朝からドキドキドキ。

気づかないふりしてやっぱり時間を気にしてる。

早く行っても時間もてあましちゃうし。

でももう行かなくちゃ。

じっとなんてしてられない。

電車に乗り込み、いざ下北へ。

そう、今日は小林賢太郎ソロコントライブ。


久しぶりに訪れた下北の街は踏み切り辺りの景色が変わっていた。

本多劇場の前を横目(チラ見ながらもじつはガン見)でスルーしながら

時間をつぶすために目に留まったカフェに入る。

ココナッツミルクシェイクを注文。

うん、おいひい。・・・たぶん。

ってもう頭の中完全にこのあとのライブのことで

支配されちゃってますから。味とかよくわかりませんがな。

しかも一人ですから。

しゃべる相手がいないとますます考え込んじゃいますから。


平静を装い柄にもなく読書。

開場時間を過ぎたので会場へ向かう。

あー人がいっぱいだー。ちょっと安心。

でもなんだか居場所なくてウロウロ。


(注:このへんからネタバレありです↓)


入ってすぐ目についたのがたくさんのお祝いのお花たち。

・・・の中になぜかゆずの木?!疑問はすぐに解決。

差出人は「片桐仁」。仁さーん!なんか微笑ましい。

グッズ販売もありました。

「NO CONTE,NO LIFE」のTシャツ、真っ白じゃなくて

アイボリーみたいな色だったからちょっと欲しかった。かも。


開演10分前、座席につき、もらったフライヤーを眺めながらも

意識はとんじゃってます。

まだ光の当たっていないステージを見つめながら

これから始まる「何か」を考えても答えは見つからない。

ドキドキドキ。

今年の夏のロッキンの時からなんとなく思ったことは

チケットの値段というか価値って公演時間とかで

割り切れるもんじゃないんだなって。

待ちに待ちに待ちに待ってほんと心底待ち望んでっていう

「当日までのその時間」も価値に入ってるなと。

「楽しみに待つ時間」込みの値段。

前から気づいてたかもしれないけど

近頃それを強く思う機会がよくあるので。


見終わった感想。

ほんとに疲れました、頭使いすぎて。

ほんとフル回転です。

彼は観客の想像力を最大限引き出す天才ですね。

おもしろかった、ほんと。でもそれ以上に彼の才能がコワイ。

個人的には一番最初の「ジョン」のコントが好きです。

可愛らしくて。最後はやはりハッとしましたけど。

「ハンドマイム」は小林さんの指がつりそうで心配しながら見てました。

「悲しみのお好み焼き」はいきなし噛んでてウケたけどちょっと安心した。

だってあの人完璧すぎるんですもの。

そして、ホコサキさんキタ――――(☆∀☆)――――――!!!!!


でもなんといってもクライマックスはやはりスゴかった。

なんですか最後のアレ!ミステリー小説ですか!

もーほんとコワイ。鳥肌~。さぶいぼ~。

気持ち悪いもんなんか。

是非また見に行きたいものです。

年末までがんばっていただきたいです。








AD

麺POSTER展

テーマ:

POSTER展


「RAHMENS POSTER EXHIBITION」

詳細はこちら↓(gg diaryより引用 )

-------------------------------------------------------------------------------------

7年前から現在まで制作されたラーメンズのポスター、フライヤー等を一同に展示いたします。

gdc制作はもちろんですが、なかなか実物を持っている人は少ないと思われる

小林賢太郎デザイン初期の幻のフライヤーも登場します。

他にもTシャツやグッズなど既に完売したプレミアものまで展示予定。
ラーメンズとともに歩んで来たgdcの軌跡ともいえるこのラーメンズポスター展是非おためしあれ。

会期 2005.11.5(土)~11.15(火)
時間 12:00~19:00 会期中無休/入場料無料
会場 (g)東京都渋谷区恵比寿西1-31-12FLEG代官山2F
電話 03-5728-1711  問 原田
企画・主催 グッドデザインカンパニー
協力 トゥインクルコーポレーション
   http://www.twinkle-co.co.jp
--------------------------------------------------------------------------------------


ちょうど今日、このエキシビジョンの限定ポスター(500枚ナンバリング付)

が出るというので開場の時間よりも早く代官山へ向かいました。

予定していた時間よりも到着が遅れたため小走りで会場へ。

行列を想像していた私の目に飛び込んできたのは


オサレなgdcの建物と数人の人影・・・

思わず通り過ぎちゃいましたよ(苦笑)

寒空の下待つこと1時間。

開場の時間に近づくにつれてだんだん人も増えてきましたけど

さすがに500人はいませんでしたね・・・

まぁ一ケタ台だし、よかったってことで。

・・・ アベッ!!!


白い小さな空間に並べられたこれまでの作品からは

なんだか説得力を感じました。

↑文章おかしいけどなんかそんな雰囲気だった。

1対1で向き合ってる感じ。


母親が、生まれたときから

母親ではないように

ラーメンズだって、

今人気の人だって、

はじめから有名なわけじゃない。

仕事だってどこでどんな方向に向かうかわからない。

最近よく考えること。

出会った人たちがどこをどう通って

今私の目の前にいるのか。



あとから友人Hと合流し、本日最終日の

「100% DESIGN TOKYO」

に向かう!


AD

阿部?

テーマ:

ラー麺ズ、小林さんがトヨタホームの新しいCMに!

ボケッとテレビ見てたときだったからびっくりしたー!

前からやってるショートムービー風のCMに営業マン役で出演!

あれ、この人芸人じゃなかったっけ?って疑いたくなるくらい

さわやかな演技。


ちょっとじんわりするかんじです。

http://www.toyotahome.co.jp/cm/10m_wmd_01.html

(再生押してね。)


CMといえば最近よく見る「CMのCM」ってやつ。

CMのCMなのにあんなにつまらなくていいんですか!?

腹が立つほどつまらない。


今一番好きなCMは、

ガッときて キュッときて アベッ!!!!!!!

(マグナムドライ:長瀬くん)

アベッって・・・何!?(笑)

かなりのインパクトです。

ウマッ!って言おうとしたら

うますぎてアベッ!ってなっちゃったのかな・・・

誰か教えてくらさい。




あの鐘を鳴らすのはギリジン

テーマ:

なふぉこ in 銀座 = THE 場違い!


そんな違和感にもめげず行ってきました!

銀座で舞台鑑賞…(キラキラキラ)
もう200パーおのぼりさん!


ラーメンズモジャ担当片桐仁さん主演の

「ダブリンの鐘つきカビ人間」を友人Yと観てきました。
感動した~すごくよかった。

ありきたりな言葉でしか表現できない自分が悔しぃ。

ネタバレしますから知りたくない人は見ないでね。↓

ダブリン

(パンフの表紙でし。舞台のパンフって高いのねー)


昔ある町に奇病が蔓延した。

その奇病とは一人一人症状が全く異なり

羽が生えた者、やたら小鳥がとまる者、髪が伸び続ける物、体から放電している者・・・

とさまざまだ。

この町で、鐘つきを仕事とするカビ人間(片桐仁さん)はもとはとても美しい青年だった。

しかし彼もまた奇病によって美しい容姿と汚い心が入れ替わり

姿は醜く、心だけ美しいカビ人間になってしまった。

しかし誰もが忌み嫌うカビ人間を、唯一褒め、好意的な言葉をかけてくれる者がいた。

それがおさえ(中越典子さん)だった。

ただ、おさえのかかった奇病は思ったことと逆のことを口にしてしまうというものだった・・・。

カビ人間がおさえをかばうところ、

カビ人間がおさえの病気を知り、それでもなお褒められたことを嬉しく思っているところ、

カビ人間の心のきれいさにひかれていくおさえ、

カビ人間の濡れ衣をはらそうとするが思ったことと逆のことを言ってしまうおさえ、

もうほんとせつない。

コメディなんだけど、ただのコメディじゃない。

影のある笑い?とでも言いますか。

暗さとか怖さとか見え隠れしてる笑い・・・

うまいこと表現できまへん。

もうあんまチケないみたいだけど是非見てもらいたい。

ぽちゅねん

テーマ:

ラーメンズにはまりだした友人を

定価のお値段でライブに連れて行くべく

なんとかしてチケットをゲットしようと

頭を抱える今日この頃。


ローソ○チケットの引き換え期限がきのうの29日。

何らかの理由で引き換えなかった人のキャンセル分が

発売されるのが本日30日の早朝未明。

ってローソ○チケットお問い合わせで聞いたのに・・・


結局とれなかったよ。

友人Yには深夜から朝まで付き合ってもらったのに

こんな結果で申し訳ない。

なんだよローソ○。ブーブー。


でもローソ○のお兄さんがいい人で

チケットを必死に探してるうちらに

ピザまんタダでくれた。

しかもやたら協力的で

「九時まで仕事してるから○ッピーで調べといてあげるよ。」って。

いやー田舎かここは?ってくらいの人の温かさに触れました。


ちなみにバイトのお兄さんだと思ってたら

じつは店長さんだったみたい。わぉ。

初対麺

テーマ:

GBL


行って参りました。

Rahmens presents Golden Balls Live

ラーメンズのお二方をはじめ、

KKPでよくお目にかかる西田さんと久ヶ沢さん

に加え野間口さんの計5名で

繰り出される演劇コント(?)。

友人Yが11月にある片桐さん出演の

「ダブリンの鐘つきカビ人間」を見に行こうと誘ってくれたので

これはチャンスと思い、(彼女をそのままラーメンズ道に引き込ませるべく・・・)

今回のライブに誘ったのでありまふ。ふ。

会場に入って目に飛び込んできたのはどぎついデザインの舞台背景・・・

カニ、土偶、パンダ、ニワトリ(体は犬)、大仏(頭のみ)、目、木になる鼻・・・

誰かの夢の中に紛れ込んでしまったかのような異質な世界。

始まる前から圧倒されてしまいました。

腹がよじれる笑いというよりは

常時口角が上向きな状態になってしまうニヤリ笑いなため

顔がかるく筋肉痛になりそうです。

は~やっぱライブはいい。

生はいいね。距離がぐんと近づいた気がします。

二階席だったけどね。

でもすごくよく見えたです。

カーテンコールで二階席の方にも手を振ってくれた小林さんが

投げキッスをしてくれたのではないかという錯覚におちいるほど

ライブ後は重度の中毒状態でした。

メンコ買っちゃったし・・・

最後のアンケートの項目で、「名前」、「年齢」の横にあった

「Golden Balls が ある ない」

たぶん性別を聞いているんだろうけども・・・

そのまま訳していいんですかっ!!(笑)


夢に出てきた小林さん

テーマ:

やっと借りられた「死ぬまでにしたい10のこと」を今日明け方に見る。

・・・が、日本語字幕がどうしても出ない。何度やっても出ない。

セットアップでちゃんとセットしてるのに出ない。

吹き替えにはなるんだけど・・・。

うん、もういいや。と、あきらめて寝る。


お昼ごろ起床。いいともにボビーが出てる。

ボビーがなぜ売れているのか私にはよくわからない。

あの言いまつがいはかなりわざとな感じがするし、

彼の口調は、外人だから許される範囲を超えている気がする。

かわいくない。


そーめんチャンプルーをつくる。居酒屋で食べた味を思い出しながら作るが

味付けに失敗した。コンソメ系の味だと思ったんだけど母上がめんつゆで味付けしてた。

あれ、何味だったかなー。


今日返さねばならないビデオを見る。

ラーメンズ二本立て。

ソファーで横になったまま見ていたのでいつのまにか寝てしまった。

そしてラーメンズの夢を見た。


会議室みたいなとこに若い女の子がたくさんと、面接官が何人かいて

どうやらラーメンズの公演スタッフを募集したようだった。

私はなぜかシード権(?)を獲得していたようで、ほぼ内定が出ていた。

そしてなぜか面接官側に座っていた。

めでたくスタッフの一員となれた私。

場面は変わって公演の打ち合わせに参加していた。これまた会議室のようなところで

私の前にはラーメンズの小林さんが座っていて、公演の構成を考えているようだった。

ドキドキした。


スタッフになっちゃったけどこの前スタジオのバイトも受かったし

あたし両立できるのかなーなんてリアルに悩んでいた。


つかの間の夢だった。


起きてビデオを見終えて、夜ごはんを食べて今ツタヤに返してきました。

夢に登場した人ってのは前よりもいっそう気になってしまうのはなぜでしょう。

解明できそうでわからない。このもどかしさ。好きです。

さてと。

明日あさってテストです。

まだ何もしてないんだなーこれがっ。

くぁーっ!


ラーメンズじゃだめですか?

テーマ:

今日は某アパレルのバイトの面接で原宿まで行ってきましたー。

いやーとんでもにゃーあちかった。


ビルにつくとまず階数を間違える。

なんとか面接会場にたどり着くと先にとってもオサレーな二人の女の子が待っていた。

面接室に通され、4対4の集団面接形式だった。

向こうはそのブランドの長と、人事の人と、新宿店から販売スタッフが二人。

思ったより緊張しなかった。

とても和やかでときおり笑いもおこるような、楽しい雰囲気で面接は進んだ。

自己紹介や志望理由以外はほとんど質問の意図が読めないようなものばかりで

逆に開き直って素の自分のまま話せた。

「おすすめのチョコレートはありますか?」とか

「3億円あったら何に使いますか?」とか

「休みの日遊ぶとしたらあなたはどこに連れてってくれますか?」とか。


緊張はしなかったけれど自分は文章の構成がめちゃくちゃだなと実感した。

とにかく頭より先に口が動いてるらしく一番最後のまとめがいつもぐだぐだ。


「最近はまってることは何ですか?」という質問に

一瞬ラーメンズが私の頭をよぎった。

いやいや、何かもっと他のファッションに関係するようなことのほうが・・・

と色々考えてはいるのだが

ラーメンズの二人がどうしても私の頭の中を走り回り、気が散って他のことが考えられない!

順番がきたときには私の頭の中は完全に彼らに占拠されてしまっていた。


「最近はまっていることは、ラーメンズです。」


とりあえず笑ってもらえたのでよしとしよう。

一瞬「え?」って空気が流れたのは否めませんが(苦笑)


一緒に受けた女の子4人でそのあと原宿のカフェに行き4時間くらいしゃべってた。

やっぱ同年代ってこともあって話は尽きず。

今日会ったばかりなのにみんなすぐ打ち解けてて、

でもやっぱりそれなりの距離感はありつつ。

その空間の中でみんな自分の思うことを言ったり聞いたり。

そのかんじがとても心地よかった。

あーゆうとこの出会いって大切だなって思った。