やられたね。

今日は朝一番、免許証の更新で浦和警察署に行き、整理番号NO.1をゲットしたはずだった。

8時半になり若い舌足らずのお姉さんが書類のチェック、それが終わると隣のおばさんのバカ丁寧な口調に乗せられ安全協会費5年間分払う。更新料と合わせて4800円なり。

そして最後にオヤジ警官のやる気のない視力の検査で終わるはずだった。

オヤジ曰く、「合格ですが、1年まえに交通違反で切符を切られているので、今日の講習は2時間かかります」。

写真を撮ってから第1回目の講習。これで終われば30分で終わるはずだった。

1回目が修了すると、優良ドライバーは番号を読み上げられ、次々と新しい免許証を受け取って帰って行った。

残された私を含めた5人は、同じものあと2回受け、さらに15分間のビデオ見なければならない。

次の受講者が入ってくるまで5人は一番前の列に集められた。

罪人扱いだ。もうその時点で私はかなり頭にきていた。

一年前、埼玉県蓮田市の梨園脇の農道から県道に出る際に一時停止をおこたった、というのが警察の見解。

いわゆるネズミ捕りにかかったのだ。当時のパトカーの警官は糞丁寧に、「ゴールド免許で、初犯なのでこれから3ヶ月無違反なら消えますから」と確かにいった。

まるで、こちらが恐縮してしまうくらいやさしかった。

もうすっかり忘れていた。

すぐに罰金も納め、その後、無事故・無違反で来ていたのに、更新時に思いっきりいけずをして困らせようとしている。

隣の兄ちゃんが声をかけてきた。

「何やったの・・・」大きなお世話だ。

「オレは30キロオーバーのスピード違反」。

その男の横のヤンキーは、信号無視。隣の茶髪の姉ちゃんは駐車違反とみんな確信犯だ。

結局、開放されたときは10時半をまわっていた。

ふてくされた免許証の写真はまるで前科者だ。

免許証は、ゴールドのラインから安っぽいブルーのラインに変わっていた。

なんで免許を取ってから一度もハンドルを手にしていない私の妻がゴールドで、20数年間にたった一回だけ一時停止をおこたった私がブルーなのだ。

AD

鳥取県の飯の種!

テーマ:

田舎に帰っていつも感じるのは、特産品や銘菓といっても「観光地名」+(最中、饅頭、煎餅、餅、団子、サブレあるいは蕎麦、うどん)という組み合わせに過ぎない。「○○へ行ってきました」という証拠にはいいでしょうが、「△△が食べたくて○○へ行きたい」という動機にはなかなかならない。

先日、mixiの鳥取のコミュニティーに旅行に行く人がお土産を訊ねていました。みんな饅頭や団子などを勧めていました。読んでいるうちにそんなに美味しいかなかあ、食べたいかなという疑問が湧いてきました。

もっと身近で、美味しいものがたくさんあるのです。地元から離れて東京から見るとまた異なったカタチで楽しめることを知りました。

先日、赤坂東急のホテルに入っているお店ジパングで、お酒を楽しんだ後に1500円のお茶漬けをいただきました。その名は、「へしこ茶漬け」。へしことは、魚をぬか漬けした日本海側の保存食です。茶漬けのへしこは鯖で、薄く4枚の切り身がご飯の上にのっていました。鳥取では、いつでも魚屋さんやスーパーで簡単に手に入ります。

また、二子玉川(ふたごたまがわ)にある天ぷら屋さんの「鮎ラーメン」。これも絶品。鮎は「香魚」書くだけあって、焼きたての鮎を京都の「にしんそば」のように載せれば味も香も絶品です。このラーメンを市内を流れる流し雛で有名な千代川(せんだいがわ)の天然鮎で食べてみたい。

また、鳥取県はちくわの消費量は日本一。トビウオでつくる「あごちくわ」や豆腐でつくる「豆腐ちくわ」は特に有名。ちくわの燻製にチャレンジして欲しい。松葉ガニのハサミの部分を燻製にした「かにくん」は有名。美味しいに加えて、香がいい、日持ちがいい。東京では、牛乳や卵などの生鮮食品は、一人暮らし向けに小分けサイズになっている。いまは地方でも一人暮らしの高齢者が増え、「日持ちがいいこと」が大きなポイント。

ちなみに私はいつも帰省すると必ずアベ鳥取堂の「元祖かに寿し」(920円)を鳥取駅で買い込んで鳥取土産にしています。あ~あ、観光大使しちゃった。

AD

先日、木村政雄さんにお会いしたとき、名刺を2枚目の前に置かれた。初対面でもないのに、あれ? なんと一枚は「和歌山県観光大使」、もう一枚は「鮎ラーメン名誉広報」の名刺であった。

「和歌山県観光大使」の名刺の半分には、観光地のカラー写真が印刷されていた。さらにポケットから名刺を取り出し、異なる写真の名刺を20枚近く見せていただいた。まるで永谷園のお茶づけにおまけで入っていた東海道五十三次のシリーズのようだ。

鮎ラーメン名誉広報」は、和紙に筆文字で鮎ラーメンという文字がシンプルに書いてある。木村さんがラジオで鮎ラーメンを紹介したところ、行きつけの天ぷら屋さんが送ってこられたという。
 木村さんのような方は、社会的に影響力のある方に日々お会いになられる。その都度、自分の名刺交換の際に配られる。これは、新手の人間フェリエイトです。

そんなことに関心していたら、人間アフェリエイトを事業化した青年社長が私の前に現われた。昨日、携帯電話でのコンテンツ配信サービスの広告宣伝で、代理店を大手家電メーカーの方が弊社にお連れするということでお待ちしていた。内心は、どうせ電通か博報堂のようなところだろうと思っていたら、ところが真逆の人でした。EQS(イクス株式会社)代表取締役社長の市野明宏さん。人は見た目で判断してはいけないと教えられてきましたが、ルックスは吉本新喜劇のMr.オクレが20歳若返り、飛び込みセールスでやってくるダスキンの代理店の新入社員といった感じでした。大丈夫かなあ・・・。

しかし、3分でその心配は消え去りました。やっていることは携帯電話でオーダーを受け、無料で名刺を作ってくれて郵送してくれるビジネスです。その代わりに名刺の裏が企業広告として使われる。企業広告も自分の好みで選べる。仕組みはきわめてシンプル。しかし、このビジネスは、学生の身分でなくては困難な入り込めないニッチな世界。現在、2万5000人のユーザー(無料の名刺利用者)を持っている。

弊社では、携帯電話のコンテンツサービスに4月から毎月、オクレさんの会社へ広告をお願いすることを決めた。携帯電話のコンテンツサービスのPRは、はっきり言って大手広告代理店を使ってもお金を捨てるようなものです。従来のメディア媒体に頼った広告は、携帯電話のメールやiモードのような利用者には通用しない。


AD

萌え~!

テーマ:

恥ずかしながら、「寸止めnakamura」と呼ばれる私、“萌え”の世界から無事帰還してまいりました。

昨夜、秋元康事務所のご好意により、JR秋葉原から歩いて5分のドンキホーテ8階にあるAKB48劇場に行ってきました。忙しくて事前情報を入手することを怠ってしまいました。黒服の男性スタッフに導かれるまま5分遅れで飛び込んだ世界は、未体験の異次元空間でした。20歳後半から40歳後半くらいのオタクとオヤジの怒号、キラキラと輝く女子たちの熱気で、私は瞬間冷凍状態フリーズ。ロリ系のセーラー服仕様のコスチュームをまとった15歳から21歳までのはちきれんばかりの若い女子が舞台狭しと歌って舞う萌えの空間。AKB48は、天才・秋元康さんが、次世代アイドルを作るという想いから始まったプロジェクトです。劇場に足を運べば「会いにいける」をコンセプトに、萌えの聖地「秋葉原」に誕生した劇場でした。7.924通の応募の中から選ばれた20名とサポーターの方の応援によって劇場デビューを果たしたカフェスタッフの計21名が毎日劇場での公演を行い、メジャーデビューを目指します。楽曲は全てオリジナル曲を使用、作詞は秋元康さんが担当。そして振り付けは夏まゆみさんが担当しています。我に帰った私は、場違いな紺色のスーツの上着を脱ぎ、ネクタイを外し、腕まくりして周りに馴染もうと必死でした。前後左右のオトコどもが曲が進むにつれてみなヒートアップ!もうだめ、よし、私も萌えだ。ステージの彼女たちに合わせて踊ろう!WBCで優勝したイチローのようにみんなとはじめて一体感を感じてしまった。「スカート、ひらり」のフレーズを口ずさみながら、自分の中に新しい自分が芽生えはじめていた。                      会員番号0001-01-0001848

この体験で閃いた新しいビジネスの可能性は後日、落ち着いてから話そう。

【AKB48】http://www.akihabara48.com/
http://www.daiki-sound.jp/index.asp

今朝は、朝から緊張感でいっぱいです。12時からはじまるWBCの日本対キューバ戦のためでも、15時からはじまるJリーグの浦和レッズ対セレッソ大阪戦のためでもありません。いま、我が家に向かってミサイルが刻一刻と向かって飛んで来ています。何とか迎撃しなければ、大変なことになります。何も知らない妻も息子も今日は家にいるみたいです。私は朝から、玄関近くの部屋で気もそぞろで読書しながら臨戦態勢です。不幸は、昨日のお昼にはじまりました。携帯電話に、得意先の社長から電話が入りました。「いま、新宿の紀伊國屋にいるのだけど、このまえ話した本があったので自宅に贈っておいたよ。おもしろいから読んでみて・・・」「あ、あ、あの本ですか、えっ、自宅ですか・・・」既に遅し。朝からすみません。あの本とは、『ヴァギナ 女性器の文化史』キャサリン・ブラックリッジ著(河出書房新社刊)定価(本体3200円)+税という書籍です。アマゾンのレビューは、「私たち人間が皆すべて、産まれ出た場所。その神秘の場所・ヴァギナについて、歴史的・生物学的・医学的に様々なアプローチにより解き明かした決定版! 図版多数収録」とあるじゃないですか。社長との会話のなかで、面白そうですねと、軽い気持ちで相槌を打っただけなのに・・・。信じてください。助けてください。なんで、そんな危ないものを送りつけるの!編集者の頃、私宛に送った人の名前がない茶封筒が会社に送られてきた。アルバイトの女性に開けてみてと頼んだ。中からは「ひさや大黒堂」のサンプルが出てきて言葉を失ったが、それがノドンだとすれば、今回はテポドンだ。まだ、来ない。家庭の平和を守るため戦っています。

利はもとにあり

テーマ:

先週は、豆腐で株式上場した会社の副社長や、かき氷を新宿アルタの前で路上販売して儲けたお金で起業し、現在、ヒルズの虎と呼ばれる社長や、成人漫画で急成長を続ける出版社の社長など億万長者3人にお会いした。

共通していえることは、自分で製品をつくって売るという単純な商行為の中で、原材料費がタダ(0円)か、ほとんどタダという点である。100円の豆腐の原材料費は10円以下、カキ氷の氷は貰い物でタダ、漫画の原作はタダ。

頑丈な手提げ袋をもって電車の棚に置かれた雑誌や新聞を集めてまわる謎の男を見かけたことはありませんか。彼らはJR山手線を縄張りとし、仕切られた範囲で集め、駅構内へ繋がる地下通路でビニールを敷いて路上販売している。

これは雑誌のブックオフである。雑誌だから新鮮さが重要。自らが回収し、すぐに売る。この仕事を仕切っている方は、仕入れはタダ。人件費も安い。もちろん税金とか国家の管理下には入りません。その気になれば、お金儲けは難しくないのです。「できる人・できない人」の問題です。

開幕戦でジュビロ磐田の新しいデザインのユニフォームをテレビで観て衝撃を受けた。これまでネスレ日本が胸広告スポンサーで、「Nestle」とアルファベット表記だったが、今年からは「飯田産業」の漢字ロゴとなる。しかも筆文字だ。磐田のサポターの関連ブログでは新ユニフォームの話題でもちきりになっている。ジュビロ磐田のホームページにはアクセスが殺到し、接続しづらい状態になっているようだ。

ジュビロ磐田は、飯田産業とユニフォームシャツの胸広告スポンサー契約を締結した。契約期間は1月5日より3年間。以下、株式会社飯田産業 森 和彦社長のコメントの抜粋。


「Jリーグの中にあって、J1リーグステージ優勝6回、J1リーグ年間優勝3回、天皇杯優勝1回などの輝かしい成績を誇るなど、名実ともに日本を代表するサッカーチームである「ジュビロ磐田」の2006年オフィシャルスポンサーになることができ、ジュビロ磐田のユニフォームの胸元に「飯田産業」のロゴを入れていただくことになり大変喜ばしく感じております。
このロゴのタッチは、躍動感・スピード感をイメージしており、今までにない斬新な感覚で受け止めていただければ幸いです。(中略)
チームの基本理念である「夢と感動」、常に積極的に勝利を目指す選手の方々、勝利を信じ純粋かつ熱烈に一体となって応援するサポーターの皆さんの姿に共感し、皆さんとご一緒に「ジュビロ磐田」を応援させていただきたく思っておりますので、皆様、飯田産業をよろしくお願い申し上げます。」

スポンサーになっていただくことはありがたいことである。飯田産業さんには何の責任もない。しかし、サポーターの心情は微妙ということかもしれない。しかし、時期に慣れるし、馴染むものである。





昨日、家でサッカー中継を見ていたら電話が鳴った。いいところだったが家族が誰もいないので私が電話に出るとNTT東日本という男性の声が聞こえた。料金不払い!?そんなことはない。何だろう。よく聞いてみるとNTT東日本ではなくて、NTT東日本の代理店らしい。

最近この手の代理店が非常に多い。私の会社にもよく飛び込みで若い社員がやって来る。「ダスキンのほうから来ました・・・」どっちの方角だといいたい。企業が営業の仕事である販売促進をアウトソーシングするケースが急増している。

さて、NTT東日本のほうから電話をかけてきた代理店の若い社員は、光ファイバーのNTT東日本の「フレッツ」に入れとうるさい。見たいコンテンツがないというと、「今加入すれば入会費がタダです」と切り返す。「だから、見るものがなければ入っても意味ないでしょう」と私が返り討ちにするとさすがにあきらめた。

代理店の彼らは売ることしか頭にないのだ。私の「見たいコンテンつがない」という意見などはどうでもいいのだ。企業は、このあたりのマイナス情報をどのように考えているのだろか。顧客に接する営業の仕事は、正社員にするべきだと思うのだが、売ってなんぼ、捌いてなんぼの世界になってしまったようだ。

田坂広志先生は、片道30分間のクルマ通勤中はCDを聞いていると話された。何をお聴きですかと尋ねると、今は、ヒラリーさんの自伝と答えられた。


以下は、アマゾンに寄せられた一般の読者の声であるが、田坂先生も同じような感想を話されていた。

【ヒラリーのCDレビューから】

ヒラリーの自伝のCD版を購入しました.とてもきれいで聞き取りやすいですから,英語の学習用としてはヒラリーから始めるほうがよいでしょう.内容も最高です.通勤で運転中に繰返し聴いていますが,すでに私はクリントン夫妻の古くからの友人になった気分でいます.ヒラリーは大統領選に立つと言われていますが,個人的な希望としては,クリントンには大統領に復活してもらって,ヒラリーにはファーストレディの3期目を勤めてもらいたい.制度的には無理ですけれど.


 また、最近読んだ本『脳と仮想』の茂木健一郎氏が、著書の中で小林秀雄の講演をCDで聴き、非音楽型音声コンテンツの素晴らしさを次のように綴っている。

《小林秀雄その人との出会い》

プラトンは、「書き言葉は話し言葉に劣る」と考えた。話し言葉には独特の力がある。生々しい臨場感のある肉声を通して初めて伝わってくる、小林秀雄の魂のようなもの、もっと隠当な言い方をすれば人となりのようなものが確かにあるように思えた。」と絶賛している。


なんかブームの風を感じる週末です。