2013-12-12 16:08:42

1食+10円で給食用リフト付けませんか

テーマ:議会奮闘記
中学校給食について質問をしました。

1.食育について計画を作るべきだ
理由:明石市は給食導入の目的に食育を掲げ、栄養担当職員(栄養士)を全校に配置しようとしています。しかし、食育の推進は国の有識者会議でも「総花的になりがち。効果が目に見える指標で示されていない。」と指摘されています。
栄養士が単なる給食費徴収員とならないように、明石市の中学校では食育についてこのラインまでは進めるという計画が必要です。
答弁:明石市食育の指針や、中学校給食基本計画に沿って進める。学校で計画を作る。

再質問:指針や基本計画は理念的なもの。ちょっとしか書いてないし。学校で計画といっても、明石市としての達成ラインが必要。数値目標も必要。
アンケートでは保護者は95%が食育に関心があるが、小学生・中学生は50%前後である。このギャップを埋めることも必要。


2-1.給食費の算定(余裕のある給食費にするべき)
理由:地産地消を進め、中身の良い給食を提供するという明石市の特色を出すならば、給食費の算定について余裕を持った額に設定するべきである。
答弁:保護者負担という面もある。


2-2.給食費の算定(光熱水費等を盛り込むべき)
理由:中学校給食で運搬リフトを設置しない方向と聞いているが、保護者は求めている。
光熱水費は保護者負担と法律にある。明石市は小学校では光熱水費を保護者に求めていないが、中学校では徴収してはどうか。1食あたり10円を8000人の子供に185回/年徴収し、20年で計算すれば約3億円となります。
リフトが無ければ給食実施時に混乱が生じる。また、教室から配膳室まで遠い場合もあり、ただでさえ短い昼食時間がさらに短くなる。時間がないからと急ぐことであらゆるリスクが高まる。
本来は明石市がリフト設置予算を捻出すべきだが、設置しない方針ならば光熱水費で相当額を負担してもらおう。
給食用リフトを全13校に設置する費用はおよそ3億円。これを保護者に提案してはどうか。
答弁:学校給食会等と相談。リフトは課題検討会で審議している。


3-1.給食センターについて(小学校にも配送すべき)
理由:給食センターは1万食規模ですが、導入当初から実数は9千食、5年後には生徒数が2割減少しますので7千食、つまり3割の余力が生じる。
将来的には小学校への配送を考えているのか。
答弁:将来的には不可能ではないが、今は中学校給食の導入に全力なので考えていない。

3-2.給食センターについて(2ヵ所を2者に委託するべき)
理由:3千食と7千食の2ヵ所を設置するが、1者にまとめて委託するメリットもあるがデメリットも大きい。2者に分けて委託するべき。
答弁:検討します。



どうでしょう、明石市がリフトを付けないなら親の負担で3億円捻出するというのは。

リフトのイメージ


明石市議会議員
中西 レオ
reo@nakanishireo.com
www.nakanishireo.com/
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

レオさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:給食用リフト

>p_princeさん
約3億円かかるリフトは、配備されません。

ところが、国からの補助金2.5億円を取り損ねて、約3億円(利子含む)の起債(借金)をすることに。

私は、新たな補助金の可能性があるなら、時期を遅らせても良いと考えます。しかし、市長や一部議員はスケジュール優先の様相です。

1 ■給食用リフト

今時、給食用リフトを設置しないという自治体の姿勢はどうかと思う。
無理な給食導入は、大阪市のような弊害を生みかねない。
だいぶ前の記事なので、どうなったか顛末が気になる。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。