宮崎県の東国原英夫知事がニッポン放送「オールナイトニッポン」(深夜1・0)でパーソナリティーを務めることを聞きました。宮崎県のセールスマンから、宮崎県、いや地方政治のスポークスマンになるということでしょうか。
長野県知事をつとめた田中康夫さんもTBSラジオの「アクセス」のレギュラーをもっていたとき、県議会の開催で地元を離れられないときには、長野放送でマイクに向かい、東京のTBSで放送していましたから、それを毎回、地元宮崎のラジオ局から発信するということでしょう。
今回の試みは、2011年にスタートするデジタル放送のその後を予感させる出来事であると私は捉えています。
現在でも全国に200以上のコミュニティFM局が開設され、地元密着、地元からの発信という社会的な使命を掲げて努力されています。しかし、現状は民間放送であるため経営的に厳しく
首都圏の巨大メディアと比較することはできません。
今回の東国原英夫知事が、ニッポン放送の深夜放送の看板番組「オールナイトニッポン」(深夜1・0)でパーソナリティーを務めることは、東京でなくても発信力(聞く価値がある)パーソナりティがやる番組であれば、どこの放送局というのは、意味がなくなるということの証明です。さらにインターネットでも流せば、いつでもどこでも聴けますから、いつという時間の拘束もなくなります。
つまり最後は人、究極のコンテンツは「人」ということです。私は、注目度の高いキー・パーソンをパーソナリティに抜擢し、廉価な地方局のラジオ深夜枠を買い取り、第二の東国原知事のようなパーソナリティーの誕生を真剣にやってみようかと考えています。
AD

今日は、”メディア草の根運動”のPRです!


根っこ会のメンバーの松本隆博さんの「尼崎のオカン♪」聴いて見てください!


http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0029484/


【私の制作する草の根運動の番組】
■ラジオ関西558kHz「さくらのブロラジ」
 《著名ブロガーが毎週続々登場!》
http://blog.sblo.jp/index.html


■ミュージックバード(TOKYO FM)コミュニティチャンネル「ななえのキラキラサタデー」

《土曜の朝の知的エンターテイメント!》http://kirasat.exblog.jp/



AD