『信じる』が先じゃない『愛する』が先

テーマ:

 

今年の2月、パートナーのhirokiとのセドナの旅から帰って来て、

 

 

私はインフルエンザにかかり1週間程高熱にうなされていました。

 

 

私にとってはセドナの旅はhirokiとの愛を知る旅でした。

 

 

 

(ああ、この高熱はセドナの旅の続きで愛を知るの総仕上げをしているんだ…)

 

 

 

私は意識がもうろうとしながらも、そう気づいていました。

 

 

 

ひとつだけ、まだ私はhirokiとの間に薄い壁のようなものを感じていたからです。

 

 

 

そして、その疑問の声は私のこころの奥で声をあげ始めました。

 

 

 

「本当に彼が、私の “出会うべき人”なのか…?」

 

 

 

と。

 

 

どんなにお互い近づいても、どこか最後にふっと彼が踏み込んでくれない感覚があるのです。

 

 

彼のこころの最後の部屋には、私を入れてくれない

 

 

とても感覚的なことですが、そんな思いでした。

 

 

だから、いつも2人でいてもどこか少し寂しかった。

 

 

 

セドナの総仕上げと、この高熱で、こころの奥にあった最大の疑問が、頭中を駆け巡りました。

 

 

 

体中が痛い中、その疑問が拭いきれません。

 

 

 

ー近づいても近づいてもこんなに寂しく感じる…本当に彼は私の出会うべき人だったのだろうか?

 

 

彼が、私の人生での『出会うべき人』ってどうやったら信じたらいいのだろう。

 

 

多分このままでは、一生、彼の愛は信じられない…

 

 

そして、彼も私と同じことを思っているはずだ…

 

 

「僕にとって、なほは “出会うべき人” だったのか」ってー

 

 

どうか、どうか、私に “出会うべき人は彼である” という確信をください。

 

 

どうしたら、彼であると信じられますか?

 

 

 

そんなことを、私は頭の中で連呼していたのです。

 

 

 

そして、熱に疲れて、夢をみる前か、夢を見ていたのか…という時、

 

 

 

私の頭に不思議な声が、確かに聞こえました。

 

 

 

「 “ 信じること ”が先ではなく“ 愛すること ”が先ですよ。」

 

 

 

ーえ?

 

 

 

「 愛しなさい。愛しなさい。愛したら、信じられるから。」

 

 

 

 

私は脳天を直撃される思いでした。

 

 

 

私は愛することが怖くて、

“運命の人” だと信じられる事実をたくさん探していたんだ…

 

 

それは、プールの周りをぐるぐるまわるようでした。

 

 

「あなたが先に愛してくれたら、私も飛び込むから。」

 

 

そう言って、ずっとプールの周りをまわる。

 

 

「あなたから!あなたから飛び込んでよ!!」

 

 

「そのプールが安全だと、証拠をみせてよ!!」

 

 

 

ぐるぐる、ぐるぐる、プールの周りを回りながら、

愛することを怖がる私は、彼にそう叫んでいました。

 

 

 

 

ーそうかそうか…私は…、愛することを怖がっていただけだったんだ…

 

 

 

その気づきの瞬間、彼に対してたくさん申し訳なさと、ありがとうが溢れてきました。

 

 

 

大好きなのに、手放しに愛せなかったこと。

 

本当にそうなのか?大丈夫なのか?とたくさんジャッジをしたこと。

 

最後の扉を開けられなかったのは、私なのかもしれない。

 

 

 

ごめんなさい。

 

 

 

ずっと待っていてくれて、

 

 

 

ありがとう。

 

 

 

私はベッドから起き上がって、たくさん泣きながら、そう彼に伝えました。

 

 

 

そして今ではー

 

 

「 彼は、私の “人生で出会うべき人”だ。」

 

 

 

と何の曇りもなく、胸を張って言えます^^

 

 

 

 

「 飛び込んだということは、大丈夫だと知っている」

 

 

 

私は、この出来事のおかげで、

 

 

 

なんでも、未知なるものに飛び込めるようになりました。

 

 

 

 

安全なのか、成功するのか、そんなことを考える前に自分の心が反応したものに飛びこんみる。

 

 

 

それを繰り返していくと、次は、

 

 

 

「飛び込んだということは、大丈夫だと知っている」

 

 

 

という確信に変わってきます^^

 

 

 

とても逆説的ですが、本当はそうなんですね。

 

 

 

そして、飛び込み続けた今はこう思うんです。

 

 

 

「 信じている人、知っている人から、飛びこもう。」

 

 

 

私は、世界が平和になると信じているのではなく、知っています。

 

 

 

だから、行動する。

 

 

 

まだ信じれない人はたくさんいる。

 

 

 

だけど、いいんです。

 

 

 

信じた人、知っている人が飛び込んで、行動して、道を作ればその人たちも信じられる。

 

 

 

だから、『 信じた人、知っている人 』から行動しましょう。

 

 

そして、『 勇気がある人 』は信じれなくても飛び込みましょう。

 

 

まだ、『 勇気がない人 』は、道ができたら歩きましょう。

 

 

 

そうやって、みんなでやっていきましょう。 

 

 

そしたら、必ずそこにむかうから。

 

 

愛の話が、世界平和に繋がりました。

 

 

そう、愛に小さいも大きいもない、全部繋がっているんですね^^

 

 

-----------------------------

 

世界が平和になることを『 知っている人 』がいます。

 

参院選に無所属で立候補している「三宅洋平さん」です。

 

私は3年前、mahoと渋谷を歩いていると彼の選挙フェスにたまたま出くわして演説を聞きました。

 

ものすごい衝撃でした。

 

mahoと2人で、

 

「 未来に来たみたいやね…。え?本当にこれが今の日本?」

 

と泣きながら言ったのを覚えています。

 

何に未来を感じたのか…

 

それは、彼の愛の大きさです。

平和だけをただ願っているその純粋なこころにです。

 

 

それは、未来の私たちみんなの姿でした。

 

 

私は、東京都民ではないので投票はできません。

だけど、こうやって宣言することで応援します。

 

 

私、あーす・じぷしーnahoは三宅洋平さん(東京都選挙区 参議院選挙) 

を応援します。

 

 

彼が道をつくってくれています。

 

 

飛び込みましょう^^

 

 

※3年前にたくさんシェアされた記事に三宅洋平さんのことを書いています^^

→記事【不安と希望の色】

 

 

【 2016.6/23 選挙フェス@高円寺 】

 

 

読者登録って…嬉しいですねびっくりアップポチっとチワワ黒
読者登録してね

 

【お知らせ】個人・グループセッション7月のスケジュールをアップしました。たくさんの人の扉になりますように*詳細・ご予約→コチラ

 

 

 

みんながYESで世界を変える日『YESパレード』

みんなの思いを拡散してくださいキラキラ

  

 

星空おすましペガサス書籍 EARTH GYPSYおすましペガサス星空
  
読むと人生が変わってしまう不思議な本です。
※1周年豪華カバー版が発売されました!(写真左)
ピカピカの素敵なデザインですお願いお願い

全国の書店またはamazonで購入いただけます。※新デザインのものは書店が確実です!
amazon 「EARTH GYPSY」

 

 

 

 

【こちらに乙女のトキメキいいね乙女のトキメキしていただくと、naho mahoのBLOGやイベント情報が届きますウインク
右矢印あーす・じぷしーfacebookページ左矢印

 

AD