テーマ:
3.18 ツアー最終日

最終日は昼から犬ぞり体験。(12:45にロビー集合だったのですが、12:30まで爆睡してましたwww)


ツアー会社の事務所にはアラスカン・ハスキー達がいっぱい!



オーナーのBeckさんは犬ぞりの名手で「犬ぞりで行くオーロラツアー」というプランもあるんだとか!

ワイルドに吠えまくってる奴もいるかと思ったら、オリの中の奴がめっちゃ情けない声で鳴いてたりともうとにかくハスキーワンちゃんパラダイスで期待は一気に高まります!

僕も連れてってくれよ~(涙)

犬ぞりは「動物のお医者さん」って漫画を読んでからなんとなく興味は持ってたんだけど、トライするタイミングがまだ来てなかったので
「初の犬ぞりをカナダの広大な自然の中で体験出来たら最高だな~」と思っていたのです。

名前を呼ばれて犬ぞりにスタンバイ。

こちらの親子さんと途中まで一緒に。

「手はここをつかんで。足下にあるのがブレーキです。ぐっと踏むだけね。はい、じゃあどうぞ~♪」
ってな感じでいきなり1人犬ぞり操縦スタート!
ガイドさんがスノーモービルで並走してくれてますが、こんなぶっつけだと思ってなかったからびっくり!でも楽し~♪

操縦といっても池の周りのコースを走るだけなので僕はブレーキ(もっと速いドッグランのグループが来たらブレーキして端で待つ)と、指示されてないけど犬に喝をいれる役(どういうテンションで話しかければやる気でるかめっちゃ試しまくったwww)を頑張った。
ブレーキ片足で踏んでも犬が止まらなくてなんでだろう?と思ってたらガイドさんが「two feet!」って言って
「2フィート?距離?2フィートごとに踏め?ってこと?わかんねー!あ、two feet=両足で踏めってことね!」と落ちきったヒアリング能力の低さを痛感しながらも初の犬ぞりは最高でした♪
大自然を見ながら風を切って行く感覚がほんとに気持ちいい。

それにしても犬4匹の引っ張る力が半端じゃない。1回そりがカーブで曲がりきれなくて車体がブワッと浮いてこけました!
犬たちが「どした?」ってカオで一瞬こっちみたけど「まぁいいか!いくよ~♪」ってな感じで走り出すもんだから慌ててソリつかんでブレーキかけてとハプニングもあったり、犬達が写真を撮る瞬間に限って全員で顔そらしたりと僕は翻弄されてばっかりでしたwww



犬ぞりから帰ってきて夕方から最後の町さんぽ。見晴らし台に行ってきました。



この時期のカナダは日が長くて20:30でようやく暗くなってきたかな~ってくらい。この時もすでに19:00くらい。



素晴らしい夕陽に出会えました。


ライチョウくんにもあった。


んでオーロラツアー最終日。
この日はほんとすごかった。まだ街中なのにバスからオーロラがくっきりと見えた。iPhoneでも撮れちゃうくらいwww
ブレイクアップが3回起きたし、5本線で伸びて行くオーロラも見れたし、ピンク色にもなったしオーロラフィーバーでした!
オーロラの強さをアラスカの大学が9段階で評価しているそうなのですが、この日はめったに出ない「5」が出たそうです!
一番オーロラが炸裂していた3/15から毎日オーロラツアーに参加していた方に聞いたのですが、今日も負けず劣らずという感じだそうで嬉しい限り。


オリオン座が画面中央にあるので太さがわかりやすいかと。


とるねいど。


夜の森は美しくて怖い。


煙突の火がいい感じ。


しゅぱ~。


うねっていた。



見れない可能性だって充分にある中で、蓋を空けてみると3日間連続で最高クラスのオーロラに出会えるという幸運に恵まれました!
もう感謝しかないですが、「俺(わたし)持ってんなぁ~。」って同じ時期に来た人はみんな密かに思ったんじゃないかな?
僕はばっちり最初から思ってたよ!www

今回のツアーは中国人半分、日本人半分、たまに欧米人というグループ構成になっていたのですが、最終日で一緒になった中国人のグループがみんなにスイカのお裾分けをしてくれたり(さみーのになんでスイカwww)、僕は香港から来たというご夫妻と少しお話したり(ブータンにぜひ行きなさい!とアドバイスをいただきました。)と久久の海外交流も出来て良かった。

大満足で深夜3時にホテルに帰宅。
4時半にチェックアウトして空港へ。
空港に向かう途中でもオーロラがふわ~っと現れて、「見送りに来てくれたのかな?」なんて思っちゃいました♪

というわけで今回の旅はおしまい。行き帰り含めて5日間だったのでかなりの弾丸ツアーでしたが余すこと無く楽しみきったと思います。

あ、実は帰りの乗り継ぎでハプニングが。(笑)

飛行機の乗り継ぎ(降りる人は降りて、乗り継ぐ人はそのまま機内で待つ)というのがあったんですが、爆睡してた僕はもう目的地についたと勘違いしてロビーに行ってしまいました。

何回も場内放送で名前呼ばれてるのに寝不足で頭回ってなかったのと「リキュ~ウ」みたいな発音で全然自分のことだと思ってなかったから、戻った時にはCAさんカンカン(なぜか僕は海外で女性によく怒られたり、にらまれたりする)

まぁこれもいい経験ってことでね。次回から怒られないようにきーつけます。(笑)



何度か旅の途中で良いシーンがいくつかありました。


旅の初日、乗り継ぎに乗り継ぎを重ねてイエローナイフへ向かう最後のフライト。
小さな飛行機だから当然映画なんか無い。
でも僕は最高の夕陽に出会えた。「良い瞬間はこの目で見たい」といつもは思うんだけど離陸するまで夢中でシャッターを切った。
なんとかしてこの感動を切り取ってみたいと思ったのだ。カメラをたまに持ち出すことはあるけどこんな気持ちは初めてでした。

そしてその飛行機で飲んだジンジャエール。
別になんてことはない、普通の、気が抜けかけたジンジャエールだ。
でも飲み物を待つ僕は子供のようなワクワクに溢れていて、夕陽を見ながら飲むジンジャエールはほんとに美味しかった。
喉が渇きまくってた訳でもないのに、飲み物1杯に自分の感情がここまで高まったことにもびっくりした。
「One more?」「Yes,please♪」
たったこれだけの会話も、もう天国に行く前か?ってくらい穏やかな喜びに満ちあふれていた。

とっくに頭ではわかっていること。
考え方次第、捉え方次第で1を100に出来るし、ー100を5000にも出来る。もちろん逆もあり得るけど。
決して極上ではない普通の飲み物を100に出来たこの瞬間が、実はオーロラを見たことよりも大きな旅の「収穫」かもしれない。


そしてオーロラ。

生きていると僕みたいな人間は「大丈夫だ。」よりも「大丈夫かな?」の方が増えてしまう。
心配が必要な時もあるけど、やっぱり少ない方がいいに決まっている。
オーロラを見ながら「あぁ、今回の人生は大丈夫だな。」と僕にスッと腑に落ちるものがあった。
これはもう説明出来ないんだけどなんかギュッと大きな安心に包まれたというか、心拍数がふっと元通りに戻るというかそんな感じだ。どんな感じだ?(笑)とにかく大丈夫だ。安心したよ。大丈夫なんだね。

あとは「瞬間」のこと。
オーロラは瞬間を遊んでるように見えた。でもどこか孤高な感じというか導かれて動いているようなそんな感じがした。
「この瞬間は2度と来ない」ということに焦りを持つのではなく、
ないからこそメールの一文字、落とす文字ひとつ、あいさつひとつ、会話のひとつ、歌のひとつ、ぱっと撮る写メの1枚もだいじ~にしていこうと。

みんな瞬間の刻み方は違うと思う。
キャベツのみじん切りみたいにサクサクサクサク!っと刻んで行く人もいるだろうし
鮨職人が魚をさばく時みたいにス~ッと一つ一つていねいに刻んで行く人もいるだろう。
フラットにいけるスピードで刻んで行きたいものですね。


この日記は帰国後すぐ書いたんだけど、写真のレイアウトどうしようかな~って言ってるうちに3ヶ月が経ってしまいました!
ごめんなさいあの日の僕!これからは先手必勝。瞬間を大事にします。

そうそう。
今回お世話になったオーロラ写真家の明日香さんにお誘いいただきまして、僕が撮影したオーロラの写真を名寄で行われる天体写真展に出展させていただけることになりました!

この写真ド素人の僕が!初の写真出展!人生は面白いなぁ。

詳細はコチラ。

「きたすばる星と音楽の集い」

会場:なよろ市立天文台

開催予定期間 7/25~8/23

また後日お知らせしますね。
AD
いいね!(17)  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。