今日の午後、文化放送の番組「キンキンのサンデー・ラジオ」を聴いていたら、冒頭で突然、「きょうの放送で番組が終わります!」と宣言された。パーソナリティーの愛川欽也さんは番組で、メーンスポンサーが昨年末で撤退し、後継スポンサーが付かなかったことなどが理由だと説明した。

これは他人事ではないのです。私も現在、毎週2本の深夜放送の番組を企画・制作しておりますが、今日現在2本とも3月末で打ち切りの見込みです。100年に1度の大不況で、スポンサーがこことばかりに番組打ち切りを決めています。

メディアのなかではラジオはマイナーですが、テレビも安泰ではありません。4月以降は、タモリさん、みのさん、徳光さんなどの大物司会者のレギュラー番組からの降板、番組打ち切りが相次ぐ予定。

とにかくお金がない。企業の「派遣切り」、「スポーツクラブ切り」に続く「番組切り」が始まりました。

テレビは、お金のかかるドラマが激減し、ドラマの再放送が増えます。机を並べておしゃべり形式のワイドショーやニュースショーが増えます。娯楽は、やはりひな壇形式で答えるクイズ番組、チイ散歩みたいな食べ歩きなど舞台セットがいらないお手軽番組がやたら増えます。

その反動で、スポンサーに関係なくしっかりと作り込める番組のNHKの視聴率がアップします。そして、本当に「地デジ」が必要かという論議が起こります。

不況の影響で長寿番組や名パーソナリティーたちがメディアから消える日は近い。
AD

小泉元首相は罪深い

テーマ:

やはりマスコミが飛びついて、何度も何度”小泉劇場”を週末にかけて見せ付けられた。

私が危惧した通り、最近の郵政民営化の”負の遺産”噴出を、得意のパフォーマンスで、国民とマスコミの関心を本題から逸らした感じだ。

「笑っちゃうよ!」発言を週半ばに仕掛け、報道番組やワイドショーの集中する週末にかけて、マスコミさんあとはよろしくという感じだ。

本人はロシア旅行に旅立ったため、あれ以降の小泉さんのコメントが取れないため、TVはあのシーンを何度も何度も流す。すべて計算済み。

これで自民党に自浄作用があるなんて国民が感じることを期待しているのだろうか。次のない小泉さんは無責任な発言での自爆テロも可能だ。

自民党が大敗すれば、次回選挙で立候補予定の自分の息子の立ち位置がなくなる。息のかかった小池、石原、山本などに恩を売っているのだ。

「小泉に騙されるな!」と、マスコミ、自民党、野党に言いたい。国民は大丈夫だ。

NHKが最近視聴率が上がっているのは、変わらぬトーンで淡々とニュースを伝えているからかもしれない。マスコミの信頼もぶれないことだ。

AD

電機大手の富士通グループは3日、稼働率が低下している国内工場の約5000人の正社員を対象にして、副業を容認したことを明らかにした。
これまでは就業規則でアルバイトなどを禁じてきたが、金融危機で今年1月から国内工場で労働時間を減らして雇用を維持する「ワークシェアリング」を導入しており、これに伴う賃金の減少分を補填(ほてん)するため、例外措置として副業を認めた。
大手企業が社員の副業を認めるのは珍しい。世界同時不況が深刻化する中でこうした動きは今後、産業界全体に広がりそうだ。(産経ニュース)


ついに副業OKの時代の到来です。

しかし、職場に仕事の問い合わせや依頼が来ては本業に支障をきたします。

そこで、インターネット上に事務所を持つということが必要となってきます。

しかもクイックレスポンスで応答してくれる秘書が居れば最高です。

そのために作家サイトがあるのです。


http://www.mediarights.jp/creator_bs/


お問い合わせお待ちしております。


AD