2014-06-03 15:54:45

外を知りて内を知る

テーマ:時事問題・ニュース

『第8回 世界青年意識調査』というものを読みました。
http://www8.cao.go.jp/youth/kenkyu/worldyouth8/html/mokuji.html#02-7



探したきっかけは、この記事なのですが、ソースは見つからず

「将来に希望」日本最低=7カ国の若者比較-内閣府調査
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014060300137


日・韓・米・英・仏の18歳~22歳を調査(各国n1000人くらい)
へー、とか
ふーん、とか
ほえー、という感じ。

一例、
〇アメリカは自国の生活水準が高いという認識
 (52.3%が自国の良いところとして回答)
〇日本は携帯でのインターネット接続が突出(PCでネットしない率高い)

いちばん驚いたのが、
「子供は親から経済的に早く独立すべきだ」
 (日88.6%、韓83.7%、仏80.0%、米76.7%、英75.1%


からの逆転


「どんなことをしてでも親を養う」
(英66.0%、米63.5%、仏50.8%、韓35.2%、日28.3%

お互いの道を歩みましょうってこと?

また、
「学校に通う意義」で特色のある回答を見ると
 日本:「友達との友情をはぐくむ」 65.7%(韓41.2%~仏16.3%)
 欧米は「職業的技能を身に付ける(44.5~42.8%)」や
「一般的・基礎的知識の習得(79.1~55.9%)」が多い

「日本人に対するイメージ」(中西脚色つき)
仏→勇敢で進歩的
米→知的で実際的
韓国→横柄で信頼できない
日本→見栄っ張りで平和愛好的
英→知的?よくわからない

とまあ、違いが出るものですね。


違いを知ることは非常に大切です。
日本の価値基準が全てではないし、さらにローカルな常識に囚われては幸せになれる人が「常識人(笑)」しか居なくなります。他の人は不幸か我慢。

常識とは、18歳までにあなたの精神の底に沈殿した偏見の堆積にすぎない」とアインシュタインが述べたそうな。



日本人と違う価値観を知る→知らなかった幸せのカタチを知る→自分の価値観に合うフィールドに行こう→行くのに足りないものがあれば用意しなきゃ→幸せへの地図を手に入れた!




価値観が多様化しているのに、日本のシステムや慣習は古いままです。
時代に合った仕組みが必要です。
時代に合った仕組みを作る人が必要です。
つまり政治家は、若いかどうかでなく、時代に合った政治ができるかどうか。

あっ、自己PRみたいなブログになってる


明石市議会議員
中西 レオ
reo@nakanishireo.com
www.nakanishireo.com/










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

レオさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。