あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中! コスメのレビューやダイエット日記でポイントゲット!女性限定SNSのキレイナビ ブログタイムズ ブログランキング参加中!
Powered by NINJA TOOLS
マクロミルへ登録

趣味のパン作り&おいしいごはん、ゆうくんの成長記録、

ドキドキのロンドン暮らしが主な内容です。

倹約(節約?)はもはやライフワークかも(笑)

夢のマイホームのために、コツコツ貯金をしています。



イギリスお役立ち情報

イギリスで手に入る食材


ナホにイラスト・ライターなどのお仕事を依頼したい!というかた、

サイドバー右下のメールフォームからご連絡お願いします音譜



NAHOマガジン☆注意とお願い☆

現在INDEX工事中です。不細工な状態ですが、日々改善を務めておりますのでご容赦ください。


読者登録してね
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-12 12:00:00

小旅行気分♪リトルベニスへ

テーマ:ロンドンの暮らし

週末を利用して、

家族でお出かけしてきました!


行き先は、

渡英前からチョッピリ気になっていた、

リトルベニス(Little Venice)です。




リトルベニスはロンドンの西のほう、

といっても繁華街からそう遠いというほどでもないです。

夏のボートに乗っても気持ちのいい時期で、

旅程に余裕のある方にはおすすめ。


せっかくなので、

リトルベニスからそう遠くない場所にある、

アビー・ロード(Abbey Road)にも行ってきました!




↑説明不要だとは思いますが、

ビートルズのジャケット撮影で有名な、

アビーロードの横断歩道。


ごくふつうの何もない横断歩道です。

この横断歩道は

信号機がないタイプの横断歩道なので、

車に気を付けて撮影してください!


わたしたちも撮影しましたが、

ゆうくんが小さすぎるため、

ポーズも何もなくグダグダに。


また近い将来取り直しにきましょう!

(無料だしね・笑)


アビーロードで撮影したあとは、

てくてく歩いリトルベニスへ。



↑これは、リトルベニスに続く、リージェンツ運河。




↑リトル・ベニス。

三角形の池みたいな感じで、

川べりにボートがギッシリ並んでいます。

写真を撮りたくなる風景ではあるけれど、

本当のベニスとはだいぶ違うよね(^_^;)




せっかくなので、

カナル・ボート(ナロー・ボートともいうらしい)

という運河を走る観光ボートに乗ることに。



かなり幅の狭いボートです。

ごく小さい折りたためるベビーカーのみOKで、

しかも折りたたんだベビーカーは、

ボートの屋根の上に積まれます!


カムデン・ロック(Camden Lock)まで大人1人£8.50(片道)

(↑往復だと£12.50)


本当はロンドン動物園で降りたいと思ったんだけれど、

ロンドン動物園の園内で下船するため、

ボート運賃+動物園入場料でお高いお値段に。


もともと動物園に行く気はなかったので、

カムデン・ロックまで乗ることにしました。





水面が非常に近く、

また窓の高さと地面の高さも近いため、

なかなか面白い眺めでした。

緑が生い茂っていて、静かで気持ちよかったです。


ゆうくんもおおはしゃぎ。

(下半身はとわちゃんがしっかり抱えていました)





カムデン・ロック到着。

今回の目的地ではなかったので、

運河沿いを歩いて引き返しました。

(近いうちに下調べして、遊びに行きたい)



向かった先は、プリムローズ・ヒル(Primrose Hill)。


ここでピクニックをして昼食を食べた後、

丘に登って、ロンドン市内を一望。





一応、それなりに有名な高層ビルなどは見えるけど、

ちょっと遠いし、観光に来た人がわざわざ行く場所ではないかも。

(公園内のトイレはきれいな方だったけど)


同じ無料でロンドン市内を望むというのであれば、

スカイガーデンのほうをお勧めします。




天気も晴れたり雲がさしたりで、

暑過ぎず、寒すぎず。


楽しい週末を過ごせました。



English Diary


My son enjoyed Canal Boat trip!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-10 12:00:00

ケンプトンのアンティークマーケット

テーマ:ロンドンの暮らし

渡英する前から、

ずーっと行ってみたいなあ、

と憧れていたケンプトンのアンティークマーケットに行ってきました。




ケンプトンの競馬場で開かれているため、

「ケンプトン・アンティークマーケット」

と、認識されているようですが、

正式名称は「Sunbury Antiques Market (サンバリー? サンベリー?)」です。


競馬場内なので、こんな馬の像も↑。

写真撮影しているのんきな人間はわたしだけでした……。


このアンティークマーケットは、

ロンドン南西のあたり(ヒースロー空港の近く)にあり、

毎月第二、最終火曜に開かれています。

6:30~14:00まで。

でも午前中にしまっちゃうらしいです。

それにいいものは早く行かないとなくなっちゃうしね。



ずっと気になっていたんだけれど、

電車だと2時間近くかかるのと、

わたしの運転では到底行けそうにないと諦めていました……。


が、キューガーデン通いの末、

チャレンジしてみることに!

(キューガーデンに行くルートの先にあるので)


なんとかたどり着くことができました。





いちおう、屋内と屋外と両方にお店(ストール)があるのですが、

屋内は2か所のみ(一か所は写真左の建物内です)

屋外がものすごく広くて、先が見えないくらいで、

正直どこから先に見ていいかわからなくなります。


おまけにこの日は暑かった!

お目当ての品はなく、ひとつだけかわいいと思ったものを買って帰りました。


ちなみにこの日は、

わたしにしては日本人遭遇率が高かったです(笑)

ふだんはお出かけしても全然会わないのにね。


ときどき遊んでもらっているお友達にも偶然ばったり出会いました。




アンティークマーケットの後は、

キューガーデンによってお昼を食べて帰りました。


↑カモメ?を追いかけまわす、ゆうくん。





アンティークマーケットの戦利品。



テーブルランナー?テーブルクロス? 1枚だけ。

£2でした。


ちょっとシミがあったけど、刺繍や縁取りがかわいくって。

シミは洗えば取れると思ったんだけれど、

なんと手洗いしたら破けてしまいました!


シミで生地が弱っていたのかな?

次回購入するときは、布物はシミ要注意です!


ちなみに一緒に映っているバスケット(ハンパー)は、

チャリティーショップで£1でした!


留め具もすべて藤製で気に入っています。




しかし、すべて藤製のため、

ゆうくんによって壊されるリスクも高く……。

内側に保護用の布を縫い付けました。



English Diary


I went to Sunbury Antiques Market.


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-07 12:00:00

パンの記録とフルーツの記録

テーマ:クッキング

最近はベーグルを焼くのにはまっています。




↑ポルチーニ茸とパルミジャーノチーズのベーグル。




↑見た目はいたってふつう。

巻き込んだけれど、あまり風味がでなかった。要改善。





↑とわちゃん母からいただいた、

ほうれん草パウダーを使った2色ねじり食パン。




↑ちょっと過発酵させちゃって、上がつぶれちゃったヽ(;´ω`)ノ






ほんのり苦みのあるお味。

知らないで食べると、抹茶かと思っちゃうかも。


ゆうくんもほうれん草とは気づかずパクパク(o^-')b





この日のフルーツは珍しくゴールデンキウイ。

お安くなっていたので買ってみました。

テスコブランドの袋に入っていたけど、

中のシールはゼスプリのものでした。


「黄色いキウイは甘いよー」といいながら、

ゆうくんに与えてみましたが、やはりだめ。

自発的に一口なんとか口にしたものの、

あとは手付かずでした。



↑ポテサラサンド。

この日はフルーツが豪華!

フラットピーチ、バナナ、キウイ、イチゴ、ブルーベリー。


ゆうくんは、やはりイチゴ、キウイ食べません。

キウイは緑色のでも結構甘くておいしいんだけれど、

色でダメなのか、絶対食べてくれません。

イチゴは……こっちのイチゴ、すっぱいからね~。

わたしも苦手(笑)





↑久しぶりのバターロール。

レーズンなしでもバターの風味のせいか、

ゆうくんパクパク食べてくれました。




↑卵サンド。



English Diary


I'm nuts about baking Bagel!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-05 12:00:00

夏休みの旅行のおまけ☆ビスタ―ビレッジ(アウトレットモール)へ

テーマ:ロンドン→旅行

夏休みの旅行からの帰りに、

Bicester Villege(ビスタ―ビレッジ)という

アウトレットモールに寄ってもらいました。


ここはロンドンから車で

1時間半くらいと近い場所にあるので、

日本人駐在員の奥様がたが1度は訪れるスポットのようです。


なので、わたしも行ってみたかった(笑)




日本のアウトレットでは2階もあるのがふつうですが、

こちらは1階のみ。


細長ーいアウトレットモールですが、

コンパクトに作られていて、

あちこち見て回ってもあまり疲れなかったです。




↑インフォメーションで、

ANAかJALのカードを見せれば、

当日のみ有効の割引券をくれます(たしか10%OFFだったはず)


全体的にものすごーく安くなっている、

とかそういう感じではなかったのですが、

イギリスのブランドがいっぺんに見られるうえ、

正規価格より安いので、

イギリスブランドをまとめて買いたい!

というひとにはいいかも。




到着したのがお昼だったため、

すぐさまお昼を食べました。

ハンバーガー。

わりというしかったけれど、ハンバーガーにしてはありえない価格。

こういう施設にくっついている飲食店は、どこもこんな感じだよね(笑)




今回の目的の一つは、

帰国するお友達のお餞別を買うこと。

ボンポワンで娘ちゃん用のお洋服とブローチを買いました。

(こちらにくるまで、ボンポワンなんて知らなかったよ(^_^;)


値引き率としては、半額以下でした。

(といっても、もともとすごい高いよね)


わたしが訪れたときは、

スカート類がほとんどなくて、パンツ系が多かったです。

あと半そで(イギリス寒いから、半そでほとんど必要ないもんね)

子ども用の水着もかわいいポーチ入りで山積みでした。




そしてちゃっかり、自分用も。





スマイソンで、カードケースを購入しました。

半額以下だったので、上記の割引券は使えないといわれましたf^_^;


もともとアウトレットモールによく行く人間ではないけれど、

機会があれば、

自分の運転で行ってみたいな~。



English Diary


I went to Bicester Village.

I enjoyed shopping!





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-04 12:00:00

夏休みの旅行 インガスタ

テーマ:ロンドン→旅行

夏休みは、

インガスタ(Ingesta)というところにも2泊3日で旅行に行ってきました。




↑お宿。

上から見るとロの字型になっていて、

向かって左がお宿、右が乗馬クラブ(?)になっています。

写真は乗馬クラブ側が写っています。




↑これがロンドンからインガスタまでの地図。

ロンドンから見て10時くらいの方向に位置しています。

車で約3時間くらいです。


インガスタは

陶器で有名なストーク・オン・トレント(Stoke on trent)に非常に近いです。




インガスタはとってものどかなところなので、

こんな木のトンネルをくぐった先にお宿がありました。


お宿はインガスタ・ロッジ(Ingesta Lodges)というところです。




↑お宿のお部屋。

めちゃくちゃゴージャス。

2階に1ベッドルーム、1階に3ベッドルームあります。


このお宿は自炊のできるキッチンがついており、

食事の用意などは自分たちでします。

(泊まったことはないけれど、いわゆる貸別荘的な?)


田舎のほうなので、食べるところとかってないのでは?!

と、心配していたものの、全然大丈夫でした。


初日の夜だけ、

車で20分ほどのところにあるスーパーで買い出しして

自炊しましたが、

そのあとはすべて外食でした(朝食除く)。



 


2日目は朝からワールド・オブ・ウェッジウッドへ。







↑巨大ティーポット。

もちろん、中に入って写真撮影しましたよ~。



↑ジョサイア・ウェッジウッドさん??

(ウェッジウッドの創設者です)




なんと、陶器のプレートのモザイクでできています。


ここではウェッジウッドの陶器がいかにして作られるか、

その工場を見学できます(有料)。

 

絵付けの様子を生で見られるのは、

やはり面白かったです。

ジャスパーウェアがどうやってできるのかも見ることができました。


絵付けやろくろ体験みたいなのもできるみたいです(有料)。

 

工場見学の後は、

ミュージアム(有料)で過去のウェッジウッドの作品を見て目の保養。


そのあとは併設のレストランで昼食をとりました。


当たり前ですが、使われている食器はすべてウェッジウッド。




↑レストランには子ども用のプレイルーム(ボールプール有)があったり、

こんな塗り絵やクイズが用意されていて、

なかなかよかったです。


塗り絵用に用意された色鉛筆の入っている入れ物も、

ウェッジウッド……しかもこれ、ジャスパーウェアですよね?


チーズパイを注文。おいしかった。

とわちゃんはサンドイッチを頼んでいたけれど、

サンドイッチどこにでもあるし、

特に変わったサンドでもなかったので、

よほどほかに選択肢がない以外は、

サンドイッチを注文するのはやめようと、心の中で誓いました(笑)




昼食後は車で移動し、

シャグバラパークというところへ。




↑園内の移動用トレイン型乗用車?


ゆうくんが移動の車中で寝てしまって、

しばらく起きなかったのと、

公園内を回る時間が限られていたため、

動物を見ながらブラブラ歩いて、ちょっとお茶してお宿へ。


インガスタロッジの人おすすめのレストラン。

WH WESTON HALLというところです。




早く着き過ぎたので、

ラウンジで待たせてもらうことに。

内装もかっこよかったです(*^-^*)




そしてまたまた、ガッツリお肉!

おいしかったよー!


そしてこの日、ゆうくんは初めて一人前に、

自分のお料理を注文しました。

といってもペンネだけど(笑)

トマト味で家でいつもつくっているものに似ていたので、

ほとんど一人で完食してしまいました!



3日目は、帰路につくのですが、
帰りにずーっと行きたいと思っていた

ビスタ―ビレッジ(Bicester Village)

というアウトレットモールに寄り道してもらいました。

長くなりそうなので、別だての記事にします。




泊まったお宿

インガスタ・ロッジ(Ingestre Lodges

※とっても親切。レストランとか見どころとか教えてくれました☆


行ったところ

ワールド・オブ・ウェッジウッド(World of wedgwood

※工場見学・陶芸体験できます。

※カフェ、レストラン併設

※アウトレットショップあり(ウォーターフォードなんかもあった)


シャグバラ・ヒストリック・エステート(SHUGBOROUGH Historic Estate

※農場公園? 牛やヤギなどが見られます。

※古い素敵な建築物もたくさん


おすすめレストラン

WH WESTON HALL(WH WESTON HALL

※ウエディングもできる素敵なレストラン。






English Diary


I enjoyed UK summer!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。