あわせて読みたいブログパーツ
2008-11-18

ネットの憲法っていつ決まったの?

テーマ:ブログ
池田信夫氏のブログで、J-CASTニュースからリンクが消えたという記事があった。
これは、簡単にまとめると、池田氏のブログ記事をネタにJ-CASTが記事を書いてるらしいが、池田氏の記事のパクリであるくせに、外部リンク(?)が消えてる、ということだ。意味わかんないよね?簡単にまとめることのできなかった僕の文才の無さで、池田氏の意図が間違って伝わっちゃうと困るので引用してみる。
J-CASTニュースは、しょっちゅう当ブログの記事をネタにして記事を書く。それは当ブログへのリンクでわかるのだが、きのうの記事は明らかに私の日曜の記事のパクリであるにもかかわらず、外部リンクが消えている。このごろASCII.jpも「他社のサイトへのリンクは禁止」とかで、原稿のURLを削除するようにになった。

…おそらく、勝手に人の文章をパクっておきながら、外部リンク(J-CASTから池田氏へのページリンク)を書いてない事への批難(批判?)なんだと思う。ただし、彼は、著作権なんて了見の狭いことを言うつもりは無い、という(その主張は賛同する)。その代わり、と、条件をつけてくる。
『互いにリンクを張って分散データベースをつくるのがHTTPのルールだ』
と。

えっと…僕も95年からネットやってますし、プログラマなんて技術職の片隅にいますが、こんなルール知りませんが、いつ定義されたものなんですか?慣習としてそういうことを言ってる人がいるような気がしないでもないですが、強制力もないし、ネット利用者の共通認識とは知らなかった。そうなの?

この池田氏のブログは前から時々みてるけど、上から目線が嫌い(『嫌い』と、感情論で書くのもどうかと思うけど)。たとえば、小室哲哉氏の逮捕の時に、彼は、「ろくろく彼の音楽を聞いたことがないが…」と前置きをしておきながら「音楽的には無価値なものをマーケティングだけで売れると錯覚したんじゃないか」と言い出してる(このときの雑感は、『老害を考える:ろくろく知らないものを無価値なものと評価する批評家に対する見解』という文章に書かせていただいた)

また、池田氏の文章の微妙な機微を間違って伝えてしまうとそれは本意でないので、該当箇所を引用したいと思う。
外部リンクを張らないのは、そっちへ飛んだ読者が戻ってこないことを恐れているのだろう。しかしハイパーリンクは、ウェブの憲法である。他人の情報を利用したら、著作権なんて了見の狭いことをいわない代わり、互いにリンクを張って分散データベースをつくるのがHTTPのルールだ。

…ウェブの憲法の全文を提示していただきたいところだ。
あちこちで勝手ルールが出来てそれが当然、という顔をされるとうんざりする(関連:ネットの勝手ルールが広がってて、ちと面倒い)

最後に氏は、こうまとめている(引用するのは上記と同じ理由)
固定リンクもない新聞社サイトは、ウェブにただ乗りしてこの憲法を無視しているのだが、ウェブメディアまでオールドメディアに退行しはじめたようだ。他人の情報を利用して利潤を上げているくせにリンクも張らないのはマナー違反であり、読者にも不便だ。

私は、利潤はあげていないが、氏のページを引用させていただいたので、トラックバックをはらせていただきたいと思う。さて、このトラックバック…承認されるか、否か?(苦笑)




【最近のお知らせ】
1.twitterはじめました。ブログは一日数回の更新ですが、twitterは何十回と更新されると思います(笑)。いわゆる独り言です。一つ一つは本当に短い独り言ですが、ひょっとしたら面白い話もあるかもしれません。ブログやサービスのネタがてらに呟いてます。

2.ソーシャルブックマークに登録するアイコンを自動挿入するスクリプトを公開してます。こちら
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kazu氏(ex.なかのひと)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。