金沢での研修

テーマ:
  1. FBで投稿される研修の様子を見て思う。
    石川県行政書士会では業務指導部が
    会員にとって非常に役立つ研修を連発している。が、
    金沢やその近郊の会員は
    時間的に手軽に参加できるのだが...
    私の場合、その日あえて往復4時間かけて
    利とするものがあるか常に比較衡量しなければ…、ならず、
    最近は、参加判断のハードルを自ら高くしているのに気づく。
    そして懇親会ありの会合なども、交通手段、時間、宿泊先と
    いろいろ考えるのが楽しかった…、のだが
    最近は、考えるのが面倒になってきた。
    欠席にすると考えなくていい。楽チンなのである。
    人は、それを年のせいだとも言う。
    昨年は年末に金沢での講習3時間を10日間こなすという
    大きな決断をしたが、得たものは…、考えまい。
    いろいろな経験をさせてもらった3年目の理事としての責務も、
    今期限りと決めている。
    等々と、独り言のたまう還暦前の閑人であります。
  2. さて今日は週明けに法務局に提出する書類の準備など
    行政書士業務をメインにこなし、
    昼過ぎにはヘルメットをかぶり別邸でリフレッシュ作業!
    さぁがんばるかぁ。
AD

孫たちの運動会

テーマ:

昨日は妻と二人で
孫たちが通う
内灘、大根布小の運動会へでかけた。
敬老席でのんびり座って観戦。ちと寒かった。
さて、孫たち3人の走り競争。
昨年は順位には無頓着だったと思うが
今年はちと違い、1人は2位で満足そうだったが
他2人は走り終えた後、悔し涙を流した…とか。
そっか。それならそれで来年はまた楽しみ。
そして来年からは家から徒歩3分の
新しい白帆台小での運動会となる。楽ちん。
……、
この学校では昼食は保護者と一緒にということで
賑やかに数家族一緒に食事をとる子供達がいる一方
不安そうな顔をして親を探す子供や
校舎の片隅で片親と二人だけで食事する子供達の姿を
結構目にして、なんか寂しさを感じたりする。
個人的には子供達は教室で昼食をとるべきかと。
等々いろいろなことを
ふと想う運動会でした。

AD

この土日にホームセンターから
50mm厚のサブロク板の
発砲スチロールを2枚買ってきて
高さ300mmの英大文字20個を
糸鋸で切り抜き、紙やすりで丁寧に修整し...
全面を4色のペンキで塗加工。
おまけに1000mm×300mmの矢印3本
仕上げて、納期、間に合った。六本木ヒルズへ発送。
※メーカーによって発砲スチロールの質が異なり
同じ50mm厚でも微妙に厚さも異なる。
※赤のペンキは色が浅いので2度塗り必要
など、しっかり覚えておこう。
以上私のお仕事の一部のご紹介とご報告。

AD
古くなった看板を10数年ぶりに新しくした。
実質3日程度の突貫作業っていうか
気の張らない楽ちんなお仕事。
貼りつけもバッチシで満足の出来栄え。
いろいろとコピーの差し替えを考えたが
結局、33年前のままで(というか思いつかなかっただけ)。
25歳の時に立ち上げた仕事の商号…。
あの頃は夢中で走り続けるしかなかった。
その過程でいろいろと世の中の理不尽さを感じ
地域の既得権益ってものに手をつっこみ
よく大きなところと喧嘩したもの。
いつか楽になる時が来ると思い続け踏ん張った日々。
ふり返ると、いろいろあった分岐点。
選んだ道が正しかったかどうかはわからないが
後戻りは出来ない。今ある、この道を進むしかない。
若い頃めちゃ苦しい時、悲壮感を漂わせていた時
心の中で支えとしたのは
あの当時のある宗教番組の
「暗いと不平を言うよりも、すすんであかりをつけましょう」
という言葉だった。
「そやな頑張らなな」って。
「仕事は待ってても来ない。
自分で掴む努力をしろ。
努力もせずに安易に人に頼るな」
勝ち組でもない私が言う、
自ら負け組になろうとしている方
そしてそれを間違ったやり方で手助けをする方たちへ。
バカやろって、ついつい語気を荒げた
昨日の行政書士会の理事会でした。
おしまい。

5回目の星稜大学

テーマ:

昨日5回目の星稜大学に行ってまいりました。
本日覚悟を決めて予備校の解答速報で自己採点。
おいおいもしかして、と、期待したが…
8割には午前3問、午後は4問届かずアウト。
惜しいのか惜しくないのか微妙だが
この3、4問の壁がめちゃめちゃ高い。
例えるなら進撃の巨人のあの壁のように。
しかし、記述式では惨敗なのでアウトは確定。
不登法のボリューウムに途中息切れし
商登法に逃げ、結局両問中途半端なことに。
と敗北の弁。
さぁて、どうすっかな~。
合格者は6回目受験以降が38%で一番多い、
当初決めていた、区切りの50代最後の年
でも、いろいろな意味で
限界を、強く、感じているので
いろいろと心が揺れ動く。
G試験で3回
S試験で5回活躍した鉛筆。
だいぶ短くなったけど、
この鉛筆は、まだまだ十分使える…。
さて、今日(解禁日)からは門前浦上別邸で
集中。集中。集中しての山仕事。
月末には前所有者が墓参りに来るとの連絡があり
やること目白押し。
集中。集中。毎日行こうっと。
楽しみ。楽しみ。
この集中力を勉強に生かせれば楽勝なんやけど。
ハハハ。

石川県行政書士会、成年後見サポートセンター入会前研修
今週の火曜日で6回目の研修が終了した。
今週のテーマは「認知症に対する基本理解」他。
レビー小体型認知症の母親の面倒みる私にとって
なにかと納得できることばかりなのだが。
私のやっていることは、ある意味真逆の行動が多々ある。
母親のため、母親の幸わせのためにどうすべきか。
そりゃわかるげけど…、ね…。
まぁとにかく、あと4回、12時間の研修。
この年末にかけての繁忙期に
それなりの時間をかけての研修受講。
金沢までの移動準備時間は往復で約4時間。
そして研修3時間の1回あたり7時間×10回。
最後の修了考査に落ちたら目もあてられん。
頑張らねば。
おしまい。
 

丹下段平メガネ

テーマ:
只今自作の丹下段平メガネを使用中。
先月30日、右眼の白内障手術をする。
その際、近視も治して
右眼は裸眼で1.2の視力に
左眼は裸眼で0.03の視力。
しかし右眼では近くのものは見えない。
近くのものは今まで使っていたメガネ越しの左眼を使用。
その際、邪魔する右眼のぼんやりを
遮断するために丹下段平メガネを使用。
このアンバランスな状態は月半ばまで続く。
しかし、外のくっきり鮮やかさに驚き
昨晩は部屋の電気の明るさ
テレビの明るさに驚く。
そして、にじまない信号の灯りに感動する。
普段は35年振りのメガネなし生活のスタート。
しかしパソコンの前では丹下段平がしばらく続く。


やっと届いた

テーマ:
そんなに古くもない
息子所有のDELLのパソコンが
うんともすんとも言わない
立ち上がらない。
電源が入らない。
ってなことで、
こちらで引取り、あっちこっち触って
原因は「電源システム」の故障
と適当に推察し
DELLの同機種のをウェブサイトで探し
ようやく見つけて
注文したのは2月25日だった。
金額は7500円。安い。
中国のサイトだった。
カード決済はシンガポールの法人だった。
そして注文品は3月5日に中国の深川から船便で
出荷したようだった。追跡は出来た。
中国からの船便だと
一か月近くかかるとのことだったが
その後何の追加情報もなかったので
多少、焦りも感じてきた頃だったが
4月7日、日本郵便の追跡へのリンクがついたメールを確認。
4月8日、国際交換局から発送
4月10日、川崎東郵便局の国際交換局に到着
4月11日、通関手続中、国際交換局から発送と表示され
そして本日12日午後2時、輪島郵便局に届いたのを確認。
しかし配達はなぜか13日。直ぐに電話して取ってきた。
無事やっと届いた。荷姿は不気味であるが
とにかく良かった。良かった。
別に中国を信頼していないことはなかったが…。
さぁ直ぐに交換してみることに。
もともと「空振り」覚悟ねんけど…。
楽しみ。楽しみ。
しばし「無」の時を楽しむことにしよう。


満面の笑みでご帰宅

テーマ:
昨日は、悪天候が続いていた中
なんと、すがすがしい秋晴れのもと
孫娘の大根布小学校の運動会
に夫婦で仕事を休んで出かけた。

昨年は「げべ」やった走り競争。
直前の練習でも5位か6位。
親からは「1位とったら
欲しいもの買ってあげる」と
プレッシャーを与えられ
「そんなん、いらんし」
「無理なんわかっとって…」と、ブヅフヅ孫娘。

結果は大健闘の3位。
「ただいま~」と満面の笑みでご帰宅。
自分でも驚いたと満足顔。
プログラム3番での出来事に
どんなに楽しい運動会だったことか。

そんなんで
今日はお仕事こなす
雨の日であります。