今やテレビは、パソコンのメイン機能の一つとなりました。テレビパソコンは、視聴や録画ができて、パーソナルな“HDDレコーダー付きテレビ”として使える便利さがうけています。最近、発売されたオリンパスラジオサーバー(「Radio Server VJ-10」)は、2500時間、20番組をHDDレコーダーに録音できて、同社のボイストレック(ICレコーダー)に移せば、外で聴くこともできる優れものです。ラジオのハードディスクは盲点でした。ありそうでなかったのですが、あればかなり便利です。

テレビもラジオもデジタル放送になると、今まで放送局が独占的に使用していたメディアではなくなるということです。私の予想では、2011年には、放送局の番組をテレビやラジオをリアルタイムに見たり聴いたりする割合は2割程度になると思います。あとは、ネットからのコンテンツが5割、HDDレコーダーからが3割くらいとなり、テレビ局やラジオ局は、現在の広告モデルでは成立しない時代に突入するかもしれません。



【ラジオサーバー】

http://olympus-imaging.jp/radioserver/vj10/

【ボイスとレック】

http://olympus-imaging.jp/voicetrek/v50/




AD

選民意識の強い石原都知事が、都知事選に出馬宣言した前宮城県知事の浅野史郎氏に、「東京向きじゃない」というようなコメントをした。

石原氏が、「江戸っ子」を標榜するなら台東区、江戸川区や江東区の下町に住居構えてからいって欲しい。

私は新入社員頃、言葉の訛りがひどくて営業先の店長に田舎者とバカにされたことがあった。

後に店長と仲良くなり、店長自身も北海道の北見の出身とわかったとき、店長が話した「東京は、田舎者の集まりさ」という言葉が耳に残っている。

仕事仲間の私のまわりにも、3代前から東京出身者を見つけるのが難しい。

東京ってそんなにすごいところ!?

差別発言や選民意識が言葉の端々で感じられる人は、人間としてどうかと思う。

AD