共謀罪法案は廃案に

テーマ:
    19日金曜日、市駅前で宣伝しました。

      全国で共謀罪法案を廃案を求める声が大きくなっています。
     60万人を越える請願署名など反対する国民の声を無視して数の力で強行成立をはかろうとしています。

     この間、秘密保護法、盗聴法拡大、安保法制の強行に続き、9条改憲発言などの動きと一体となって、「もの言えぬ監視社会」を作り出す共謀罪法案は、日本を戦争する国へと向かわせるものです。