【うつ専門】心理カウンセリングとボディワークを組み合わせた新しいスタイルのカウンセリング

心理カウンセリングとボディワークを組み合わせた新しいスタイルのカウンセリング


テーマ:

洗脳大国「日本」


こんにちは。

カウンセラーの玉木です。

お読み頂きありがとうございます。

感謝しています。




心理学でもよく言われることなのですが、

心の苦しみをなくすには・・・



・無条件で自分を大切に思えること


・あるがままの自分を受け入れること




心理学には

いろいろと複雑な専門用語もありますが、


心が元気かどうかというのは、

結論だけをみるととてもシンプルなのです。



では、なぜこれほどまでに

シンプルなことができないかというと


世の中には、

たくさんの「洗脳」があるからです。



例えば、

体型に関するコンプレックスがあったとしたら、



「⚪︎⚪︎という体型でないと自分はだめだ!」



という信念・観念をどこかで信じているから

苦しみが生まれます。




現代ですと、

痩せていてほっそりしていると

美しいという感覚が当たり前にあると思いますが、


時代によっては、

少しふっくらとふくよかな体型の方が

「美の象徴」とされていたこともあるでしょう。



美しさの基準というのも絶対的なものではなく、

時代によって違うものです。




では、

なぜある一つの価値観が

正しいという信じ込まされてしまうかというと、






「それを信じてくれる人が多ければ多いほど、


 それによって得する人がいるからです。」






例えば、先ほどの体型の話だと、


ダイエット関連の商品を販売する会社にとっては、


「痩せている方がいい!」


とたくさんの人に思わせておけば、



「自社の商品・サービスを買うと、


 あなたの存在価値が高まりますよ。」



と間接的に言えるので、利益を出しやすくなります。



モデルなどを使って、


テレビを通じて大量に情報を配信することで


そうした信念・観念を

たくさんの人に埋め込むことができれば利益に繋がります。



今ではフォトショップなどを使って

写真の加工などもいくらでもできるので、


こうした傾向はエスカレートしているように感じます。




こうした例は他にもいくらでもあります。



例えば婚活ビジネスだったら、


「結婚してないと一人になりますよ~」


「結婚していると人生が充実しますよ~」



といった感じで、

結婚していない状態に

不完全さ」を感じてもらうことで成り立ちます。





企業にとって、



人間の飽くなき欲望を刺激したり、


コンプレックスを埋め込むことで、

「自分は不完全だ」


という感覚を埋め込めることには

大きなメリットがあるのです。



つまり、企業というのは

テレビ、新聞、雑誌、ラジオなどを使って、


常に「洗脳」をしかけているのです。




何もかもを疑心暗鬼で

疑うこともよくありませんが、


こうした視点をもっておくことは

自分の心を守るために必要だと思っています。



この文章をお読みのあなたにとって

なんらかの気づきやヒントとなりましたら幸いです。


最後までお読み頂きありがとうございます。

感謝しています。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

名古屋駅 【うつ専門】ストレスカウンセリング オフィスさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります