あヴぁんだんど 2017.01.15 @ 渋谷O-nest(ekoms presents 4colors)

 

 

 

セットリスト:
1. Have Some Dreams
2. あヴぁんだんど
3. I AM ア 人間
4. 点滅ばいばい
5. かさぶた
6. オンナノコヤマイ
7. ヴぁんでぃっつ!!!
8. Feedback Friday

 

 

 

渋谷O-nestの舞台は間口三間奥行き二間半、奥に間口二間奥行き一間のドラムス用とおぼしきシートがひかれていますが舞台面とはわずかな高さの差しかないため相当な広さのステージをフルに使うことになるわけです。
ピチカートのSE、「ヴぁー!」、上手からメンバー登場。べにさん「こんばんは、あヴぁんだんど、です!よろしくおねがいします!」、こたおさん「よろしくね!」、べにさん「撮影オッケーなので、なんでも撮ってください!」、こたおさん「カワイイやつ!」
べにさんは赤のリボンでとめたツインテール、こたおさんはポニーテール、二人とも上履きです。


一曲目は「Have Some Dreams」、舞台を大きく使えるために、広い空間を前提としたべにさんの振り付けが活きます。
インド風になる前の「最初から…」を笑顔で歌うのは、二人のあヴぁんだんどの旅立ちとシンクロしたのか、そうではないのか。ということを書くからにはやはりあヴぁんだんどの今後が心配なのでしょうね、わたくしは。
「振り返れば」をピルエットのあとに歌うべにさん、こたおさんのソロの後ろでもくるりと回ります。「扇風機の」では手を扇風機であるかのように回してこたおさんを煽るべにさん、こたおさんの「殺しあって」では首を絞められて宙をうつろに見るべにさん。ラストの「飛んでゆく!」では観客の歓声が上がります、励ましの歓声でしょうか。


二曲目は「あヴぁんだんど」、べにさんが挨拶、Vサイン。べにさんが「ここにいると」と歌っている間にこたおさんは水分補給、ステージが広いうえに今日は30分の長丁場なのでタイミングを見て引くところを引かないとバテますからね。
サークルモッシュ、ラストは二人で「センキュー!」


「ありがとうございました!うさべにです!」「こたおです!」「わたしたち、見捨てられたアイドル、あヴぁんだんど、です!」
驚いたのは、しばらく用いていなかった惹句「見捨てられたアイドル」が復活したことでした。あとで伺うと、あヴぁんだんどを初めて見るお客さんに配慮したとのことです。


こたおさん「さっそく次の曲」、つるうちはなさんのカバー曲、「聞いてください、I AM ア 人間」
三曲目「I AM ア 人間」、イントロの振りつけはパントマイムというより舞踏に近いニュアンスが感じられます。一般にパントマイム…マルセル・マルソー風の、ということになるでしょうけれども…では、声は発しませんが表情は感情豊かなのですが、ここでのメンバーは感情を表すことをセーブしているように見えますので。しかしこれは、西洋人から見た日本人が無表情に見えるようなものなのかもしれませんね。


四曲目「点滅ばいばい」、初演から立ち会った人間にとってはあまりにも多くの思い出をよびさまされるこの曲をもってくるところ、攻めのセトリだなあと感じられますね。イントロ、跳びあがりながらスカートを直すこたおさん。べにさんもソロにおいてターンするときにスカートを片手でおさえています。そのべにさんは「嫌われもの」をどこかふてぶてしさを感じさせる表情で歌いますが、確信犯というよりは次々起こる出来事たちのすべてを受けいれる姿勢がのぞいたものかもしれません、というのは読みすぎかな。続くこたおさんの歌う「見捨てられて」にも、初演のメンバーが見せたような、痛々しさはありません。強くなくては生きていけない、ターンしたあと「好きだから」と歌うべにさん、いっしゅん感情が高まったのかなという表情をみせますがすぐに笑顔へ、そう、強くなくては生きていけない。べにさんが歌う「見捨てられて」には、あきらめを超えた、積極的な受容を読んだのですが、思い入れが過ぎるというものでしょうか。


五曲目はべにさん作詞による新曲「かさぶた」、前日の桜台poolでのパフォーマンスでは叫ぶように歌われていましたが今日は意識的に抑えた歌唱にしていたように感じましたが、この曲は、やはり歌詞を聞かせる曲でありまして、バックとともに叫んでしまっては、歌詞の効果が薄れるのじゃないかと改めて思いました。ピルエットしつつ歌うべにさん、息が切れそうになりながらも。二人の歌う「溶けないアイスは存在しない」とは、アイドル自身によるアイドルの否定なのかなと、考えさせられますね。「おなか空いても歩いてく」、コミカルな振りがついていますけれど、なかなか人気が得られなくてもアイドルを辞めないという強い意志の表明なのでしょうか、とするとここでのVサインは、ヴぁんでぃっつ!!!の「最後には笑うんだ!」と等価なのでしょうね。二日続けてのライブ、バックに対抗するようにあるいは引きずられるように叫んでしまっていた昨日と、バックはあくまでバックとして扱い、自分たちをアピールするのに最適な姿勢を探った上での演舞歌唱を企てたように思えた今日と。この曲のパフォーマンスにおける両日の違いこそ、オリジナルメンバーがたった一人になっても、二人になっても歩みをやめない、あヴぁんだんどの姿を明らかに示していたのかなと思います。


べにさん「ありがとうございます!イェイイェイ!ここで、あヴぁんだんどから、告知が!」、翌日に控えた「プロレスビデオ強制視聴というおぞましいイベント」の紹介、デスマッチとは「殺す以外なんでもあり」、顔にカミソリをつけたり、と、うれしそうなこたおさん、初心者の人はウサベニと一緒に、と、おびえるべにさん。


六曲目「オンナノコヤマイ」、この曲のパート分けははまだ動いているようで「大丈夫」を二人、「ここにも」をこたおさん、「わたしも」をべにさん、「病気みたい」を二人で歌いますが、基本的にはユニゾンを減らして歌を振り分けることで個々の歌う分量を減らしているようですね。イントロで「聞いてください!オンナノコヤマイ!」とこたおさん。べにさんの白目。


七曲目、べにさん「聞いてください!ヴぁんでぃっつ!」、「ヴぁんでぃっつ!!!」も「オンナノコヤマイ」と同じくつるうちはなさんの手になる曲。「…傷つけるためになんか…」で声が震えるべにさん、疲れが出てくるところであるためか、どうしても歌詞とのシンクロが生じてしまうためか。そのべにさんは「最後には笑うんだ!イェー!」で片手で頭を抱える振り。ラストの「贈る賛歌!」がステージの上と下と、アイドルとヲタク双方の祈りと感じられるのはいつもながら切ない。


ラスト曲は「Feedback Friday」、べにさん「最後の曲です!」、あいまに水分補給したこたおさんが「いくよー!」と吼えると、水を飲んでいたべにさんがボトルを投げて曲に合流。べにさんのボウタイがほどけ掛けているのがみえます。この曲、いまの二人になってから振りを変えたのかな?べにさんが寝ているあいまに水を飲むこたおさん、ひとりでプロポーズする側と受ける側を演じるこたおさん。べにさんにケリをいれて目覚めさせます。
べにさんに足を掛けてソロを取るところ、わずかにタイミングが遅れるこたおさんですがパフォーマンスには影響なし、そのこたおさんが「恋のウイルス」と歌うところでべにさんはボウタイをほどいて投げます。「止まらなくて」で客席からなにか袋に入ったものを渡されるこたおさん、べにさんは「最後…」「まだまだ行くよ!」と叫びます。後ろ向きでエンディング。
「以上わたしたち、あヴぁんだんど、でした!ありがとうございました!」


広い会場でただ叫ぶのではなく、会場もパフォーマンスの一部として活かす姿勢を見せてくれたのかな、というあヴぁんだんど、新曲「かさぶた」の歌い方に前日と比べてもあきらかな工夫が認められたのが収穫でした。


 

AD

あヴぁんだんど 2017.01.14 @ 桜台pool(電影と少年CQ #12 痙攣的ギャグと誇大妄想的ギグ)

 


セットリスト:
1. あヴぁんだんど
2. オンナノコヤマイ
3. かさぶた
4. 文鳥
5. Magical Symphonic Girl
6. てのひら
7. ヴぁんでぃっつ!!!

 


会場の桜台poolは地下二階の会場ですが、通路にはしごなどが散乱していてまるで建築現場のよう。客席とステージに段差がまったくなく、どこからがステージなのかもわかりません。以前「少女閣下のインターナショナル」がライブを行った会場だそうで少ナショのヲタさんがそのときのライブの模様を話してくれます。


今回のあヴぁんだんどのライブは電影と少年CQさんの主催によるもので、ライブに先立って男女各一名の電影と少年CQメンバーによる各グループを架空の映画になぞらえた紹介がなされます。あヴぁんだんどは「アラスカ州で実際に起きた殺人事件」をモデルに1968年、モッズに湧くイギリスで製作された映画と紹介されます。

 

ピチカートのSE、会場への扉が開きます。三輪車に乗ったべにさんが見え、フロアが沸きますが、扉の開くのがどうもタイミング的に早かったらしいことがあとでアナウンスされます。
三輪車に乗ってべにさん登場「こんにちわ、あヴぁんだんど、です!みんな元気かい!」べにさんは赤のリボンでとめたツインテール、こたおさんはロング。白のソックスにこたおさんは上履きですがべにさんは甲に刺繍をした黒のバレエシューズ。胸元のテーマカラーのバッジは相変わらず。

 

一曲目「あヴぁんだんど」、振りかえる振りのところ、振り返るなり目を上げる仕草にしていたはずが、振り返ってから少しおいて目を上げるべにさん、こまかなところに気を使って表現を練っているのですね。ピルエットを入れてくるべにさん、「満たされないのは」は叫ばず、笑顔で歌われます。サークルモッシュ、二人で「センキュー!」


「うさべにです!」「こたおです!」「わたしたち、あヴぁんだんど、です!よろしくお願いします!」、主催者に礼を述べるこたおさん、「なんか変なところですね」と会場の印象を口にするべにさん、「すてきなところ」とフォローするこたおさん。
三輪車に乗って登場したい、と導入したのだけれど、開幕にドアを開けられるのが早すぎてネタバレしたとべにさん、その三輪車はは990円でリサイクルショップで買ったと明かします、漫画などがあしらわれた子供用のものですね。

 

こたおさん「次の曲、オンナノコヤマイ」
二曲目「オンナノコヤマイ」、以前は二人のユニゾンで歌いだされていましたが、こたおさん「大丈夫」、べにさん「ここにもいるよ」という具合にパートを分けるようになりました、一人当たりの歌う量が多くなりすぎないようにする目的でしょう。ピルエットののち「ビリビリ…」とべにさん。
「乙女の覚悟」は二人で。エンディングにべにさんのツインテールをハンドルのように持つこたおさん。

 

三曲目は新曲「かさぶた」、ビートの効いた音をバックにシャウトするナンバーですが、この曲、歌詞を伝えるためには、叫んで歌う必要はないのじゃなかろうかと感じました。そもそも、バックが激しく歌も激しくという対比がなくなった状態では、伝えられることの幅が狭くなるように思えるのですが。「歩いていく、二人で」でVサインをしてみせるべにさんこたおさん、いまのあヴぁんだんどに当てた振りですね。
二人の動きが揃ったラスト。

 

つづいて四曲目「文鳥」、イントロで「…桜台pool、楽しんでいきましょう!」、シューズを蹴り脱ぐべにさん。「君のかたち」でちいさな四角形を指でかたちづくるこたおさん。ラストでべにさん「ありがとうございました!」

 

MC、蹴り脱いだシューズを履くべにさん、こたおさん「脱げたの?」、べにさん「脱いだの」
べにさん「若干、子ども扱い、するよね」、こたおさん「べにちゃん、大人ですから」、べにさん「18歳です」
ライブ予定をアナウンス、16日のプロレス関連のイベントにつきこたおさん「デスマッチは楽しい、殺してはいけない以外、なにやってもいい」、プロレスに関してべにさんは初心者、こたおさんはコアと。

 

べにさん「あヴぁんだんど、ラストスパート…マジカルシンフォニック!」、こたおさん「ガール!」
五曲目「Magical Symphonic Girl」、セリフのシーンラスト、べにさん「幸せもの、って」、べにさんこたおさん「わたしだよ、って!」、舞台に立つものと見守るもの、ヲタクとアイドルとの、お互いのお互いに対する祈り。今日たまたま集まった、今は主現場をほかに持つかつてのヴぁヲタさんたちも、ともに祈ってくれていたことでしょう。
「生きてる!?」で左手を上げるべにさん、長袖のシャツなのにわきの下をカバーする仕草。
今日は先に記したようにヴぁ関連の新旧のヲタさんが多く、なかなか盛り上がります。

 

つづいて「てのひら」、オープニングの握手会シーンでは態度を変えて二通りのヲタクを演じるこたおさん。
かつてはリフトの支えをしながら最前の観客にケリを入れるのをお約束としていたべにさん、そのことを思い出したのか、リフトのところではありませんが、観客にケリを喰らわすしぐさ。なつかしさと嬉しさを感じるとは、ヲタク側にもべにさん側にもそれなりの時間が経過したのだということでありますね。そんな想いゆえか、べにさんが遠くを見るような目をしている…過去を回想していることを示すごく通俗的な表現…かな、と感じられるときがありましたが、さすがにこちらの思い入れが過ぎましょう。
リフトではべにさんがおんぶされてソロ、「なれるのなら」からはべにさんを降ろしたこたおさんが歌います。
「手、のばして!」では三輪車の位置をうごかないべにさん、続く「ステージが」では三輪車の上に立つべにさん、生誕のときを思い出しますね。
落ちサビの「てのひらに」はべにさんに代わって三輪車の上に立ったこたおさん、ほんの一瞬のあいまに水を飲むべにさん。
こたおさんのマイクがオフになっていたのかべにさんが代わりに「とまどうしかないから」と歌います。
この曲の「いつかは…泡のような毎日」という歌詞は、はまりすぎでした。ハートマークで終わり。

 

七曲目「ヴぁんでぃっつ!!!」、べにさん「最後の曲です!」、こたおさんのマイクは相変わらずオフなのでべにさんのマイクで歌います。スタッフが新しいマイクを渡し、マイクが使えるようになりますが、設定されている音量が大きいせいかハウリングがひどい。
二人になってしまったあヴぁんだんど、べにさんの歌う「最後には笑うんだ!」がシャレにならないと感じるのが、こちらの余計な思い入れであって欲しい。三輪車の上に立ちかけてやめるべにさん、「贈る賛歌」は悲鳴のようですが詩とのシンクロだけでなく、体力的にもそうとうな負荷がかかっていたせいかもしれません。

 

二人「ありがとうございました!」、こたおさん「ありがとうございました!いやー!」
べにさん「これ、良い道具だったね」と三輪車を指して。
「以上わたしたち…」、ヲタク諸氏「やっぱ、あヴぁんだんど、だなー!」
「これに乗って帰ろう」とべにさん、三輪車をこぐべにさんの通り道をモーゼの十戒で海が割れるが如くに開ける観客。

 

地下の奇妙な場所でのあヴぁんだんどでした。対バンの関係もあってでしょうが、ひさしぶりにかつてのヲタさんたちも集まって、なかなかもりあがりました。
 

AD

あヴぁんだんど 2017.01.06 @ 新宿ロフト(「今日も963と…。新年会!」 )

 


セットリスト:
1. Magical Symphonic Girl
2. ヴぁんでぃっつ!!!
3. かさぶた(新曲 作詞:宇佐蔵べに 作曲:吉澤幸男[GAGAKIRISE])
4. あヴぁんだんど

 


さて、新年初めてのあヴぁんだんど、ということで待ち構えていると、ピチカートのSEなしにいきなりイントロが。
一曲目「Magical Symphonic Girl」は四人時代の最後のシングルとなった曲で、つるうちはなさんの作品。四人のメンバーをシンフォニーになぞらえたこの曲を、今日はシングルに参加していないこたおさんと四人のうちたった一人残ったべにさんと、二人で演じます。
べにさん「みなさんこんばんは、あヴぁんだんど、です!」、衣装は制服、胸元にスパンコールを使ったものも含めてそれぞれのテーマカラーを用いた数個の缶バッジ、べにさんはお下げツインテール、左手首にテーマカラーの数珠バングル、ランドセル、赤いルージュが目立ちます、50sのニュアンスを感じさせつつ、大人になったという表明でしょうか。こたおさんは普通に髪を下ろしているように見えました。白いソックスにテーマカラーのトウのついた上履き。
曲中、べにさんがなにか叫びますが聞き取れません。この曲でのべにさんはところどころうっすらと涙ぐんでいたように見えましたが、二人になってもライブに来てくれるヲタク諸氏のありがたさを感じていたのだろうか、というのは手前勝手な印象ですね。
セリフのシーン、未来に言い及んだべにさんの語りはいまのあヴぁんだんどそのものですね。こたおさんは963さんに感謝、べにさん「あけましておめでとう!」、続くこたおさんの叫びは聞き取れず、最後にべにさん「2017年も幸せなひとに!」
オーラスの「生きてる!」を叫ぶべにさん、ステージの上でこそ生きられる自分を再確認したのかなと感じました。

 

二曲目「ヴぁんでぃっつ!!!」、べにさん「…聞いてください、ヴぁんでぃっつ!!!」
二人なので舞台が広く、舞台の空間を埋めるためにか大きく踊っているのかなと思われましたが、そのせいか、これまで以上に二人の身体の切れが良いのじゃないかと感じられますけれども、身体の切れの良さは単なる印象ではなく、ロフトの舞台を想定して練習された結果なのでしょうね。
「だれかを傷つけるためになんか」と歌うべにさん、べにさんはとても精神的に強い方と思っていますがそれでも歌詞とシンクロすると歌唱が不安定になるときがあるのかもしれないなと感じました、「最後には笑うんだ!」で声が震えたかなというところも同様の印象を受けましたですね。
ラストの「ヴぁんでぃっつ…」とリフレインするところでは照明が暗くなります。ハンドクラップを求めるべにさん。
ラストの「…贈る賛歌!」は、舞台に立つアイドルと、フロアから見守るヲタクとの、共通する願いの表明、お互いがお互いに贈るエールであると感じられ、切ない思いが沸き起こります。


二人で「ありがとうございます!」
こたおさん「あけましておめでとうございます!掟ポルシェさんと白目キメて来ました!」
べにさん「白目が上手く出来なくて…ただのスケベなおじさんとわたしでした」


新年初ライブとべにさん、新曲の紹介、「歌詞、わたしが書いた」
二人で向かい合って曲名アナウンス、「かさぶた」、ステージではアナウンスされませんでしたが作曲は先日のべにさん生誕でのつるうちはなさんバンドでギターを担当されたGAGAKIRISEの吉澤幸男さんということです。
「水溜り」「歩いてく」「かさぶた取れて、取れかけていて」といった歌詞には、いまのあヴぁんだんどの置かれた苦しい状況を暗示しつつもステージに立つことをやめないという意志が表明されているのでしょう。
合間合間に鋭くピルエットを挟むべにさん、そのべにさんの歌う「アイスの味はもうわかんない」という歌詞は、甘いアイドルからの卒業宣言と取ってよいのかな。シンガーソングライターアイドルとでもいうべきか、アイドルというよりはアートに寄った印象の曲です。べにさんの前にこたおさんの歌った「溶けないアイス」とは、アイドルというあり方のかわりばえのなさを歌ったのか、不動のなにかを求める気持ちを表したのか。
振りつけはもちろんべにさんの手になるものですが、新しい振りの間をこれまでの曲で見慣れた宇佐蔵べに調というか宇佐蔵べに節の振り付けで埋めている感じですけれども、まずは全部埋めるというのはプロとして不可欠なことです。これまでの曲の振り付けが初演から変化していったように、この曲の振りつけもパフォーマンスを重ねるにつれ改変が加えられていくのでしょうね。

 

ラストは「あヴぁんだんど」、べにさん「ありがとうございました!最後の曲です!」、主催の963さんに感謝の気持ちを述べます。
べにさんのボウタイが解けかかっているなと思ってみていると自分で解いて右手に持ったままパフォーマンスするべにさん、こたおさんのソロ、べにさんのピルエット、べにさんが「ここにいるというのに」と歌うあいだにこたおさんは舞台奥にセッティングされたDJセットの後ろを回ります。こたおさんの「夢は…決して」でソロが終わるとまたべにさんがピルエット。
べにさんが「まわれ!」と煽りますがサークルモッシュは起こりません。

二人で「センキュー!」、べにさん「ありがとうございました!以上わたしたち、あヴぁんだんど、でした!」、最敬礼する二人、ここまで背負ったままだったべにさんのランドセルがずり落ちます。物販は終演後とアナウンス。「愛してまーす!」と叫んで退場するこたおさん。


2017年初めてのあヴぁんだんどライブ、痛々しいまでにいまのあヴぁんだんどをみるものに伝える新曲の披露に立ち会えたのは決して多くないヲタクさんでしたが、それぞれに感慨深かったのではないでしょうか。
二人になったあヴぁんだんどですが、べにさんとこたおさんのステージでのパフォーマンス、とくに新曲において「鏡のあちらとこちら」的な印象を強く持ちました。
緊張に満ちたいまの二人のあヴぁんだんどはなかなか良いのですが、もしかしたら新メンバーの補充によってより良い絵になるのかもしれませんね、無責任なことはいえませんが。


 

AD