中村行政書士事務所の相続・遺言ブログ

相続手続き・遺言専門!名古屋の中村行政書士事務所


テーマ:
遺言書の作成のご相談が増えています。

自筆証書遺言の作成支援をしてほしいというのも多いのですが、きっとTVの影響などが大きいのだろうと思っています。

終活ブームによってワイドショーなどでも遺言や相続のことが話題になることが多くって、そこに出ている弁護士さんなどは、現場感覚とはかけ離れていて、『思ったことを何でもいいから書いておきましょう』的なお話をしています。

法律論ではそうかもしれないですが、実際遺言書を行使しようとしたときに現場ではナンセンス極まりないアドバイスにしかなりません。

ということで、私は必ず公正証書遺言を勧め遺言執行者を指定することをお手伝いの前提としています。

プロとして自筆遺言書にかかわることはありえないと・・・。

話は変わって先日奥様の相続手続きをお手伝いしている途中で、そのご主人が緊急で入院し余命宣告を受けるという案件がありました。

実は奥様の相続手続きが終わったら公正証書の遺言書を作る約束をしていたのですがその矢先の入院、余命宣告となりました。

病床に呼ばれ遺言の作成を依頼されましたが、公正証書遺言を作成するには時間的に余裕がないことから、危急時遺言の作成と並行して公正証書遺言作成の準備を進めました。

結果として公正証書までは間に合わず、しかし危急時遺言の作成はすることが出来ました。

危急時遺言の作成は周囲の方に聞いても経験された方は少なく不安もありましたが、周到な準備とお世話になっている弁護士の木下先生のアドバイスおよび証人としての立会いのもと実現できました。

確認の審判、検認を経て遺言執行の段階に来ましたが、手続き先も見たことのない遺言書の形式に戸惑い気味。

まさかこんなにも危急時遺言の説明をすることになろうとは思いませんでしたが、何とか法的な説明をしながらスムーズに手続きを進めることができています。

普段から葬儀後の手続きに特化して業務をやってきた経験の積み重ねは伊達ではないと自負しつつ最後までしっかりと故人の遺志を実現したいと思っています。

(死亡の危急に迫った者の遺言)
第九百七十六条  疾病その他の事由によって死亡の危急に迫った者が遺言をしようとするときは、証人三人以上の立会いをもって、その一人に遺言の趣旨を口授して、これをすることができる。この場合においては、その口授を受けた者が、これを筆記して、遺言者及び他の証人に読み聞かせ、又は閲覧させ、各証人がその筆記の正確なことを承認した後、これに署名し、印を押さなければならない。
2  口がきけない者が前項の規定により遺言をする場合には、遺言者は、証人の前で、遺言の趣旨を通訳人の通訳により申述して、同項の口授に代えなければならない。
3  第一項後段の遺言者又は他の証人が耳が聞こえない者である場合には、遺言の趣旨の口授又は申述を受けた者は、同項後段に規定する筆記した内容を通訳人の通訳によりその遺言者又は他の証人に伝えて、同項後段の読み聞かせに代えることができる。
4  前三項の規定によりした遺言は、遺言の日から二十日以内に、証人の一人又は利害関係人から家庭裁判所に請求してその確認を得なければ、その効力を生じない。
5  家庭裁判所は、前項の遺言が遺言者の真意に出たものであるとの心証を得なければ、これを確認することができない。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
相続業務でたくさんの戸籍を取得しています。

今回あるお客様の戸籍で昭和の改正の記述のおかしなものがありました。

昭和33年の法務省令による改正で・・・

改正原戸籍では『昭和34年●月●日に消除』

改正後の戸籍には『昭和35年●月●日本戸籍』

と丸1年日付がずれていました。

どう考えても誤記ではないかと思い管轄の市町村役場の戸籍係と協議をしましたが、法務局との協議が必要とのこと。

市町村の現存する資料(見出し帳)では34年に戸籍を再編したことが見て取れるのですが、法務局では証拠能力に乏しいとの理由で訂正できないとの見解。

実務的には非常に困るわけです。

これらの戸籍を相続関係の証明書類として各手続き先(銀行や役所などなど)に出すのですが、それぞれの機関でどのような扱いとなるのか?

まぁ、経験豊富な私共の事務所ではいろいろな手法を持ち合わせているので何とかなるのですが・・・。

各士業の先生と連携して経験知があるからこそ、お客様に安心していただけると自信を深めたところです。

24条 (職権による戸籍の訂正)
戸籍の記載が法律上許されないものであること又はその記載に錯誤若しくは遺漏があることを発見した場合には、市町村長は、遅滞なく届出人又は届出事件の本人にその旨を通知しなければならない。但し、その錯誤又は遺漏が市町村長の過誤によるものであるときは、この限りでない。

2 2 前項の通知をすることができないとき、又は通知をしても戸籍訂正の申請をする者がないときは、市町村長は、管轄法務局又は地方法務局の長の許可を得て、戸籍の訂正をすることができる。前項ただし書の場合も、同様である。

3 3 裁判所その他の官庁、検察官又は吏員がその職務上戸籍の記載が法律上許されないものであること又はその記載に錯誤若しくは遺漏があることを知つたときは、遅滞なく届出事件の本人の本籍地の市町村長にその旨を通知しなければならない。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この週末は2017年の新卒学生さんの採用に向けた会社説明会をしています。

例年よりも参加者の人数は少ないのですが、そこは少数精鋭でよい学生さんにご参加いただいております。

まだ選考時期には早いのですが、よい学生さんに来てほしいので今すぐにでも内定を出したい気分になります。(笑)

素敵な学生さんに囲まれて、入社していただきたいと逸る気持ちとともに、人生を背負っていく責任感を同時に感じています。

参加していただいたみなさんがこの会社で働きたいと思っていただけるよう、日頃からより良い会社・事務所になるように精進していかなければならないと思っています。

今日も素敵な出会いがありますように!
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
うちの事務所では株式会社相続手続支援センター名古屋として、愛知中小企業家同友会の共同求人で新卒採用に取り組んでいます。

今回は2回目のチャレンジで、前回の成果が非常によく今年も参加することにしました。

いつもの終活ではなくまさに就活!(笑)

先日合同企業説明会がありました。

たくさんの学生さんにご来場いただき、私たちのブースも大変にぎわいました。



そんな中で感じた事。

仕事に対する姿勢を見直そうということ。

現在いるスタッフも、日常業務の慣れからか、仕事を通じての成長が鈍化しているように感じられるのですね。

みんな真面目に働いてくれているのですが、働くことの意義や楽しさ、目的意識などが薄れかけていて。

なんとなく目の前の仕事をこなしている毎日になりつつあると思うのです。

これは経営者としての私の責任なんだと思います。

仕事のやりがいや将来の展望を示し切れていないからにほかなりません。

就活をする学生さんに会社や事務所のことを熱く語っているうちに、私自身の気の緩みを感じた次第です。

今週は2回の会社説明会(会社訪問)があります。

学生のみなさんにはそこのあたりを明確にお伝えして、素敵な仲間ができるように励んでいきたいと思います!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
世の中はGW最終日ですが皆様はいかがお過ごしでしょうか?

わたくしはというとGWもずっと仕事をしていました。

前半は、面談と事務処理と大学院の勉強。

後半は養成塾@GWと大学院と面談と。

リフレッシュのために休んだほうがいいといわれますが、この休みの業務がきっと差をつけるのでしょうね。

と、自己弁護。

3月から業務の効率化のため改革を進めていますが、少しずつ形になりつつあり。

といってもまだまだ理想には程遠く。

GW中に大学のラグビー部の先輩にお誘いいただき飲み会へ。

一緒にプレーしていない先輩方も多くいらして緊張しながらの参加でしたが楽しい時間を過ごすことができ、昔の熱い気持ちもよみがえってきました。

仕事に燃えるモチベーションがアップしたのです!

熱意よりも冷めた感じがCoolと思われがちな今日この頃ですが、GW明けも熱苦しく邁進していきますよ!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。