても絵がいまいちなのも読む気になれない。理想は綺麗な絵で内容がしっかりしたもの。


◎Q3:最後に買ったコミックは?
何だろ、「最終兵器彼女」の2巻だと思う。
最近は新刊を買わずにまとめ買いする方が多い。
けど2巻で止まってる。

◎Q4:よく読む、または思い入れのあるコミック5つ
いぬしげ氏が「夢かもしんない」挙げてしまってるので、かぶらないとこで選んでみる。

「空のキャンバス」今泉伸二
主人公が体操をしながら幼少期に自分が命を助けたライバルを探す話。助けた時に大怪我して、ライバルを探すという目標が彼を奇跡的に生き長らえさせて。でも実はそのライバルはすぐそばにいて・・・。読むたびにぼろぼろ涙が出る。

「ガッツ乱平」百里あきら
小学生の頃読んでた。印象に残ってる。独特の笑いというか。
小学六年生の主人公なんだけど、チビで髪の毛が11本しかなくて、でも凄い天才でスポーツ万能で、ロボット作ったり、医学に精通してて、手術したりする、こんな凄い派手な設定なのに、絵や内容が地味ってところがまた凄い。

「めぞん一刻」高橋瑠美子
復刻版ではじめて原作読んで、それから何度も読み返した。管理人さんがアパート出てって、五代君が代わりに自分が出ていくみたいなことをいう所が一番好きだ。

「学園情報部H.I.P.」富沢順
この作者は他に「企業戦士YAMAZAKI」とか今なら「殺し屋麺吉」を書いてる。学園コメディー。B級っぽいけど、でも好きだった。キャラとか。早乙女キャップがお気に入り。この人の作品では他に「あすぴりんDANDY」が好きだ。

「いけないルナ先生」上村純子
・・・。

というわけで、本当は誰か5人に回さなければいけないんだけど、
誰かこれ見た我こそはって方お願いしますだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
いよいよ今週末から稽古が始まる。
前回とは出演者もがらりと変わって、
不安がないこともないけど、期待も大きい。
まだ、役者が足りないんで、
何とか早めに集めないといけない。


どこか映画のサイトだったと思うけど、
俳優の寺尾聡さんがインタビューに答えていて、
昔、黒澤明監督に、

「主役は周りの役者に引っ張ってもらうくらいでいい。
演技して気持ちよくなってるようなのじゃ駄目だ」

みたいなことを言われて、それから考え方が変わったみたいな
ことを書いてあったのが凄く印象的だった。
いいこと言うなあって思った。

目から鱗っていうのかな、唇から媚薬っていうのかな、

人によっては、特に役者さんにとっては
共感できない人もいるかも知れないけど、
自分は演出してて、こういうこと感じたことあったんだけど、
こんな風に明確に言葉にできて、持論として人に伝えることができる
黒澤監督って素敵だと思う。作品は見てないけど。


役者って、なかなか難しいもんで、

「主役より目立つことができた」

なんて喜んでる人も昔いたけど、それが作品としての狙いじゃなきゃ、
そんな役者は、自分なら使いにくいと思う。
目立ったことによって、そのシーンがいまいちになってたら駄目だって意味で。
自分にとって本当に巧い役者っていうのは、どんな役であれ、
作品の一部に完全になりきれる人のことだと思うから、
浮いてちゃ駄目なんだよね。
確かに目立たなければ、自分をアピールするチャンスを
掴みにくいのかもしれないし、目立つ役者を好評する人がいるのも
事実だから、そこんとこが何とも言い難い。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
うちの劇団の加藤君と観劇。

『ベトナムからの笑い声』さんの公演を観に。

今までなかなか観にいけなくて、今回ようやく行けました。

確実に笑いを取れる劇団って感じでした。

うちも頑張って追随していかないと。。。


さてさて、今週そんなこんなで4夜連続外食。

うち、3夜酒。

絶対影響が出る。

腹に。

地球のみんな、オラの贅肉を少しずつもらってくれ。

そんな不摂生な一週間の予定を消化して、

でもこんなの今まで全然なかったので

これはこれで面白い一週間だった。

バレーボールは全く観られなかったけど。

あ、でも深夜にテレビでシャラポワ観ました。

かっちょいいなあ。

あの、サーブの態勢に入るときの


イチ、ニッ、サン


って感じの足の動きが好きです。

バレエにありそうな感じがして。

ロシアだからかな?

天が二物与えた貴重な女性ですねえ。

プレイよりあの
イチ、ニッ、サン ばっか気になって。

そういう人っていますよね。

種田の構え方とか。

打ったとか打たなかったとかどうでもいいって感じ。

打撃コーチに『もっとちゃんとした構えで打て』

って怒られたら反発して余計ああなったみたいな。

ホント何であんなことになってるんだろう。種田。

銅像になっても誰かすぐにわかりそう。

天が余計な一物与えた貴重な打者ですねえ。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
あああ、バレボ二日連続見られなかった。

ビデオ撮ればよかった。


今日は劇団の顔見せ兼ねた飲み会でした。

ちと参加者少なかったけど、

ま、どんな感じで次の芝居を作っていくみたいなことを

説明して、あとは飲みとオケ。

来週から稽古かあ。

面白い稽古ができるよう、作戦を考えよう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ちょっと更新が滞ってました。

いやあ、夏ですなあ。ビールが美味い。

僕は晩酌はしないんで、

飲むと言えば、居酒屋に限定されるんですが。

今日もちょっと飲んで、終電間際の帰宅。

飲みでなくても、外で夕食を食べる日は楽しい。


昨日は秋にある企画に

ゲスト参加する話があって、

その打ち合わせ。


明日は劇団の顔見せ。

この一週間はそんなわけで

暇をせずに済んだわけですが、

それ以外にも、次回の本書いたり、

結局自分のやりたいことばっかやってるって感じです。

明日の酒が楽しみだ。

何かねえ、今まで会ったことのない人と

初めて会って喋るっていうのが

すごーく新鮮で面白い。

酒がある場がいいね。そういうのって。

『はじめまして。じゃあ乾杯』みたいな。


7~8年前、自分の中で目標みたいなものを

立てたのを思い出した。

『友達100人作る。』

25歳かそれ位の頃だ。

小学一年生じゃなくて。そんないい年して

『友達100人作る』なんて子供じゃなきゃ

公言しないような目標を打ち立てた。

周りに友達があまり

いないなあって勝手に思ってた頃だった。

もともと内気な性格なんだけど、

人と知り合いになれるきっかけが貰えたら、

できるだけ足を運んで、

知り合いになってもらうようにしようと思った。

けど、なかなか短期間で

沢山の人とは知り合いになれないし、

増えたと思ったら、

連絡取らなくなる人も出てくる。

結局はトントンみたいな。

それでも、こういう出会いを繰り返すことで、

自分にとって絶対何かの

プラス要素になってるんだっていうのは

強く感じる。

ただ、広く浅くなりがちな関係なんで、

ひとりひとりの人に対して

今よりもっと深く付き合っていきたいと、

改めて決意表明。

何か内容だけみてたら、

いかにも10代前半の女の子が思ってそうなことだなあ。

まあ、この夏、今夜みたいな暑い日は全て

居酒屋でビール飲んで喋ってって

日になればなあってのが理想。漠然と。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アドシバというものを見て来た。



アドリブ芝居の対決物で、初めて見たんだけど、ゲスト劇団の役者とホスト側が用意した役者がいて、片方が一分間の芝居を作ってきてて、一分経った時点で敵側の役者が加わり続きを作っていくというものだった。

思ったより笑った。寸劇は笑いを用意された芝居とは違うから、比べることはできないけど、やはり場数踏んでるなって人がやると楽しい。

内容は良かったんだけど、それ以上に自分の真ん前(最前列)に座ったセーラー服の女子高生が気になって仕方なかった。客の自分がこんだけ気になるんだから、舞台にたってる人はやりにくかったろうなあ。逆に気合い入ったのかな。女性客が多かった。



全然羨ましくない。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日、京都に行く用事があって車に乗ろうとしたら、パンクしてた。仕方ないので電車で行くことに。

今日は異様に暑くていい天気だった。昼間あいた時間を使って京都の鴨川の河川敷で昼寝してた。

のぼせた。

近くで金髪白人女性が水着で日焼けしてた。
さすが国際都市だ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
24のシーズン1を見終わった。見て良かった。シーズン3まで一気に見てしまいそう。
正直誰にも薦めたくないね。見てない人に対してある種の優越感に浸れるから。「あ、24知らないんだ。いや、知らないならいいんだけどね」てな感じで。
俺なんて、はまるのかなり遅い方だと思うけど。

日本じゃまず作れないだろうなあ。
やむをえずなのか、
育て方がねぇ。助成金とかの使い方うまくやりゃ、絶対天才とか出てくると思うんだけどなあ。
あと、売れっ子に仕事が集中しすぎ。

織田裕二のシビアさわがままさはそういう意味では、応援したい。もっと言えば、製作総指揮とかのポジション明確にもらって、シンパで織田ファミリー作って、じっくりもの作りすりゃいいんでないかな。雇われだと、単にわがままと見られて、潰されると思う。
だから頑張れ!バレー女子代表!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
毎日二本飲んでる。

病気になるかなあ。
乳製品が好きだ。
カクテルもカルアミルクが好きだし。カルピスを牛乳で割るのも好きだ。でも不思議と甘いお菓子はほとんど食べない。チョコものはまだ口にする方だが、あんこものなんて、まず自分では買わない。
何だろ、この基準って。
飲みものは甘いのが好きだけど、甘い食べ物には関心がないってことか。
赤飯も甘いから好きじゃないって言ったら変な顔されたことがあるが、中野家のは甘納豆の赤飯なのだ。おやつと言えば「さきイカ」か「貝ひも」だ。あと「おかき」「柿ピー」の「柿」の方もよく食べる。
「ピー」も好きなんだけど、すぐニキビできるから控え目にしてる。
ちなみにキムチは好きだけど食べると腹を下す。
たこやきは好きだけど食べると口のなかの上の皮がずるむける。
カルピスは好きだけど、飲むと喉にからまる。

ごめんなさい、今日駄目だ、何かさっきから卑猥な単語ばっかりで。一応「ピー」入れたんだけど。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。