医師Mのアメブロ

糖質オフ、インスリンオフ、湿潤療法、ビタミン・ケトン療法についてなどなど。


テーマ:

糖尿病では重篤な乳酸アシドーシスが起こる事があります。

 

 

その乳酸アシドーシスのリスクとしては、

・抗インスリン抗体が陽性(インスリンの作用不足になる)

・飲酒

・メトホルミン・SGLT2阻害薬の内服

・ビタミンB1不足

などがあります。

 

 

糖尿病や肝障害があると、

チアミンからコカルボシキラーゼへの代謝がうまくいきません。

予防は、ビタミンB1(ベンフォチアミンなど)の摂取です。

 

 

ベンフォチアミンについてはこちら

 

 

私が飲むならコレを飲みます。

http://jp.m.iherb.com/Country-Life-Benfotiamine-with-Coenzyme-B1-150-mg-60-Veggie-Caps/51093

 

 

前の記事でも書いています

アシドーシス時には、

B1(できればコカルボキシラーゼ)とともに、

インスリンと、できればブドウ糖も合わせて投与した方が改善が早くなります。

 

 

インスリンでブドウ糖を細胞内に押し込むことで、

細胞内ATP不足がなくなり、

全身で起こっている乳酸の産生の過剰亢進が止まります。

 

インスリン投与もブドウ糖投与も

通常であれば極力減らしていますが

重篤な乳酸アシドーシスは別です。

(軽症ではなく「重篤な」場合です)

 

 

 

点滴の場合、

点滴のメインは、

単体でもアシドーシス解消作用のある

ヴィーンFを使用(後発品だとソリューゲンFなど)。

 

ソリューゲンFは酢酸の点滴。

いわば、酢水(すみず)です。

実際に酢の匂いがします。

 

酢酸は全身で使えるので、

細胞内ATP不足の解消に寄与します。

 

ちなみに、「F」はブドウ糖フリーのFだそうです。

インタビューフォームの名称の由来(下記p2)に記載がありました。

http://www.kowa-souyaku.co.jp/upload/item/12/1-pi_026.pdf

 

 

あとは、pHが低すぎる場合はメイロン

 

ビタメジン、コカルボシキラーゼ、とビタミンB。

 

で、重篤な場合はインスリンブドウ糖など。


 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(1)