【分かち合い文化の伝承】ブライズメイドという花嫁の幸せを友人が支えるお手伝い!ブライズメイド専門店Dress ON Timeのブログ

古くは古代ローマ時代から続く素晴らしい『ブライズメイド』という文化を正しく伝承するためにブライズメイド情報で日本No.1の提供を目指しているブライズメイド専門店Dress ON Timeのブログ。

こんにちわ!

 

ブライズメイド専門店 Dress ON Timeの谷口です。

 

本日はまさにバイブル!『幸せになるための27のドレス』ということで、ブライズメイドドレスのデザインやカラーなどのイメージが最も掴みやすい映画についてご紹介させていただきます。

 

あなたはブライズメイドドレスのイメージはどうやって掴みますか?

 

Google検索?

 

 

ゼクシィ?

 

 

Instagram?

 

 

Pinterest?

 

 

などなどいろんな手段はありますよね。

 

私が思うのは欧米の文化なので、もっとも理解しやすいのが映画だと思います。

 

その中でも特にブライズメイドドレスの雰囲気を掴みやすい映画があります。

 

なんと表題にもあるブライズメイドドレスを27着も持っているというコメディー映画があるんですから、すごいですよね(^ ^)

 

その映画というのが・・・・

 

『幸せになるための27のドレス』

すこしあらすじをいうと・・・

 

 

友人のために尽くしてきた気のいい主人公ジェーン(キャサリン・ハイグル)

たまに、ものすごく世話好きな方がいらっしゃいますが、まさに世話好きの中の世話好きという方の雰囲気をしっかりとつかんでいます。

 

そんな世話好きのジェーンはブライズメイドを頼まれることもしばしば。

 

気づけば27着ものブライズメイドドレスがクローゼットの中にあるという状態。

 

1日に複数の結婚式をこなすというまさかの忙しさ(^ ^)

 

そんなジェーンも自身が社長秘書をやっている社長のジョージに恋をしていて、常にあれやこれやとジョージの気を惹こうと奮闘しています。

 

しかし、そんなある時に妹のテスをジョージに紹介すると・・・・・

 

まさかのジョージがテスの一目惚れ!!

 

マジか!マジか~。という展開です。

 

あまり、先をいってしまうとネタバレになってしまいますので、このぐらいにしておきます。

 

では、何がこの映画がバイブルと言えるのか?というと、

 

キャサリン・ハイグルが自身の27着のブライズメイドドレスを披露する場面があるのですが、

 

 

このドレスがいろんな形状やデザイン、色など多種にわたっていて非常に参考になります。

 

いくつか紹介しますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

参照:http://www.cinema.de/bilder/27-dresses,91052.html

 

このようにその時々のテーマに合わせて、ドレスを選んでいるブライズメイドの姿がよくわかります。

 

 

ぜひ、映画の本編でも確認してみてください♪

 

本日はまさにバイブル!『幸せになるための27のドレス』ということで、ブライズメイドドレスのデザインやカラーなどのイメージが最も掴みやすい映画についてご紹介させていただきました。

 

是非、疑問や不安な点があれば気軽にコメント欄やメッセージに連絡くだだいね(^ ^)

 

Dress On timeへはこちらhttp://bridesmaid-mks.com/

 

ブライズメイド専門店

 

Dress ON Time

 

店長 谷口

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ブライズメイドドレス専門店Dress ON Timeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります