今年の6月からラジオ関西の深夜番組「さくらのブロラジ」(http://blog.sblo.jp/index.html )をプロデュースしています。番組提供は、低価格のレンタルサーバーのホスティングサービスで有名なさくらインターネット(http://www.sakura.ne.jp/ )です。この番組の特長は、「Web2.0」対応番組ということです。


ネット広告の売上げがラジオ広告を数年前に抜き去り、広告収入の現状維持を図るため流しっぱなしであったフローなラジオ番組が、Webでも放送後に聴くことができることをスポンサーにアピールするため、放送局と代理店は放送と通信の広告抱き合わせ戦略に出ました。

今や、AM、FM、短波の各民放ラジオ局がこぞってポッドキャストに参入しています。もちろんその先には、デジタル時代の新しい事業モデルの構築を考えているのでしょうが、これはラジオ局という企業にとって自らの存在を否定する命取りの作戦といえます。


ラジオの番組制作は、いたって簡単で、民放各局を出入りしているフリーアルバイトのミキサーでスタジオ機材は十分動かせますから、フリーアナウンサーもしくはパソーナリティーとゲスト出演者が揃えば、たいていのことはできてしまいます。レンタルスタジオは都内のいたるところにあり、別に放送局でなくても大丈夫です。


今後、ポッドキャスティングやブログのさらなる普及拡大によって、


ラジオ局は、新社屋に移転したからラジオの聴取者が増える時代は終わりました。秋葉原電気街最大売り場面積のヨドバシカメラに足を運んで、トランジスタラジオの売り場を見てくるとその実感が湧いてきます。トランジスタラジオの売り場のスペースは、子どもの勉強机の広さしかありません。ラジオ局には、家電メーカとの連携や団塊世代のリスナーの取り込みなどまだまだいろいろやることはあります。


「さくらのブロラジ」のような番組スポンサーになられることをご希望の企業様は、是非ご一報いただければ、通常の番組制作費および電波料の10分の1で制作いたします。この仕組みを「ブロラジ」というセット商品として商標登録して売り出したいと思います。







静止画像や多少のフラッシュを使ったホームページに飽きてしまった企業などの非メディアが、音声発信型の新しいホームページとしてラジオ番組づくりに参入してくることはまちがいありません(http://www.sophiabank.co.jp/ )。メルマガは、送ることができても開かなければ終わりです。ポッドキャスティングは一度登録しておけば、番組の更新と同時に自動的に更新されます。また、テキストのコンテンツに比べると音声のコンテンツのほうが制作が楽で費用もかかりません。
AD

7月下旬にWAVE出版から『親がこに語る「働く」ことの意味』(鳥居徹也著)という子どもを持つ40代前後の父親を読者対象とした本が出版される。

この中に、「自分さがしをしてはいけない」という一節がある。

結論からいうと、ある環境に自分を置いてみてはじめて自分が何に向いているか分かるということだ。

『下流社会』の著者・三浦展さんは、別の本で「自分をさがしをしないで仕事をさがせ!」と説いている。

大卒フリーターのほとんどが、卒業しても定職や正社員にならないで、この「自分さがしの旅」に出かけてしまう。
孤高の天才を気取る中田英寿の第二の人生は前途洋々だろうが、カリスマにはカリスマの責任があるはずだ。
かれの発した「自分さがしの旅に出たい・・・」という一言が、思考能力のないテレビマスコミによって増幅され一人歩きをはじめたときの怖さを感じる。

「自分さがしの旅」が今年の流行語大賞などになったらフリーターが倍増することまちがいない。

AD

先日、私のお仕事であるラジオ番組『さくらのブロラジ』の番組オフィシャルサイトができました。

ラジオ関西の深夜放送が、放送後に世界各国でWebとポッドキャスティングにより番組が聴けるようになったので、100名近い知人に以下のアドレスを付け、番組サイトのパーソナリティーの水谷さくらさんのブログにコメントを下さいとメールを送ったところ、何を勘違いしたのか、返信で私のアドレスにコメントが山のように返ってきました。「お疲れ様です。さて、お送りいただいたものを仕事とはいえ、会社でみるのは勇気がいりますね。(自宅でも同じことですが」「相変わらずキャパ広いですね」「”ラジオ番組をPCで聴く”は初体験、です。再生スイッチをば、ポと。。。 番組の、リラックスした”なごみ”の雰囲気(^^ に、ホっ♪。ラジオの”ながら”感と、ブログの”サークル”感、相性が良いのやもしれませんですね」みなさんありがとうございます。これからでも結構です。オフィシャルサイトをよろしくお願いします。

http://radi.sblo.jp/

AD

先月、二大大手取次店の2006年上半期ベストセラーの総合売上ランキングが発表された。

この品目では、業界はかなり深刻といえる。トーハンでいえば、1位は毎度毎度のお約束の高額商品。2位、5位、8位は1000円以下の新書本。4位は巨大組織による一括購入の本。3位、9位は買っても読まない人たちが購入する本。6位、10位は団塊世代向け出版企画といった感じ。それももう何ヶ月もおなじみの面子。

最近、週末の全国紙の書籍広告のスペースが埋らなくて、新聞広告の値崩れが起こっているという噂を耳にする。

出版業界紙『新文化』の社長・丸島基和紙が、46歳のトーハン新社長就任に際して、コラムで以下のような一文を寄せている。

(前略)しかし、いま見るべきは書店に足を運ぶ読者で、今日、来店してくれるお客さんを1人でも多く誘導する手だてを考えたい。お客さんには取次会社の存在は関係ない。業界人は業界の中でなく、外に目を向けていてほしい。と、いって気になるのはやはり、取次会社の動きなのだ。それが出版界のなんとも言えないところなのである。

もうかなりヤバイ業界になりつつあります。


■2006年トーハン上半期ベストセラー(05年12月~06年5月集計)

1位『ハリー・ポッターと謎のプリンス(上下)』

2位『国家の品格』

3位『東京タワー』

4位『新・人間革命15』

5位『人は見た目が9割』

6位『えんぴつで奥の細道』

7位『おいでよどうぶつの森 かんぺきガイドブック』

8位『超バカの壁』

9位『生協の白石さん』

10位『病気にならない生き方』


■2006年日販上半期ベストセラー(05年12月1日~06年5月31日集計)


1位『ハリー・ポッターと謎のプリンス(上下)』

2位『国家の品格』

3位『東京タワー』

4位『新・人間革命15』

5位『人は見た目が9割』

6位『えんぴつで奥の細道』

7位『超バカの壁』

8位『生協の白石さん』

9位『病気にならない生き方』

10位『おいでよどうぶつの森 かんぺきガイドブック』