まず、なぜパチンコ店の景品交換所で現金と替えることができるかを復習しましょう。

特殊景品(主にライターの石やコイン入りのカードなどと交換した後、店外の景品交換所で現金と替えることができるが、パチンコ店が景品交換所を経営することは禁じられている。これは、パチンコはギャンブルではないという建前からである。ギャンブルではないという建前の為にパチンコ業界は三店方式と呼ばれる方式を採用している。

■ホールは客の出玉を特殊景品と交換する。

■客は特殊景品を景品交換所に持っていき現金と交換する。(この時、当該パチンコ店の景品でない特殊景品を交換しようとすると何故か詐欺罪になる恐れもある。また、景品交換所を営業する者は各都道府県の公安委員会に古物商の許可申請手続を行わなければならない。)

■景品問屋が景品交換所から特殊景品を買い取り、ホールに卸す。

このホール、景品交換所、景品問屋の三店がまったく違う経営主体という建前のもと、パチンコ業界は違法性を逃れている。

現在、風俗系エステ店がこの“三店方式”に似た形態をとっている。度重なる風営法の改正や東京都条例の締め付けで風俗店は進化し続ける。現在、風俗店を開業することはかなり困難である。また、法律改正で違法エステとなったお店が摘発されれば、お店のオーナーや従業員ばかりか客まで恥ずかしい取調べを受けることになる。店を追われた業者は、ホームページにバーチャナルな店を開店。すべて電話かネット予約。「アクセス」をクリックすると最寄の駅の地図と電話番号しかない。たとえば、「○○エリアにあります」というような感じ。とりあえず電話をすると、店まで電話でナビゲートしてくれる(ケイタイのおかげ)。着いたところは、雑居ビルの四畳半スペースの事務所。そこには女性はいない。電話番の男が一人。説明によると、施術の場所は近くのラブホテルで、そこに女性があとからやって来るということ。事務所でお金を支払い、あとラブホテルで休憩代を払えばそれ以外は一切支払いはない。この関係は、新たな“三店方式”を生み出している。どうやら事務所はエステ業者の管理下にあるようだが、一つの事務所が、自分のところだけでなく旅行代理店のように多くのエステ業者とラブホテルをつなぐ代理業を行なえば必ず儲かる。しかし、怖いのは個人でホームページを開設し、代理店と契約して仕事をする人が増える可能性が高い。店舗の場合は、そこに行けば衛生指導ができたが、法律の締め付けによって衛生管理の指導ができなくなった。エイズなどの病気の危険性が高まる。法律がまったく追いつかない。現在の風営法では住宅地には風俗店はつくれないが、○○興行の保養所という内容で、世田谷の一等地に戸建のエステ店を開業すれば、保健所の管轄になり、警察署ではなくなる。この業界は、ITビジネス以上に日進月歩のアイデアが生まれては消えて生きく。生成発展(?)。最後に、この内容は先日、池袋のある方から伺ったある方の貴重なご体験。

AD

新入社員が会社に入社すると、サラリーマン家庭のご子息と比べて商売人家庭のご子息のほうが仕事ができるようによく聞きます。また、サラリーマン社長のインタビューのコメントやビジネス書の帯コピーなどでは、商売人の家庭環境を高く評価するような内容を多く目にします。


「もともと私自身が船場商人の息子だったから、ビジネス、というか商売気質の地盤はもともと血の中に根付いていたんでしょうね」


「元々商売人の息子であり、サラリーマンだった。まず採算性、収支のことを考えた」


「商売人の息子はただ言われたことを言われた通りにやってたんじゃいけない。言われたことの一歩も二歩も先を考えて行動する。こうでなくちゃいけない」


「生粋の商売人の家庭で波瀾万丈に育った著者が、生来の感受性の鋭さと商才と前向きな性格で、数々の企業を再建していくドキュメント」


このことに関連して、新人にとって仕事ができるというのは、能力の問題ではなく、“仕事がイメージできる”という創造力の問題であると強く感じます。

単純なところでは、接客や電話での応対は決定的です。子どもの頃から両親の応対を見ていた人は、接客がイメージが知らず知らずのうちにできていたのです。

企業が新規事業などで、新会社をつくった場合、すべてにおいてイメージ有りきでなくては仕事はできません。親会社では、会社に行けば仕事がありました。詳しくは用意された仕事があったのです。新会社では、待っていても仕事はありません。受身の人が過半数を占めるような新会社では、自分の給料分すら稼ぎ出せないで、みるみるあいだに資本金を食いつぶしていくだけです。

お金を生み出すためには、仕事をイメージすることができなくてはなりません。イメージできてはじめてプランがつくれます。いわゆるプラン・ドゥ・チェックの流れが生まれてくるのです。

仕事のイメージは、入社してからでも数々の経験を積むことによって容易につくれます。そのためにも社員の自主独立の精神や創造性は大切です。

社員だけではありません。起業家や経営トップに仕事に対するイメージが有るか無いかで、その企業の将来が占えます。事業イメージの無い社長の売上目標は、社員を疲弊させる単なる過酷なノルマに過ぎないのです。

明日の仕事がイメージできない人は、人の上に立つより、人に使われるほうが幸せかもしれません。大企業へ就職することをお勧めします。

AD

1月からスタートする全国のコミュニティFM向けの番組「ななえのキラキラサタデー」(ミュージックバード)の1コーナーである「できる人の本棚」で、毎日、有名人のお宅へ突撃取材で東奔西走しています。


※「できるひとの本棚」(各界の有名人の書斎の本棚の前で、おススメの一冊を訪問インタビュー)


本棚はその人の頭の中身や仕事の仕方を覗くようで楽しみです。ラジオでは言葉で説明しますが、実際に見たい方は、新刊案内のWebサイトで見ていただく予定です。

来年は、毎週、有名人のお宅を訪問します。
これの仕事は正直言って、タダでもやりたい編集者冥利に尽きる取材です。

AD

昨日、東京・市ヶ谷の駅前にある出版社、WAVE出版で作家の山川健一先生の「ブログをめぐる講演会」(WAVE出版主催)が夕方の6時30分から開催されました。30名弱という小さな会でしたが、年末の超多忙な時期にも関わらず編集者や出版社の経営者、プロのミュージシャンや漫画家の方々などが集まりました。著者と読者が学校の教室のような空間で1冊の書籍の発刊をめぐって、熱く語るとても充実したひとときでした。
今後は、Webのギャザリングの仕組みを活用して、ある作家の読者が直接作家からお話を伺いたい、質問したいという人が30人集まったら、昨日のようなミニ講演会を実施しようと思います。場所は、WAVE出版に専用のスペースを設けました。読者による作家を共同購入するギャザリングです。

WAVE出版では、来年から毎週1回、作家のギャザリングを行ないます。

乞う御期待!


【山川健一先生のブログ】http://ameblo.jp/yamaken/

国民より企業が先。

企業減税して国民経済が元気になると思っている政治家が多いらしい。

政界二世議員や世襲のバカ殿政治家に言ってもわからないだろ。

企業をじっぱひとからげに捉えてはいけない。

企業減税するなら、中小零細企業に厚くやるべきである。

上場企業の減税分は、社員の給料にはまわらないで、企業収益に貢献し株主たちの懐に入る。

企業収益が良化しても社員に実感がないのは、企業が利益を社員に分配させるしくみを失ってしまったからだ。

そのしくみとは、終身雇用や年功序列といった長期にわたって労使が企業目標を追いかけるしくみだ。

2、3年で職場を去る新入社員や、固定給の契約社員が大量に働くようになったおかげで企業の人件費は増えなくなった。

さらに現在審議されているが、”残業代は支払わない”となればなおさらだ。

松坂大輔の今回のレッドソックスとの交渉で時間がかかった理由は、契約年数であったようだ。

実力の安定した選手が長期的に活躍してくれれば球団は安泰だ。

安倍首相の経済政策では、株主(金持ち)優遇の社会に急激に移行する。

金持ちはますます金持ちに、貧乏人はますます貧乏になり、中途半端な中流意識の日本人はいなくなり、外国から見れば金持ちばかりが目立つ”美しい国 日本”となる。



複雑系のラジオ!

テーマ:

昨日、来年の事業目標を立ってました。

小さなパーソナルメディアである地方のAMラジオ局の番組枠を買い取り、来年の9月末までに10本近く立ち上げて、分散化した多様メディアに、出演者との我々だけで設定した著作権の番組(コンテンツ)を流通させていきます(現在3本)。

外から見れば、バーター・シンジケーションのカタチをとりますが、内から見れば、独自に作り出したネットワーク網の中でゲスト出演者(究極のコンテンツ)を流通させます(テレビ局がよくやるプロモーションのための番組のハシゴ)。

パーソナルメディアにはリッチコンテンツを無料提供します。

ネットワークは、コミュニティFM(現在全国約200局)で行います(現在、30局ネットワーク)。

従来のCM(広告)のカタチはやりません。

プロモーション、あるいはマーチャンダイジングによる収益構造を考えています。
是非、コミュニティ局のみなさん、一緒にパワーを形成しましょう。

PHP研究所、書籍情報のラジオ番組
「ななえのキラキラサタデー」を2007年1月より放送開始

去る11月3日、創設60周年を迎えたPHP研究所(東京本部:東京都千代田区 代表取締役社長:江口克彦)は、iモード向け電子書籍サイト「PHPできる人の本棚」に続くクロスメディア戦略の第二弾として、2007年1月より書籍情報番組「ななえのキラキラサタデー」の番組提供を開始します。
衛星デジタルラジオのミュージックバード(TOKYO FMグループ)により全国のコミュニティ放送30局をネットして、毎週土曜日の11時から13時の2時間、対談、朗読、音楽の休日の遅い朝の知的エンターテイメント番組を提供します。
「ななえのキラキラサタデー」は、作家や業界関係者にゲスト出演いただき、書籍の出会いを楽しめる場を幅広い読者に提供することを目的としております。番組放送後は、大手ナショナルチェーンの書店のホームページや新刊情報サイトに番組コンテンツを提供し、音声サービスとして書籍の販売促進に活用されます。

【番組企画の概要】

■放送概要 
《放送日時》 毎週土曜日 AM 11:00 ~ 13:00 (120分)
《放送チャンネル》 全国コミュニティ放送30局
《出演者》
○番組パーソナリティ(古寺ななえ)
○番組レポーター(五十川藍子)
○番組ゲスト(作家・執筆者)
《放送開始》 2007年1月6日(土)スタート

■体制
《番組提供》PHP研究所  《企画》メディアライツ  《制作》ミュージックバード

■番組内容
「もうひとつのあとがき」(作家に本の誕生秘話や舞台裏などのお話を直接伺う)
「できるひとの本棚」(各界の有名人の書斎でおススメの一冊を訪問インタビュー)
「ななえの斜め読み」(古寺ななえさんが話題の書籍を数冊ピックアップして紹介)
「こころに残ることば」(月刊誌「PHP」の連載を朗読) 他

駅の近くで手配りで有名な、リクルートが発行している無料クーポンマガジン『ホットペッパーHot Pepper)』。全国で地域別に発行されております。クーポンの内容は飲食店が中心ですが、最近では、美容系、カルチャー系なども含まれています。とにかく分厚い。歩いているといつも胸元にさしだされるのですが、受け取るとかさばる感じがするのでなかなか手が伸びません。それは私だけではないようです。ところが積極的に手に入れる人に先日お会いしました。利用目的は“鍋しき”に使うのではありませんでした。その方は、実はフリーペーパーの編集長。彼のフリペーパーは10万部発行で、ビジネスホテルでフロントが宿泊客に手渡ししています。彼のフリーペーパーは、飲食店のページは見開き2ページのみ。そのスペースの中で8店舗のみ紹介して、広告料金をいただくPRページです。彼の編集部では『ホットペッパー』の中からビジネスマン向けのリーゾナブルなお店を8店選んで、広告を出してもらっているそうです。その際のお店へのセールストークは、「何百店の中から1店を選ぶより、8店の中から1店が選ばれるほうが選ばれる確立が高く、しかも絞り込まれた読者に手渡し。同じ広告料金ならどちらの媒体を選びますか?」だそうです。編集部でもグルメ情報を得るために、飲食店へ接足を運んだりしなくて『ホットペッパー』でOKの時代です。

昨日、「TOKYO FMメディアプレゼンテーション2006」に参加してきました。
今回のテーマは「クロスメディア戦略」でした。
デジタル化の波に表れるメディア業界(放送・新聞・出版)は、インターネット(通信)を無視できない状況になり、放送業界は「放送2.0」、新聞業界は「新聞2.0」、出版業界は「出版2.0」のステージへの移動を余儀なくされている状況にあります。
3年前に、「クロスメディア戦略」を凸版印刷が発表して以来、様々な業界でこの言葉を耳にします。
この動きは以前の超・印刷とか脱・本業宣言ではなく、市場の変化に対応するために自分たちのビジネス領域を切り崩しながらも、積極的にWebを取り入れなければ生き残れないという恐怖感に近いものを感じます。
したがって、お好み焼きを連想させるメディアミックスよりクロスメディアは緊張感があり、2011年の地上デジタル放送に向けてヒートアップしていくでしょう。
ホリエモンなどのIT企業の経営者が口にした放送と通信の「融合」の中身は、実はクロスメディア戦略のことであったのです。
昨日のプレゼンは、私の感じでは「放送1.5」といった感じでした。
期待してますTFM。