WTの極秘の手紙が暴露され、最高裁でWT側に不利な判決が下った、という

情報です。

 

その極秘の手紙とは、集められた寄付金を当局の目から隠すように、という

指示でした。

 

情報ソース

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

その手紙は3部から構成されています。

 

一つは平信徒向け。

 

もう一つは法人格を持たない会衆

 

さらにもう一つは法人格を持つ会衆(LRO)宛てられています。

 

皆さんはすでにご存知と思いますが、

 

長老団向けの情報が平信徒に発表されることはありません。

 

組織のレベルごとに、開示される情報は異なるのです。

 

ロシアでは以下のような組織構成になっているようです。

 

 

 

https://www.reddit.com/r/exjw/comments/5vzuuj/update_on_situation_in_russia/

 

ロシアJW系掲示板を翻訳したアメリカの掲示板によると、

 

ロシアの

 

○平信徒

 

○長老団、(法人格がない会衆)

 

○LRO  (法人格がある会衆)

 

 

には、それぞれ異なった手紙(指示)が送られています。

 

平信徒には、イザヤとヘゼキヤ王の話から、ありきたりな聖書的な教訓が

書かれています。

 

長老団には、寄付金を支部に送らずに、安全なところに隠せ、という指示。

 

LROには、不動産に関する複雑で、翻訳するもの難しい指示です(極秘扱い)

 

これらの手紙の存在が先日の最高裁で明るみになり、JW側に

 

完全に不利な判決が下った、とのことです。

 

また、こちらの掲示板によると、WTは

 

法の網の目をくぐり、法の抜け穴を探して活動することに長けており、

 

ロシア最高裁は、WTの狡猾さを警戒している、と述べています。

 

 

追記1:法人格を持たない会衆は、不動産などに関する契約を結ぶ

ことはできません。一方、法人格を持つ会衆LROは、契約を結ぶことが

できます。支部は、LROに対し、不動産契約に関する細かい指示を

手紙で与えていました。

 

追記2:長老団に対する「寄付金を安全なところに隠せ」という指示は

     2017年2月に出ました。

     2017年3月16日にはロシア当局の立ち入り調査が予定されて

     いました。調査の前月にWTはすでに情報を入手して、資産隠し

     を始めていたことになります。

     この辺りも、WTの悪質さを裁判所に印象付けたと思われます。

 

 

 

 

AD

ロシアの新聞が伝えるJWの様子です。

 

http://www.vesti.ru/doc.html?id=2880465

 

http://megalodon.jp/2017-0424-2046-47/www.vesti.ru/doc.html?id=2880465

 

抄訳:

 

ロシア国内の宗教とセクトについて研究している機関の研究員の話。

 

外国の法人の指導のもと、不動産の名義を書き換える動きが活発化している。

 

国内の300あまりの企業所有の不動産、アパート、会衆がある建物、土地、

自動車などの所有者の名義が書き換えられている。

 

ある男性は自分の所有するアパートが、数週間のうちに名義が「エホバの証人」に

書き換えられてしまっているのを知って驚いた。

JWである息子はアパートをKHとして使用しており、名義を勝手に変更していた。

 

男性は手遅れになる前に弁護士を雇って、名義変更の取り消しを試みた。

 

ブルックリンから来たJWたちは息子に

 

「終わりが近いから、家を売り払い、売却代金を組織に寄付したほうがいい」

 

と説得したという。

 

 

結局、男性のアパートはJWの手に渡ってしまい、男性は住む場所を失った。

 

「JWは強力な弁護士と大きな資金力を持っています。

 彼らのもくろみを覆すのは大変難しいのです」

 

この男性と似たケースはロシア国内で多く発生しているという。

 

JWはロシア国内で集めた巨額の資金を密かに海外に移すことを狙っている。

 

JW問題に詳しい専門家によると、活動禁止になったJWをすべて国外に

退去させることは難しいという。

JW幹部たちは迫害に対処する方法を熟知しており、地下に潜って活動を継続

させることができる。

 

 

 

 

 

AD

 

ロシアJW禁令ニュースの続報です。

 

 

一般に知られている「過激派組織指定」とは別に、

 

JWは国内の財産の名義を変え、換金した上で違法にアメリカに

送金していたことが、禁令になった大きな原因だ、とロシアの新聞は伝えました。

 

https://www.jehovahs-witness.com/topic/5310765923827712/russian-news-article-re-financial-misdeeds-wt-russia

 

ロシア語から英語への翻訳:

 

ロシア国内におけるWTのビジネスのやり方、

 

不動産名義を隠し、海外(ブルックリン)への違法な送金を

 

問題視した当局がJW禁止に動いた大きな要因である。

 

米国からの指示を受け、ロシア国内で違法に操業するJW。

 

 

最高裁の禁令の決定を受け、WTの違法な資金が当局に押収された。

 

信者から提供された不動産が換金され、違法な仕方で海外に

 

持ち出されている。

 

統治体が、低俗な世の娯楽番組をそっくり模倣して
ブロードキャストで放送し、関係者の間で騒然となっているという話題です。


ギレアデ卒の宣教者のインタビューを世のテレビ番組に真似て放送。

番組名は、米CBSテレビ系「インサイドエディション(※)」をもじって

 

「インサイドストーリー」

 


(※)インサイドエディション:芸能、娯楽、ゴシップ、スキャンダル、

犯罪ありの大衆向け、週刊誌的な番組。CBS系のネットワークで放送。

JW風に言うと「低俗な世の娯楽番組」

 

 

 

 

話し手の言葉のひとつひとつに笑い、大げさに反応する

聴衆。「あまりにもわざとらしくて、見るに堪えない」と

苦情が・・・・

https://www.jehovahs-witness.com/topic/5733164012011520/what-hell

 

抄訳:

 

○聴衆の笑顔が作り物で、脳死している人でないと、正視できない動画である。

 

 

○JWを皮肉る目的で、背教者が作成した動画ではないか??


○ギターの演奏が始まると、客席の姉妹達が曲に合わせて体を揺らす。
わざとらしくて、見ていて恥ずかしい。

 

○1970年代に外国で小さな群れを大きな巡回区に育てた経験のある兄弟の投稿:

 

「あの頃は誠実な研究生がたくさん集まって、それなりにやりがいがあった。

 今の様子を見ていると、全く違う宗教に見える」

 

○緊急な時代に生活するエホバの民が、これ?
  もう、違う宗教じゃん。


○巡回監督がわずか5年前にしていた話を思い出す。

監督はこう言った。
「私たちは他の宗教のようにSNSを利用して神のことばを広めることはしません」

他の宗教は、フェイスブック、ツイッター、テレビを利用してテレビ伝道師のような
ことをします(聴衆笑い)
ローマ教皇はツイッターの公式アカウントを持っています(聴衆再び笑い)

みささんはイエスがTVで伝道する場面を想像できますか?
私たちはTVではなく、人と直接話して、神のことばを伝えます」

 

 

観客席のJWの、わざとらしい表情。話ひとつひとつにいちいち

大げさに反応(写真下)

 

○わざとらしいにもほどがある。
こんな動画を作って、JWの評判を落とさないのだろうか??

5年〜10年経ったら、この動画に写っているJWたちはきっと後悔すると思う。

 

 

72歳の現役JWが来月、児童性的虐待の罪で裁判所に出廷する運びとなりました。

 

1979~1982年に起きた児童性的虐待事件に関するものです。

 

 

豪州王立調査委員会絡みで出てきた事件です。

 

ーーーーーーー

 

 

https://www.jehovahs-witness.com/topic/5761638705659904/west-australian-jehovah-witness-charged-historic-child-sex-offences

 

抄訳:

 

現役JWが、過去にさかのぼる児童虐待の罪で来月、起訴され

出廷する見通しです。

 

72歳の現役JWが1979〜1982年に、当時11歳だった少女に性的虐待。

彼は犯行当時も活発なエホバの証人でした。

 

豪州王立調査委員会の調査の過程で事件が浮上。木曜日に起訴されました。

 

このJWは5月16日にカタニング治安裁判所に出廷する見通し。

 

 

 

もし児童性的虐待を見たり、聞いたりしたら、すぐに警察

 

(131 444)までお電話を。

 

JW公式サイトに掲載されているロシア最高裁の裁判に

ついてのニュース(2017年4月5日)

https://www.jw.org/en/news/releases/by-region/russia/supreme-court-begins-case-against-jehovahs-witnesses/

 

 

立派な法廷の写真が掲載されています

 

 

しかしこの写真は、JW裁判とは全く無関係の写真であることが判明。

https://www.jehovahs-witness.com/topic/5737317916475392/jw-news-release-deception-high-profile-case-russia

 

 

 

実際の裁判の写真(下)。ちっさい部屋です!!

 

自分をことさら大きく見せようとする人には用心しましょうね。

あなたは騙されているかもしれませんよ!!

43冊に及ぶ書類を提出し、JWは社会に良い影響を与えている、

と最高裁に訴えたWT。

しかし、43冊の資料には、都合の悪い部分は含まれませんでした。

 

それは、

「JWが子供たちに音楽教育、芸術、スポーツ、趣味を禁じ、子供の

 持つ権利を侵害している」と裁判所が認めた2009年の判決です。

 

==========

 

 

都合が悪い部分は隠し、良いことだけを見せるWTのニュースルーム(下)

 

http://megalodon.jp/2017-0421-1147-44/https://www.jw.org:443/en/news/releases/by-region/russia/supreme-court-reviews-jehovahs-witnesses-legal-challenges/


ニュースルームによると、WTは43冊に及ぶ書類を提出し、

JWは社会に良い影響を与えている、と最高裁に訴えました。

しかし、そこに含めなかった、地方裁判所の判例

2009年ロシア連邦ストロフ州タガンローグにおける判決があります。

 

https://www.jehovahs-witness.com/topic/5151280903225344/outcome-banned-russia-final?page=2

 

 

抄訳:

 

未成年の子供がWTの活動にかり出されることについて。
天候に関わりなく1年中、親と共に雑誌配布、聖書の議論の
ために子供が親に同伴させられ、伝道する。

未信者の親の反対を押し切り、嫌がる子供を伝道や集会に
連れ出すことは、ロシア憲法、子供の権利を定めた憲章に違反する。

 

タガンローグの会衆(巡回区)は子供の権利を定めた憲章31条に違反する。

 

ロシアの子供の権利を定めた憲章は、

 

○子供が遊ぶ権利

 

○子供が娯楽を楽しむ権利

 

○子供が文化的、芸術的な活動に自由に参加する権利

 

を保証している。


出廷したJWは以下のように証言した。

 

キスマーク「私たちは子供を連れて公園に行きます」

 

キスマーク「子供を動物園に連れて行きます」

 

キスマーク「子供を自然が豊かな場所に連れて行きます」

 

 

裁判所:

「JWは、スポーツを禁じ、音楽教育を禁じ、様々な趣味の活動に

携わることを禁じている。


これではJWの子育ては子供の包括的な発育、成長に寄与しているとは
言い難い。

裁判所は、JWが子供に保証された権利を侵害していると判断する。


また、タガンローグの巡回区(会衆)は、「忌避」により個人の自由、

市民の自由を侵害している。


JWが個人の自由を侵害している点として

 

爆弾余暇の時間をどのように過ごすかを指図すること。

 

爆弾祝日や誕生日を祝うことを禁じていること。

 

爆弾アポを取らずに人の家を訪問し、一方的に宗教の話を始めることは、
人のプライベートな生活を侵害している。


JWは、一般市民と子供たちの権利を尊重しているとは言えない」

ロシア最高裁、WTの活動禁止を最終的に決定したようです。
資産は没収。

国内395か所の支部(会衆?)の活動の即刻停止。

WT所有の資産はすべて国庫へ

 

タス通信、その他のニュースメディアが伝えました。

 

http://tass.ru/obschestvo/4198959

https://russian.rt.com/russia/news/380876-zapretili-svidetelei-iegovy

 

 

英語圏の掲示板の反応

 

○手紙キャンペーンは無駄でしたね!!

 

○WTに神の後ろ盾のないことがはっきりした。

 

○御愁傷様

 

○排斥された信者の心の痛みを思い知れ。
 

 

はなまるさんより、JWニュースルームに日本語訳がまだされていない

記事がある、と教えていただきました。

 

https://www.jw.org/en/news/releases/by-region/russia/supreme-court-reviews-jehovahs-witnesses-legal-challenges/

 

以下抄訳です;

 

 

JW.org公式サイトのニュースルームより

 

ロシア最高裁5日目

 

WTに対する当局の10年間に及ぶ迫害について審議される。

 

当局による10年間のWT迫害を要約した43冊の証拠書類が提出された。

 

ロシア法務省は、WTが過激組織であることを示す法的根拠を示すことが

できなかった。

 

提出された書類によると、

 

WTと地元の会衆の活動は社会に貢献しているとして、政府から度々

感謝状をもらっていた。

 

法務省は2008年より地元会衆らの活動を調査してきたが、過激活動を示す

証拠を見出すことはできなかった。

その点は法務省も認めた。

 

 

 

写真下 WT弁護団(6人の男性)