中坊進二が京都で行った八坂神社

テーマ:

"中坊進二が京都で行った八坂神社は、祇園の街を象徴する存在で、歴史ある雰囲気が印象的でした。最初には鴨川の四条大橋を渡り、そこから四条通を東側へ向かって歩いていくと、朱色が印象的な西楼門が見えてきました。神社の名前が刻まれた石柱が手前にあり、階段の上に楼門が鎮座する形でした。そのために、四条通から見ると小高い丘に鎮座していることが分かり、内部に入る前から神聖な雰囲気を感じ取ることができました。

八坂神社の山門を通過すると、そこには壮大な規模の社殿があり、中坊進二は言葉を失うほどの衝撃を受けました。四条通の賑やかな雰囲気からは一変して、神聖で厳かな雰囲気に変わったのです。通路は石畳と砂利の部分があり、歩くだけでも歴史の深さを実感できるようになっていました。最初には手水舎で身を清めてから、本堂に参拝してお願い事をしました。中坊進二は贅沢な願い事はせずに、この度の京都旅行の安全祈願を行いました。

参拝を済ませてからは、境内にある建物を詳細に観察してみました。朱色の本殿や楼門はテレビや旅行雑誌などに紹介されていたのを見たことがあるのですが、中心部にある舞殿は初めて知りました。舞殿の屋根は優美な破風が美しいもので、楼門の朱色とは好対照となる黒色の色彩も印象的でした。破風の装飾には金細工のようなものが使われ、扁額が掲げられていました。八坂神社の舞殿には無数の提灯が取り付けられていることも、京都らしい景色として気に入りました。"
 

AD

京都旅行が大好きな中坊進二のおすすめスポットは満足稲荷神社です。何度も旅行をするうちに有名どころの観光名所はまわりきってしまい、そのな時に名前が面白いから一度行ってみようと足を運んでみたのがきっかけで、京都の中でも中坊進二の特にお気に入りの場所になりました。満足稲荷神社は東山に位置し、通称「満足さん」と呼ばれて親しまれています。1592年、豊臣秀吉が文禄の役の戦勝を稲荷神に祈願し、見事勝利したことから、伏見城の中に稲荷社を祀ったことが始まりとされています。その後、徳川綱吉が現在の場所に移転させました。命名は豊臣秀吉が稲荷神のご利益に非常に満足したことからきているそうです。神社の名前はその土地に由来することが多いですが、この神社は豊臣秀吉の気持ちから命名された珍しい神社としても知られています。境内の中には「岩神さん」という霊石が祀られています。この石を撫で、その手で身体を撫でると、撫でた部分が良くなると言われています。身体の悪い部分が治るようお願いしたり、学力がアップするよう頭をなでたり、疲れている部分を癒すなど、たくさんの人がこの岩神さんのご利益を授かるために参拝しています。また、境内のクロガネモチの樹もこの神社の見どころです。樹齢400年を越え、京都市指令の保存樹にもなっています。この樹は太い幹から8本に枝分かれしており、末広がりでとても縁起が良いと言われています。中坊進二はお参りをした後、必ずこの樹の下で癒しの時間を過ごすことにしています。
 

AD

"中坊進二が京都の一人旅で訪れた場所では、南禅寺のエリアにある金地院も大変に印象的でした。小堀遠州作と伝わる枯山水庭園を見ることが第一の目的だったのですが、実際に訪れると他にも様々な名所があることが分かりました。この庭園は鶴亀の庭と呼ばれることもあって、縁起の良さも特徴的になっていました。中坊進二は岩石にも造詣が深いですから、枯山水に使われている庭石にも注目してみました。枯山水は海や湖を模しているのに対して、庭石が起伏のある島を表現しているように感じました。

金地院の本堂は大方丈と呼ばれる名建築で、内部には極彩色の障壁画がありました。この障壁画も由緒あるもので、歴史を感じさせるだけの重厚感がありました。大方丈の内部を観察していると、京都で活躍した職人の創意工夫も実感することができました。

京都の金地院は徳川家との関係も深いことから、内部には東照宮が建立されています。中坊進二が訪れたときには東照宮の拝殿も見てみたのですが、小規模ながらも繊細な様式美は見事なものだったのです。形式が異なる破風が重なった形で付けられていることも、中坊進二にとっては興味深いものでした。

境内の中を散策していると、明智門と呼ばれる建物も見えてきました。明智門の下側の部分は簡素な状態に感じられますが、屋根は唐破風を含めて圧倒的な迫力があります。明智門の背後には森林がありますから、秋の紅葉の時期に訪れたときには見事な景色を眺めることができました。"
 

AD

"中坊進二たちはなかなか子宝に恵まれなかったため、神社でも行こうということになりました。中坊進二は何回か京都に旅行していますが、旅行ガイドを見てるときに気になる神社があったのです。それが京都の岡崎神社でした。その話しを主人にすると、「じゃあ行ってみようか」ということになり、翌週の日曜日に中坊進二たちは行くことにしました。場所は京都市左京区岡崎というところにあります。新幹線で京都へ駅まで行きましたがそこからバスにのって岡崎神社まで行きました。
駅からバスにのっていくとわりと都会な場所を通り過ぎて行くので、ビルの間にあるのではないかと思いました。ですが神社についてみると意外と周りは静かなところでしたので安心しました。
境内で迎え入れてくれたのは、白い兎でした。調べてみると、そのうさぎの頭を撫でてみると縁結びの効果があるということです。もちろん中坊進二たちには関係ありません。
絵馬がいっぱいかかっているところに石でできたようなウサギがいます。どうやらこのうさぎは子授けウサギというもので、水をかけておなかを擦り祈願をすると、子宝に恵まれるという話しです。中坊進二も早速試してみました。もはやこれだけのために旅行をしに来たようなものですので、試さないわけにはいきません。ほかにも金運を上げるうさぎというものもいました。岡崎神社から帰る時には、何か幸せになったような気がしました。
1年後に無事妊娠することができて、あの時神社に行ったおかげではないかと今でも思っています。"

"京都は世界的な観光地となっているので、外国人観光客がどんどん増加しています。親日家が世界各国にいるので、今後も観光客が増えると予測されます。中坊進二も京都が好きで毎年旅行をしているのですが、まだまだ日本人が知らない観光スポットがあると感じています。歴史を学ぶことができるので、日本人はもっと多くの人が訪れるべきだと言うことができます。そこで、中坊進二が気に入っているところについて紹介していきます。それはどこかというと、新長谷寺になります。
新長谷寺の正式名称は真正極楽寺という天台宗のお寺で、984年に延暦寺にあった阿弥陀如来像を東三条院藤原詮子の離宮に移して安置したのが始まりだと言われています。当初は現在地ではない場所にあったのですが、応仁の乱などが要因となり各地を転々とし、1693年に現在地での再建が開始され今に至っています。また、綺麗な紅葉が楽しめるのも魅力の一つになっていると感じています。歴史を感じさせられる建物と鮮やかな紅葉がマッチして、魅力をさらにアップさせています。拝観時間は9時~16時となっており、境内は無料で本堂や庭園は500円の料金になっています。アクセスは最寄りのバス停から徒歩10分となります。駐車場は5台分あるので、徒歩移動をしたくない方は車で訪れることをおすすめします。中坊進二は京都にある様々なところを訪れてきましたが、新長谷寺も良いところで楽しめるので、訪れることを検討してみてください。

"神社に参拝する時、参道を通ってご本殿へ…。日本人が当たり前のように、その参道の両側に見かけてきた存在は、誰もは知っているもちろん狛犬です。
古き良き都、京都にはそんな常識を覆す神社が存在します。
それが中坊進二のお気に入り、大豊神社です。
この大豊神社、口コミで最近じわじわと人気を集めてきているそうですが、まだ知る人ぞ知るといった小さな神社です。
京都市内では有名な桜の名所、慈照寺銀閣から熊野若王子神社近くまでの琵琶湖疏水沿いに作られた哲学の道を東山側に上がったところにあります。銀閣や霊鑑寺より随分と南、若王子神社より北側です。
哲学の道にある大豊神社の看板に従って大豊橋を渡り、ゆるやかな坂を上ること数分。住宅地を歩いた先に、木々に囲まれた鳥居が見えます。
一見して分かるそのこぢんまりとした雰囲気も中坊進二の好きなポイント。こんな神社に見どころがあると他の観光客は思わないのだろう…なんて俗な優越感に浸ってみるのも少し良い気分。
鳥居をくぐって、本殿へお参りし、中坊進二の目的地へ…境内にある末社犬ではない狛○○がいるのです。
大国社には狛ねずみが。この狛ねずみは干支が回ってくる年のお正月にTVなどで取り上げられるため、京都の中でもその年のお正月期間だけ長蛇の列となります。左右にたたずむ狛ねずみはそれぞれの姿勢で愛らしさがたまりません。
そして愛宕社には狛鳶(とび)が、日吉社には狛猿がこれまたかわいらしく鎮座しています。
3種類もの狛○○に出会えるのは全国で見てもこの神社だけではないでしょうか。
動物好きにはぜひ訪れて頂きたい、京都の隠れた魅力ある神社です。
"
 

"京都は日本を代表する観光スポットなので、これから訪れようと検討している方が少なくないはずです。ただ、テレビ番組等で取り上げられるところ以外の場所にも訪れることを推奨します。そこで、京都好きの中坊進二が訪れてみて良かったところについて詳しくみていきます。中坊進二が特におすすめしたいのは「法然院」になります。
鎌倉時代に法然が弟子と共に六時礼讃行をしたことが寺の起こりと言われており、江戸時代に法然ゆかりの地に念仏道場を建てることになり、それが法然院となっています。法然の歴史を学びたい方にピッタリのお寺だと言うことができます。見てほしいポイントは、まず本堂にある阿弥陀如来坐像になります。歴史が感じられますし、どれだけ凄いものかが伝わってきます。本堂には他に観音・勢至両菩薩像や法然上人立像などがあります。また、重要文化財の襖絵も見てみる価値があります。中坊進二が気に入っている点は風情ある景観になります。藁ぶきの山門が印象的で、自然とよくマッチしていると感じました。無料で入ることができるので、低予算の旅行を考えている方に適しています。穴場スポットになっているため、修学旅行生などがいないので静かな中でゆっくり楽しむことができます。京都といえば清水寺などを訪れる方が多いと思われますが、法然院も魅力的が多くあるので、短い時間でも構わないので訪れてみるべきです。椿が綺麗に咲くので、椿の時期に訪れるのがベストになります。"
 

京都の櫟谷七野神社は、境内にいつでも自由に入ることができ、拝観料も無料で、恋愛の神がいることで知られています。昔からそういう言い伝えがあるということは、櫟谷七野神社になにかしらのパワーがあるのだろうということで、中坊進二も行ってみました。普通の住宅地の中にあり、気軽に訪れることができる雰囲気でした。ただ、交通の便がいいというわけではなく、電車は使えません。訪ねるとしたら、京都市バスを利用することになります。京都市バスに乗って、天神公園前というバス停下り、およそ10分ほど歩きます。あまりわかりやすい場所ではないので、事前によく地図で調べてから行く必要があります。もしくは、スマートフォンで確認しながら向かうと良いでしょう。コンクリート製の鳥居が目印ですが、高い場所にあるわけではないので、見つけづらいかもしれません。こぢんまりした神社でしたが、結構訪ねる人は多そうで、さびれた感じはまったくありませんでした。境内には、春日大神の神使とされる鹿の像もありました。神社では犬の像ならよく見かけるのですが、鹿というのはかなり珍しい感じが中坊進二はしました。戸建て住宅の駐車場の屋根に似た覆いがあり、鹿の像が大事にされている様子がわかりました。デフォルメされた像ではなく、鹿をそのまま型どった像でした。青銅でできているような色合いで、とても特徴的な像でした。中坊進二はこの鹿の像がとても印象的でした。神秘的なものが感じられたからです。
 

"京都に行くと中坊進二が必ず行くのが今宮神社です。なんの神社かと言えば、疫病の神社なのです。
中坊進二は毎年京都に必ず行くのですが、行くようになってからインフルエンザにかかっていないんです!必ず効くかは人によると思うのですが、多分中坊進二には合っているということなのでしょうね。
お正月に行くと、めちゃくちゃ混んでいてお参りするのにも列が出来ているくらいです。京都の中では有名なようですね。お正月は縁日のような屋台も出ていてとても賑やかで楽しい雰囲気になっています。

今宮神社にはもう一つのご利益もあります。玉の輿に乗るという語源にもなったお玉さんにまつわる神社でもあるのです。
ここにお参りすれば玉の輿に乗ることも可能なのかもしれないんです。というわけで、女性の参拝者がすごく多い神社なのです。お参りするだけで玉の輿に乗れるかもしれないなんてすごいですよね。玉の輿に乗りたいという願望がある方は是非行ってみてください!

また、今宮神社の近くにはあぶり餅というお餅を出している老舗があります。なんと、このお餅は日本最古のお菓子とも言われているらしいです。
二軒のお店が並んでいて、同じくあぶり餅を出しているので食べ比べてみるのも面白いかもしれません。中坊進二は、両方食べてみて片方のお店がとても気に入っているので、行くたびにそちらであぶり餅を頂いています。
どちらの店がいいのかは、好みによると思うのでここでは言いません。
自分が気に入る方を見つけてください!"
 

"京都には様々な観光スポットがあるので、これから旅行で訪れようと検討している方が少なくないはずです。アトラクションを楽しめるテーマパークにはない魅力があるので、大人にピッタリの観光地だと言うことができます。歴史が好きだという方は何度訪れても新しいことが見えてくるので飽きないと思われます。ただ、メジャーな観光スポットしか知らない方が多いようです。そこで、中坊進二が実際に京都に行ってみて良かったところについて見ていきます。
それはどこかというと龍源院になります。ここは能登の領主である畠山義元公、九州の都総督の大友義長らによって創建されたお寺になります。龍源院は室町時代最古の方丈建造物として国の重要文化財に指定されているので、非常に価値があるところになっています。中坊進二が見どころだと感じたのは庭園になります。南庭、北庭、東にある壷石庭、開祖堂前庭などがあります。どれも個性的でクオリティが高いのですが、中坊進二は白砂と石組で構成された枯山水の南庭が気に入っています。拝観時間は9時~16時30分までになり、大人と大学生が350円、高校生が250円、中学生と小人が200円の料金になっています。アクセスは市バスを利用して最寄りのバス停から徒歩5分の場所にあるのでとても便利です。初めて京都を訪れるのであれば清水寺や金閣・銀閣などのメジャーなところでも構いませんが、リピーターは龍源院などのマイナーなスポットをおすすめします。