なか2656の法務ブログ

保険会社の社員が、法律などをできるだけわかりやすく書いたブログです

●保険業法、保険業法施行規則および監督指針の一部の改正については、こちらをご参照ください。
・【解説】保険業法等の一部を改正する法律について
・【解説】保険業法改正に伴う保険業法施行規則および監督指針の一部の改正について
・【解説】保険業法改正と乗合代理店の比較推奨規制/情報提供義務
・【解説】保険業法改正と銀行窓販・損保分野の意向把握義務・非公開金融情報等について

●個人情報保護法改正、パーソナルデータ大綱、マイナンバー法(番号法)等につきましては、こちらをご参照ください。
・【解説】EUデータ保護規則(GDPR)に対する日本企業の対応
・【解説】個人情報保護法の改正法案について
・ジュンク堂書店が防犯カメラで来店者の顔認証データを撮っていることについて

●自民党憲法改正草案・安保関連法等についてまとめてみました。
・自民党憲法改正草案の緊急事態条項について考える
・自民党憲法改正草案を読んでみた(憲法前文~憲法24条まで)
・自民党憲法改正草案を読んでみた(憲法25条~憲法102条まで)

●ビジネス実務法務検定1級・行政書士試験の勉強法等について
・ビジネス実務法務検定1級の勉強方法1(予備校の講座など)
・【まとめ】ビジネス実務法務検定2級の勉強方法

●日本郵政グループかんぽ生命保険コンプライアンス統括部内におけるパワハラについてはこちらをご参照ください。
・日本郵政グループかんぽ生命保険コンプライアンス統括部が部内でパワハラ
・再びかんぽ生命保険のコンプライアンス統括部内でのパワハラを法的に考える/ブラック企業
NEW !
テーマ:
1.日経新聞にジュンク堂書店が再び登場
本日の日経新聞に、2017年の改正個人情報保護法の施行を踏まえ、ジュンク堂書店が防犯カメラで客の顔の画像だけでなく顔認証データも取得している問題などが再び取り上げられていました。

・「顔は個人情報」対応急ぐ 改正法来年に施行 客に告知/匿名化、自主ルール|日本経済新聞



前回、日経新聞がジュンク堂書店のこの防犯カメラの顔認証データの件を大きく取り上げたのは2015年11月ですから、およそ10か月ぶりでしょうか。

■前回のブログ記事
・ジュンク堂書店が防犯カメラで来店者の顔認証データを撮っていることについて

その際の日経の記事は、ジュンク堂書店を、最新のテクノロジーを駆使して日本社会を改革していく“イノベーター”と手放しでべた褒めでした。

ところが平成27年の個人情報保護法改正に伴い、顔認証データなど個人識別符号にあたり個人情報に該当することが明確化されました(改正法2条1項2号、同条2項1号)。

そのため、個人情報の利用目的の通知の観点から、防犯カメラは「取得の状況からみて利用目的が明らかであると認められる場合」に限っては顧客に事前の通知などは不要ですが、防犯カメラで顔の画像だけでなく顔認証データまで取得していることは「取得の状況からみて利用目的が明らかである」とはいえないので、ジュンク堂書店には、「顔認証データも取得している」旨の貼り紙などが必要となります(現行法18条4項4号)。

しかし、今回の日経の記事においても、ジュンク堂書店は、店内に「監視カメラ作動中」と掲示して客に告知しているだけだそうです。

そのうえで日経新聞の記事は、情報化推進国民会議本委員で個人情報保護法・マイナンバー法に詳しい、影島広泰弁護士の、「防犯カメラで収集したデータの利用目的を店頭で告知するなどの対応が求められる」とのコメントを掲載し、ジュンク堂書店の経営陣に止めを刺しています。

いやー。約10か月前は時代の旗手としてジュンク堂書店を紙面で褒めちぎっていたのに、新聞紙とは何とも残酷なものです。

2.業界団体の自主ルール
ところで、この記事の最後の部分には、(匿名加工情報の)「匿名化の詳細な方法は業界団体の自主ルールに委ねられる。」と説明されています。しかしこれは、「個人情報保護委員会規則による」の間違いではないでしょうか(改正法36条)。

また、防犯カメラや顔認証データに関しては、記事によると、顔認証カメラメーカーなどで構成する「日本万引防止システム協会」が自主ルールを作成中であるそうです。これもやや残念な思いです。

本来は、事業者vs消費者・国民と権利関係が激突するこのような場面については、国会が法律などを中立的な立場で作り、紛争の解決を図るべきだったと思います。最低でも、行政庁である個人情報保護委員会が防犯カメラ等に関するガイドライン・指針などを作成すれば、それは消費者側にとって大きく前進であったはずです。

しかし残念ながら今回も国や行政庁が防犯カメラ等のガイドラインや指針などを全国的に作るという話にはならなかったようです。

そのため、この「日本万引防止システム協会」の自主ルールの成立をまずは待ち、消費者側・国民側はその開示を受け、言うべき意見は言うしかないと思われます。2017年からは個人情報保護委員会も本稼働します。もし「日本万引防止システム協会」や全国の小売店等が個人情報保護に関して誠実な対応をしないのなら、消費者・国民としては個人情報保護委員会に申出を行うこともひとつの方策であろうと思われます。

平成27年改正個人情報保護法のしくみ



ニッポンの個人情報 「個人を特定する情報が個人情報である」と信じているすべての方へ



【BUSINESS LAW JOURNAL BOOKS】担当者の疑問に答える マイナンバー法の実務Q&A My Number Act Practice Q&A





法律・法学 ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 法律・法学・司法へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。