名古屋市の離婚・男女問題に強い弁護士のブログ|愛知県

名古屋総合法律事務所は離婚・男女問題の相談年間800件、受任200件以上、離婚・男女問題分野で名古屋・愛知のトップクラスの法律事務所です。


テーマ:


にほんブログ村
励みになりますので、
応援クリックお願いいたします。

 

弁護士 塚本 菜那子

怒る女性

夫あるいは妻が浮気したとき、一旦は相手を許し、夫婦としてやっていこうというご決断をなさる方もいらっしゃるでしょう。しかし、浮気から数年たったとき、あのときの浮気がどうしても許せないという気持ちを抱く方、あるいは許せない気持ちをずっと抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 
そのような気持ちを清算するために、法的には離婚あるいは慰謝料請求をすることが考えられます。

 

しかし、過去の浮気を理由に離婚ができるのでしょうか。

 

たとえば相手が離婚したくないと頑なに争った場合、最終的には裁判所に離婚訴訟を起こして離婚するという選択肢が存在します。そして、訴訟で離婚が認められるためには、婚姻関係が破綻していることが必要となります。離婚訴訟において、この婚姻関係の破綻は、民法が規定する離婚原因という形で主張することになります。

具体的な離婚原因は

 

① 配偶者に不貞な行為があったとき(民法770条1項1号)

② 配偶者から悪意で遺棄されたとこ(同項2号)

③ 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき(同項3号)

④ 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき(同項4号)

⑤ その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき(同項5号)

 

になります。 
この①から⑤までのいずれかが認められない限り、裁判で離婚は認められません。

 

夫あるいは妻が浮気したことは、①配偶者に不貞な行為があったときに該当します。 
しかし、過去に、夫あるいは妻が浮気をし、そのことを知りながらその後何年も夫婦として平穏に(多少の喧嘩はあったとしても)生活している場合には、浮気を許した(裁判では「宥恕」という言葉が使われます)として、①に該当しないと判断されることがあります。 
そうすると、過去に浮気があっただけでは、離婚原因がないとして、離婚が認められない可能性もあるのです(但し、過去の浮気を含め、現在に至るまでの夫婦関係の問題を様々述べることで、上記の⑤にあたるとして離婚が認められる可能性はあります。)。

 

それでは、過去の浮気を理由に慰謝料請求をすることはできるでしょうか。 
そもそも、浮気で慰謝料請求が認められるには、浮気が「不法行為」にあたる必要があります。この点、裁判所は、夫婦の「婚姻共同生活の平和の維持という権利又は法的保護に値する利益を侵害する」浮気について「不法行為」にあたるとしています(最高裁判所判例平成8年2月26日・最高裁判所民事判例集50巻4号993頁)。

 

それでは、過去の浮気は「不法行為」にあたるのでしょうか。

 

これも先ほどの離婚と同様に、過去に浮気があっても、そのことを知りながら何年も夫婦として平穏に生活してきた場合には、浮気が婚姻共同生活の平和を侵害、破壊していないとして、「不法行為」にあたらない可能性があります。 
「不法行為」にあたらないと、慰謝料請求が認められることはありません。

 

もちろん、過去の浮気であっても婚姻共同生活の平和を侵害したとして、「不法行為」にあたると認められる可能性はあります。しかし、「不法行為」と認められたとしても、浮気を知りながら何年も夫婦として生活してきたのだから、過去の浮気が婚姻共同生活の平和を侵害した程度は低いとして、慰謝料額が低額になることが考えられます。

 

また、浮気による慰謝料請求は、浮気の事実を知ってから3年で時効にかかります(最高裁判所判例平成6年1月20日・判例時報1503号7頁)。 
ですので、3年以上前に知った夫あるいは妻の浮気については、そもそも慰謝料請求できない可能性もあるのです。

話す男性

このように、浮気は、昔のことになればなるほど、離婚の決め手とすることや慰謝料請求の根拠とすることは難しくなります。

夫あるいは妻の浮気を知り、どうしようか迷った場合には、早めに一度、弁護士に相談されるのがよろしいいかもしれません。

 

>>配偶者の浮気・不倫について詳しくはこちら。

 


にほんブログ村
励みになりますので、
応援クリックお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

愛知・名古屋の離婚・男女問題相談さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります