2016-06-02 01:32:18

明石市議会前議長を訴えました

テーマ:議会奮闘記
平成28年6月1日 午前10時 神戸地裁明石支部にて、明石市議会の前議長に対し損害賠償を求める提訴をしました。

原告は遠藤恒司、永井俊作、出雲晶三、北川貴則、中西礼皇の5名です。


主な内容、経緯を記します。


【参加できなかった会議】

① 前議長は、5月1日に発足した新会派(未来市民)を代表者会に招集しなかった
  ①-2 代表者会とは、市議会の要綱に定められた会議、各種需要な議題を協議する。

② 招集されなかった代表者会は5月9日~13日の5日間

③ この間に、以下の事項について協議されることになっていた。

  (1)議長、副議長の選出に関すること
  (2)議会選出の監査委員の選考
  (3)あかしまちづくり特別委員会設置
  (4)特別委員会委員長、副委員長の選出
  (5)市議会活性化推進委員会正副委員長の選出
  (6)財政健全化推進協議会座長、構成員の選出
  (7)議員の全員待機の日時、期間
  (8)明石ケーブルテレビ「海峡のまち明石・議会版」
  (9)代表者会への議会三役(議長、副議長、監査委員2名)候補者名提出日時
  (10)議会運営委員会正副委員長の選出
  (11)各種付属機関構成員の氏名提出期限
  (12)各委員会委員候補者の氏名提出
  (13)あかしまちづくり推進特別委員会委員候補者の氏名提出
  (14)市議会活性化推進委員会委員候補者の氏名提出
  (15)財政健全化推進協議会構成員候補者の氏名提出
  (16)議会改革の提案

【出されない書面】

④ 前議長に対し、代表者会に招集しないという”処分”について、「理由」「処分内容」ともに書面での説明を求めましたが、出されませんでした。
 前議長からは、「書面は出さない」と口頭で返答がありました。

⑤ 5月9日付で、未来市民の遠藤幹事長より、申し入れ書を提出しています

  ⑤-2 内容は、「未来市民の招集を求める」、「招集しない場合の根拠の提示を求める」というもので、5月12日を期限として回答を求めましたが、無視されました


【なぜ司法に解決を求めたか】

⑥ 議長が未来市民を招集しないで開催した代表者会において、他の会派(真誠会、公明党、民主連合、日本共産党明石)にその旨を諮り、了承されています

⑦ 裁判で「会議に出すべきかどうか決めてくれ」と求めることはできないので、この間に奪われた市議会議員としての活動機会について損害を求めています


【まとめ】

・市議会の重要な会議に入れてもらえなかった
・要綱で定められた会派の要件は満たしている
・理由を求めたが十分な説明がなく、書面は出さないとの回答
・その間に議長、副議長など重要な問題が協議された
・我々は、市民に説明することができないでいる
・招集されなかった会派は未来市民、定数30名の議会で6名が所属する会派
・意見が違えど、協議のテーブルに着かせないのはおかしい
・請求金額は一人200万円の5名
・5名の原告は、損害賠償を受け取っても経費を引いた残額を寄付する
・前議長の不法行為を裁判で決着させるには、損害賠償請求という手法しかない


【参考】
・明石市議会の会派構成
会派名(人数)5月16日の本会議で決まった議会三役

真誠会(10名) 議長、副議長
公明党( 6名) 監査委員
未来市民(6名)
民主連合(3名) 
日本共産党明石(3名) 監査委員
スマイル会(1名)
青風会(1名)



市民に選ばれている議員の権利を、同じ議員である議長が奪うことは許されません。
考えが違えども、協議や発言する権利を尊重するのが政治です。
重大な処分にも関わらず、理由を書面で示さないのは異常なことです。

これ以上の横暴を許さないためにも、今回は提訴に踏み切りました。



明石議会議員
中西 礼皇
reo@nakanishrieo.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

レオさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。