2005-06-16

小説のコンセプトとか

テーマ:内定太郎

コンセプトを色々と思い描く。


読んで具体的に就職活動に役立つ形にしたい。


一方で、それなりにおもしろい就職活動ドラマにもしたい。


適当にシュウカツしてしまった奴が、就職浪人して再起に期する。その中で、社会の実態にモマれ、現実に苦悩し、仲間との距離感に苦しみながら、力強く成長して行く。そして、最後に選んだ道は?


そんなストーリーラインの中に、具体的な自己分析、業界研究、ES、面接の失敗と成功を入れたり、OB・OGを登場させて社会人の姿をリアルに描く。


けっこう、おもしろい気がしてきた。


やっぱ、出てくる業界はどうしよう??まあ、だいたい有名所の企業は、お友達がいますんで、電話一本でいくらでも情報は取れる。


問題は、実はOB訪問とか研究室の同窓会、女子大生との呑み会(・・・)ぐらいでしか学生との接点が無いから、実際のところ学生が何を考えてどう行動するのかがわからないところかも。


自分の時とはスケジュールやスタイルもだいぶ違うし、そもそもあまり覚えてない。


このへんは、このBlogで読者の皆さんに指摘してもらいながら、修正してうまく合わせて行けば良いか。

そんなわけで、よろしく~。




AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2005-06-14

小説を書こうかと思う。

テーマ:内定太郎

更新、さぼりまくってますね。


プロジェクトで失神寸前まで行ってました。ちょっと落ち着いた感じ。

ハァ、心臓、止まるかと思った。。。


で、インスタント技を書いてたわけだけど、続きは、もう遅いかなぁ。

それにここまで書いたんだから、後は、面接の場数こなしてブラッシュアップしてくれって感じもする。


そもそも、こういうハウツーって書いてて、やっぱつまらない。

おこがましいこと言うと、こんなの書いていると自分のレベルまで下がる気がする。


じゃあ、今後、このBlogで何書くかなんだけど、ちょっとアイデアを練ってみた。

読者からの質問とかに応えるQ&Aでもおもしろいかなと思ったけど、Qが来ないと寂しいしあ。


それでふと思ったのが、就職活動の小説なんて、どうだろうか?

「これを読めば、就職活動全体の流れがわかるし、必要とされること・できるようにならなきゃいけないこともわかる、そのためのトレーニングもつめる、社会の実態もわかる」


どうよ?


「面接では、明るく元気に声を出そう。ただ、しゃべりすぎないように」なんてくっだらないアドバイスよりも、主人公が面接でうまく会話ができず苦悩する姿とその中で改善に取り組みそしてコツをつかむ流れを読んで、自身を投影する方がずっと為になると思うのさ。


それに社会の実態を書くにも、あんまり堂々と書いちゃうと、迷惑かかる人とかいそうで怖いんだけど、小説でフィクションですってやっちゃえば、まあ本当のことでも迷惑かからないしね。




ちょっと練ってみよう。


乞う御期待。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。