自民党の目玉の一つ,消費者庁はいらない!








こんにゃく入りゼリー販売禁止要請を検討…野田聖子氏

 野田聖子消費者行政担当相は30日午前の記者会見で、新たに兵庫県の男児がこんにゃくゼリーをのどに詰まらせて死亡したことを受け、販売禁止措置を農林水産省に働き掛けるかどうか検討する考えを明らかにした。野田氏は「痛ましい事故だ。諸外国がどのような措置を取っているか調べているところだ」と述べた。再発防止も重ねて要請していく意向も示した。

ZAKZAK 2008/09/30


http://www.zakzak.co.jp/top/200809/t2008093036.html


~~~~~~~~~~~~~~~~~



こんにゃくゼリー、また幼児死亡 対策取られず17人目




2008年9月30日12時10分



 国民生活センターは30日、兵庫県の男児(当時1歳9カ月)がこんにゃく入りゼリーをのどに詰まらせる事故が7月にあり、9月20日に死亡したと発表した。こんにゃくゼリーは子どもや高齢者には窒息の危険があるとされ、95年以来の死者はわかっているだけで17人となった。規制する法的な枠組みがないとして抜本的対策がとられず、被害が広がっている。

 センターによると、事故のあった製品は業界最大手「マンナンライフ」(群馬県富岡市)の「蒟蒻(こんにゃく)畑 マンゴー味」。凍らせたものを7月29日に祖母が与えたという。

 こんにゃくゼリーでは95~96年に8件の死亡事故が相次いだ。センターの注意喚起や業界団体の注意表示で97~04年は8年で3件と減ったが、05~07年の3年で5件と再び増加の兆しを見せている。昨年3月には三重県伊勢市で男児(当時7)が学童保育所でおやつに出されたゼリーで窒息死した。

 センターは昨年7月にも業界団体や国に対して事故防止策の検討を要望。しかし、食品衛生法を所管する厚生労働省は「食中毒対策など衛生面で危害の恐れがない」、日本農林規格(JAS)法所管の農林水産省は「表示の問題ではない」などと主張。いずれの省庁も現行の法体制では規制できないとして、「すき間事案」のままになっている。

 こんにゃくゼリーは通常のゼリーより硬く、弾力性が強いため、のどに詰まらせやすい。全国こんにゃく協同組合連合会や全日本菓子協会など業界3団体は昨年10月から商品袋の表面に「お子様や高齢者の方はたべないでください」と書いた統一警告マークを表示しているが、01年以降に事故が相次いだEU(欧州連合)や韓国では、既に販売が禁止されている。(上田学)

     ◇

 マンナンライフの話 これまでの事故を受けて、業界団体で協議し、商品に警告マークをつけてきた。表示を大きくするなど、消費者にさらにわかりやすく改良したい。製造を中止する考えは今のところない。

 佐野真理子・主婦連合会事務局長の話 これだけ多くの方が亡くなり、「行政のすき間」の商品として問題となっていたのに、行政が何もせず放置してきた結果、また1人亡くなった。警告マークをつけて済む問題ではないことが明らかになったし、そもそも高齢者や子どもが食べてはいけないお菓子が流通していること自体おかしい。早急に消費者庁を設置して、規制すべきだ。



http://www.asahi.com/national/update/0930/TKY200809300112.html



          ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




民主党ばかりの批判で、

このブログは自民党の宣伝ブログか?www

なんて事を言われてしまうと、

非常に心外なので、

ソロソロ自民党の間抜け振りも取り上げたいと思っていたら、

政界のマドンナがやってくれました。

蒟蒻ゼリーを販売禁止措置にするかも~

なんて言い出した。










聖子ちゃん。

アンタちょいとバカな国民のレベルにあわせすぎちゃいませんか?

そもそも、蒟蒻ゼリーが危険なんて言い出したら、

本家の蒟蒻、車、薬、包丁・・・・・・・・

人間が生きる為に必要なもの殆んどが販売禁止になってしまうよ?

アホナ事言って、

消費者庁の下らなさを宣伝するつもりですか?wwww










子供口にするものは、

親が管理するべき。

色々な言い訳を言い出すことだろうが、

蒟蒻ゼリーを食べさせて子供が窒息死するなんて、

親の責任です。

そんな無能な親が責任転嫁したいための、

訴訟が増えちまうぜ!










それに、

こんな事で蒟蒻ゼリーが販売禁止になったら、

日本の企業のチャレンジ精神を潰すだけである。

日本の経済。

特に地方の企業の足を引っ張るだけである。

子供を育てた事のある、

まともな親なら、

子供の口にするものには神経質すぎるほど、

気を使ったはずである。

そんな親の義務を果たさないバカの責任を

他人に転嫁するような野田聖子ちゃん。

あんたのやっていることは、

バカな国民向けの幼稚なパフォーマンスにすぎない。

百害あって一利無しだ。

蒟蒻ゼリーは確かにお菓子だが、

それを買い与える親のチェックができるはずで、

ちょいと昔の賢い母親は、

子供のおやつまで目を光らせていた。

最近のバカで無能な子殺し母親を増長させるような、

消費者庁なら、

いらねえよ!

自民党も低俗な国民向けの、

いかにもミエミエの、

パフォーマンスをやるんですか?

ヤッパリ糞は糞だな!wwwwww


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



追加です~♪2ちゃんネルの拾い物ですが・・・・


■もち死亡統計
 1996年1月の1ヵ月間にもちをつまらせて死亡した人は208人(『厚生の指標』96.12)
 http://www.eic.or.jp/qa/?act=view&serial=14025

■気道異物事故の原因 『平成11年度自治省消防庁委託研究報告書』((1998全国人口の9.4%カバー)
 http://plaza.umin.ac.jp/~GHDNet/00/kajiti2.htm
 http://plaza.umin.ac.jp/~GHDNet/00/kajiti/jiti02a73.JPG
 18.5% (150件) 餅
 10.1% (*82件) ご飯類
 *9.0% (*73件) 果物・野菜
 *7.4% (*60件) 菓子類(飴以外)
 *5.1% (*41件) 肉
 *4.3% (*35件) パン
 *3.5% (*28件) 飴
 *3.3% (*27件) 魚類
 ※ちなみに、1998年の蒟蒻ゼリーによる死者は全国でゼロ


■食物窒息死とこんにゃくゼリーの死亡統計
       食物窒息死 うち蒟蒻ゼリー
 2002年   4187人     1人
 2003年   4207人     0人
 2004年   4206人     0人
 2005年   4485人     0人

 国民生活センター 蒟蒻ゼリー死亡事例
 http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20070615_1.html
 厚生労働省 人口動態 第1-32表 不慮の事故の種類別死亡数・死亡率
 http://wwwdbtk.mhlw.go.jp/toukei/youran/data18k/1-32.xls

餅も販売中止な 


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


野田聖子ちゃん。

国民は何を食えばいいんだ?

流動食か?wwww











AD