ドラマ&小説&映画大好き、璃瑚のブログ

小説・ドラマ・映画のあらすじと感想をメインに、日々の出来事なども、ちょこちょこ書いてます。
よろしくお付き合いください♪

自作小説HP「妄想と小説のあいだ」⇒http://book.geocities.jp/nagomino_riko/
電子書籍⇒http://p.booklog.jp/users/nagomino-riko


テーマ:

結構ぶ厚めの本でした。

なんかね、ずっと不思議な気持ちで読んでたような、そんな感じ。

 

主人公・楢崎は、突然自分の前から居なくなってしまった恋人を探し、

ある宗教団体にたどり着く。

それは自身たちでは宗教と言っている訳ではないが、

言うことも考えることも奇妙な、しかしなぜか人望のある老人を中心としたグループだった。

初めは恋人の行方を探り出すためにその団体にもぐりこんだ楢崎だったが、

やがて違うカルト教団に拉致され、老人のグループへスパイとして入り込むよう命令される。

 

それぞれの団体に所属する男女が、それぞれの思惑で動き、

それらがどんどん複雑に絡まり合っていく。

団体と教団はどんな関係があるのかが明らかになってきたとき、

教団は日本を揺るがす行動をとる。

 

老人とその教団はどういう関係があるのか。

恋人はどこにいて、何者なのか。

自分が望むことは何なのか。

 

うーん。

なんか、読みにくかった。笑

映像にしたら分かりやすいのかもやけど。

ただ、事実なんてどうとでも作れるし、人の心なんてどうにでもなるんやなって、

ちょっとうすら寒く感じた作品でした。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「読書感想」 の記事

テーマ:

初めて読む作家さんです。

 

興信所の所長をしている鑓水は、ある女性から子供を探してほしいと依頼を受ける。

しかしその子供が行方不明になったのは23年も前。

なぜ今頃そんな依頼をするのか?

しかも女性は、大金を鑓水に渡し、家の鍵も預けて出て行ってしまう。

長年の経験から引き受けてはいけない依頼だと思った鑓水だったが、

金額と流れでそのまま引き受けたことになってしまう。


一方、交通課の刑事である相馬は、少女誘拐事件を手伝うことになり、その現場で、ある印を見つける。
それは、友達が23年前に行方不明になった時、最後に目撃された場所に残されていた印と同じだった。

そう、相馬は鑓水が引き受けた依頼で探すことになっていた子供・尚の幼馴染だったのだ。


相馬は23年前、偶然知り合った尚と拓の兄弟と仲良くなり、
濃いひと夏を過ごし、今後もずっと一緒にいて親友になっていくと思っていた。

それなのに尚が、突然失踪したのだ。

まだ小学生だった尚が事件に巻き込まれたのか何なのか、

未だに解決はしていなかった。

相馬は尚たちと過ごした夏を鮮明に覚えていて、

ある夜に尚が「俺の父親、ヒトゴロシなんだ」と語った時の表情も忘れたことがなかった。


この少女誘拐事件と尚の失踪事件には関係があると確信した相馬と鑓水と所員の修司は、一緒に事件を追うことにする。

調べていくに従い、様々な事実があぶりだされ、やがて悲しい過去と真相が明らかになる。

 

というお話です。

めっちゃ読み応えありました。

面白かった!

最近読むペースが遅くなってるんやけど、これはグイグイ引き込まれてどんどん読んじゃう感じ。

でもすべての真相が分かって、涙が止まらんかったー

なんでこんなことになったんよって。

あのまま幸せに暮らせたらよかったのにって。


ぜひ読んでほしい一冊です。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

もう2回までいってますが。
とにかくね、深キョンが可愛い!!
それに尽きる。笑
いやいや、内容的にもなかなか攻めた内容やと思うよー
妊活する夫婦と、子供いらない事実婚カップルと、
夫が仕事してないけど見栄っぱりの奥さんの家庭と、ゲイであることを周囲に隠しているカップル。
それぞれに問題を抱えた人たちが、「コーポラティブハウス」で一緒に暮らしているお話。

 

妊活中の嫁は年齢的なことも考えてどうしても欲しくなって、
夫と一緒に産婦人科で検査したりタイミングをはかったり。
ちなみにご存知ない方のために書くと、タイミングをはかるというのは、
産婦人科で排卵日がいつか見てもらって、その日辺りに営みをすることね。
効率いいんやけど、夫にとっては「したい」ではなく
「しないといけない」になってしまうってデメリットもあって。
現にドラマの中でも夫が「楽しくないんだよな」って愚痴ってる。

 

子供いらない事実婚カップルは、
2人の間では意見はまとまってるんやけど、彼がバツイチで子供がいるのね。
でも、元嫁が亡くなったことで、今後その息子を引き取らないといけないのでは?という状況になってて、
それを彼女に話せてなくて、でも彼女は偶然知っちゃう、みたいな。

見栄っ張りの奥さん宅は、
夫が海外への単身赴任ばっかりが続いて、
「家族のために働いてるのに家族とほとんど一緒に暮らせないって…」って思って
会社を辞めてしまったのよ。
で、今は求職中なんやけど、奥さんはそれをひた隠しにして、周囲とかSNSで幸せ家族のアピールに大忙し。
「女は子供を生むことが幸せ、それが社会貢献」という考えで、それを周囲に押し付けてくんのよね。
そのせいで、2回目にはバトルするんやけど。

 

なんかさ、よく独身VS既婚とか子ありVS子なしとか専業VS仕事ありとか、何かとバトルを見聞きするやん?
あれってさ、他の人のスタイルが不幸せに見えるほど今の自分が本当に幸せでどうしようもないって人もいるやろうけど、
不満がたくさんある自分の生活を幸せと思いたいから他を否定するって人も多いやろうなって思うのよね。
「羨ましい。ううん、羨ましくなんてない!私の方が幸せなのよ!」みたいに。笑
だから逆に、そうやって自分と違う人生を歩く人を否定する人ってかわいそうやなって思う。
だって、比べようがない。
違う人生を同じ人がまったく同時に歩んで初めて比較ができるってもんで、
でもそんなことは出来る訳がないんやから、つまり比較もできない。
スーパーでお肉買う時だって、商品そのものの金額ではなく100gあたりいくらかって考えて比較するでしょ?笑

 

あ、ほんで同性愛のカップルも前途多難よ。
片方は周囲に隠したいんやけど、もう片方は隠さなくてもいいやんってタイプ。
どっちが正しいって訳じゃないけど、2人の間で統一されてないと大変よ。
しかも2回目で共用のお庭でキスしてるとこと妊活妻に目撃されるという。
いや、隠したいならしなさんなよって突っ込んだわ。笑


その前にちょうど主婦と子いらん彼女のバトルがあった時に、
妊活妻が「いろんな人がいていいじゃないですか」って止めてんけど、
その直後にキスを目撃した妊活妻は今後どういう言動になるのか?
あのセリフは口だけなのか?
それとも本当に思っているのか?
そういう意地悪な見方もできますな。笑

 

ま、とりあえず、現代のいろんなカップルの形を描いてて、
それぞれの問題と現実を描いてて、
なかなか見ごたえのあるドラマです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。