テーマ:
宝泉院は京都府京都市左京区にある天台宗のお寺である。勝林院の住職の住むところとして1180年代(平安時代の末期)に作られた。その見所は美しい景観で、神や仏の世界を現したと言われる宝楽園や、昔の情緒があふれる囲炉裏の部屋、そしてなにより「柱と柱の空間を額縁に見立てて鑑賞する」という「額縁庭園」が最大の見所となっている。また庭園の縁側の天上には血がついている。これは関が原の戦い直前に、光成をおびき出すための犠牲になった鳥居元忠が伏見城で流した血だといわれている。元忠の供養のために伏見城の天上を移してきたそうだ。私にとって宝泉院とは芸術そのものであり、また神と一体化できる神秘の場所とも言える。私が訪れたのは3年前だが、未だにあの美しい風景は眼に焼きついている。さて、この宝泉院に向かう道には一部車の通れないところがあったり、専用の駐車場がないため、公共の交通機関を利用して訪れるのがベストだ。この風景を是非、皆にも見て欲しい。
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。