THE ONE NIGHT STAND~NEVER END TOUR~

「40歳からの〇〇学 ~いつまでアラフォーと言えるのか?な日々~」から改題。
書評ブログを装いながら、日々のよしなごとを、一話完結で積み重ねていくことを目指しています。


テーマ:
安井かずみがいた時代/島崎今日子



『安井かずみ』さんを知っていますか?もし知らないのであれば、こちらへ
⇒ 
wik i安井かずみ 
(ちなみの旦那さんである加藤和彦さんを知らないときはこちらへ
⇒ 
wiki 加藤和彦 )

実は僕もよくわかっていません。
安井さんは、子どもの頃好きだった歌謡曲の作詞家としては知っています。
昔は歌い始めるとき画面にタイトルとともに、作詞家作曲家の名前も出たじゃないですか。
だからなんとなく憶えていました。
沢田研二の『危険なふたり』郷ひろみの『よろしく哀愁』など。


でも、安井さんが男だか女だかも、この本を読むまでしらなかった。
加藤和彦のことは多少は知ってました。
『サディスティック・ミカ・バンド』のリーダーとして、
『あの素晴らしい愛をもう一度』の作曲者として、
その程度は知っていました。でも、奥さんが安井かずみだとは知らなかった。

そんな僕でも、この本は面白いと感じました(楽しめたかどうかは別ですが)
20数名の、安井かずみと関わった人たち(のうち、取材を受けてくれた人たち)が、
それぞれ自分なりの「安井かずみ」を語る、という構成になっています。
目次から拾った主だった人を見てみると、


林真理子・平尾昌晃・伊東ゆかり・中尾ミエ・園まり・
金子國義大宅映子・黒川雅之・加藤タキ・
玉村豊男・玉村妙恵子・吉田拓郎
オースタン順子(妹さんです)・渡邉美佐

という錚々たる人たちが証言をしています。
そして、証言者によって、
安井かずみに対する見方が、
安井かずみと加藤和彦という夫妻に対する見方が、違っています。

安井さんは、加藤和彦と結婚する前・結婚した後で誰も眼にもわかるほど生活が変わります。
アバンギャルドで自由奔放で、あらゆる規範も常識も蹴散らした」結婚前、
バブル期にゴージャスなライフスタイルを謳歌し、彼女なりの理想の夫婦像」を示した結婚後。

インタビューを受けた人たちは、安井かずみと関わった時期が
結婚前の人もいれば結婚後の人もいます。
ですから時期によって見方が変わるのはあたり前なのですが、
同じ時期に関わっていた人たちでも、見方が違ってきています。

典型的な部分をいえば、加藤・安井夫婦の主導権をどちらが握っていたのか?
世間的には、年上で収入も多かった安井さんが主導権を握っていたように思われていたようですし、
その通りだと証言される人がいる一方、
加藤さんが主導権を握っていたのだ、という人も中にはいました。

60年代後半から80年代、高度成長期からバブル期に、
女性のローモデルであり続けた「安井かずみ」という人の実像を、
さまざまな人たちの証言をもとに明らかにしようとする。
それがこの本の主旨だと思います。

ただ、すべてを読み終わった僕の感想は「表面的にしかわからない」でした。
それは著者である島崎さんの力量の問題ではありません。
彼女でなければ、聞き出せなかったこと、明らかに出来なかったことはたくさんあります。

結局、僕が思ったことは
「『本当の○○さん』は誰にもわからない。自分にすらわからない」
ということです。

人は、相手によって表現されるものが変わります。誰でもそうでしょう。
家族・親・学生時代の友人・会社の同僚・恋人。
全部違うし、それぞれカテゴリーの中でもまた違ってくるのは、みんなわかっているはずです。
その中のどの部分が本当の自分かなんて、決められない。
本人が決められないのだから、他人にわかるはずはないのだ、
ということをあらためて痛感させられた本でした。


もちろん、この本は、非常に多面的な角度からアプローチをしていて、
世間のありきたりな「安井かずみ像」とは違う面を引き出しています。
それが本当に面白いし素晴らしいと思います。

だけど、それでもなおそのに表れる姿は「本当の」安井かずみではない、
彼女が生きていたら
「私ってそう思われてたんだ」
と思うのではないかと感じました。


PS
参考までに。
■内澤旬子(文筆家・イラストレーター)さんによる書評 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Hisao Chugunさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。