湖西市「中村土建株式会社」のブログ

中村土建株式会社は地元湖西市を中心に、理想のデザインを実現する注文住宅から、工場のような大型物件まで、設計・施工ともに着実にお応えしております。


テーマ:

こんにちは、中村土建です。

 

先回(5/18)、収納設備計画の【ゾーニング】についてお話をしましたので、その続きの【適正量の決定】についてリビングダイニングを例にお話していきます。

モノの適正量が決まっていると、モノが増えにくくなり、片付いた家を保ちやすくなりますので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

適正量とは、そのご家庭のライフスタイルにぴったり合った必要のモノの量のことです。

つまり適正量に「標準」や「正解」はないため「自分で決めてみる」ことが大切になります。

 

例えば書類ですが、地域や学校のお便りなどは年間で考えると結構な量になります。しかし、1ヵ月~1年間の期間には必要でも、長期保管しないといけないものはほとんどない事に気づくはずです。

私の家では、お便りなどの書類はファイルボックス1つ分と決めています。

新しい書類や見返したものは手前から入れていくので、古い書類(見返すことのない不要な書類)は後ろになります。

このボックスがいっぱいになったときは、順次後ろから処分していく事で、このボックスを超えた量の書類保管をする必要もなくなります。(写真参照)

 

 

 

 

また、リビングダイニングに置くものには書類のように「家族で共有するモノ」と「個人のモノ」があります。どちらも同じように量を決めていきますが、「個人のモノ」については、できるだけ自分の部屋に収納し、「今使っているモノ」だけを置くようにすると、モノが多くなりがちなリビングダイニングがモノに溢れにくくなりますのでおススメです。

 

 

 

 

基本的にモノは時間と共に増えるので、適正量を決め、増えないようにする仕組みがあると負担がなくて良いですよね。そして、それを維持してくれる仕組みが【定位置管理】です。次回は、【定位置管理】についてお話ししていきます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

中村土建株式会社 湖西・浜松・豊橋の注文住宅さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。