幸福実現党 中西りえ

幸福実現党 中西りえの公式ブログです。
党声明はじめ、中西りえの政策や活動、
時事に関する考えを掲載させていただきます。
どうぞ、皆様のお声をお寄せくださいませ。

人が苦しむ姿を黙ってみていられない。
私の立候補への志を一言で表すとしたら、そのような思いです。
停滞、衰退、貧困、束縛は「悪」であり、決して国民を幸福にするものではありません。
豊かであることは、国家を護る力となり、国民に自由と幸福をもたらします。
しかし、現政権の謳う「税と社会保障との一体改革」は、終わりなき増税社会、統制国家へ向かう道です。
私は、そのような増税と補助金漬けの悪循環から国民を救い、何としても「自由からの繁栄」を実現したいのです。
「成長こそ最大の社会保障」です。
国民全員を幸福にする高い精神生を背骨とした発展繁栄を今後の国家モデルとしたいものです。

さあ、さらなる繁栄へ
一緒に豊かな未来を創っていきましょう。

中西りえ

テーマ:
「またか」とホワイトハウスの閣僚人事が世界を呆然と

写真は、ペンス副大統領夫妻とあえば直道 全米共和党アジア顧問(元幸福実現党初代党首)


3/25 APCUニュースレターより転載
↓↓↓
「またか」とホワイトハウスの閣僚人事が世界を呆然とさせた。3月13日、トランプ大統領はレックス・ティラーソン国務長官を解任したが、22日には国家安全保障問題を担当するハーバート・マクマスター大統領補佐官も更迭した。外交と安全保障という2つの大きな柱を続けざまに切ったが、大統領補佐官にいたっては政権発足時のマイケル・フリン解任に次ぐ2度目で、トランプの“迷走”ぶりが報じられた。しかし、ティラーソンの後任に指名されたのは元CIA長官のマイク・ポンペオで、北朝鮮問題を巡って方針の合わなかったティラーソンと違う対北強硬派だ。また、マクマスターの後釜にはネオコンの筆頭格、元国連大使のジョン・ボルトン。先日、「(北の)脅威は差し迫っており、最後まで待つべきではない」と発言したばかりで、この二人の起用は北朝鮮への強烈なメッセージであり、さらにボルトンは「中国の海洋進出に対抗するため米軍を台湾に駐留させるべき」との考えも持ち、この人事は対中制裁に向けた体制の刷新でもあり、トランプの本気度がうかがわれる。2月22日、CPAC会場でペンス副大統領と会談したJCUの饗庭直道チェアマンは「トランプ政権の対北朝鮮強硬姿勢及び対中国政策への全面支援」を訴え、感謝の意を受けた。と同時に、APCU発足に対しは「グレイト! これからもよろしく頼む」とペンスから握手を求められた。APCUはこのホワイトハウスの人事刷新を大いに歓迎する。 
Copyright © 2018 APCU, All rights reserved.

Want to change how you receive these emails?
You can update your preferences or unsubscribe from this list.

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。