あヴぁんだんど 2016.07.18 @ 渋谷ミルキーウェイ(new encounters vol.8)


セットリスト:
1. あヴぁんだんど
2. Have Some Dreams
3. 勝手にしやがれ
4. あヴぁんだんど(funny bossa mix)
5. オンナノコヤマイ
6. Magical Symphonic Girl
7. てのひら


ピチカートのSE、「ヴぁー!」、メンバー登場、今日はチャイナ服のコスプレのようです。ベージュの地色に模様の入ったボディにその上下は黒、パニエでふくらませたスカート。襟元などに水色の房がついています。なお夏季さんはやはり黒主体ですがボディ前に青のドラゴンの刺繍入りの布が入り、丸衿と袖口も青、こちらはキョンシーだったそう。ボディの部分が大変タイトな衣装であるため、メンバー三人ともハイウエストで、非常にスタイルが良いことがわかります。あとで伺ったのですがチャイナ服は事務所にあったものだそうで、二着しかなかったので夏季さんはキョンシーになったということです。
べにさん「みなさんおはようございます、あヴぁんだんど、です!」
こたおさん「みなさんこんばんは、ではない、おはようございます!」
べにさんはお下げツインテール、こたおさんはなにも細工をしていないロングヘアー、なつきさんは左右に小さくお団子にまとめた中国娘スタイル、右にひまわりのパッチン留め、左にもアクセサリーを付けています。

一曲目「あヴぁんだんど」、いつもは吼える「なぜー!」を素直に歌い上げるべにさん。
今日のあヴぁんだんど、小日向夏季さんの生誕祭の2日後なのですが、生誕という大きなイベントを経たせいか、静けさをたたえつつ充実しています。生誕を祝われた喜びに満ちた夏季さん、現メンバーになって最初のうちは必死さが痛々しいほどだったのが余裕を感じさせるようになったべにさん、そして加入当初はしばしば「二人と一人」風に浮いてしまっていたところが完全にグループに一体化したこたおさん。あヴぁんだんどというグループは、新しいフェイズに入ったのだな、と、思わされます。
しかしながら、あヴぁヲタの数は多くなく、というよりごく少なく、生誕という大イベントのあとにこれだとメンバーはがっかりしないかなあと心配してしまいましたけれども。まあ生誕に行く予定にしていたところがライブに間に合わなかったわたくしの言えた義理ではありませんが。
「みんなも一緒に!」と煽るべにさん。

べにさん「うさべに、です!」
こたおさん「今日は、うみの日、ですねー、わたし、うみ、嫌いなんで」
衣装の紹介、先ほど記したとおりですが、夏季さんはキョンシーの帽子をかぶって見せますけれど、この帽子にはお札がついていて顔が隠れるので被るのをやめたようです。

こたおさんの曲名アナウンス、「Have Some Dreams」、新メンバーになって二回目の披露です。イントロからして振り付けがかなり変わっていますね。
こたおさんのソロ、フロアにハンドクラップを求めるべにさん、夏季さん。
かつて東雲好さんのパートだった「前髪はねる」では、ソロを取る好さんだけが前髪をはねる仕草をしていたところが、三人揃っての仕草となっていました。
新しい振り付け、全体に、バレエを思わせる手足の使い方が認められます。以前にくらべ、息の長い、また、長い線を感じさせる振り付けになっています。振り付け担当のべにさんが成長したことの反映なのでしょうか。
かつて扇風機が持ち出されていたところではこたおさんが団扇を出してきて三人があおぎます。サブカル趣味が次第に無くなりつつあるということでしょうか。
「殺しあって」ではソロを取るべにさんが後ろに位置し、こたおさんと夏季さんが首を絞め合いますが、ソロイストと群舞の位置関係は以前と前後が逆になったのかな?

三曲目「勝手にしやがれ」、べにさん「夏休み、まだかなー、こたおちゃん連れて行きたい…」
こたおさんのソロ「止まりたくない」で渋い顔をしてみせるべにさん。
先に記したごとく、とても安定したグループになったなあと思わせてくれるあヴぁんだんど。
「普段のあヴぁんだんど」シーン、こたおさん「シェーシェー!」、べにさん「ニーハオ!」、夏季さん「いらっしゃいませー!」、べにさん「世界一!」、夏季さん「かわいいアイドル!」、こたおさん「わたしたち!」、三人「あヴぁんだんど!」、その後の混乱シーンでは「ショーロンポー!」などと叫ぶべにさん。
ラスト前、べにさん「跳ぶよ!もっと!」

べにさん「ありがとうございました!」
こたおさん「暑いアルね。わたしね、中国語、しゃべれるよ」
中国語でしゃべるこたおさん、夏季さん「うちら、水飲んでよう」
こたおさんのしゃべった中国語を「ほんとにわかるひと、いるのかな…いまの適当なのね?」と夏季さん、「適当」とこたえるこたおさん。
タモリさんが中国語をしゃべる様子をYouTubeで夏季さんが見ていたと明かすべにさん、これはたぶん「四ヶ国語マージャン」という往年のネタですね。
べにさん「なっちゃん、静岡、海に面してる?」、わからない夏季さん、そうとう面していると客席からツッコミが入ります。べにさん「島国だからね」と言った後で海に面していない県の存在に思い当たったらしく「奈良とか」と自己フォロー。

四曲目「あヴぁんだんど(funny bossa mix)」、こたおさんと夏季さんからプロポーズされて夏季さんの手を取るべにさん。べにさんのピルエットが美しい。
こたおさんのソロ、べにさんはピアノの弾きぶりですがグリッサンドまで交えて芸が細かい。夏季さんはサックスあるいはリコーダー。
三人がてのひらを下向けにして前に。

ほぼ切れ目無しに五曲目「オンナノコヤマイ」、女の子らしいかわいらしさから無表情へと移り変わる夏季さんのお顔。
オケが入ってイントロで「聞いてください、オンナノコヤマイ!」と叫ぶべにさん。
夏季さんの「乙女の覚悟みせてやるよ!」は大変力強く歌われ、歌詞に乗せて本音を語っているのじゃないかと思わされますが、そもそも自分の意思をはっきり示すことのごくごく少ない夏季さんですから、「覚悟」は文字通り相当な覚悟だったのではないかと思われます。
エンディング近くでべにさんがスカートの下にはいていた白いパニエが落ちてしまいます。べにさんが極端に細身であるせいなのでしょうね。

六曲目「Magical Symphonic Girl」、「オンナノコヤマイ」とともにつるうちはなさんの作曲になるもの。べにさんが団扇で夏季さんのスカートを煽ってふざけます。寄り目をしてみせるべにさん。
「オンナノコヤマイ」では夏季さんが歌詞に乗せて本音を語ったのかなと思わせてくれましたが、この「Magical Symphonic Girl」の「負けるな…女の子!」を歌うべにさんも歌詞によって本音を語っていたように思えます。
セリフのシーン、夏季さん「愛されたくってもがいてるアルよ…ダメだ」、「空ごと…変えるアルよ」とこたおさん、「幸せ者って?」と、ここはふざけないべにさん。

「MSG」で終わりかと思っていると七曲目「てのひら」、今日は30分の長丁場だったのでした。イントロで「最後の曲です!みなさん今日は!」、一瞬の沈黙ののち「ありがとね!」とべにさん、沈黙は感情が高まってしまったことによるのかなと思いましたけれども。
こたおさんの「普通の女の子」で両手を合わせて礼をするべにさん、中国娘振りかな。べにさんのピルエット。
べにさん、「いつかは消えてゆく…」を笑顔で歌いますが、この歌詞は哀しさゆえに笑顔で歌われたほうが沁みますね。
「手、伸ばして!」でわきの下をもう片手でカバーするべにさん。


べにさん「ありがとうございました!みな、朝早くから、ありがとうございました!」
夏季さん「ありがとう!物販は、終演後になります!」
べにさん「がんばったね!」と夏季さんが無事アナウンスできたことを労います。
団扇などを拾ってひっこむメンバー、おまいつがごく少ないのでどうなるかと思いましたが「やっぱ、あヴぁんだんど、だなー!」「だなー!」はいつもと少しタイミングが異なりやや早めではありますが、無事唱えられます。新しいファンの方も育ってきてくださっているのでしょうね。

小日向夏季生誕を終えて最初のライブ、ヴぁヲタが非常に少ないライブでしたが、グループの静かな充実振りがすばらしかったです。そして、小鳥こたおさんが、もはや新メンバーではないな、完全にグループの一員となってくれたな、と感じられたのもうれしいことでした。
AD
あヴぁんだんど 2016.07.15 @ 新宿BLAZE(夏の魔物 ROAD TO 10th ANNIVERSARYシリーズ~地獄篇~)


セットリスト:
1. オンナノコヤマイ
2. あヴぁんだんど
※セットリスト作成には、@ASAknow_さん、@ao_megane2013さんのご協力を得ました。ありがとうございました。


会場に入るとすでに「オンナノコヤマイ」が始まっています。今回はタイムテーブルの発表も、持ち時間(尺)の発表も無かったことも影響して、最初からステージをみられず、無念なことになってしまいました。
その後に歌ったNECRONOMIDOLがたった一曲(「SKULLS IN THE STARS」)だったので「あれ?」と思ったのですが、持ち時間が五分(!)ということもあって他のグループはみな一曲きりで、二曲歌ったのはあヴぁんだんどだけだったのですね。他は一曲やってあとはアナウンスとしていたところ、アナウンスを曲中に行い曲数を増やすという戦法で来たわけです。
「あヴぁんだんど」で吼えるべにさん、しかし一時期のような悲壮な感じはありません。

「夏の魔物」の出場を掛けて争うという趣向なのですが、ライブが一通り終わって対象となる5グループが並ぶと、出番の関係かあヴぁんだんどがセンター、司会の「二丁ハロ」に「衣装がかぶってる、減点」と言われたりしますけれど。
夏季さんと自分は去年夏の魔物に出たが、こたおさんは去年は加入前だったために青森にはまだ行っていないので投票よろしくとべにさん。

結果として出場はかなわず。投票券が入場時に配り忘れられていた観客が居たり(!わたくしです)、投票券の配り忘れに関するアナウンスがなかったり、投票時間がごく短かったりと、いささか疑問な点もありましたけれど。
また、物販が無いため、なんとなく中途半端な気持ちにさせられるイベントでもありました。
AD
あヴぁんだんど 2016.07.10 @ 渋谷ミルキーウェイ(new encounters vol.7)


セットリスト:
1. さいごのクリスマス
2. 勝手にしやがれ
3. オンナノコヤマイ
4. てのひら
5. 点滅ばいばい
6. あヴぁんだんど


ピチカートのSE、「ヴぁー!」、メンバー登場。
べにさん「おはようございます!」、お下げツインテール。こたおさんは左側にすこしだけ、シースルーのリボンで髪を束ねて。夏季さんは右手側にパッチン留め三つ、頭のてっぺんから、赤、黄色、白、かな、と思いますが、もしかしたら後ろふたつはどちらも黄色、あるいは白、だったかもしれません。
べにさん「お待たせしました!」
最前からのヲタクが座り込んでいるのを見て夏季さん「みんな座っている…後ろ(に居る人が)見えるようにかな…(座り込んでいるのは嬉しいまたはありがたいけれど)曲、始まるよ!」

始まったのは「さいごのクリスマス」。
こたおさんのソロを背景に夏季さん「それでは!」と、頭に赤い枠のカゴを被ったかと思うと、べにさんがランドセルから出したボールを投げ入れます。
べにさん「みんなも一緒に!」、ピルエット。オーラス、トナカイの鈴の音に耳澄ます三人。

間髪をいれずイントロ、べにさん「冬の曲やったけど、いま夏だから、やっぱり夏の曲がいいなあ!」
二曲目「勝手にしやがれ」、しばらく耳にしなかった「缶チューハイ」MIX。
「普段のあヴぁんだんど」シーン、こたおさん「暑いですね!」、べにさん「アイスまんじゅう…」、夏季さんのセリフは聞き取れませんでした。引き続くパートではこたおさん「冷ソーメン!」、べにさんの早口言葉「生麦…」はあまり上手くないのがご愛嬌。
べにさんが先ほどのカゴを頭に載せ、夏季さんがボールを投げ入れていたのかな。
べにさん「と・ぶ・よー!…ありがとう!」
エンディングに被せる「夏夏夏夏」MIX、ヲタク諸氏の「やっぱ、あヴぁんだんど、だなー!」に被せるべにさんの「だなー!」

MC、べにさん「ありがとうございます!うさべに、です!」、夏季さん「夏季、です!」、こたおさん「こたお、です!」、べにさん「わたしたちー!」以下は普段のライブと変わりませんが、後になってわかるのですけれど、今日のライブは二十五分の尺に六曲収めるために、いつもの「推せる、愛せる…」を敢えて避けた模様です。
一週間後に同会場にて行われる夏季さん生誕をアナウンスするべにさん、おやすみホログラム、里咲りさ(aka社長、ex.少女閣下のインターナショナル)とのスリーマンと夏季さん、「うそ!」と過剰に反応してみせるべにさん。
べにさん「なっちゃん、何歳になるの?」
夏季さん「(それを)訊く?…13歳に、なります…」
欲しいものはないのか、ヲタクが高いもの買ってくれる、金券とか、と、夏季さんに向かってべにさんが炊きつけるものの、いまは茶がほしいと質素な答えを返す夏季さんの怜悧さよ、そして、言葉通り夏季さんはステージに置いておいたペットボトルからお茶を飲みます。
間が持たなくなったのか、欲しいものは?と、こたおさんに問うべにさん、土地とか、とこたおさん、夏季さんの出身地を意識してか、静岡あたりなら?と、べにさん。

べにさん「次の曲は…13歳の子が緊張しながらやります」、三曲目「オンナノコヤマイ」はつるうちはなさんの曲、現メンバーのあヴぁんだんどにとって最初のオリジナル曲です。
イントロの夏季さん、可愛さと無表情とを移行する、多彩な表情をみせてくれます。普通の女の子らしさを演じた後で、普通の女の子がいかに普通でないかを、暴くがごとき、晒すがごとき、演技と歌唱。
べにさんの歌う「受け止めてよ!」というフレーズを聴き手はみずからに向けられたメッセージとして真面目に捉えなければ、それこそ、受け止めなければ、いけないのではないかと感じました。
ここ渋谷ミルキーウェイの照明ですが、サビでは多彩な表情を提示するのに、それ以外のところではあえて変化を乏しくして置くところに、会場の狭さ(失礼)と限られた機材(重ねて失礼)という過酷な条件下での照明設計の一つの回答を、適切さを、示してくれたように思いました。

アウトロに被せるかのように、否、被せて、四曲目「てのひら」が始まります。
オープニングの握手会シーン、あまりにもさまざまな思い出が見るものの脳裏をよぎります。さまざますぎる、しかし、そのさまざまなすべては、歌詞に歌われているとおり、いつかは泡のように消えていくのです、反目も反発も、なにもかも。
べにさん「まだまだ行くよー!」
夏季さんのリフト、こたおさんがマイクを落としてしまっていたようで拾いますがマイクがオープンのまま落ちていたならノイズが発生するところ、そんなノイズを聞いた覚えはありませんから、ミルキーウェイの音響スタッフがすばやくクローズにしていたのでしょうか。
べにさんの「手、伸ばして!」で客前に来るメンバー、わたくし最前にいたので強烈な押しを体験いたしました。
べにさん「ハロー…そばにいてね」という歌詞がどこかべにさんの本音とシンクロしていたような。

べにさん「…曲、聞いてください、点滅ばいばい」、五曲目「点滅ばいばい」
この曲の「好きだから…夢みたんだね」、そして夏季さんの「見捨てられて」や、べにさんの「僕のこと」といった歌詞が先に記した「てのひら」と同じようにメンバーそれぞれの本音であるかのように響きます。
この曲の歌詞は詩人・最果タヒさんがあヴぁんだんどメンバーにいわば当て書きしたものなのですが、当時四人だったメンバーはすでに二人しか、宇佐蔵べにと小日向夏季しか、残っていません。それでも、歌詞がメンバーの本音であるかのように響くのは、最果氏のあヴぁんだんどというグループへの洞察の正しさを証かし立てているのと同時に、当て書きされた歌詞を理解するのみならず歌詞を超えた表現へとあゆみ出たメンバーの力量を示すものでしょう。

アウトロにもろに被さるスネアの連打。べにさん「最後の曲です!」、六曲目「あヴぁんだんど」、グループのテーマ曲です。
「どこへ行くの」、この歌詞を、べにさんは、他人が作詞して与えられたものであるという事実を超えて、みずからへの問いとして歌っていたように思えました。そのことの証拠なのか否か、美しくピルエットを決めたあと歌いだしたべにさんのソロの締めくくり「なぜー!」は、これまでの多くのライブでは吼えるように、非難あるいは否定の叫びの如く歌われていたのと異なり、喜びを感じさせるものとなっていました。
こたおさんのソロの背後でべにさんが先ほどの網を頭に載せ、夏季さんがボールを投げます。
べにさん「ま・わ・れー!」

曲終わってべにさん「以上、わたしたち…」、というところへ「ちょっと待ったぁ!」と客席から声が。
べにさん「なんだなんだ!…そうだ、わたしたち、あヴぁんだんど、は、7月8日に二周年…それですか?」と判りやす過ぎる言葉たち。
客席からメンバーそれぞれにテーマカラーの花束とプレゼントが手渡されます。
喜びつつも、こたおさん「わたし、まだ一ヶ月!」、湧く客席。
それぞれに渡された花束とは別に、べにさん一人にまとめて三人分渡されたプレゼントを夏季さんに示してから、やはり夏季さんに向かってべにさん「このまま、終わろっか!…以上わたしたち…」、ヲタク諸氏「やっぱ…」
去り際に「ボール!」と、さきほど使った小道具をちゃんと持って帰るようにヲタク諸氏から声を掛けられるメンバー。

今日のあヴぁんだんど、新メンバーであるこたおさんがオリジナルメンバーとの違いをまったく感じさせなくなったこと、「オンナノコヤマイ」での夏季さんの演技がますます面白さを感じさせるようになったこと、新メンバーとなってしばらくは必死さが痛ましいほどだったべにさんの歌と踊りに喜びが感じられるようになったことなど、単なるブッキングのうちの一回に過ぎないのに、発見と嬉しさの多いライブでした。
AD