パパとママのためのワークライフバランス研究所

仕事で効率よく成果を上げて、家庭では子育てを楽しむ、そんな笑顔のパパとママを増やすため、働き方、子育て、ワークライフバランスなどに関するお役立ち情報をお伝えします。

本ブログでは、働き方、イクボス、子育てなど、ワークライフバランスに関連することを書いています。働き方改革を行い、ワークライフバランスを推進することで、残業を減らして業績を上げることができます。
サラリーマンの働き方を見直して、長時間労働をなくしましょう!そして父親も子育てを楽しみ、母親と子どもの笑顔を増やしましょう!

<読者登録大歓迎です!>
<講演、セミナー、研修、執筆等のご相談は「お問い合わせ」からどうぞ!>

テーマ:

こんにちは、ワークライフバランスコンサルタントの中倉です。

 

昨今は「働き方改革」に関するニュースが毎日のように流れていて、世の中は「働き方改革」ブームの様相を呈しています。

 

しかし「働き方改革」と言っても、長時間労働の是正、仕事と育児・介護との両立支援、柔軟な勤務制度、同一労働同一賃金、有給休暇取得促進、ダイバーシティ推進、業務改善など、これには多くのことが含まれています。

 

そのため「働き方改革」という言葉はイメージが明確にならず、人によって考えていることが異なり、とても分かりにくくなっていると感じています。

 

各企業の人事部長さんも同様でしょう。

 

会社のトップから「ウチの働き方改革はどうなっているんだ?」と言われても、具体的にどういうイメージで問われているのか分からず、何を重点的に説明したらいいのか悩むところではないでしょうか。

 

しかも、今一番注目されている「長時間労働の是正」や「有給休暇の取得促進」については、制度を充実するだけでは改善しません。

 

また、強制的に指示しても現場は疲労するだけです。

 

人事部が慌てて「定時間日の退社徹底」を全社的に通知したなどという話をよく聞きますが、ほとんど効果はありません。

 

実は企業の経営層、管理職から担当者まで、全社的な意識改革が一番重要なのです。

 

そして、それと合わせて業務改善が必要です。

 

業務改善は現場主導で進めなければ効果は出ず、人事部が旗を振っても何も動きません。

 

そのため、ワークライフバランスコンサルタントというのは、外部からその意識改革業務改善をお手伝いする活動をしています。

 

よろしければ、ぜひ一度ご相談くださいませ。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、双子の乳幼児を持つ親の集まりにゲストとして呼ばれて参加しました。

 

乳幼児の発達や健康管理、ケアの仕方などについては一般のお子さんと同じなので、気になることがあれば助産師さんや看護師さん、保育士さんなどに相談するとよいでしょう。

 

しかし、双子の子育てには特有の悩みが色々とあります。

 

今回は参加された10組程度のご夫婦が母親グループと父親グループに分かれて、各々で情報交換しました。

 

私は双子を育てた先輩パパとして、父親グループに入って交流を深めました。

 

双子の二人に能力の差が出てきたときにどう接したらよいか、中高大とどこまで同じ学校に通ったか、教育費は1年にどのくらいかかったかなど、色々な質問が出ましたので、自分自身の経験談をお話ししました。

 

子育てに唯一の正解はありませんが、参考として他者の経験談を聞きたいんだなあと強く感じました。

 

大学の先生や保育士さん、育児支援者などは一般的な助言はできますが、双子の育児経験談を話せる人はほとんどいません。

 

双子の子育ては、身近に相談できる経験者がいないのが一番の不安であり悩みでしょう。

 

今後もお声がけいただければ、ぜひ自分の経験談をお話ししたり、経験に基づくアドバイスを差し上げたいと思います。

 

ご要望があれば、全国どこへでも出張対応いたします。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

あなたの職場で、書類の整理・整頓はできていますか?

 

特に重要なのは「整理」の方です。

 

「整理」というのは、不要な書類を速やかに廃棄することです。

 

要らない書類が溜まっていると、必要な書類を探すのに余計な時間がかかります。

 

書類を一生懸命に探すことも仕事のうちと、勘違いしてはいけません。

 

書類探しの時間は、何の付加価値も生まないムダな時間です。

 

忙しそうにいつも書類を探している人、あなたの職場にいませんか?

 

このムダな時間が「塵も積もれば山となる」のです。

 

例えば1回5分の書類探し時間が1日に3回あったとしましょう。

 

それが毎日あると1か月22日間として330分=5.5時間。

 

つまりこの書類探しの時間がなくなれば、それだけで残業時間が毎月5時間減らせるわけです。

 

そのためにも書類の整理を習慣付けましょう。

 

不要な書類を溜め込まないようにするには、廃棄ルールを明確に決めておくことがポイントです。

 

また、廃棄するための作業時間を意識的に毎週確保する必要があります。

 

「そのうち時間があるときに」などと思っているとなかなか手がつかず、要らない書類が溜まってしまいます。

 

こういうちょっとした業務改善をして、まずは身の回りから働き方改革を始めませんか。

 

 

 

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨今、「働き方改革」が時代のキーワードのようになっています。

 

連日マスコミにも関連記事が出ています。

 

その中でも、電通事件をきっかけに長時間労働の是正が特に注目されていて、各企業でさまざまな取り組みが始まっています。

 

働き方改革実施企業を対象にしたアンケート調査などで、効果的だった施策として「20時になったらパソコンの電源を自動的に落とす」「職場の照明を強制的に消す」などが挙げられていました。

 

そうすることで当然、全社の残業時間は大幅に削減されます。

 

しかし、強制的に残業できない環境にするだけでは持ち帰り残業や隠れ残業などが発生し、働き方改革どころかコンプライアンス上の問題が発生しやすくなります。

 

限られた時間内でどうやって成果を出すか、職場全体の業務をいかに効率化できるか、そういうことをメンバーで話し合って働き方を変えていくことそれが長時間労働の是正で最も重要なことです。

 

そしてそのためには、組織のトップが本気で業務改善の旗を振ることが必須です。

 

トップの意識が低い、理解が低い場合は、外部情報などで刺激を与えるとともに、ぜひ改善提案を上げていきましょう。

 

 

 
 

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、ワークライフバランスコンサルタントの中倉です。

 

一般的には、夫婦が二人とも会社に勤めたりして収入を得ている家庭を「共働き世帯」と呼んでいます。

 

れに対して妻が専業主婦である世帯を「専業主婦世帯」と呼んでいます。

 

今では高度経済成長期と比率が逆転し、共働き世帯の方が多くなっています。

 

この共働き世帯について、「共稼ぎ世帯」と呼ぶべきだと主張している人もいます。

 

では「共働き」と「共稼ぎ」はどう違うのでしょう?

 

文字通りの意味では、「共働き」は夫婦が二人とも働いていることで、「共稼ぎ」は夫婦が二人とも働いて収入を得ること、でしょう。

 

厳密にいえば、専業主婦も家庭で家事労働という仕事をしているので、そう考えるといわゆる専業主婦世帯も「共働き世帯」と言えますね。

 

家事労働や子育てはその労働に対する対価(お金)が直接支払われないので、「主婦は仕事をしていない」などと勘違いする人がいますが、そんなことはありません。

 

私は日頃から「子育ては人生の中で最大の仕事」「子育ては夫婦で協力して行う人生最大のプロジェクト」だと考えています。

 

家事も子育ても大変な仕事です。

 

近では専業主夫も増えていますし、兼業や在宅勤務など、働き方の選択肢も増えています。

 

会社の仕事だけでなく家庭の仕事も合わせて、夫婦でよく話し合って柔軟に役割分担していただきたいと思います。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。