名古屋の古墳

テーマ:

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村 虹

クリック応援お願いいたします!

 



古墳は古代のお墓ですが、取り壊されたり、土を均されたりすることなく、現代の都市と共存しているところに魅力を感じます。

全国各地にあり、この愛知県にもたくさん残っています。

名古屋市にある古墳をいくつか紹介します。



白鳥古墳・断夫山古墳


熱田神宮の少し北側に白鳥(しろとり または しらとり)古墳があります。

柵に囲まれていますが、西側の面を少し見ることができます。

そのさらに北東に少し歩くと、熱田神宮公園の中に断夫山(だんぷさん)古墳があります。

愛知県内で最大規模の前方後円墳とのことです。

まわりを一周することができるので、前方後円墳の形もよくわかり、興味深いです。



那古野山古墳


大須商店街のアーケードから少しそれたところに、唐突に現れるこんもりした小山が那古野山(なごのやま)古墳です。

前方後円墳の円墳部分のみが残っているそうです。



八幡山古墳


鶴舞公園にある八幡山(はちまんやま)古墳は、東海地方最大級の円墳とのことです。

いつか見に行きたいと思っています。



志段味古墳群


志段味(しだみ)古墳群は、名古屋市守山区から瀬戸市にかけての地域にあります。

今は整備中で、近々「歴史の里」という古墳公園になるそうです。

できれば整備される前の自然な状態を見てみたかったですが、歴史の里ができあがってから見に行くのも楽しみです。



にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村 虹

クリック応援お願いいたします!