舞妓さんの営業活動とは?

テーマ:

"舞妓さんや芸妓と呼ばれるサービス業を司っている人たちは、世界でも人気があり注目されています。
京都の観光では歴史ある街や食とともに名物となっている舞妓さんは、海外では「ゲイシャ」とひとくくりにされて紹介されており、中坊進二も名前だけは知っているもののその営業活動や生活などの実態を知る機会はありませんでした。

華の都京都を彩る舞妓さんたちは、「置屋」と呼ばれる事務所兼下宿所で過ごしています。 置屋には女将がおり、その管理の下、舞妓として身をたてていくために必要な事柄を学びながら共同生活をしています。
舞妓さんの置屋での生活は、代々受け継がれてきた厳しい規律のもとにあり、生活の全てが修行となっています。 共同生活ということもあり、プライベートは必要最低限とされています。
中坊進二のような観光客が訪れた際に笑顔で迎える彼女たちの営業活動や生活には、中坊進二など想像がつかないほどの厳しい管理下のもとにあります。
起床した直後に髪のセット、化粧、そして着物の着付けを行います。
その後に朝食をとったあと、お座敷で披露するための唄や踊りなどを習うために稽古をお昼まで受けます。
昼食をとったあとは休憩がありますが、その後にはお茶屋さんへの挨拶まわりがあります。 なかには数時間練り歩くこともあるようで、体力が必要になります。
その後には午後の稽古があり、お座敷での披露まで稽古を受け続けます。
お座敷にてこれまでに習った唄や踊りを全力で披露し、お酌などでコミュニケーションをとり、今後につなげます。
お座敷が終わり、置屋で床につく時間は、たいてい翌日の午前2時近くとなるそうです。 起きてから寝るまでの間の約18時間のほとんどを、修行と仕事に勤めます。
長い就労時間が問題になっている昨今のブラック企業も驚く生活事情といえるでしょう。 
中坊進二のように、京都観光の際に舞妓さんの体験をさせてもらう人も多いようですが、その実態はとても厳しい実力主義の共同生活と修行、そして実践の繰り返しです。
"
 

AD

京都の舞妓さんの1日について

テーマ:

中坊進二だけでなく京都と言えば舞妓さんの姿を思い浮かべる人も多いかと思います。中坊進二も昔一度は憧れたものです。柔らかな方言やミステリアスないでたち、女の子なら一度は体験してみたいと思うでしょう。姿は知れども、舞妓さんの生態をほとんど知らない方がほとんどではないでしょうか?中坊進二なりに深く掘り下げて知ってから舞妓体験をするべく1日を追ってみた。まず、舞妓さんの1日は意外と早く始まります。夜遅くのお仕事ながら8時から10時には起き、朝食を終えると、芸を磨くべくお師匠さんの下でお稽古を重ねます。芸事の基本は舞。これは、必修科目だそうです。お稽古が終わったらお昼ご飯。毎日をハードに送っている舞妓さんの唯一の楽しみな時間かもしれません。ここでは、自分に戻って素顔の会話を楽しんでいるようです。大人のイメージがある舞妓さんも素顔はまだまだあどけない女の子、大きな口を開けて笑えるひとときなのかもしれません。お昼ご飯の後からお座敷までの時間は思い思いの時間をすごします。お稽古の復讐をしたり、掃除をしたり、京都の町に夜が近づいて来たらそろそろお座敷の準備です。髪を作って紅をさし最後に鮮やかな着物を身にまとえば祇園の夜が始まります。お客様の前で舞を披露したり、お酌をしたりするのがしごとですが、忙しい時には何軒もかけもちすることもあります。舞妓として活動するには、置屋の女将との面接を突破しなければなりません。資格や学力審査などはありませんが、保護者同伴で面接を受ける際、女将は保護者の姿勢もしっかり見ているなど、覚悟があることの意思表示を重点的に審査するようです。なぜなら、舞妓の世界はとても厳しくせっかく面接が通ったのにも関わらず、その厳しさに耐えかねて置屋を去る舞妓さんも多いのです。それは舞妓さんを一人前に育て上げるためには数千万円ともいわれる費用がかかるからなのです。中坊進二の京都での経験から1日ではとうていわかりえない深い文化が根差していた。
 

AD

"中坊進二が京都に行った時には、舞妓さんに必ずお目にかかりたいと思うほどでもあります。
とても華やかなその姿は、道行く人がみんな振り返ってみるほど華やかな姿です。
外国人にも人気がありますので、中坊進二だけではなく京都と言えば、舞妓と思っている人もいるでしょう。
そんな華やかな舞妓さんではありますが、どのような生活を送っているのでしょうか。
まず住居に関しては、置屋と呼ばれところで共同生活を送っています。
置屋には女将や先輩たちも一緒に暮らしていますので、いろいろな事を学びながら生活している状態です。
朝起きてからはどういった生活を送っているかというと、まずは朝のお稽古をして昼食を取り、そこからお茶屋さんなどに挨拶回りをするようになります。
その後はお昼からまたおけいこをいて芸を磨いていくようにし、夜になればお座敷に出て、芸を披露するようになるのです。
お座敷から帰宅できる時間は深夜になりますので、帰りはとても遅い時間帯になってしまいます。
朝も早めに起きて身支度を始めていかなくてはなりませんので、睡眠時間は削られていくようになるのです。
睡眠時間は生活に慣れるまでは、かなり短くなってしまいます。
朝の身支度にも慣れるまでは時間がかかるようになりますので、早く起きて準備をするようにしなくてはならないからです。
日々の努力によって芸を磨いていくことが出来れば、そのうちお座敷に出れることも多くなります。
お座敷に出ていくうちに固定客がついてくるようになれば、さらによばれる回数も増えてくることでしょう。
中坊進二が京都でこの職業に就こうと思えば、かなりの忍耐力も必要になります。
住み込みで働くようになりますので、なかなかの忍耐力も必要になると考えられます。
給料も最初のうちはお小遣い程度しかもらうことが出来ませんので、自由に使えるお金はほとんどありません。
しかし最初を耐え抜いて練習をしていくようにすれば中坊進二でも耐え抜いて立派な芸子になることが出来るでしょう。"
 

AD

"京都にある5つの花街の中で祇園と隣接しているのが宮川町(みやがわちょう)です。京阪電車の祇園四条駅から鴨川沿いに1本東に入った宮川町通りの界隈です。エリアが限定されている割に舞妓さんの数が祇園甲部に続いて多く、1月の始業式や恵比寿大祭のこり福に始まり、12月の顔見世総見や事始めまで、行事が多く舞妓さんに会える確率の高いエリアとして有名です。
花街としての歴史は、出雲阿国の歌舞伎踊りの時代から始まり、当社は多かった遊女や美顔の少年が接待をしていましたが、江戸時代の風俗取締りで、現在はり芸妓一筋の花街になっています。1958年まで遊郭があり、今でも遊郭時代の建物を見ることができます。
今回は、いつもの中坊進二の京都散策ルートを外れ、駅から南に宮川町の花街を訪ねました。駅の南端1番口を出れば1つ目の南へ下る小路が宮川筋です。宮川筋に並ぶ茶屋は一目でお茶屋だと分かりますが、道から中の様子をうかがうことはできません。それでも、しっとりと落ち着いた大人の街らしい京都風情があります。日中歩いていると、舞妓体験ができる店を見かけます。化粧をし舞妓衣装を着て舞妓に変身できる店です。日中見かける舞妓さんの多くは素人が変身した舞妓さんです。本物の舞妓さんは、あまり日中は舞妓姿で出歩きません。料理屋などで京舞を披露する場合だけです。舞妓さんの仕事は夕方から夜にかけてが多いためです。
宮川町を散策するなら午後6時頃以降がベストのようです。中坊進二も夕方まで建仁寺を観光し、夕方に宮川筋に戻ってみました。舞妓さんが置屋から茶屋へ出勤して行く時間帯だからです。中坊進二も、路地で艶やかな衣装を身に纏った舞妓さんに出会いました。知人に出会えば立ち止まり、挨拶をしている舞妓さんもいました。閑静で雅な大人の街で、やんわりとした京言葉を耳にし、つい中坊進二は日常の喧騒お忘れていしまいました。夕暮れ時の路上の提灯灯りが灯り、通り一帯が幻想的です。どこからともなく三味線の音色も聞こえています。
"
 

"京都といえば祇園や先斗町をイメージする人は少なくないでしょう。先斗町とは実際の町名ではなく、鴨川と木屋町通の間にある花街のことです。先斗町の由来は諸説あり、ポルトガル語のponto(「先」の意)にあるという説や、鴨川と高瀬川の2本の川に挟まれていることを、2枚の皮に挟まれている鼓にたとえ、鼓の「ポン」と鳴る音に掛けて、「ぽんと」となったという説もあります。どちらにせよ、先斗町(ぽんとちょう)という、なんとも口に出して言うと可愛らしく感じる響きが中坊進二は好きで、よく訪れている地域でもあります。
もちろん歴史ある街なので現在も、先斗町歌舞練場がおかれ、歴史ある鴨川踊が見られます。

先斗町の魅力はやはり昼と夜で全く違う顔を持つことでしょう。飲み屋街なので日中はまだ閉まっている店も多いのですが、細い石畳の路地に細いお店がひしめき合っているのですが、落ち着いた雰囲気も持っていてゆったりとした時間が流れます。しかし、夜になるとその雰囲気は一変します。多くの看板がライトをつけ、石畳がその光を反射し、キラキラとした幻想的な雰囲気に包まれるのです。最初中坊進二が夜の先斗町の風景を見たとき、京都の持つ独特の雰囲気にドキドキしました。しかし一歩先斗町に足を踏み入れると店や人々の活気が伝わってきます。細く間口の小さな店は敷居が高く感じられますが、勇気を出して入ってみるととっておきの京料理をいただけるところがたくさんあります。
うろうろと先斗町を練り歩きながら、今日はどこの店に入ろうか考えるのも大人な京都の楽しみ方ではないでしょうか。

さらに先斗町のすぐそばには鴨川があり、中坊進二のお気に入りの散歩コースでもあります。夏には鴨川納涼床で鴨川を見ながらお酒を楽しむという何とも贅沢な時間を過ごすことができるのです。
先斗町界隈を楽しむのであれば、是非中坊進二は夜をお勧めします。普段とはちょっと違う京都の夜の顔を楽しんでみてはいかがでしょうか。"
 

"京都の八坂神社の東側一帯が祇園です。門前町として栄えた広いエリアで、二つのエリアに分かれています。四条の北側で花見小路通の東側一帯が祇園東(ぎおんひがし)です。中坊進二が祇園東を訪ねたのは祇園をどりを見るためでした。秋に祇園をどりを行っているのは京都にある5つの花街の中では祇園東だけだからです。祇園会館で公演をしています。
祇園東は、江戸初期に八坂神社の門前で営業された水茶屋が始まりです。団子をモチーフとした紋章です。もう一つの花街が祇園甲部です。エリア的には祇園甲部の方が広いのですが、祇園甲部の紋章も団子の紋章です、中央に甲の文字があります。祇園東の一帯はかつて膳所藩屋敷が存在していたことから地元では膳所裏と呼ばれていました。 江戸末期には茶屋が500軒あり、芸妓・舞妓が合わせて1000人以上いたそうですが、今は芸妓・舞妓になる人が少ないそうです。2015年に女子大生が初めて祇園東で舞妓になり注目を浴びています。今回の中坊進二の目的も新しくデビューした舞妓さん達の晴れ姿を見るためでした。
中坊進二は京阪電車の祇園四条駅の北出口の9番出口から白川の石畳を楽しみながら向かいました。祇園東には祇園氏神様があります。現在、祇園会館は吉本祇園花月 になっています。会館界隈は町家風の建物を見ることができ風情がありました。通りを挟んで八坂神社の石段前にあり好立地です。ハコ席が500席ほどあり、祇園踊りが開催される11月だけは吉本演芸は行われないそうです。京都の花街文化を代表する祇園をどりは艶やかで優美な舞と踊りでした。章仕立てのストーリーがあります。中坊進二はパンフレットを購入し、開演前に目を通しておくきました。お奨めの楽しみ方です。往年は70名以上いた舞台で踊りを披露する芸妓・舞妓さんも4分の1になりました。古くからの京都の行事や文化と芸伝統をうまく調和させた構成で華やかで雅な艶のある舞台でした。11月上旬に1日2回の公演が行われています。"
 

"中坊進二の京都散策コースになっている祇園甲部(ぎおんこうぶ)は京都にある5つの花街の中で最大のエリアです。京阪電車の祇園四条駅から東に出れば、もうそこは祇園の世界です。東の伸びる大通りの四条通を500m歩けば八坂神社で、この四条通から南が祇園甲部です。風情のある石畳の小道が多く、歩いているだけでタイムスリップしてしまいます。八坂神社の西にある高台寺は豊臣秀吉の菩提を弔うために妻の寧々が過ごした寺です。時々、中坊進二は高台寺で抹茶をいただきます。に美しい庭を見ながらいただく抹茶は格別です。この高台寺の西を南北に走る寧々の道は趣きがあり、古の京都を端のすることができます。人力車なども見かけます。石畳の上を車に揺られて貴族や武将たちに思いを偲ばせるのも格別です。道を歩いていると横に入る小路を見かけます。少し覗いて風情があるようなら入ってみるのも良いでしょう。京都の道は東西南北に碁盤の目のようになっていますので、あまり道に迷うことはありません。小道に入り町家風のカフェや食事処に入れば、隠れた味処を発見することができます。小道の中でも祇園の風情があるのは石堀小路です。京都では、よく道の名前が記された看板を見かけます。祇園散策にはマップを持って散策すると良いでしょう。隠れた味処を記入して行けば、オリジナルマップになります。
祇園甲部には有名な見所として建仁寺があります。この建仁寺の西には参拝すれば美しくなれる恵美比須神社があり、東に安井金毘羅宮と法観寺があります。南には六波羅蜜寺があります。中坊進二のお奨めは八坂塔がある法観寺です。飛鳥時代に建てられた五重塔です。足利義教によって再建されました。祇園は新旧が混在した街です。モダンな店が建ち並ぶ裏通りに風情のある石畳があったりします。祇園では、そんな新発見ができることも中坊進二が良く散策する理由です。夕方頃に小路を通っていると、時々舞妓さんともすれ違うこともあり、中坊進二の楽しみの一つになっています。
"
 

昔は花街というものが主要都市に存在しており、にぎわいを見せておりました。しかしながら時代が進むにつれ花街の数はだんだんと減ってきているようです。京都には全国でも花街が多いことで知られていますが、それでもその数は減少してきているようです。上七軒(かみしちけん)のほかに、先斗町、島原、祇園甲部、祇園東、宮川町が主な花街として残っています。京都の花街には舞妓さんがおり、とても華やかでそして敷居の高い世界が広がっています。舞妓さんは観光客にも人気が高く、特に外国人観光客に人気があります。中坊進二も実際に舞妓さんを見たことがあり、そのときはあまりの美しさに感動しこのような日本の素晴らしい文化をいつまでも残してほしいと感じました。花街の一つである上七軒(かみしちけん)は、その歴史は古く室町時代に作られたといわれています。室町時代に北野天満宮の再建が行われたのですが、その再建のときに残った資材を使ってお茶屋が建てられたのがはじまりであるようです。幕末には土方歳三が上七軒の芸妓や舞妓を相手にしたという言い伝えがあるようです。上七軒では毎年春になると北野をどりという舞妓さんによる踊りのイベントが行われています。近年では上七軒でもお茶屋さんの数が減ってきてほんの少数しか残っていないようです。しかしながら現在では景観を大切にしており、中坊進二が見た限りではお茶屋のほかにも景観にあったおしゃれなカフェや飲食店、お土産屋さんなどがあり、多くの観光客が訪れているようです。お茶屋というとたいていのところは一見さんお断りといったことが多く、一般の人が舞妓さんを間近で見る機会はなかなかありません。京都といえば舞妓さんを見たいという人も多いです。現在ではツアーや北野をどりというイベントで舞妓さんを見ることのできる機会は増えてきましたが、中坊進二は個人的には舞妓さんを見る機会がもっと増やしてくれるとありがたいなと感じます。一見さんでもよいというお茶屋があれば、中坊進二はお金がかかっても舞妓さんと遊んでみたいなと思います。
 

"京都の町は郊外まで出向かないかぎり、それほど広い範囲でないということが押さえるべきポイントになると中坊進二は思います。
だから、その点を頭に入れて観光めぐりすること、そして自分が行きたい場所をあらかじめ確認し、できればいくつかの場所と場所の間の距離も頭に入れておくのがとてもいいことになります。
京都は、あらゆる交通機関が発達しています。電車や地下鉄、そして沢山の会社のバスなどです。これらを組み合わせることが、時間を有効に使うのにとても役立ちます。
そこまでが基本的なことですが、それにタクシーを組み合わせるのがベストなチョイスになると中坊進二は思います。電車、地下鉄、バスを利用するのが便利なスポットがたくさんあることは間違いないのですが、どうかすると待ち時間が長い場合があって、勿体ないことになってしまうからです。
広い範囲ではないので、時間とお金を両天秤に掛ければ、中坊進二としては1,000円以内でゆったりくつろぎながら移動できるというのは魅力的なことだと思います。
それに、京都のタクシー運転手さんは、お客様のもてなし方を心得ている人が多いので、とても心が休まりますし、活きている情報などもいただくことができます。
花見の季節や紅葉狩りのころには、同じ市内でもちょうど盛りの場所がどこであるかを毎日の仕事で承知しているので、まだ少し早いところや、すでに遅くなってしまったところもわかっているというわけで、タクシー運転手さんに尋ねれば的確な情報をキャッチできるというわけです。
もう一つが、一日中とか、午後半日という具合でタクシー観光を楽しむ手もあります。いわゆる借り切り方法です。この場合は、中坊進二のおすすめは、自分いとって外せないスポットをいくつか決めたうえで、後は運転手さんに相談すると、そこを中心に、穴場の観光名所や美味しいお店などを案内してもらえるということがあります。
料金に関しては、割引サービスをしているところもありますし、グループでの旅行などのときには、とても割安な感じにもなるはずです。"
 

京都は市内中心部全域が観光スポットといってもよく、観光する場合は交通手段に迷います。中坊進二は今までに3回京都の観光に訪れ、最初の観光で考えたのが観光バスです。観光バスは多くのルートが用意されていて、好みにあったコースを選ぶことができます。中坊進二が初めて京都に行った時も観光バスで観光しました。半日コースの観光バスを選び乗車しましたが、思っている以上の観光スポットを廻ることができました。観光バスの良いところは多くの観光スポットを効率よく廻れる他、一般の観光客が入場するのが難しい場所でも、見ることができる点です。悪い点は他の観光客と一緒である点、団体行動をとらなければならない点、見学場所が限られるので飽きてくる点があげられます。中坊進二が2回目に訪れた時に選んだ交通手段が市営バスでした。市の交通局では市営バスや市営地下鉄が乗り放題のチケットを販売しています。特に京都観光一日乗車券はほとんどの観光名所にこの券を使って行くことができる、便利なものです。乗車の可能な路線図や駅名、バス停の入った地図もあるので、それを見ながら観光ルートを設定し、乗り継ぐことができます。バスの乗り継ぎでは、観光スポットの目の前までは行くものの、若干の距離を歩行する必要があります。また、バスは所定の時間にしか運行していないので、観光スポットから観光スポットへ移動するのに待ち時間が発生します。路線バスを使っての観光は、お金は無いけど体力と時間は有り余っている若い人向けの手段と考えられます。中坊進二が3回目に京都観光に訪れたのは、妻といっしょの思い出作りの時でした。時間も限られ、年齢も中年を過ぎていましたので、路線バスによる観光は無理と判断し、タクシーで観光地を廻ることにしました。妻はそれまで、高校生時代の修学旅行で一度訪れただけで、観光地の様子をほとんど覚えていない状態でした。また来ることができる確信が無かったので、この旅行で主な観光地をなるべく多く廻ろうとタクシーを選びました。タクシーは一日借り切りました。運転手の愛想もよく、効率的なルートを教えてもらい、多くの観光スポットを廻ることができ、良い思い出をつくれました。