更新日

テーマ:

先月末で、障害者手帳と自立支援医療制度の更新となったので

先日、市役所の障害福祉支援課に行ってきました

用意するもの

《手帳用》 
(2年ごとに更新)

心証明写真

心障害年金証書


《自立支援医療制度用》
(毎年更新、診断書は2年に一度提出)

心保険証

心病院と薬局の住所がわかるもの
 (転院するため)


《共通》

心マイナンバーカード

心印鑑

こんなものでしょうか

面倒くさかったものが、証明写真

いつも、街角にある撮影機で撮るのですが

多くの人がそうであるように、私も大の苦手

元々の顔立ちを差し引いても上手く撮れないし
(よく、半目になります)

値段も結構するし、一枚だけでいいのに、たくさん印刷されるし・・・

そこで、スマホアプリを使いました

「履歴書カメラ」というアプリです

これがすごく優れもの

サイズもぴったりだし、何回でも撮り直せるし

ごくごく自然な仕上がりになるよう、肌も綺麗に補整してくれます

プリンターで、写真用紙に印刷すれば、出来上がり

もっと早くこのアプリを知りたかった・・・

まあ、そんなこんなで、いざ、市役所へ

障害者手帳の更新は、書類に記入して、年金証書をコピーされて、完了

ひと月ちょっとで新しい手帳が出来るので

古い手帳と引き換えに、受け取りに行きます


面倒だったのが、自立支援医療制度の更新

有効期限は、10月31日なのですが

新しく通い始めた病院が、この制度に適応するのは11月から

正式な受給書が出来るまでひと月以上かかるので

その間に変更などはできない

さて。どうしよう。

相談した結果、

1-まず、これまで通っていた病院、薬局の更新をする

2-とりあえずこの書類の受付を10月末にする
 (更新が途切れるとまずいため)

3ー新しく通う病院、薬局の更新書類にも記入する

4ーこの書類を11月になったら「変更」という形で受け付ける

5-新しい病院と薬局名で、正式な受給書の発行をする

こういう手順になりました

ひたすら書類を書いて書いて、印鑑押して押して・・・

疲れた。

が、もっと大変そうだったのが、市役所の職員さん

通い始めたのは、まだ新しく、小さな個人病院

しかも他県で、自立支援医療制度の適応もまだ

書類を記入している間

「○○クリニックって、聞いたことある?」
 (ないでしょうねえ)

「ホームページない?」
 (まだありません)

「とりあえず電話して」
 (してください)

「確認取れる?」
 (取ってください)

と、大騒ぎ

なんか、すごくごめんなさい・・・

やっと登録確認が取れて、なんとか全ての手続き完了

今年は大変でした


先ほど書いた「履歴書カメラ」というアプリ

試しにすっぴんで撮ったもの(撮り方も超適当)と、フルメイク(カメラ角度も完璧)で撮ったものを夫に見せたら

「化粧って、すごいね」とのことでした(笑)

そんなに盛ってないって。

カメラの角度と、明るさ補整がすごいんだよ。



AD