政治家たちは、なぜ本当のことをいわないのだろうか。


地方の人たちは、東国原知事がいうほど道路が欲しいのではない。

欲しいのは、その道を作るための作業(仕事)である。

地方は、働きたくても働くな場所がないのだ。東京では不法就労の外国人さえ皿洗いや清掃などの仕事があるが、地方には皿洗いの仕事さえないのだ。

何もしないで税金をばらまくわけにはいかないので、力仕事といわれるあまり技術を必要としない土木作業を働く場として提供しているのに過ぎないのだ。

農業しかやって来なかったのに、農業で生計が立てられない。定期収入が期待される職場もない。技術を持たなければ、地元の土建業者が請け負った公共事業に従事するしかないのだ。農業だけではない漁業もそうだ。

丘に上がれば路頭に迷う。

道路建設や公共事業は対処療法にしかならない。根本的な解決策にはならない。

地方の人たちが安心して働ける雇用の場を考える時代に来ているのがまだわかっていない。


もっと地方の現状を知るべきである。

AD

聖火リレー

テーマ:

聖火リレーがこの週末に日本、韓国と実施された。多少の小競り合いは予想された範囲だが、驚いたのは各国にいる中国人の数の多さと団結心だ。


何本もの赤いフラッグ(旗)が風になびく光景は、埼玉スタジアムで見慣れている私でも、浦和レッズのサポータも驚く、「チャーヨー、チョンゴー」の大合唱、一丸となった中国人パワーには恐れさえ感じる。


中国人留学生であの数だとすれば、渋谷、新宿、池袋のお姉さんやお兄さんも含めるとかなりの中国人が日本に来ていることがわかる。


国力(経済力)が向上すると、国民の自信もついてくる。
オリンピックをきっかけに中国人の発言力は以前にまして大きくなり、力となって現われてくることが予想される。


今回の聖火リレーでわかったことは、オリンピック本番は、42.195キロのマラソンコースを守るために、蟻の一穴も許さない人民軍による万里の長城を築かなくてはレースは実施できないということだ。

AD

燎原の火

テーマ:
燃え広がって野原を焼くことから、物事の勢いが強くて防ぎようがないことのたとえをいう。

この言葉を台湾に留学中に知った。当時、燎原会という中国語を学ぶ大学生のサークルがあった。この言葉を聞くと瞼に浮かぶのが、奈良の若草山焼行事だ。

古都奈良の新年を飾る炎の祭典として、親しまれている。
冬の夜空を美しく彩る打ち上げ花火の後、山肌に点火された火が約33ヘクタールの全山に回り、古都の夜空に山全体が浮かび上がる情景はまさに壮観といえる。

今、季節外れの山焼きが始まった。ローマで点いた種火がイギリスで燃え上がった。そして今夜フランスに飛び火した。これから今年の8月まで世界中に人権の火をつけて走り回る。

みんな北京オリンピックが8月には開催されると信じているが、燎原の火を侮ってはいけない。

不要家族!

テーマ:
「年寄りは死ね!」と言わんばかりの「後期高齢者医療制度」。数の力と人気取りのパフォーマンスでまともな審議も尽くさないで法案を通したのは、いまだ人気のある小泉純一郎元首相と猪口邦子衆議院議員、片山さつき衆議院議員をはじめとする小泉チルドレン一座だ。

福田首相は制度の名前の“後期高齢者”を“長寿”に変更するくらいのアイデアくらいしか浮かばない(気の毒な方だ)。
対象者(被保険者)は、75歳以上の方と、65歳以上75歳未満で一定程度の障害の状態にあると広域連合の認定を受けた方(認定を受けた日から)。75歳以上と身体障害者の高齢者は一緒にされてしまった。
この制度で、あのメチャクチャな年金制度で支払われるわずかな年金から毎月7千円前後(地方公共団体によって違う)天引きされる。この天引きが取れない対象者には保険証が配布されなく、個人負担になる。(病気になったら不法就労の外国人と同じ扱いだ。)
こんな政治を許していいのだろか。家族の扶養家族でなくなる75歳以上のおじいさん、おばあさんは本当に不要家族になってしまった。
しっかり覚えとくからな、小泉純一郎。
巨大赤字の株式会社新銀行東京の400億円の出資問題で、「民間に任せたから失敗した・・・」とのたまう石原都知事。

暴言が中国やアメリカに向いているときは面白がって見ていたが、それも疑わしくなった。
やはりあの発言は犬の遠吠えか。

都民やマスコミの追及の矛先を変えるつもりなのか、今度は話題の“暫定税率”で「独自課税も考える」発言。

都自らが税財源確保のために揮発油税などについて、法定外普通税として課税することを考えているらしい。

しかし、知事自身が言っているように全国の知事が足並みをそろえることが前提条件だ。

東京だけが課税すれば、隣接するガソリン安売り激戦地区の埼玉へ給油を求めて都内のクルマは走るだけだ。

金持ちケンカせずの東京都民のみなさんもそろそろ目を覚ましてはどうだろう。

嫌宮崎

テーマ:
宮崎県がうざい。
県自体には何の恨みもない。それどころか親友の遠山君は、現在、宮崎で「とおくら」という食品工場を経営している。
原因は、”東国原知事”。
マスコミに出過ぎ。地方自治体は、宮崎県だけなのか。
もういい、朝から晩までバラエティーから報道番組までとにかく出過ぎ。
知事の仕事はそんなに暇なのか。
最近、露出が多すぎて鼻に付くのは私だけ。

値下げガソリンで大混乱

テーマ:
4月1日からガソリンの値段が下がると混乱が起きるとさんざん騒ぎまくった政府与党の自民とマスコミ。とくに民放テレビ。
混乱なんか起こりましたか? 安いガソリンを買い求めて行列が出来るのが混乱であるなら、行列ができるラーメン店は、いつも混乱が起こっている。
ガソリンスタンドの店長に無理やり、カメラを向けて大変さを煽るコメントをいわせる。「まだ、高いガソリンが残っているので今月は、60万円の損失です」。「60万円で全国放送のCMが打てればやすい」という店長に。無理やりマイナスコメントを求める。
高いガソリンを売り切っていないで、安く売るのはお店の自由。どこよりも早く安いガソリンを販売する店長は、こことばかりに顧客確保に動いていた。
行列待ちの客たちに、お店のカード申し込み書を書かせてさせて、チャッカリ新規のお客さんを集めていたのだ。
マスコミを信用しない店長にとって、4月1日は千載一遇のチャンスだった。
テレビの報道局はストーリーを創作し過ぎだ。