湖西市「中村土建株式会社」のブログ

中村土建株式会社は地元湖西市を中心に、理想のデザインを実現する注文住宅から、工場のような大型物件まで、設計・施工ともに着実にお応えしております。


テーマ:

中村土建は、静岡県交通基盤部より2017年5月25日付けでBCP企業として認定されました。BCPとは、自然災害などの緊急事態に見舞われてから、速やかに通常業務に戻るための計画です。

 

BCP取得のためには、社内における防災体制防災インフラ整備が求められることから、必要な備品を検討し備蓄しておく必要があります。今回は湧水の活用です。

 

BCP計画①で飲料水を3リットル/日/人になるよう用意しました。これとは別に、洗い水などの生活用としてたくさん必要になると考え、湧水の転用を思いつきました。

 

弊社敷地内で湧水が確認されたのは2015年。弊社がこの地に移転してから15年が経っていました。当時アスファルトから水が滲みだし、社員駐車場が水浸しになってしまったため、地中から場内側溝の側面へ直接排水する、復旧工事を行いました。会社の南側300m には山があり、何らかの原因で水脈が変動し、結果湧出したものと考えられます。復旧工事のお陰で駐車場は元どおりになましたが、替わりに1日およそ4,000リットルもの地下水が毎日側溝に捨てられることになったのです。

 

さて、BCP生活用水としての湧水は、湧水地点の点検口から手動ポンプでくみ上げることで、一人でもバケツに汲めるようにしました。ポンプと点検口を接続する治具は、工事の残材でこさえました。吐水ホースの先端にはガーゼが取り付けられ、湧水に含まれる細かな砂を取り除きます。なお、水でも使える手動ポンプは、油専用に比べやや高額でした。

 

復旧工事以降、流量の大幅な変化は今のところ確認されていませんが、地震が発生した時は再び水脈が変動し、湧水は枯れてしまうかもしれません。しかしこういった事前準備には相当時間が掛かりますし、地震が起こってからでは遅いため、半分ネタですが、こんなのもありかなと。何よりも水がもったいないなと。

 

次回④は「雨水の活用」をご紹介します。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

中村土建株式会社 湖西・浜松・豊橋の注文住宅さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。