情熱は「運」をも引き寄せる

名古屋の経営コンサルタント「MPC」代表原田の言いたい放題


テーマ:

こんにちは。


名古屋の熱田神宮には空飛ぶ鶏がいます(本当です)。原田です。


最近主流の車の乗り方に


残価設定型自動車ローン や


カーリース


なんてのがあります。


「新車が半額で乗れる」なんてコピーを良く目にしますよね


しかしですね


これには大きな落とし穴があります。


特に車好きの方だと2,3年に車を乗り換えられると思って


安易に契約しちゃっている人がいます。


ところがその落とし穴は契約満了期にやってきます。


基本的にこの契約は


2、3年後の下取り価格を想定してそこに満たない分を毎月分割で支払うものです


ですからこの「想定」が外れた場合


追い金が発生することがあるのです。


たとえば、200万円の車を残価設定56万円3年の契約とします


そうした場合、200-56=144万円を3年で払うわけです。


そうすると毎月4万円(ボーナス返済無)で乗れる


ところが3年後その車を査定したら40万円の価値しかなかった場合


なんと、16万円を清算する必要があるんですね。


リース契約も同様です。


ただし、契約方法は2種類あります。


オープンエンド方式とクローズドエンド方式


オープンエンド方式はこれまでに説明したような契約形態です。


クローズドエンド方式はこの残価設定金額を事前に告知されません


よって契約満了時には査定価格の差額の清算はありません。


じゃ、クローズドの方がいいじゃん


いいえ違います。


実は儲かるケースもあります。


契約満了時に査定額が残価設定額を上回った場合


お金を返してもらえます。


長くなっちゃうのでここら辺にしておきますが


車1台買うのだって検討するべきことが多いです。


ローンやリースが組めるからといって


安易に車買っちゃうと


お金残らないですよ。

PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード