この度、木彫り広場より新作のDVDが発売となりました。

こころの仏像彫刻「砥ぎ」手砥編です。

 

仏師 関 侊雲 先生が監修をおこなっております。 

 

映像では彫刻をする上で欠かせない彫刻刀の砥ぎ方を動画で説明しております。

砥ぎ方も様々ありますが、今回は代々受け継いだ技法を使用して手で砥ぐ方法をご紹介いたします。

 

仏像は人の手で木を彫り進め削って作っていくものです。

いつでも使えるように彫刻刀の刃を常に切れる状態にしておく事が大切です。

荒く彫る時、仕上げで繊細に彫る時も刃が砥がれていなければ上手く彫る事ができません。

刃が切れる様になるまで時間もかかると思いますが、映像を見ながら何度も繰り返し挑戦して頂ければと思います。

 

木彫り広場ホームページやアマゾンでも販売しております。
是非ご覧になってみて下さい。

 

販売ホームページ「木彫り広場」

http://kiborih.com/

 

アマゾン

https://www.amazon.co.jp/dp/B079KSD18C

 


AD


関 侊雲 仏像彫刻・木彫刻学院の学院生 安東さんが、一笑仏工房としてワンダーフェスティバルに出展します。


一笑仏工房のかわいい仏像フィギュアは安東さんの木彫りが原型となっています。

安東さんが学院で培った技術が生かされた味わいのある作品となっています。



ワンダーフェスティバル(通称ワンフェス)はプロ、アマチュアを問わず、

自分たちが腕によりをかけて製作したキットを持ち寄って展示・販売するイベントです。

http://eventr.jp/events/wonder-festival-winter/

 

 

■Wonder Festival 2018[Winter]

・日時 2018年2月18日(日)

・場所 幕張メッセ1~8ホール

・ディーラー名 一笑仏工房

・卓番号 5-25-05

 

 

 

手塚治虫の名作「ブラックジャック」に登場するピノコが十一面観音になりました!

この日だけしか販売が許可されない既存キャラクターのキット(当日版権)、

「ピノ十一面観音」の塗装済完成品を50体販売予定です。

(作品紹介ページ https://www.isshobutsu.tokyo/items/7686865 )

こちらの商品の販売は今回のワンフェスで最後となります。

仏像シールを製作しているキトライライヘイさんのおまけシールがついて、4500円です。

 

他にも懐中ぷに仏・かた仏」〜触って嬉しいミニ仏3種×ぷに仏版・かた仏版など販売予定です。

ご興味を持たれた方はぜひ会場に足をお運びください。

 

一笑仏工房のブログ

https://ameblo.jp/isshobutsu/

 

一笑仏工房のFacebookページ

https://www.facebook.com/pg/isshobutsu/about/?ref=page_internal

 

AD

御神渡り

テーマ:

2月に入り、益々寒さが続きます。
地元の諏訪湖(長野県)では、5年ぶりの御神渡りが出現致しました。


「御神渡り(おみわたり)」
神様が渡った跡とされる諏訪湖(長野県)の御神渡(おみわた)り。
昼と夜との気温差によって湖面の氷が膨張と収縮を繰り返すうち、膨張時の圧力に耐え切れなくなった氷が轟音とともに盛り上がって裂け目が出来、氷の裂け目がまるで道のように続いてゆく自然現象です。

最近では御神渡りは温暖化から、出現しない年が多くなってきていますが、今年は5年ぶりに御神渡りが見られるそうです!



「運慶展」

神奈川県立金沢文庫に運慶展を見に行って来ました。

東京国立博物館の運慶展に続き、直接運慶作品を見れる機会に恵まれて、益々修行に励んで参りたいと思う1日でした。
  


最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございました。
失礼致します。
AD

2018年。
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。


お正月休みを頂きまして、実家の長野県に帰省させて頂きました。


例年よりも雪はそれほど多くはありませんでしたが、氷点下の空の下、初日の出を見させて頂きました。

去年よりも、また善進できますよう、修行に励んで参ります。

どうぞ宜しくお願い致します。

仏画 制作中

テーマ:
2017年も残すところ二週間。
ふたご座流星群は観察できましたでしょうか。
冬は空気が乾燥するために、空気中に存在する細かい水分が視界を邪魔をしないため、空がはっきり星が綺麗に見えるそうです。


お久しぶりに仏画のご報告です。
現在夜なべ中に、絹本の制作も進めさせて頂いております。

文字どおり、絹に絵の具を重ねていくのですが、色紙とはまた違う難しさがあり、地道です。

ドーサ液、膠、水干絵具、ネオカラー、金箔。

今まで自分が使ったことのない画材を駆使して、絹上に描いていく過程は、学びと発見の連続です。

線のなめらかさ、色のボカシ方、絵の具の配分、筆使い。
斎藤先生と先輩方のように描けないこと、筆を上手に使えないこと、知識がないこと、経験がないこと、練習が足りないこと。

無いことだらけですが、学ばせて頂きましたことを自分の腕にしっかり貯金をして、次の作品に繋げて行けますよう、精進して参ります。

まずは、制作中の観音様を仕上げさせて頂きます。

 

最終までお読み頂きまして、誠にありがとうございます。
失礼致します。